• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2016年
    03月17日

    2015年度短期大学部卒業式

    2015年度短期大学部卒業式が行われました。

    tan_20160317_01.jpg

    短大の伝統である卒業証書・学位記授与式。卒業生全員が証書を学長から手渡しでもらいます。調和のとれた動きを目指して何度も練習して本番を迎えました。

    tan_20160317_02.jpg

    英語での送辞と答辞。今年は偶然にも同じ高校出身の先輩と後輩が行いました。

    tan_20160317_03.jpg
    (送辞)M.Eさん、(答辞)A.Hさん

    讃美歌の歌詞にあるように、

     
    私たちは今、異なる道へ、別れて行っても、思いは一つ
    み言葉の光、たえず求めよう。
    懐かしい母校の、思い出胸に、教えと愛とをたずさえていこう。
    学びの日ごとに、かたく結んだ友とのきずなは、いつも変わらず
    海山へだてて別れて行っても心と祈りはたがいに通う。
    神と世のために、力を尽くそう。


    それぞれの道で、それぞれの花を咲かせてください。
     
    卒業、おめでとうございます!

    tan_20160317_04.jpg
     

    2016年
    03月15日

    短期大学部第51回卒業礼拝

    2016年3月15日、第51回卒業礼拝が行われました。

    tan_20160315_01.jpg
    tan_20160315_02.jpg

    徐先生によるお説教のタイトルは、「真理はあなたがたを自由にする」(ヨハネによる福音書8章31-32節)でした。

    これから卒業生が出ていく世界は嘘や偏見で溢れています。イエスキリストの示す愛の力と大学で得た知識によって偏見を乗り越え、真理を探究し、本当の自由を得て羽ばたいてほしい、という話です。

    短大の2年間、チャペルで学んだお説教を胸に、それぞれの道をしっかりと歩んでください。

    tan_20160315_03.jpg
    tan_20160315_04.jpg
    tan_20160315_05.jpg

    明日はいよいよ卒業式です。

    2016年
    03月09日

    日本航空JAL訓練施設研修

    2016年2月1~2日にかけて、短大・大学の学生、16名が参加して、羽田空港にて日本航空JAL訓練施設研修が行われました。

    tan_20160309_01.jpg

    客室モックアップでは、実際の機内と同じセットでサービスの仕方を体験させていただき、機内食などについて学ぶことができました。

    tan_20160309_02.jpg

    空港モックアップ(チェックインカウンター)では、グランドスタッフの仕事であるチェックインやアナウンスなどを体験させていただきました。

    SKY MUSEUM(博物館)見学では実際のCAの制服を試着させていただき、

    tan_20160309_03.jpg

    格納庫では飛行機の仕組みや製造過程について学ぶことができました。

    tan_20160309_04.jpg

    以下は参加した学生の感想です。
     

    モックアップ体験ではサービス、チェックイン、アナウンスを体験させていただき更に航空業界の内容が理解できたのと同時にCAになりたいという気持ちも大きくなりました!

    航空業界の仕事の大変さ、楽しさ、やりがいなどは大学でのエアライン講座などで聞いていましたが、実際に見たり体験することでより一層感じることができました。百聞は一見に如かずとはこのことだと思いました。この体験は、これから就職活動をする上でとても役立つことだと思います。本当に行って良かったです。

    アナウンス体験では、私は今まで意識していないものがありました。それは、アナウンスを始める前、英語のアナウンスを始める前、そして全部言い終わった後と3回もお辞儀をしている事です。

    また、アナウンスをする時はM時目線で話すともおっしゃっていました。是非、やってみたいと思って体験をしましが、今振り返ってみるとM時目線ができていなかったと思います。
     
    常に、お客様に気を配り、笑顔でいる事。とても響きが良く、格好いいですが、そこに辿り着くには、壮絶な努力が必要なのだなという事が、この研修を受け感じました。
     

    短期大学部から、毎年多くの学生がエアライン関係の仕事に内定しています。2016年は、2月現在、1名がCAとして、12名がグランドスタッフとして内定をいただいています。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求