• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2016年
    10月14日

    交換留学報告①:テネシー大学

    8月17日より約二週間、アメリカのテネシー大学に交換留学に行った学生2名の報告会が、Loungeで行われました。二回に分けて紹介したいと思います。

    tan_20161014_01.jpg

    tan_20161014_02.jpg
     
     
    S.S.さんの報告
    交換留学を終えて

    tan_20161014_03.jpg
    S.S.さんとM.E.さん

    8月17日から約2週間、テネシー大学マーティン校へ行ってきました。私は2回目の留学となりましたが、昨年行ったトロントとはまた違い、自然あふれる町で温かい人たちに囲まれて毎日充実した日々を送ることができました。

    出発日は、福岡からメンフィスまで計3回の乗り換えがあったので心配もありましたが、遅延することなく税関もスムーズに通れました。2日目はさっそく学校でオリエンテーションがありました。新しい友達もでき、これからの学校生活にワクワク感を抱いていたのを覚えています。ランチは以前女学院に交換留学で来ていたニッキーとその友達のジェシカとメキシコ料理を食べに行きました。マーティンは小さい街ですが3軒のメキシカンレストランがあります。マーティンに住む人たちはメキシコ料理が好きなようです。日本の思い出話をしつつ、ネイティブスピーカーと話せる環境にいることに喜びを感じていました。

    3日目もオリエンテーションがあり、午後は日本語クラブのみんなとゲームをしました。卓球やボードゲームで遊んだ後、スマブラをしました。日本のゲーム機を持っていることに驚きましたし、日本のことを好きでいてくれることに幸せを感じました。初めての週末はエイミー先生にショッピングに連れて行ってもらいました。憧れのアメリカブランドに目が行き、ついつい買いすぎてしまいましたが良い思い出です。パドゥーカのダウンタウンは街並みがお洒落で私の好きな街です。ダウンタウンを抜けると大きな川に繋がっているのですが、防壁までもがお洒落でした。その後語学学校の先生のキャロラインのお家でパーティーをしました。アメリカの郷土料理であるマカロニチーズを一緒に作りました。とても美味しかったです。

    次の日はホストファミリーと過ごすことになっていたので一緒に映画を見に行きました。もちろん字幕なしの英語音声でしたが、内容も理解でき、気づいたらソフィアちゃん(11歳)と号泣していました。思わぬところで自分の英語力が身についていることを実感でき、凄くうれしかったです。週も明け、いよいよ本格的に授業が始まりました。レベルは自分の想像より下回りましたが、少人数クラスで多国籍の人たちが集まっていたので刺激的でした。日を重ねるごとに友達も増え、外に出ることも増えました。私は通常授業に加え、恭子先生に許可をもらい、週2回大学の日本語の授業にも参加させて頂きました。

    tan_20161014_04.jpg

    もともとトロントにいたときから語学学校の先生に憧れを抱いていたのですが、日本語を教える姿を実際に目の当たりにし、さらに日本語の先生という職業に興味を抱きました。英語を使ったお仕事をしたいと漠然と思っていたのですが、英語を人とコミュニケーションをとる道具として使いたいと思うようになりました。英語はどうしてもネイティブスピーカーには劣ってしまうのでプラスアルファーで自分にしかできないものを身に付けたいと思っています。私は恭子先生のお家にホームステイしていたので毎夜のように先生に将来について相談に乗ってもらっていました。

    テネシーに行く前に本命の会社に通らなかったこともあり、これからどうしようか何も目標のない状態だったのですが、先生のお話を聞いたり、テネシーで過ごす中で“私のやりたいこと”を見つけることができました。恭子先生だけでなくホストファミリー(旦那さんチャック、トレイくん、ディアンくん、ソフィアちゃんと3匹の犬、猫ちゃん)も凄く優しく気さくに接してくれていました。一緒に家で映画を見たり、大学のプールに泳ぎに行ったり家にいても一人でいることが少なく、楽しい毎日でした。

    tan_20161014_05.jpg

    2週間というほんとに短い期間でしたが、私の人生を左右した2週間になったといっても過言ではないほど濃い2週間になりました。英語ももちろんですが、テネシーで得た経験、出会いを大事にしてこれから生きていきたいと思います。

    2016年
    10月06日

    JAL羽田空港研修

    9月13日、14日の二日間、日本航空(JAL)による羽田空港研修が行われました。短大・大学の学生20名弱が参加しました。

    tan_20161006_01.jpg

    研修では客室乗務員の話を聞き、グランドスタッフのアナウンスや発券の業務を体験するなど、とても貴重な経験ができました。

    tan_20161006_02.jpg

    tan_20161006_03.jpg

    JAL工場見学(Sky Museum)では、実際に飛行機のメンテナンスの様子を間近で見たり、CAの制服を着ることができて、学生たちはとても刺激になったようです。

    tan_20161006_05.jpg

    tan_20161006_04.jpg

    以下、参加した学生の感想です。

    国際英語学科 H.Y.さん

    今回の見学ツアーは私にとって夢への大きな一歩となりました。客室乗務員になることが私の夢であり、大学でも航空業界に関する勉強や英語の勉強に励んでいます。そのような中、今回はJALの方々のお話を聴かせていただき、自分の目で実際に飛行機を飛ばすために働く方々を見て刺激的な2日間でした。

    JALの客室乗務員の方のお話にあった「内面から磨いていく」ことや、「感知力を身につける」というお話はとくに印象に残っています。今から努力できることなので、意識して磨いていこうと思いました。また、訓練施設ではお腹から声を出して訓練している姿がとても力強くて衝撃をうけました。お客さまの命を守る保安要員としての自覚と責任感を持つことの大切さが分かりました。

    2日目には人生で初めて格納庫に足を踏み入れました。間近で見る飛行機の大きさと離着陸する飛行機のエンジン音に囲まれてとても幸せでした。安全第一の格納庫は緊迫感を感じ、たくさんの人の力と想いがあって1機1機が大切に飛ばされているのだなと感動しました。

    飛行機についての講習では私自身知らないことが沢山あり、これから勉強して知識を増やしていきたいなとモチベーションのアップにも繋がりました。

    行きと帰りの機内では、優しい笑顔で凛として輝く客室乗務員さんから目が離せませんでした。羽田空港の駅やホテルのフロントですれ違うフライトを終えた客室乗務員の方も一つ一つの動作が美しく、常に意識しているのだなと雰囲気に圧倒されました。

    私が目指すのは客室乗務員ですが、このツアーを通してエアラインに携わる様々な職種について知ることが大切なのだと改めて思いました。グラウンドスタッフや整備士やパイロットや地上スタッフとの連携プレーがチーム力を向上させて安全に飛行機を飛ばすことに繋がっているのだと学べました。

    ツアーを終えた今日から日常生活での人との繋がりを大切にして、これからの1日1日を大切に過ごそうと決めました。羽田空港やJALの訓練施設や整備場で感じた気持ちを念頭において、なりたい自分になるために心から磨き続けようと思います。

    2日間で夢のような体験をして、夢で終わらせないと心に強く決めました。このような素敵な時間を過ごせて、たくさんのパワーをくださったJALの方々や引率してくださった先生、行かせてくれた父と母には本当に感謝しています。
    心からありがとうございました。    
     

     短期大学部 M.Y.さん

    私は航空業界に興味があり、客室乗務員やグランドスタッフの方がどんな所でどんな風に訓練しているのか実際に見てみたかったので今回の見学ツアーに参加しました。 

    特に印象深かったのは、ファーストクラスに乗務する為には段階的に訓練や実習を受けなければならないという点でした。国際線に乗務するのが一番難しいと思っていたので、それを聞いた時は驚きました。

    また、具合が悪そうな人や機嫌が悪い人を覚えていて、すぐ対応出来る様にしておくところからは、ひとりひとりにしっかり向き合う「お客さまを大切に思う心」を感じました。

    施設内を見学していた時に、丁度保安訓練をしている場面がありましたが、緊急時に乗客を迅速に避難させるために大きな声と身振り手振りで指示する姿は真剣そのもので、客室乗務員はお客さまの命を預かる仕事なのだと再認識しました。

    あっという間の2日間でしたが、従業員の誰もが心をひとつにして最高のサービスを提供しようとする姿勢を間近で見られて、とても貴重な経験が出来ました。ありがとうございました。                   

    2016年
    09月26日

    イマージョンコース!

    イマージョンコース始動!
     
    今年より、新たに追加された選抜コースであるイマージョンコースが、いよいよ始まりました。前期でTOEIC®550点以上を取ることがコースに入る条件ですが、1年生は、それを目標に一生懸命、頑張りました。

    今年は550点以上を取った学生のうち、9名が希望し、9名でスタート。

    tan_20160926_01.jpg
    アドバイザーはBrajcich先生。

    tan_20160926_02.jpg
    これはMcInnis先生の選択授業 “English for TourismA”の様子。

    tan_20160926_03.jpg
    これはDoucette先生の選択授業 “Advanced Speaking A”の様子。

    これらの授業の内容については、近いうちに学生からレポートしてもらおうと思います。

    *10月2日に行われるミニ・オープンキャンパスでは、このイマージョンコースの学生に会うことができます。短大に興味のある方はぜひ、学科ブースへお越しください!

    2016年
    08月26日

    発音ワークショップ開催

    tan_20160826_01.gif


    8月17日、18日、19日の三日間、弘学館中学校・高等学校教諭の柴田先生による発音ワークショップ(PDF)が開催されました。

    一日で完結するワークショップで、定員を10名とさせていただいたのですが、多くの方が受講を希望され、3日間で42名もの参加がありました。

    中学校・高等学校の英語教諭の方はもちろん、小学校の先生、また新卒の若い先生方が、柴田先生の熱心な指導に耳を傾けていらっしゃいました。

    今回でこのワークショップは、おかげさまで14回目を迎えました。

    参加してくださった先生方、本当にありがとうございました。
     

    2016年
    08月08日

    Open Campus 二日目

    Open Campus二日目、暑かったにもかかわらず多くの高校生の方々が足を運んでくださいました。ありがとうございました!

    image1.jpeg

    image2.jpeg

    短大には「英語」が好きな方はもちろん、「エアライン業界」「旅行業界」に興味のある方、「留学」したい方、海外の大学に行きたい方、様々な目的を持った高校生が入学しています。
    ネイティブの先生の授業がたくさんあり、留学制度が整っていて、様々なイベントが充実している短大に来てみませんか?

    image3.jpeg

    image4.jpeg

    image5.jpeg

    image6.jpeg

    *次回はミニ・オープンキャンパスが8月21日に行われます!

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE