学部・大学院卒業生メッセージ

卒業生からのメッセージ

留学やゼミなど、自分を高められる
チャンスの多さが女学院の魅力です。

K.Tさん 株式会社 JTB国際キャリア学科 一期生2018年卒(長崎県私立聖和女子学院高等学校出身)

大学3年の後期に留学した私は、留学前、帰国直後に就職活動が始まることに少し不安を感じていました。 それだけに、留学前後にゼミの先生が親身になって相談にのってくださったのは心強かったです。 進路就職課では先輩方の就職報告書を閲覧でき、志望企業の採用実績や面接対策などを確認することができて、とても役に立ちました。 私は業界・職種を絞らず、興味のある企業を受けました。英語でプレゼンテーションを行うゼミではアピール力が養われ、面接でとても役立ちました。旅行に興味があったので、エントリーしたJTBでは大学時代に挑戦したことをしっかり伝えることができ、内定をいただくことができました。 女学院はさまざまな挑戦の機会を提供してくれる大学です。それによって自分を見つめ直すことができました。 最初から大きな目標がなくても大丈夫。目の前のことを一つ一つクリアして、何事にも一生懸命取り組みました。 その頑張った過程が今につながっていると思います。

卒業生からのメッセージ

さまざまな英語体験が
世界中のお客様とのコミュニケーションに役立っています。

Y.Kさん 株式会社 ホテル日航福岡国際キャリア学科 一期生2018年卒(福岡県立小倉西高等学校出身)

カフェでのアルバイトをきっかけに接客に興味を持ち、大学で学んだ英語を武器に活躍できる場を求め、ホテル業界を志望しました。現在はホテルのフロントサービス係として、チェックインや観光案内といったお客様対応を担当しています。国内外から来てくださるお客様とお会いでき、私がご案内したレストランや観光スポットを喜ばれ、お礼の言葉をいただけることにやりがいを感じています。
国際キャリア学科で学べる「英語」の授業は実に多彩です。TOEIC®対策や洋画を取り上げながら英会話表現を学ぶ授業、英語を使ってコミュニケーションについて学ぶなど、いずれも興味深いものばかりでした。異文化コミュニケーションについても学べたおかげで、今の職場でも、国籍が多様なお客様に対して壁を感じることなく接することができています。アメリカ留学も経験しましたが、日本語の通じない場所で感じた自分の無力さやカルチャーショックが、それまで控え目だった私の変わるきっかけとなりました。さまざまな英語体験が、たくさんの方と会話を楽しむ力を育んでくれたのだと思います。

国際キャリア学部の一期生、二期生、三期生合計59名がエアラインに就職

2014年に開設された国際キャリア学部の一期生、二期生、三期生は世界とつながる様々な分野の企業に就職しました。

このうち福岡女学院大学OGが多く活躍しているエアラインには計59名が就職しました。内訳は客室乗務員が26名、グランドスタッフが31名、総合職・運行管理職が2名です。

彼女たちは1年次から英語力の向上と専門分野の学修に努める一方、大学の航空実務研究の授業や日本航空、全日本空輸、アシアナ航空などと提携した研修プログラムで夢に向かって懸命に努力を続けた結果、見事に難関を突破し、夢を叶えました。

 

航空業界は新型コロナウィルスの感染拡大による移動の制限で大きな影響を受けており、採用にも影響が出ています。しかし、エアライン志望の現4年生はこうした逆境の中でも夢に向けて懸命の努力を続けています。「エアライン目指すなら女学院」、先輩たちに続き、彼女たちもこの伝統に新たな1ページを記してくれると期待しています。

マカオ航空の客室乗務員として活躍中の国際キャリア学科一期生のE.Sさん(中央、久留米市立久留米商業高等学校出身)
アイベックスエアラインズの客室乗務員として活躍中の国際キャリア学科一期生のN.Sさん(右:福岡県立柏陵高等学校出身)(写真提供:アイベックスエアラインズ株式会社)
ANAエアサービス佐賀のグランドスタッフとして活躍中の国際キャリア学科 二期生のY.Mさん(佐賀県立佐賀北高等学校出身、左)

国際キャリア学科二期生 2019年卒

卒業生からのメッセージ

忘れないでほしいことは「一人じゃない」ということ。

A.Kさん  全日本空輸株式会社(ANA)客室乗務員国際キャリア学科二期生2019年卒(佐賀県立佐賀商業高等学校出身)

私はこの度、全日本空輸株式会社様より内定をいただき、来年から客室乗務員として働きます。
入学当初は目指す進路が明確ではなく、まずはそれを見つけるため、様々なことに挑戦してきました。
1年次には韓国の東明大学との交流プログラムに参加し、2年次にはアメリカのテネシー大学マーティン校へ長期留学、3年次には国際キャリア学科がアシアナ航空と提携して実施している客室乗務員研修(ソウル)に参加しました。さらに、様々なアルバイトを経験していくなかで、次第に日本の魅力を海外の方に伝える仕事がしたいと思うようになりました。それが就職活動の軸にもなりました。

就職活動にはこれまでの人生のなかで味わったことのない大変さがありました。特に難しいと思ったことは、自分の思いをいかに文章や言葉で的確に伝えるかということでした。しかし、一緒に頑張っている国際キャリア学科の仲間と話し、大学の進路就職課の方にお話を聞いていただきながら、志望企業の方に何を最も伝えたいのか整理することができました。

後輩の皆さん、これから始まる就職活動に向けて忘れないでほしいことは「一人じゃない」ということです。私も家族や友人、先生方が支えてくださり、いつでも一人じゃないという気持ちがあったからこそ、リラックスして面接に臨むことができ、内定に繋がったと思っています。就職活動を終えて、支えてくださった方々には感謝の気持ちでいっぱいです。

就職活動までにしておいた方がよいことは、TOEIC®の点数を少しでも上げることです。私はTOEIC®の点数があまり高くなく、それが不安要素のひとつでもありました。少しでも不安を解消しておくと心に余裕ができます。1年生、2年生の方々は、早くから色々なことを経験しておいた方がいいと思います。視野や考え方が広がり、将来、自分が何をしたいのか明確になります。皆さんの就職活動を応援してます。

高校生の皆さん、まだ将来のことをイメージできない方も、将来の夢が定まっている方も、大学4年間を有意義に過ごすことができる環境がこの福岡女学院大学国際キャリア学科にはあります。先生方とも距離が近く、一人一人のことを親身に見てくださり、とても話しやすい環境が整っています。私は国際キャリア学科で学んで本当に良かったと思っています。

卒業生からのメッセージ

どんな状況においても、
自分自身がやってきた経験を信じ抜くことは大切です。

M.E さん スカイマーク株式会社 客室乗務員国際キャリア学科二期生2019年卒(純心女子高等学校-長崎-出身)

私は、第一志望であるスカイマーク株式会社様より内定をいただきました。

接客業のアルバイトを通して、自らが提供したサービスによって、お客様に喜んでいただいた経験に大きなやりがいを感じ、就職活動の軸を定めました。もともとアルバイト先が福岡空港の国際線内の店舗だったため、特別な空間の中でお客様にサービスをするということに非常に魅力を感じていました。そして、選考を通して、スカイマーク株式会社様の既存の枠にとらわれずに最高のサービスを追求されている姿勢に非常に共感し、ここが自分の輝ける場所だと強く思いました。

就職活動を振り返ると、これまでの大学生活で経験したこと全てが大きく活かされたと実感しています。私は、大学在学中に自分が夢中になって取り組むことができるようなことを常に追求し続けていました。就職活動は、周りとの勝負だと言われますが、私はむしろ自分自身との勝負だと感じています。どんな状況においても、モチベーションを保つこと、そして自分自身がやってきた経験を信じ抜くことは大切です。

後輩の皆さん、大学生活は長いようで本当にあっという間に過ぎます。時間は限られていますが、その分、自分が何かに夢中になれること、そしてネットワークを広げる活動を見つけて取り組むことに挑戦してほしいです。就職活動では、将来の道が定まらなくても、焦ることなく、自分が本当にやりたいと思えることを見つけるまで貪欲に追求し続けることが大切だと思います。

高校生の皆さん、福岡女学院大学国際キャリア学科は先生方との距離も近く、何かに挑戦しようとすると全力で応援してくださいます。皆さんの夢が叶い、大学生活が充実することを心から願っています。