• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2016年
    10月17日

    ​交換留学報告②:テネシー大学

    テネシー 交換留学(M.E.さんの報告)

    「テネシーって何があるんですか?」
    出発直前、グランドスタッフさんに聞かれた内容です。正直、私もいろんなことを調べたのですが、その人の質問にうまく答えることができませんでした。
    日付や時差がこんなに違う国へ行くのは初めてで、最初はなれませんでした。学校のバンがお迎えに来ていたのですが、他に一緒に学校まで行く学生さんを待つために、3時間、メンフィス空港で待つことになりました。3時間経って、メンフィスからマーティンへ移動。2時間の移動後、ホストの先生と会って、そのままホームステイ先へ向かいました。

    私のホストのライアン先生は、テネシー大学マーティン校の持つ語学プログラム(TIEP)の先生でした。先生は一人暮らしですが、近くの街のジャクソンというところに、ご家族と可愛い甥っ子さんと姪っ子さんがいらっしゃいます。

    tan_20161017_01.jpg

    tan_20161017_02.jpg

    メキシコに長く留学していたこともあり、とてもスペイン語が堪能な先生で、お得意のメキシコ料理もごちそうになりました。2週間、外出して、ディナーを食べに行ったり、先生のよく行く教会の友達やその子供たちとお話をしたり、映画に行ったり、たまにジャクソンまで行くこともありました。道中、学校のことや先生のこと、私の友達や日本のことについてたくさん話すことができて、忙しくも楽しい毎日を送っていました。

    ホームステイ中、一番行った場所は、ライアン先生のよく行く教会です。小さな教会ですが、老若男女みんな元気で、活気にあふれた教会でした。初めて行ったときは日曜礼拝だったのですが、歌が始まった瞬間、そのソウルフルな歌声に圧倒されました。私の近所の教会とは全く違う力強さに、その教会を好きになるまでに時間はかかりませんでした。その週の水曜と翌週の水曜にも、教会に行かせていただく機会がありました。3回目に行ったときは、ちょうど歌を歌う日で、リクエストを自由に言って歌うという日でした。その中で、子供向けの教会学校で歌われるオリジナルの曲を牧師さんが弾いて、子供たちがミュージカルのように踊りながら歌って、大人たちが微笑んで、時には歌を口ずさんで見ているのがなんとも微笑ましく、忘れられない時間になっています。

    tan_20161017_03.jpg

    学校の近くにはレストランが多く存在し、中華、メキシカン、ファストフード、ピザなどいろんな食べ物が楽しめます。旅先では、現地の料理を食べることが好きな私は、メキシカン、南米名物の料理、BBQ、日本料理を食べました。その中で特に印象に残っているのはビスケット&グレイビーとオクラをとうもろこしの粉末で揚げたものです。どちらも南米の料理で、意外な組み合わせがとてもおいしく、また食べたいと思っています。

    向こうに行って特に驚いたこと、それは、人のやさしさです。学校の扉でも、開けた人が、次入ってくる人のために扉を手で押さえて開け続ける。大きい荷物を抱えている人がいれば、その人のために近くの人が席を立って扉を開けてあげる。それは大学の生徒だけでなく、語学学校の他国から来た生徒たちも同様にしていました。「ここはなにもないけれど、人の優しさがある」ライアン先生が言っていた言葉を思い出しました。店員さんもとても気さくな人が多く、お会計のときには必ず何かをしゃべっていた印象があります。

    お別れの日には、アルバムや手紙をもらって、毎日一緒だったホストの先生と別れるときは涙涙でした。「ここはあなたのお家だから」と何度もおっしゃってくれたこと、たくさん素敵な思い出を作れたこと、感謝でいっぱいでした。本当にまた必ず行きたいと思える場所になりました。行きにであったグランドスタッフさんに今は、「田舎だからこそ、素敵なところです」と胸を張って伝えられます。

    最終日、メンフィスにある市民権博物館にも行かせていただきました。私が勉強のためにと熱望していたこともあり、スケジュールの中に組み込んでいただけたことに本当に感謝しています。

    キング牧師が亡くなったホテルの中をそのまま変えて、奴隷、差別の歴史、キング牧師の行動等の展示になっていました。本展示に入ってまず飛び込んでくるのは、奴隷時代。奴隷船の模型もあり、そこに行くと生々しい鞭の音、泣き声、叫び声、咳込む声が聞こえてきます。

    奥に進むとバスのボイコットや、デモの写真、レストランのカウンターの後ろには、白人のみの席に黒人が座り、周りから暴行を受けたり、罵声を浴びせられる映像が流れていました。デモなどで捕まった人たちの写真や持ち物が並べられているのも印象的でした。

    tan_20161017_04.jpg「I AM A MAN」の行進の像を通りすぎると、キング牧師の「I Have a Dream」のスピーチの映像が流れる場所になりました。すべての展示を目にしてここへくると、胸に迫るものがあり、涙が出そうになったのをはっきりと覚えています。しかし、この展示を抜けると、あの306号室が待っているのです。

    部屋は当時のまま残されており、煙草が残る灰皿と少し開けられた牛乳が寂しく残っていました。バルコニーからは向かいの部屋のカーテンの少し開いた窓が見え、恐怖を感じずにはいられませんでした。その展示を抜ければ、キング牧師が亡くなったことをすべてのメディアが報じたという朝がやってきました。「彼がいなくなっても、彼の行動は消せない」と言われた言葉通りの写真や、著名人の言葉に、胸を打たれました。

    市民権博物館を出て数時間は、衝撃に言葉を失っていました。すべてが現実で、実際にアメリカで起こったことだと、胸に深く刺さっていきました。今でも博物館の展示内容が忘れられません。ここに行かせていただけて本当によかったと思っています。そして、勉強に役立てて、その差別の歴史に決して目を背けてはならないと、考え続けていかなければならないと深く感じました。

    2016年
    10月14日

    交換留学報告①:テネシー大学

    8月17日より約二週間、アメリカのテネシー大学に交換留学に行った学生2名の報告会が、Loungeで行われました。二回に分けて紹介したいと思います。

    tan_20161014_01.jpg

    tan_20161014_02.jpg
     
     
    S.S.さんの報告
    交換留学を終えて

    tan_20161014_03.jpg
    S.S.さんとM.E.さん

    8月17日から約2週間、テネシー大学マーティン校へ行ってきました。私は2回目の留学となりましたが、昨年行ったトロントとはまた違い、自然あふれる町で温かい人たちに囲まれて毎日充実した日々を送ることができました。

    出発日は、福岡からメンフィスまで計3回の乗り換えがあったので心配もありましたが、遅延することなく税関もスムーズに通れました。2日目はさっそく学校でオリエンテーションがありました。新しい友達もでき、これからの学校生活にワクワク感を抱いていたのを覚えています。ランチは以前女学院に交換留学で来ていたニッキーとその友達のジェシカとメキシコ料理を食べに行きました。マーティンは小さい街ですが3軒のメキシカンレストランがあります。マーティンに住む人たちはメキシコ料理が好きなようです。日本の思い出話をしつつ、ネイティブスピーカーと話せる環境にいることに喜びを感じていました。

    3日目もオリエンテーションがあり、午後は日本語クラブのみんなとゲームをしました。卓球やボードゲームで遊んだ後、スマブラをしました。日本のゲーム機を持っていることに驚きましたし、日本のことを好きでいてくれることに幸せを感じました。初めての週末はエイミー先生にショッピングに連れて行ってもらいました。憧れのアメリカブランドに目が行き、ついつい買いすぎてしまいましたが良い思い出です。パドゥーカのダウンタウンは街並みがお洒落で私の好きな街です。ダウンタウンを抜けると大きな川に繋がっているのですが、防壁までもがお洒落でした。その後語学学校の先生のキャロラインのお家でパーティーをしました。アメリカの郷土料理であるマカロニチーズを一緒に作りました。とても美味しかったです。

    次の日はホストファミリーと過ごすことになっていたので一緒に映画を見に行きました。もちろん字幕なしの英語音声でしたが、内容も理解でき、気づいたらソフィアちゃん(11歳)と号泣していました。思わぬところで自分の英語力が身についていることを実感でき、凄くうれしかったです。週も明け、いよいよ本格的に授業が始まりました。レベルは自分の想像より下回りましたが、少人数クラスで多国籍の人たちが集まっていたので刺激的でした。日を重ねるごとに友達も増え、外に出ることも増えました。私は通常授業に加え、恭子先生に許可をもらい、週2回大学の日本語の授業にも参加させて頂きました。

    tan_20161014_04.jpg

    もともとトロントにいたときから語学学校の先生に憧れを抱いていたのですが、日本語を教える姿を実際に目の当たりにし、さらに日本語の先生という職業に興味を抱きました。英語を使ったお仕事をしたいと漠然と思っていたのですが、英語を人とコミュニケーションをとる道具として使いたいと思うようになりました。英語はどうしてもネイティブスピーカーには劣ってしまうのでプラスアルファーで自分にしかできないものを身に付けたいと思っています。私は恭子先生のお家にホームステイしていたので毎夜のように先生に将来について相談に乗ってもらっていました。

    テネシーに行く前に本命の会社に通らなかったこともあり、これからどうしようか何も目標のない状態だったのですが、先生のお話を聞いたり、テネシーで過ごす中で“私のやりたいこと”を見つけることができました。恭子先生だけでなくホストファミリー(旦那さんチャック、トレイくん、ディアンくん、ソフィアちゃんと3匹の犬、猫ちゃん)も凄く優しく気さくに接してくれていました。一緒に家で映画を見たり、大学のプールに泳ぎに行ったり家にいても一人でいることが少なく、楽しい毎日でした。

    tan_20161014_05.jpg

    2週間というほんとに短い期間でしたが、私の人生を左右した2週間になったといっても過言ではないほど濃い2週間になりました。英語ももちろんですが、テネシーで得た経験、出会いを大事にしてこれから生きていきたいと思います。

    2016年
    10月06日

    JAL羽田空港研修

    9月13日、14日の二日間、日本航空(JAL)による羽田空港研修が行われました。短大・大学の学生20名弱が参加しました。

    tan_20161006_01.jpg

    研修では客室乗務員の話を聞き、グランドスタッフのアナウンスや発券の業務を体験するなど、とても貴重な経験ができました。

    tan_20161006_02.jpg

    tan_20161006_03.jpg

    JAL工場見学(Sky Museum)では、実際に飛行機のメンテナンスの様子を間近で見たり、CAの制服を着ることができて、学生たちはとても刺激になったようです。

    tan_20161006_05.jpg

    tan_20161006_04.jpg

    以下、参加した学生の感想です。

    国際英語学科 H.Y.さん

    今回の見学ツアーは私にとって夢への大きな一歩となりました。客室乗務員になることが私の夢であり、大学でも航空業界に関する勉強や英語の勉強に励んでいます。そのような中、今回はJALの方々のお話を聴かせていただき、自分の目で実際に飛行機を飛ばすために働く方々を見て刺激的な2日間でした。

    JALの客室乗務員の方のお話にあった「内面から磨いていく」ことや、「感知力を身につける」というお話はとくに印象に残っています。今から努力できることなので、意識して磨いていこうと思いました。また、訓練施設ではお腹から声を出して訓練している姿がとても力強くて衝撃をうけました。お客さまの命を守る保安要員としての自覚と責任感を持つことの大切さが分かりました。

    2日目には人生で初めて格納庫に足を踏み入れました。間近で見る飛行機の大きさと離着陸する飛行機のエンジン音に囲まれてとても幸せでした。安全第一の格納庫は緊迫感を感じ、たくさんの人の力と想いがあって1機1機が大切に飛ばされているのだなと感動しました。

    飛行機についての講習では私自身知らないことが沢山あり、これから勉強して知識を増やしていきたいなとモチベーションのアップにも繋がりました。

    行きと帰りの機内では、優しい笑顔で凛として輝く客室乗務員さんから目が離せませんでした。羽田空港の駅やホテルのフロントですれ違うフライトを終えた客室乗務員の方も一つ一つの動作が美しく、常に意識しているのだなと雰囲気に圧倒されました。

    私が目指すのは客室乗務員ですが、このツアーを通してエアラインに携わる様々な職種について知ることが大切なのだと改めて思いました。グラウンドスタッフや整備士やパイロットや地上スタッフとの連携プレーがチーム力を向上させて安全に飛行機を飛ばすことに繋がっているのだと学べました。

    ツアーを終えた今日から日常生活での人との繋がりを大切にして、これからの1日1日を大切に過ごそうと決めました。羽田空港やJALの訓練施設や整備場で感じた気持ちを念頭において、なりたい自分になるために心から磨き続けようと思います。

    2日間で夢のような体験をして、夢で終わらせないと心に強く決めました。このような素敵な時間を過ごせて、たくさんのパワーをくださったJALの方々や引率してくださった先生、行かせてくれた父と母には本当に感謝しています。
    心からありがとうございました。    
     

     短期大学部 M.Y.さん

    私は航空業界に興味があり、客室乗務員やグランドスタッフの方がどんな所でどんな風に訓練しているのか実際に見てみたかったので今回の見学ツアーに参加しました。 

    特に印象深かったのは、ファーストクラスに乗務する為には段階的に訓練や実習を受けなければならないという点でした。国際線に乗務するのが一番難しいと思っていたので、それを聞いた時は驚きました。

    また、具合が悪そうな人や機嫌が悪い人を覚えていて、すぐ対応出来る様にしておくところからは、ひとりひとりにしっかり向き合う「お客さまを大切に思う心」を感じました。

    施設内を見学していた時に、丁度保安訓練をしている場面がありましたが、緊急時に乗客を迅速に避難させるために大きな声と身振り手振りで指示する姿は真剣そのもので、客室乗務員はお客さまの命を預かる仕事なのだと再認識しました。

    あっという間の2日間でしたが、従業員の誰もが心をひとつにして最高のサービスを提供しようとする姿勢を間近で見られて、とても貴重な経験が出来ました。ありがとうございました。                   

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE