• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2014年
    03月25日

    カンボディア・ベトナム:旅程実務研修報告

    さて今回は、先の「シンガポール」に引き続き、2月の23日から27日まで3泊5日で行われた「カンボディア・ベトナム」の実務研修の報告をご紹介します。
    今回、紹介してくれたY.Hさんの報告ですが、最後に彼女ならではの旅行メモが並んでいます。「Y.H.メモ」としてまとめてみましたので、是非楽しみながら読んでください。

    tan_20140325_01.jpg


    1.研修の担当について
    私の添乗担当は、初日の福岡空港からホーチミンで乗り換えシェムリアップ空港行きの便にお客様を誘導し、搭乗させることでした。私たちは、みんなよりも30分早く福岡空港に到着し、プリチェック(トイレやチェックインカウンターの場所確認、再集合の時間決め、両替のタイミングなど)を先生と相談しながら行いました。そして全員集合したときに、パスポートチェック・Eチケットの確認を行いました。
    プリチェックの時は先生から色々な確認事項を言われ、焦ったり不安になりましたが、みんなの前で声を出したら添乗している実感が湧き、気合いが入りました。再集合時に先生が「両替は税関などを通過してもできますよ」、さらに「2000円ぐらいはベトナム通貨のドンに替えた方がいいですよ」と具体的に指示を出されていたので、お客様が求めている情報はこういうことかと理解できました。

    再集合時に私達(2人ペア)添乗員は全員が搭乗したことを確認し、最後に搭乗しますと言っていたにも拘らず、搭乗が始まった時点で最初に乗るというミスをしてしまいました。

    tan_20140325_02.jpg

    ホーチミンに到着後、集合、人数確認をして、シェムリアップ行きの搭乗券を受け取りました。
    この時、乗り換えになるので、出口(入国)の方に行かないように、その出口が見える前でお客様を集合させるなど工夫しました。
    それから順調に荷物検査を受けて、帰国時にまたホーチミン空港の免税店を通るので下見をしてから、飛行機に乗りました。これで私の担当は終わりました。


    2.研修を終えて
    実務研修はとても内容の濃い研修になりました。先生が元添乗員なので、お客様が求めている情報や、誘導の仕方、注意事項のポイントなどをその場で教えてくださるので頭に入りやすいです。さらに担当以外では本当に観光旅行ですし、あまり喋ったことのない友達とも仲良くなれました!
    旅行を楽しみながらも勉強できるので、みなさんもぜひ、旅程管理主任者の資格を取得し、就職活動に役立ててください!


    tan_20140325_04.jpg3.Y.H.の旅行メモ

    ・カンボジアのシェムリアップ空港を見ればカンボジアを好きになる!今まで6カ国の国際空港を見てきましたが、あんなアットホームな空港は初めて!!大らかな国民性が一目でわかる!

    ・初の象さん乗り!考えていた以上に揺れが激しい!だが乗っていると観光客にたくさん撮られるのでサングラス必須!
    tan_20140325_05.jpg

    ・アンコールワットの階段の傾斜にびっくり!専用の階段からならば登って頂上まで行けるアンコールワットですが、傾斜と高さがすごい!だが歴代の王様が居た場所や古代の人々が見た景色を見られます!
    tan_20140325_06.jpg

    ・カンボジアは高温多湿なので朝、出かけることをお勧めします!実際に観光客向けの朝市場と地元向けの朝市場に行きました。なんと!地元向けの市場では肉や魚などの食品を販売していたり、雑貨・アクセサリー・金まで売っているうえ、なんと美容室もありました!
    さらに果物なども販売されていて、たくさんの匂いが混ざってものすごく独特です!これぞ地元臭!是非!味わって!
    tan_20140325_07.jpg

    ・トゥクトゥクも大変便利です!交渉すれば少し安くなりますし、ホテルから乗車して観光に行くと1日付いて来てくれます!さらに発音が大変難しくなかなか現地の人には通じないホテルの名前もわざわざ言わなくてもホテルと言えば通じるので安心。
    tan_20140325_08.jpg

    ・ベトナムのご飯は少し中華風で日本人には合いやすいです!しかも元フランス領なのでパンが美味しい!!その美味しいパンを使ったバインミーというファストフードを特にお勧めします!ポピュラーなのはバゲットにホットドックの要領で切り込みを入れその中に香ばしく焼いた牛肉とキュウリなどの野菜とマヨネーズが入っていて、とっても美味しい!!tan_20140325_09.jpg

    ・ベトナムの市場は活気と物の量と人の多さにびっくり!市場では強い心と冷静な判断が重要です!時間が掛かっても気にせず自分で計算しましょう!それさえ出来ればアジアンテイストのサンダルや漆の食器や絵にTシャツにお買い物し放題!

    ・ベトナムのホーチミンにはたくさんのブランドショップもあるので、有名ブランドのお買い物も充実!

    2014年
    03月20日

    シンガポール・マレーシア:旅程実務研修報告

    福岡では桜の開花が宣言され、いよいよ2013年度が終わりを迎えようしています。
    2年生は社会へと巣立って行きましたが、1年生は、就職活動をしたり、留学したり、資格を取ったり、最終学年に向けて、それぞれが頑張っているところです。
    今日は、2月に行われた「旅程管理実務研修」の報告をしたいと思います。
    第一回目は、「シンガポール・マレーシアコース」の報告です。Y.Nさんにレポートしてもらいました。

     


    tan_20140320_01.jpg1.研修担当内容について
    私は旅程管理実務研修シンガポール・マレーシアコース4日間(2/12-14)に参加しました。参加するにあたって事前勉強会を受け2,3人1組となって添乗業務をシミュレーションしました。
    初日のバス内、JTBシンガポール支店訪問、夕食、ホテルチェックインを私は担当しました。(ホテルチェックインはガイドさんが行ってくださいました。)

    バス乗車の仕事
    まず、お客様がバス乗車とともに人数点呼や忘れ物がないかなど、お客様に迅速かつ丁寧なご案内をしなければなりませんでした。この際に、お客様にはわかりやすいように要点をまとめてお伝えすることが大切だと学びました。
    また、自分の仕事だけではなく常にお客様全体を見て行動し気を配らなければなりませんでした。最初は戸惑ってしまう部分もありましたが、最後にはできるようになり経験をすることで大変さを学びました。

    支店訪問
    さらに視察では、JTBシンガポールに訪問させていただきました。日本とはまた違った会社の雰囲気を実際に見学させていただいたり現地で働く日本人の方の貴重なお話を聞いたりすることができました。
    tan_20140320_02.jpg

    2.研修を通して、経験したこと・学んだこと
    マーライオン公園、マリーナベイサンズ、蘭園、ナイトサファリとたくさんの観光地やショッピングを楽しみました。シンガポールは多国籍国家ですので中国系、インド系などいろいろな国の文化を一度に味わうことができます。また、マレーシアではマレー村やモスクとシンガポールとはまた違うマレー文化に触れ、ローカルフードもおいしく食べられ、常夏のリゾートを堪能しました。
    私は、この研修を通して異文化を実際に体感しながら添乗員の業務の大変さを学べて本当によかったと思っています。旅程管理主任者の資格を授業で取得できる学校は全国で数校しかありません。このような研修に参加できたことに感謝しています。
    ぜひ皆さんもこの充実した研修に参加し自分自身を成長させてほしいです。ありがとうございました。
     

    次回は、カンボディア・ベトナムの研修について報告します。

    2014年
    03月13日

    第49回短期大学部卒業式

    本日、短期大学部では第49回目の卒業式が行われました。
    今年度は92名の学生が巣立って行きます。
    20140314_01.jpg
    女学院では、学生の卒業を、「礼拝、式、パーティ」の形で三日かけて祝います。
    昨日の礼拝では、徐先生が、

    1)「恐れや不安に向き合いなさい」
    (恐れや不安に支配されるのではなく、そこから勇気をもらってほしい)
    2)「行き先を知ってほしい」
    (目標を持って頑張って欲しい)
    とお説教してくださいました。
    tan_20140314_02.jpg
    そして本日、木ノ脇学長より学位が授与されました。
    tan_20140314_03.jpg
    短大では開学より「一人一人が卒業証書を受け取る」という伝統を受け継いでいます。一人一人、学長の木ノ脇先生から証書を受け取り、握手を交わし、何を思ったでしょうか。短大の二年間は、充実したものでしたか。
    これから先の人生がさらに豊かなものになることを、教員一同、心より願っています。見かけに惑わされない、本物を見分ける力をつけてください。(学長告辞より)

    いつでも短大へ遊びに戻ってきてくれることを楽しみにしています。

    tan_20140314_04.jpg
    tan_20140314_05.jpg
    tan_20140314_06.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE