• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 資料請求
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 子ども発達学科
    5. 学びの分野と特色ある授業

    学部・大学院

    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • AIに負けない「子育て」「親育ち」
    • 進学相談会
    • 葡萄祭
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 奨学金・特待生制度について
    • 重要なおしらせ

    人間関係学部子ども発達学科

    学びの分野と特色ある授業

    学びの分野

    こころ
    子どものこころを理解することは、そのまま、人間そのものの理解につながります。子どもを子どもとしてだけではなく、大人になるための途上としてとらえ、より良く成長するためにはなにが必要なのかを考えていきます。
    文化
    「自分を客観的に見ることができるようになる」ことを子どもの成長と考える時、その基準となる物差しは自らの文化です。多くの文化があるこの世界で、子どもたちはさまざまに異なった価値観を身につけて育ちます。そうした観点から子どもの成長と文化を考えます。
    生活
    子どもは日々の生活の中で成長・発達しています。生活環境が子どもにどのような影響を与えているのか、子どもにとって必要な環境とはどのようなものかについて考えます。
    からだ
    子どものからだの成長は、単にからだが大きくなることではありません。健康で、バランスのとれた子どものからだの成長とはどのようなものか、そのためにはなにが必要なのかを考えていきます。

    特色ある授業

    子ども学フィールドワーク
    子ども学フィールドワーク

    「子ども」について幅広い視点から学ぶために、子どもが生活する場について調査し、実際に観察をするために学外に出ます。産婦人科や公園、ショッピングセンターなどフィールドはさまざまです。

    保育実習 Ⅰ(保育所)
    保育実習 Ⅰ(保育所)

    子どもの育ちとその保護者を支える保育所保育の役割を学びます。実際の保育に参加し、自ら子どもとかかわるなかで、子どもの発達の様相とともに、保育者に求められる知識や技能を学んでいきます。また、実習後半では、事前指導で学んだ手遊びや部分保育を展開していきます。

    音楽(器楽) Ⅰ・Ⅱ
    音楽(器楽) Ⅰ・Ⅱ

    保育者および教育者にとって必要なピアノの技能について基礎的知識と技術を学んでいきます。ML教室(ミュージックラボラトリー)での授業で、具体的なピアノの演奏技術や弾き歌い、即興的伴奏法について理解を深めます。

    小学校教育実習
    小学校教育実習

    小学校の教育活動の場に臨み、子どもと直接ふれ合い、指導教員の指導を受けながら小学校教員に必要な知識や技能を学びます。また、教科指導や生徒指導などの教育実践を通して、児童理解や指導力を身につけていきます。

    特別支援教育実習指導
    特別支援教育実習指導

    特別支援学校における教育実習の準備として、実習で必要となる知識・技術・態度を身につけることを目標としています。児童・生徒のニーズは多様であり、教科の指導に加え、医療・福祉など、教員以外の他職種との連携についても実践的に学びます。

    発達・教育相談の方法と実践
    発達・教育相談の方法と実践

    子どもの成長・発達過程での問題把握について学ぶとともに、保護者を援助するための基本的姿勢やニーズの把握なども学びます。基礎的知識を習得後は、ロールプレイなどの実践を通して理解を深めます。

    学びのステップ

    学びのステップ図

    シラバス

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    資料請求

    line@