学院の概要

   

 

理事長あいさつ

理事長:十時 忠秀

 福岡女学院は、1885(明治18)年に米国のメソジスト監督教会から派遣されたジェニー M. ギールにより創立された英和女学校から始まり、今年創立134周年を迎えます。
 創立以来今日まで、キリスト教を基盤とする人間教育や女子教育を重んじ、現在の福岡市南区の曰佐校地に幼稚園から中学校・高等学校、大学・大学院を、古賀市に看護大学を擁する総合学院に成長しました。これも先達たちの努力と福岡女学院につながる多くの方々の支えによるものであり、心から感謝します。 

 現在、日本の高等教育が直面している最大の課題は少子化です。日本は欧米諸国・先進国で教育に対する公的支出が最も低く、これが家庭の負担を大きくし、少子化を増長させます。大学進学率はアメリカや韓国は70%前後、OECD加盟国の平均は60%ですが、日本は50%台です。その上、日本の国公立大学と私立大学の学費にはかなり格差があります。

 教育の80%は私学が担っています。国公立にはない建学の精神を守り、多様性を堅持できる、素晴らしい特色があります。それを守り、発展させるのは、学院自体の努力(教職員の確保、財務の健全化など)と同時に地域との連携・協力が欠かせません。

 2019年度の年間目標を「改革と伝統が共存する福岡女学院―Society5.0を見据えた宗教・女子教育―」としました。どんなにAIが発達してもできないことは、宗教と教育ではないでしょうか。本学の建学の精神であるキリスト教教育と女子教育、どちらもこれからの社会ではますます難しくなっていくことと思います。これから先近い将来、科学技術はどこまで進歩するでしょうか。AI等と共存していく社会の中で、「Society 5.0」という新たな時代は、もうすぐそこまでやってきています。この新たな時代を見据え、社会で活躍できる人財を育てるために、女子教育やキリスト教教育はどうあるべきか、地域とどう連携・協力していくのか、これからの社会の変化に対応できるよう学校運営はどうあるべきかを念頭におきながら歩んでまいります。

 どのような時代の変化にあっても、本学が長きに渡って守り続けてきたキリスト教の精神や伝統を受け継ぎ、各学校の特色を活かした教育や取組みができるよう、教職員一同努力していきます。

2019年4月
学校法人 福岡女学院
理事長 十時 忠秀

 


 過去のごあいさつ
2015年6月 理事長あいさつ
2016年4月 理事長あいさつ
2016年5月 理事長あいさつ
2017年3月 理事長あいさつ
2018年4月 理事長あいさつ

 

理事長プロフィール
1968年 3月 九州大学医学部卒業
1969年 6月 九州大学医学部附属病院 麻酔科助手
1980年 4月 佐賀県立病院好生館 麻酔科医長
1982年 4月 佐賀医科大学医学部 麻酔科教授
2003年 10月 同大学病院 病院長
2005年 10月 佐賀大学副学長兼務
2008年 4月 佐賀県医療統括監
2010年 2月 公益財団法人佐賀国際重粒子線がん治療財団
(通称 サガハイマット)初代理事長 (2015年6月まで)
2010年 4月 佐賀県医療センター好生館理事長 (2014年3月まで)
2015年 4月 福岡女学院看護大学学長 (2015年7月まで)
2015年 6月 学校法人福岡女学院理事長

 

院長あいさつ

院長:寺園 喜基

「神は愛です。愛にとどまる人は、神の内にとどまり、神もその人の内にとどまってくださいます。」(ヨハネの手紙一、第416節)

 

国と国の間で、同じ国の中でも、学校や職場や家庭の中でも、分断、断絶、分裂が支配しているように思われる今日です。昔の人は「人は人に対して友である」(アリストテレス)と言いましたが、近代初頭の人は「人は人に対して狼である」(トマス・ホッブス)と言いました。残念ながら、後者の言葉が現実のものになってしまったようです。

 

このような現代に対して聖書は神の愛を語ります。キリスト教の本質は愛です。これについて三点ほど記しましょう。

 

第一、聖書のいう愛は自己を与える愛、自己犠牲的な愛です。神は独り子・キリストを与えられたように、この世を愛されるのです。

 

第二、あなたは無条件に、そのままで神の愛の対象であり、価たかく、貴い存在です。「君は愛されるため生まれた」という歌を率直に喜びたいものです。 

 

第三、神の愛に包まれ、生かされていることを知って、今度はあなたが愛する者になります。フランシスコの平和の祈りの中にこういう言葉があります、「ああ、主よ、慰められるよりも慰める者にしてください。理解されるよりも理解する者に、愛されるよりも愛する者に。」

 

今年度の学校生活が愛に裏付けられたものでありますように。

2019年4月
学校法人 福岡女学院
院長 寺園 喜基

 

 過去のごあいさつ
2015年6月 院長あいさつ
2017年3月 院長あいさつ
2018年4月 院長あいさつ

 

院長プロフィール
1962年 3月 西南学院大学文学部神学科卒業
1963年 6月 同大学専攻科神学専攻科を修了
1965年 3月 九州大学大学院文学研究科修士課程を修了
1967年 10月 同博士課程を休学して、ドイツ ヴッパータール神学大学、ポン大学神学部へ留学
1971年 7月 ポン大学神学博士を取得
1972年 4月 九州大学文学部助手に採用
その後、同教養学部同教養部宗教学担当助教授・教授を経て
1994年 4月 九州大学大学院比較社会文化研究科教授
1998年 10月 西南学院大学神学部教授
1999年 5月 九州大学名誉教授
2004年 4月 学校法人西南学院院長
2009年 3月 同理事長を歴任
2012年 6月~
2013年 2月まで
ドイツ ヴッパータール神学大学客員研究員
現在までに 本学院 監事、理事、評議員
学校法人西南女学院 常任理事
学校法人西南女学院 評議員、理事等を務める
2015年 4月 学校法人福岡女学院 院長に就任

 

l 寄附行為

 

学校法人福岡女学院の寄附行為についてはこちら

 

 

 

法人役員・評議員(2019年6月1日現在)

(2019年6月1日現在)

(A)役員

職種 氏名 職種 氏名
理事長 十 時 忠 秀 理 事 伊 藤 和 子
理 事 寺 園 喜 基 シュー土戸 ポール
阿久戸 光 晴 田 川 大 介
片 野 光 男 礒 山 誠 二
藤   義 幸 柴 田   篤
髙 木 幸 二 靏   恵 美
吉 田 茂 生 飛 田 惠 子
谷 村 寛 子 監 事 上 野 雅 生
阿 部 高 子 山 本 修 二

(B)評議員

選出区分 氏名 選出区分 氏名
学校職員(事務局長) 髙 木 幸 二 卒業生 桑 原 洋 子
〃 (宗教主事) 大 島 一 利 角   静 香
〃 (宗教主事) 徐   亦 猛 鶴   英 子
〃(大学・短大) 二階堂   整 飛 田 惠 子
〃(大学・短大) 山 口 直 彦 保護者(大学・短大) 石 田 美 帆
〃(大学・短大) 佐 野 幸 子   〃(大学・短大) 松 清 真 穂
〃(大学・短大) 守 山 惠 子  〃 (看護大学) 西 津 記 代
〃(大学・短大) 浅 田 雅 明 〃  (高 校) 福 永 登美恵
〃 (看護大学) 福 井 幸 子 〃  (中 学) 竹 田 殉 聖
 (看護大学) 山 崎 不二子 〃  (幼稚園) 尹   善 博
〃(高校・中学) 山 田 圭 子 学識経験者 多 田 玲 一
〃(高校・中学) 執 行 正 治 吉 田 茂 生
(高校・中学) 津留﨑 聡 史 白 日 高 歩
〃  (幼稚園) 春日野 文 枝 志 満 秀 武
〃  (事 務) 那 須 茂 人 鏑 木 政 彦
〃  (事 務) 築 地 麻 子 神 庭 重 信
宣教師 小 海   光 藤 野 昭 宏
卒業生 市 岡 洋 子 森 野   滋

 

学校法人の概要

学校法人の概要

法人名 学校法人 福岡女学院
理事長名 十時 忠秀
所在地 〒811-1313 福岡県福岡市南区曰佐3丁目42-1
電話番号 092(581)1492
設立年月日 明治18(1885)年6月15日
資産の総額 20,387,363,936円(2019年3月末現在)
目的 本法人はキリスト教主義によって教育基本法および学校教育法に従い学校教育を行うことを目的とする。

本学院の教育方針と特色

 本学院は1885年(明治18年)に創立され、それまで顧みられなかった女子教育を開拓し、キリスト教を基盤とする人格陶冶を重んじ、教育基本法及び学校教育法にのっとって、変動する社会にも常に貢献出来るよう新しい教育分野を拓き続けながら132年に及びました。

 今日学院は幼稚園、中学校、高等学校(普通科・音楽科)、短期大学部(英語科)、大学(人文学部−現代文化学科・言語芸術学科・メディア・コミュニケーション学科、人間関係学部−心理学科・子ども発達学科、国際キャリア学部−国際英語学科・国際キャリア学科、大学院−人文科学研究科)及び看護大学(看護学部−看護学科)をもっており、これまでに多くの個性豊かで、国際的感覚をもち、神を畏れ人に奉仕する有能な卒業生を、日本各地及び国外にも輩出し社会に貢献しております。

本学院がめざす人間像

 イエス・キリストにつながれて、愛をもって神を畏れ 隣人と共に生き、豊かに実を結ぶ人間。

学院聖句

 わたしはぶどうの木、あなたがたはその枝である。

人がわたしにつながっており、わたしもその人につながっていれば、その人は豊かに実を結ぶ。

わたしを離れては、あなたがたは何もできないからである。

(ヨハネによる福音書 15章5節)

学院シンボルマーク

シンボルマーク

 校章は、まわり三本の線が「十字架」をあらわし、信仰・希望・愛を三本の線で示しています。中のまるは、「ぶどう」をあらわし、学院聖句(ヨハネによる福音書第15章5節)に由来します。

 ぶどうの実が、ひとつにつながっていることから、わたくしたちも、ひとりひとり、イエス・キリストにかたく結びついて真の生命を得るという学院の願いを示しています。

 

福岡女学院インフォメーションプラザ

インフォメーションプラザ

125周年記念館1階にある「福岡女学院インフォメーションプラザ」は、学院の今を皆様にお伝えしております。

幼稚園、中高、大学、看護大学の資料や学院関係施設、同窓会のパンフレット、イベントポスターなども設置。壁にはキャンパスの鳥瞰図やその上には、豊かな実をつけたぶどうの木を描きました。

ここに集う人たちが、ぶどうの枝につながっていることをイメージしています。
中高のオリジナルキャラクターの凜ちゃんも待っています。

福岡女学院資料展示室

福岡女学院資料展示室

2014年5月17日の創立記念日に、福岡女学院資料展示室を開設しました。125周年記念館6階にあり、本学院のあゆみを展示しております。どなたでもお入りいただけますのでご来場をお待ち申し上げております。 

【開室時間】 平日 9時30分~16時30分

お問い合わせは 福岡女学院総務課 資料展示室係まで(電話 092-581-1492)

柿薗記念パイプオルガン

柿薗記念パイプオルガン

柿薗記念パイプオルガン

 

フランス・ガルニエ社製。ドイツ・バロック(ザクセン・チューリンゲン)様式の2段手鍵盤と足鍵盤(ペダル)、33ストップ(音列)を有する壮大なものです

~日本で唯一、バッハが愛した中部ドイツバロック様式~

福岡女学院では創立以来、毎朝礼拝をもって一日を始めています。
この礼拝をパイプオルガンで守りたいという長年の願いがかない、2007年に本学院のギール記念講堂に設置しました。これは、創立120周年の記念事業として故・柿薗ヤヱ院長(1898-1988)が遺された基金によって礼拝の充実とキリスト教音楽の教育と文化に寄与することを目的として設置を決めたものです。

導入にあたっては、鈴木雅明氏(バッハ・コレギウム・ジャパン主宰、元東京藝術大学教授、イェール大学教授)、横田宗隆氏(ヨーテボリ大学オルガン研究所)、そしてフランスのオルガンビルダーのマルク・ガルニエ氏によって中部ドイツ、チューリンゲン地方のトローストの歴史的オルガンからインスピレーションを得て、2003年にコンセプトが決定。2007年7月に完成し、鈴木雅明氏によるお披露目演奏会を同年12月1日に満員の1200名を超える聴衆をお迎えして開くことができました。

このパイプオルガンは8フィートの美しい音色のパイプを多く持っていることが大きな特徴です。J.Sバッハを中心とするプログラムにロマン派メンデルスゾーンなどへの新たな可能性を持った、日本では唯一の中部ドイツバロック様式のオルガンです。現在まで鈴木雅明氏をはじめ、ミッシェル・ブヴァール氏(フランス国立パリ高等音楽院、トゥールーズ高等音楽院教授)、廣野嗣雄氏(東京藝術大学名誉教授)、鈴木優人氏、ヨス・ファン・デア・コーイ氏(オランダ、ハーグ王立音楽院教授)など、世界一流のオルガニストによる多彩な演奏で、このオルガンの独自性と優位性が十分に発揮されています。

  • 福岡女学院大学生涯学習センター
  • 福岡女学院大学図書館
  • 福岡女学院天神サテライト
  • 福岡女学院同窓会
  • 感謝

  • 福岡女学院資料室
  • 福岡女学院時報「Mission」
  • メディア掲載・出演情報 (2018年度)

  • 福岡女学院短歌コンクール
  • FJ Tube
  • 福岡女学院同窓会