• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2013年
    07月22日

    English Loungeで31アイスクリームの販売を行いました!

    20130722_00.jpg

    7月18日に、English Loungeで31アイスクリームの販売を行いました!
    ひとつ200円でそのうちの30円をユニセフに寄付をします。
    アイスクリームのフレーバーはスタッフによる投票で、ストロベリ-チーズケーキ、ナッツトゥーユー、ポッピングシャワー、キャラメルリボン、ロッキーロードの5種類を50個ずつ計150個販売しました。

    たくさんの人に暑い中Loungeへ足を運んでいただき、アイスは20分で即完売しました!Thankyou so much!!
    また、楽しいイベントを企画しておりますので、遊びに来てください!

    20130722_01.jpg

    20130722_02.jpg

    2013年
    07月16日

    留学特集(最終):『留学(1年)』でどれだけTOEICが上がるのか

    「短大(1年)+留学(1年)= TOEICの平均伸び率320点以上。」


     6月は短大の学生の留学について特集を組みました。現在留学中の学生、帰国した学生、その両方の声を載せましたが、今回は、いったんの区切りとして、その成果を少し、紹介したいと思います。
     最近の傾向として、短大で1年を過ごした後、休学し、留学する人が増えています。いったいその成果はどれくらいなのでしょうか。実際に、2012年度に1年間留学して帰国した学生たち(5名)の、英語力の伸びを紹介します。

    20130716.gif

     短大の前期を終えた時点で、彼女たちの平均スコアは350を下回るものでした。ところが、その後、半年でTOIECの平均を123点伸ばし、留学によってなんと、206点の伸びを記録しました。すなわち、短大の学びと留学によって、平均329点UPという成長を見せたのです。最もスコアを伸ばした学生は、365点UP。

     英語力をつけたい高校生、あるいは短大1年生、留学は、語学力をつけるだけでなく、視野を広げ、世界を広げ、人間力をアップさせてくれます。自分の理想とする将来像に近づくために...留学を一つの選択肢にしてみませんか。

    2013年
    07月12日

    2013年度グレープカップコンテスト課題文について

    第40回グレープカップコンテストの課題文について

     

    福岡女学院大学短期大学部
    学部長 上原 敬司



     

     今年、40回目のグレープカップを迎えることができて感慨もひとしおです。皆様これまでのご支援ありがとうございました。福岡女学院短期大学も今年創立50年目を迎え、来年は創立50周年の記念行事を計画中でございます。

     そんな福岡女学院短期大学の輝かしい歴史的な一時点で、短期大学は創立当時の建学の精神をより深く理解し、具現化していかねばと心を引き締めているところであります。

     「イエス・キリストに基づく建学の精神」この短大学則一条の言葉をわれわれ教職員は常に肝に銘じ日々の教育に生かしていかねばなりません。

     さて、そのような機運の中われわれはグレープカップの課題文をマザーテレサのノーベル平和賞の講演の言葉を選びました。

     マザーテレサはまさにイエス・キリストの精神をそのまま生き抜こうとしたクリスチャンであります。マザーテレサの根本精神は「貧しい人の中の最も貧しい人に仕えること」です。「仕える」を英語serveでマザーテレサは表現していますが、このserve する精神は「奉仕する」という言葉でも訳されます。短大学則一条の中にも「奉仕に生きる社会人」という文言もございます。「貧しい人」が、マザーテレサの中では、自分たちよりも上に存在するのです。神や主人に「仕える」のと同じ意味において「貧しい人」に「仕える」のです。

     いま日本は経済!経済!経済が人間や社会の中で一番大事なものの如く語られています。

    しかし、日本人はこれでいのでしょうか?教育界も宗教界も大きな声でNOと異議を唱えていません。こんな状況の中において福岡女学院短期大学部は「イエス・キリスト」をもっとも大切な価値として社会に訴えていきたいと思います。

     課題文の最後のエピソードに自分の砂糖を我慢して食べずにマザーテレサの施設の子供に食べさせる話があります。この4歳のこどもに「貧しい人」に仕える心が厳然と存在するのです。それを賛美するマザーテレサ。そんなマザーテレサの心を課題文の朗読を通して表現していただけたら主催者としてはうれしく、光栄に思います。

    2013年
    07月11日

    留学特集(3)ロンドンから留学レポート

     イギリス、ロンドンに留学中のW.Nさんからレポートが届きましたので、紹介したいと思います。

    2013071101.jpg

     私はロンドンのレスタースクエアで語学留学をしています。留学して間もないですが、街でよく道を尋ねられます。最初は驚きましたが、それだけロンドンは多国籍であるという事がわかりました。
     最初の3ヶ月間はホームステイをしていましたが、残念ながらホストマザーとうまくいかなかったので、今はスペイン人の方とルームシェアをしていて、家には4カ国の人がいます。
     私の通っている学校はヨーロッパの人が多く、皆明るく素敵な人たちばかりです。そして、授業中は辞書の使用が禁止されているので、わからない単語は英語で質問をして英語で理解します。出身国・年齢・職業が違う人たちと話をする中で視野が広がり、語学だけでなく歴史や宗教、その国との関係など今まで私があまり興味のなかったものに対してもっと知りたい、知識をつけたいと思うようになりました。とても充実感があり、時間が物凄いスピードで過ぎていきます。

    2013071102.jpg

    2013071103.jpg 私の英語力は、スピーキング、リスニング、ライティング、ボキャブラリー、グラマー、について、均等に力がついてきているように思います。
     今は一日一日を大切に使うように心掛けています。

    2013071104.jpg

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE