HOME > チャペル礼拝

チャペル礼拝

 

チャペル礼拝は考える機会      chapel-glas.JPG

 

 

本学では毎日、2限目の後に20分間、チャペル礼拝があります。讃美歌をうたい、聖書の言葉を読んだ後に、教職員・学生のほか教会、病院、福祉施設など、さまざまな分野から招いたゲストスピーカーにチャペルトークを担当していただき、みんなで人生や生き方、価値観について考えるひとときとしています。忙しい日々の中でも心を落ち着かせ、様々な人の話を聞くことができる、とても貴重な時間です。この時間を大切にし、自分を見つめ視野を広げる機会にしてください。将来、「福岡女学院看護大学出身の人って、物事をよく聞いて、深く考えることのできる人が多いよね」と言われるような卒業生を送り出したいと願っています。

 

 

chapel-toku.JPG   chapel-stud.JPG 

 

 

 

●過去(2018年度前期)のチャペルトーク、スピーカー●

年間聖句『信仰とは望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。(ヘブライ11:1)』

 

   奨励題(チャペルトーク)  奨励者(スピーカー)
  1  『 10年をつなぐ 』 貞野宏之(看護大学教授)
  2  『 チャペルのてびき 』  金田俊郎(看護大学宗教主事)
  3  『 愛とは挨拶 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
  4  『 挨拶で人は変わる 』 Mathew Lee Porter(看護大学准教授)
  5  『 出会いと人生 』 原崎聖子(看護大学准教授)
  6  『 あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告 』 看護大学3・2年生
  7  『 もっと主体的に学ぶために 』 看護大学3・2年生
  8  『 あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告 』 看護大学3・2年生
  9  『 わたしたちの神、唯一の主を愛す 』 多田玲一(日本基督教団福岡女学院教会牧師)
 10  『 あれから2年・熊本ボランティア(第4次隊)報告 』 看護大学3・2年生
 11  『 オーストラリアの青空から 』 看護大学3年生
 12  『 子どもは国の宝 』 大藪善次郎(日本基督教団東郷教会牧師)
 13  『 葡萄の枝ならきっと―ボランティアサークル葡萄の紹介 』 看護大学2年生
 14  『 看護を通して豊かな人生を! 』 福丸愛子(国立がん研究センター中央病院看護師・第七期生)
 15  『 オーストラリアの大空から 』 看護大学4・3年生
 16  『 海外建築ボランティアに参加して 』 看護大学3・2年生
 17  『 海外建築ボランティアに参加して 』 看護大学3・2年生
 18  『 オリーブ基金について 』

片野光男(看護大学学長)

 19  『 分かち合う喜び 』 木村真彦(日本基督教団津屋崎教会牧師)
 20  『 志望動機―少女フローはなぜ?― 』

金田俊郎(看護大学宗教主事)

 21  『 本当に大切なものは目に見えない 』 原崎聖子(看護大学准教授)
 22  『 召命 』 大石定和(看護大学事務職員)
 23  『 忍耐・練達・希望 』 松岡緑(元福岡女学院看護大学教授・初代看護学部長)
 24  『 感謝と祈り 』 伊藤和子(福岡女学院同窓会長)
 25  『 バイブルカフェ 宗教部10年 』5/15 3~4限

一部 宗教部10年の振り返り

二部 交流の時 バングラディシュ看護学生交流会

三部 賛美ライブ

 26  『 神の御業に生き、生徒達を愛された日々 』(THIS IS THE DAY LORD HAS MADE.LETUSRE JOICE AND BEGLADINIT.) 長野厚子(元福岡女学院中学校高等学校聖書科教諭・教頭)
 27  『 ぶどうの木につながる枝として 』

藤川真紀(看護大学講師)・看護大学3年生

 28  『 福岡女学院で学んだもの 』 篠原忍(元福岡女学院看護大学教授)
 29  『 支援の継続―熊本ボランティア第5次隊― 』   看護大学4・3・2年生
 30  『 ギール先生の生涯(1)』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 31  『 Why I wanted to be a nurse. 』 看護大学1年生
 32  『 イエス・キリストの招き 』 泉清隆(日本バプテスト連盟古賀バプテスト教会牧師)
 33  『 支援の継続―熊本ボランティア第5次隊― 』 看護大学4・3・2年生
 34  『 わたしが新人看護師だったころ・・・ 』 岩崎優子(看護大学講師)
 35  『 わが主、わが神 』 寺園喜基(福岡女学院院長)

 36

 『 支援の継続―熊本ボランティア第5次隊― 』 看護大学4・3・2年生
 37  『 ギール先生の生涯(2) 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 38  『 同道者イエス 』 貞野宏之(看護大学教授)
 39  『 基礎看護学実習にあたって 』 福井幸子(看護大学看護学部長)
 40  『 ホスピスでの感謝の看取り 』 徳永悦子・平岡富美子(日本国際ギデオン協会夫人会)
 41  『 「ぜんたい」の平和 』 中川憲次(日本基督教団筑後小郡教会牧師・福岡女学院大学名誉教授)
 42  『 徳永ヨシ先生の生涯 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 43  『 オリーブ基金について  』 片野光男(看護大学学長)
 44  『 平和と責任―福岡大空襲の日― 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 45  『 時代のしるし 』  徳永徹(福岡女学院名誉院長・看護大学初代学長・看護大学顧問)
 46  『 知るちからと見抜くちから 』 徳永徹(福岡女学院名誉院長・看護大学初代学長・看護大学顧問)
 47  『 看護の軸―実習へ向かう皆さんへ― 』 穴井めぐみ(看護大学教授)
 48  『 平和と責任―戦争のもう一つの側面― 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 49  『 Why I wanted to be a nurse.(2) 』 看護大学1年生
 50  『 与えられた命の生き方 』 渡邉宣博(日本基督教団赤間教会牧師)
 51  『 看護を教えてくれた人たち―実習へ向かう皆さんへ― 』 八尋陽子(看護大学教授)
 52  『 絵本から人権を考える 』 原崎聖子(看護大学准教授)
 53  『 オリーブ基金について 』  片野光男(看護大学学長)
 54  『 憲法と人権―それは反省から始まった― 』 金田俊郎(看護大学宗教主事)
 55  『 ピンチは学びのチャンス―実習へ向かう皆さんへ― 』 田出美紀(看護大学助教)
 56  『 信仰と看護 』 山崎不二子(看護大学教授)
 57  『 生き方の決断 』 村上満里子(日本基督教団博多キリスト集会所オイコス牧師・周船寺第二幼稚園長)
 58  『 君たちはどう生きるか―世界の果ての通学路― 』 貞野宏之(看護大学教授)
 59  『 夢の実現に向けての第一歩 』 松尾和枝(看護大学教授)
 60  『 バイブルカフェ 上映会 』7/12 4限 宗教部委員会
 61  『 実りある学習に―実習へ向かう皆さんへ― 』 吉川由香里(看護大学助教)
 62  『 基礎実習の体験を振り返ってみて思うこと 』 太田里枝(看護大学助教)
 63  『 聖書に親しもう 』 西原邦彦(福岡女学院事務局長)
 64  『 Why I wanted to be a nurse.(3) 』 看護大学1年生

 

 

chapel-repo.JPG       chapel-toto.JPG