• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. 学びの分野と特色ある授業

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人文学部メディア・コミュニケーション学科

    学びの分野と特色ある授業

    学びの分野

    メディア
    新聞やテレビのようなマスメディアのみならず、音楽やスポーツなどの娯楽から、手紙やケータイを使った小さな個人的なやりとりまでをも「メディア」として広く捉えて、人と社会の関わりを考えます。
    コミュニケーション
    コミュニケーションには、ことばはもちろん、歌や音、表情や身振り、服装・化粧・装飾品といった手段も含まれます。こうした幅広い要素がどのようにはたらいているのかを探求します。
    デザイン
    デザインは、現状の問題点を探り出して解決方法を考え、それを実現するための具体的なかたちをモノに与える行為です。グラフィック・動画・製品・空間・編集など、多様なデザインの力を学びます。

    特色ある授業

    入門ワークショップ
    入門ワークショップI・II

    大学で学んでいくうえで必要な論理的思考力・表現力を養うと同時に、メディアを含めたリテラシー(批判的な読み解き方)について学びます。小論文の作成やグループ・プレゼンテーションなどを通して、実践的にこれらの力を磨いていきます。

    ポップ・カルチャー史
    ポップ・カルチャー史

    音楽・ダンス・ファッション・映画・アニメ・ゲームなど、世代や地域を超えて支持されるポップ・カルチャーには、さまざまな人々をつなぎあわせる力があります。そうした文化的ネットワークがどのように張りめぐらされてきたのかをたどり、日頃うちこむ趣味の意義を歴史的にみつめなおす講義科目です。

    造形表現基礎
    造形表現基礎

    自然を観察して感じ取った色彩や造形の感覚をスケッチで表現する「ドローイングの理論と手法」を実践的に学ぶ授業です。モノトーンのデッサン描法を手掛かりに、さまざまな描法まで展開します。最終的には心の中のイメージまで表現できる基礎技術を修得します。

    言語研究フィールドワーク
    言語研究フィールドワーク

    夏休みを利用して、富山県砺波市を訪問し、地元の方に直接その土地の方言を教えていただく授業です。伝統的な家屋に泊まり、地元の食材を使った料理をいただく機会もあります。全身でその土地を感じる体験ができる授業です。

    写真表現演習
    写真表現演習

    デジタル一眼レフカメラを使用し、高品質の写真を作成するための基礎的な理論と撮影技術の習得を目指します。演習課題では、野外での撮影法、ライティングを施した撮影法、パソコン上でのフォトショップを使ったレタッチ、プリントによる仕上げなどを学びます。

    広告論
    広告論

    新聞、雑誌、ラジオ、テレビなど、各時代のメディアと広告の関係を学びます。さらにインターネットをはじめとする情報通信技術や、その上に生まれるSNSなどの新しいサービスの動向をおさえながら、これからの広告ビジネスの可能性を考えます。

    学びのステップ

    学びのステップ図

    シラバス

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@