• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2017年
    07月25日

    普通救命講習会開催

    7月22日、福岡市消防局の方たちのご協力により、「普通救命講習Ⅰ」が行われました。78名の学生が参加しました。

    tan_170725_01.jpg

    短期大学部には、将来、旅行業や航空業、その他、様々な接客業に就きたいと考えている学生がたくさんいます。普通救命の資格は、将来の職業にもなくてはならないものです。それぞれの学生が、心肺蘇生法(胸骨圧迫・人工呼吸)、AEDの使い方についてレクチャーを受け、実践練習を行いました。

    tan_170725_02.jpg

    tan_170725_03.jpg

    2017年
    07月18日

    JAL客室乗務員による講演会

    7月11日、卒業生によるJAL客室乗務員講演会が行われました。

    tan_170718_01.jpg

    tan_170718_02.jpg

    日本航空株式会社について、客室乗務員の仕事内容について、客室乗務員に必要な資質についてなど様々なトピックについて話をしてくださいました。

    客室乗務員を志望する学生もそうでない学生も、貴重な話を聞くことができたと大変好評でした。
    今から様々な経験を積んで、お客様のニーズに合わせたおもてなしをするために、様々な業界で通用する接客のための「引き出し」を増やしたいですね。

    2017年
    07月14日

    TOEICスコア、150点以上の伸び!(第2弾)

    今回は、6月のIPテストの結果を下に、2名の2年生を紹介したいと思います。
    まずは、775点を出したM.M.さん。

    tan_170714_01.jpg

    彼女の高校卒業時のTOEICのスコアは、485点でした。そして、短大で最初に受けたIPテストの結果は、635点。その後、イングリッシュイマージョンコースに入り、地道に学習を続け、2017年6月に出した結果は、775点!高校卒業時から1年半で、290点も伸ばしたことになります。既にイマージョンコースの目標点(750点)は超えたことになりますが、今後も、アメリカの大学への編入を視野に努力を続けるようです。

    さて、次にアカデミックインテンシブコースのA.H.さん。

    tan_170714_02.jpg

    彼女の1年次の6月のIPテストのスコアは、520点でした。彼女は、アカデミックインテンシブコースを選択し、大学編入を視野に入れて努力してきました。そして、2年次6月に受けたTOEIC®IPのスコアは、710点!この1年半で彼女は、190点も伸ばしたことになります。

    短大の2年間は本当にあっという間です。ただ、明らかに、短いからこそ集中して目標に向かって学ぶことができるというメリットがあります。
    2年生にとっては短大最後の夏がやってきます。
    就職活動、編入試験、留学、それぞれの夢に向かって頑張りましょう。

    2017年
    07月10日

    短大産学連携活動:グッズをデザインして、英語でプレゼン!

    短大産学連携活動として、2017年度は、「福岡女学院短大に入りたくなるグッズと名入れをデザインして、英語でプレゼンする」をテーマに、毎週月曜日、課外活動が行われました。

    キャリア教育開発センターの指導のもと、参加した学生たちは4チームに分かれ、それぞれのグッズを提案しました。
    写真は、7/3の最終プレゼンの様子です。

    1. トートバックを提案。
    tan_170710_01.jpg

    2. クリアタンブラーを提案。
    tan_170710_02.jpg

    3. コンパクトミラーを提案。
    tan_170710_03.jpg

    4. コーヒータンブラーを提案。
    tan_170710_04.jpg

    英語でプレゼンをするということで、とても緊張していましたが、やり切った達成感はとても大きかったようです。
     

    何か一つの目標に向かって、チームで協力して創造していくということは、決して簡単なことではありません。この3カ月の活動を通して多くのことを学ぶことができたのではないでしょうか。自分の中に秘められた力、弱点など、改めて発見できたことだと思います。今後の彼女たちの活躍に期待しています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求