• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2017年
    05月29日

    AshtonとSarahからコメントです。

    Thank you, Sarah and Ashton!
     
    tan_170529_01.jpg約2週間の交換留学プログラムでしたが、あっという間に終了を迎えました。

    26日夜、彼女たちはアメリカへ向けて出発しました。涙、涙のお別れでした・・・。

    以下、彼女たちのコメントです。


     

    Sarahより。
    This study abroad program has been the highlight of my entire life! I have made so many friends and met so many wonderful people along the way, and I have made relationships that will last a lifetime. I got the opportunity to use my language skills to communicate and bond with others as well as gain so much knowledge I had not known before. Living life in Japan for two weeks has allowed me to truly open my eyes to the culture and appreciate it in all its beauty. So many things I dreamed of doing a few years ago I now get to say I have done before. Every single day was filled with engaging activities that were not only entertaining, but educating as well. The schedule was a perfect mixture of fun and learning, and there was not one single boring day. As a first-time study abroad student, I would absolutely say this program allowed me to enjoy my stay to the best of my abilities and beyond, and I most definitely want to come back in the near future.
     

    Ashtonより。
    I am honored to have been part of this program. Not only did we learn about the language, culture and traditions, but we also learned about how Japan is today, which has its own special set of tradition. I believe any student learning Japanese should be a part of this program. After this study abroad, I feel at home in Japan and I cannot wait to come back!
     

    素敵な時間をありがとうございました。

    2017年
    05月25日

    AshtonとSarah:空手、書道、華道etc.

    先週始まった交換留学プログラムも大詰めです。
    AshtonとSarahの今週の様子を紹介します。

    まずは、空手。福岡女学院大学空手部の皆さんに指導していただきました。

    tan_170525_01.jpg
    tan_170525_02.jpg
    tan_170525_03.jpg

    最後に空手の型を真似してみましたよ。難しかった~。

    それから、書道に華道。

    tan_170525_04.jpg
    tan_170525_05.jpg

    火曜日には、二人によるフォーラムがLoungeで行われました。たくさんの学生が参加しました。

    tan_170525_06.jpg
    tan_170525_07.jpg

    二人との文化交流も残りあと僅かです。

    2017年
    05月23日

    AshtonとSarah広島へ

    AshtonとSarahと一緒に広島に研修旅行へ行ってきました。

    初めての新幹線。

    tan_160523_01.jpg

    日本庭園を見学しに縮景園へ。

    tan_160523_02.jpg

    初めてのお好み焼き。

    tan_160523_03.jpg

    広島城へ、そして、平和記念公園。

    tan_160523_04.jpg

    tan_160523_05.jpg

    お天気にも恵まれました。

    二人が一番、印象に残ったことは、
    Ashton・・・町自体が「平和」に満ちていると感じました。すべてがpeacefulでした。
    Sarah・・・言葉にできないくらいすべてが美しかったです。庭園もお城も、公園もすべて。

    いい経験になりましたね。

    2017年
    05月18日

    テネシー大学との交換留学が始まりました!

    5月15日より、アメリカのテネシー大学から2名の学生を迎え、短大の交換留学プログラムが始まりました。

    5月15日、ウェルカムパーティが開かれました。

    皆でゲームをしたり、ピザを食べたり、留学生とたくさん、話をしました。
    tan_170517_02.jpg
    tan_170517_03.jpg

    16日火曜日は、浴衣を着て、福岡女学院大学裏千家茶道部にお邪魔し、お茶ふり体験などをしました。

    着付けをしてくれた学生とアシュトンとサラです。
    tan_170517_04.jpg

    茶道体験の様子です。
    tan_170517_05.jpg
    tan_170517_06.jpg

    釜瀬先生を始め、二階堂先生、茶道部の皆さま、心のこもったおもてなしをありがとうございました。

    次回は、学生から書道を学びます。

    2017年
    05月17日

    ウィスコンシン大学より来客

    ウィスコンシン大学より、Ms. Petreeが短大に来られ、大学の紹介をしてくださいました。 

    tan_170517_01.jpg

    福岡女学院大学短期大学部はウィスコンシン大学リバーフォールズ校(UWRF)と提携を結んでいます。UWRFがパートナーシップを結んでいるのは、日本には2校しかありません。そのうちの1校が福岡女学院大学短期大学部です。短大を卒業後、ウィスコンシン大学に編入し、大学の学位を約2年半で取得することができます。

    現在、2名の卒業生がUWRFで学んでいますが、そのうちの1名、Y.A.さんも、大学に遊びに来てUWRFでの学びについて話をしてくれました。2017年度9月には、1名が進学予定です。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE