• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 短期大学部
    4. 英語科
    5. 英語科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    短期大学部 英語科

    短期大学部 英語科Today 一覧

    2016年
    04月20日

    シンガポール実務研修報告

    新年度に入り、授業も2週目を迎えようとしています。

    今回は新2年生が参加した、シンガポール・マレーシアへの旅程実務研修の報告を載せたいと思います。

    以下、参加した学生による報告です。

    S.N.さんの報告です。

    私は今回、2月29日から3月3日(2泊4日)「シンガポール・マレーシア旅程管理実務研修」に参加しました。また、短大に入学した理由の1つが「旅程管理主任者」の資格を取ることだったので、この研修に参加することが待ち遠しかったです。

    研修に参加する前に、まず学校で事前勉強会を行いました。4日間のうちどこを添乗するのかなどを2人1組になって決め、添乗実務シミュレーションをしました。私は3日目のシンガポールで、オーチャードでのショッピング後から夕食、ナイトサファリまでを担当し添乗しました。添乗の内容は、ガイドさんとの打ち合わせから始まり、集合場所での点呼・人数確認、お客様の安全確認、目的地までの所要時間のアナウンス、バス下車後から観光地までの引率など、たくさんの業務がありました。

    前もってどのように添乗するかを十分話し合って決めていても、実際には思うようにいかず満足のいく添乗には程遠かったです。どんなときでも臨機応変に対応する「添乗員」という仕事の大変さを自分で実際に体験し痛感しました。お客様を安心させ、時間通りに行程をこなすことが添乗員にとって大切だと思いました。

    この研修は添乗業務の体験だけではありません。初日のJTBシンガポール支店への訪問では、現地で働く日本人の方から貴重なお話を聞くことができとても勉強になりました。また観光では、マーライオン公園の有名なマーライオンの像を見たり、セントーサ島のユニバーサル・スタジオ・シンガポールでたくさんのアトラクションに乗ったりしました。

    その他の観光地もどれも楽しかったです。その中でも特にマリーナベイサンズスカイパークからの夜景が最も心に残っています。息を呑むほど美しい夜景を楽しむことができとても感動しました。

    初めての海外で少し不安でしたが、この実務研修の中でたくさんの思い出とたくさんの新しい友人ができました。そして、「添乗員」の仕事を体験し、大変さ・楽しさの両方を感じ自分自身が成長できたように思います。実務研修に参加して本当によかったです。皆さんもぜひこの研修に参加して、自分自身を成長させるチャンスにしてください。
     

    R.N.さんの報告です。


    旅程管理実務研修とは、事前勉強会の時点では、旅行の日程表通りにお客様をご案内したら良いだけだと思っていましたが、実際には日程表に書いていないこと、例えば「この観光地では他にもこういう楽しみ方ができます。
    などという情報も伝えなければいけないのだと感じました。

    事前勉強会でマニュアルを見ながら業務の担当箇所をひと通り確認しましたが、本番ではマニュアル通りにはなかなかいかず、その場その場で自分で考えて行動しなければいけないのだと思いました。

    また今回業務を初めて担当して、確認事項が多いこと、周りを見ながら行動すること、その場で自分が何をしたら良いのかなど1つの観光地に行くだけでもしなければいけない事がたくさんあるのだと感じました。観光地に着くまでの間にお客様に必要なことは全て伝えておかなければなりません。そのためには、自分達が早め早めに行動し、ガイドさん達と確認しておかなければならないということを学びました。

    私はこの確認をしっかりしていなかったため、お客様に伝える直前で慌ててしまい、敬語を上手く使えなかったり、文章がまとまらなかったりしてきちんと伝えることができませんでした。私は敬語を日頃からもっと練習し、社会に出るまでに正しい敬語を使えるようにしようと思いました。

    今回の研修で、自分に何が足りなかったのか、旅程管理主任者という仕事はどういうものなのか、どれほど大変なものなのかを知ることができました。が、たくさんのことを学ぶことができ、参加してとてもよかったと思います。友達ともたくさん話すこともでき、とても楽しかったです。
     

    今年もヨーロッパ、アジア圏に実務研修が予定されています。実際に参加して様々なことを学びましょう。

    tan_20160420_01.jpg

    tan_20160420_02.jpg

    2015年
    04月20日

    シンガポール、ベトナムへ海外実務研修(旅程)

    今回は、旅程主任者資格取得のための海外実務研修の報告を2件、掲載したいと思います。
    Y.A.さんには、2/2~2/5に実施されたシンガポール研修について、M.Y.さんには、2/23~2/27に実施されたベトナム研修について報告してもらいます。
    7/5日に開催されるmini Open Campusでは、実際にY.A.さんに会って話を聞くことができますので、ぜひ、足をお運びください。
     

    シンガポール・マレーシア旅程実務研修を終えて
    (Y.A.さんのコメント)

    私は2/2~5日の3泊4日でシンガポール・マレーシアでの旅程管理実務研修に参加しました。
    短大入学の決め手が、旅程管理の学習をして旅程管理主任者(添乗員)の資格を取得することだった私にとって、この実務研修に参加することが自然でしたし、またシンガポールにずっと興味を持っていたのでこの研修をずっと楽しみにしていました。

    添乗実務は4日間を区切りの良い箇所で振り分けてペアで行います。担当している箇所では人数確認や注意事項等 実際の添乗実務をペアで責任を持って行わなければいけません。その中で 自分が主にやる役割のところは、出発前から『こういうことを言うぞ!』と細かくメモに書いていました。だから完璧な添乗ができると思っていましたが、いざその場になると思うような添乗ができず、あれだけ準備したのにと悔しい気持ちになりました。
    添乗員とは ただ決まった台本を読むことではなく、その場にあった言動でお客様を安心させて楽しい旅行へと導くことが大切だと体験して学ぶことができました。

    シンガポール研修は、JTBシンガポール支店への訪問から始まり、旅行会社のことやシンガポールの魅力など興味深いことをたくさん教えていただきました。また蘭園やマーライオン像、セントーサ島での自由行動など それぞれの時間を過ごすことも多く、みんな素敵な思い出が作れたのではないかと思います。(マーライオンは全然ガッカリしませんでしたよ!)
    夜はマリーナベイサンズからの素晴らしい夜景を見たり、森の中で自然な姿の動物たちを見るナイトサファリに参加したりと、シンガポールをしっかり満喫することができました。

    3日目にはマレーシアに足を伸ばしました。マレー村ではマーレシアの文化や舞踊などを見学し、素晴らしい文化に触れることができました。

    今回の研修は私にとって初めての海外で不安もありましたが、頼りになる先生方や現地ガイドさん、この研修に参加したみんなのおかげで充実した素晴らしい4日間になりました。またこの1年間 旅程管理を学習する中で、日本や世界の事を改めて学んだり、『ひとつの旅行の裏でこんなことが行われているんだ!』とお客様として見えない部分をたくさん知り、旅行そして添乗員の仕事がもっと好きになりました。

    tan_20150420_01.jpg
     

    カンボジア・ベトナム旅程実務研修を終えて
    (M.Y.さんのコメント)

    今回の「アルコール遺跡・ホーチミン旅程管理研修」は、私にとって初めての海外旅行でした。
    この5日間は自分の想像をはるかに超えることばかりで一つ一つがとても貴重な経験となりました。その中で特に、添乗員という仕事の大変さを改めて実感いたしました。自分も慣れない土地で、気候、習慣、言語が異なる中でのツアーで、お客様に安心して楽しんで頂く為には、多くの知識はもちろん、体力や精神力も必要であると感じました。

    また私は日本の素晴らしさ、特に日本のサービス「おもてなしの心」を実感いたしました。日本では当たり前のような事ではありますが、海外に行くことで改めてその素晴らしさを実感すると共に、自分の将来の夢である客室乗務員になり日本の「おもてなしの心」を海外の方に伝えたい!という想いが強くなりました。

    添乗員の仕事を学ぶことができ、観光もでき、自分の将来に繋がる研修に参加できて本当に良い体験ができました。この体験で学んだことを無駄にしないよう頑張っていきます。

    tan_20150420_02.jpg tan_20150420_03.jpg

    2014年
    10月02日

    ヨーロッパ旅程実務研修&イギリス語学研修:学生による報告

    2014年度イギリス語学研修及び旅程管理実務研修を終えて(H.M)


    tan_20141002_01.jpg2014年8月25日から私はイギリス語学研修及び旅程管理実務研修に参加しました。

    最初の1週間がギリシャ&イギリスの実務研修でしたが、旅程管理主任者(以下添乗員)の仕事の大変さを実感しました。訪れる国について事前に勉強しておかなければならないのはもちろんのこと、空港での手続き、バスやホテルでの業務、お客様全員の安全確認など…すべきことがとても多く、しかもそれらすべてを一人で行う大変さを思い知りました。


    今回、私たちは3人1組での添乗業務でしたが、3人で分担していてもいっぱいいっぱいで、添乗業務を完全に軽く考えていたと思いました。言うべきこともしっかり言えずにモジモジしていたり、自信がなさそうにしていては、添乗員はつとまりません。お客様にこの人なら安心して任せられると思ってもらえるように、事前の十分な準備とぶれない自信がカギだと感じました。
    学生である間にこのような実務研修に参加し、添乗業務を体験することによって添乗員のイメージが明確になり、大変さ・楽しさ・達成感を味わうことができ、とても充実した研修でした。
    tan_20141002_02.jpg
    語学研修は約2週間でしたが、平日の午前中は語学学校で生きた英語を学び、それ以外はすべて自主研修でした。自主研修の時間がたくさんあったおかげで、ロンドンの街を思う存分楽しむことができました。
    バッキンガム宮殿で衛兵交代パレードを見たり、ビッグベンを間近で見たり、ロンドンの街並みを一望できる巨大観覧車ロンドンアイに乗り、夜景を楽しんだり、どれもこれも迫力があって心に残るものばかりでした。
    お土産や新鮮な食材、美味しい料理が楽しめるマーケットやファッションショップなど街を歩けばたくさんの楽しいお店もありました。
    中でも私が一番感動したのは、ミュージカル“マンマミーア”でした!ミュージカルそのものももちろん感動したのですが、何と言っても、日本ではとても考えられないことですが、エンディングで観客が全員総立ちになり、一緒に踊りだしたのです!知らない者同志が笑顔で楽しむその光景が素晴らしく、眼に焼きついています。
    イギリスはスリが多いなど治安も悪いと聞いていましたが、街中では全くそんなことは感じることもなく、反対に心の温かい方々が多く、そばで困っている人がいれば迷わず声をかけている光景を何度も見ました。そんな素敵な国でした。
    tan_20141002_03.jpg
    語学学校での授業はもちろんすべて英語で行われ、街中でも聞こえてくるのは英語ですので、自分のリスニング力が上がっていることを日々実感していました。
    また語学学校で私が大きく成長したことは積極性です。もともと、短大での授業中は基本的に黙っていた私が、意見や考えを発言できるようになり、発言することを楽しいとまで感じるようになりました。語学学校の先生から学んだ“Don’t be afraid to make a mistake!!!” という言葉を心に留めて、これからは積極性を持った自分であり続けたいと思います。

    この研修は私をひとまわりもふたまわりも成長させてくれたかけがえのない体験となりました。このような体験をさせていただいたことに感謝します。

    2014年
    09月08日

    2014年度イギリス語学研修、始まる!

    8月25日から9月1日までの「オランダ・ギリシャへの旅程管理実務研修」を経て、9月1日からイギリスで語学研修が始まっています。
    tan_20140908_01.jpg
    残り2週間、たくさん学んできてください!
    近いうちに、オランダ・ギリシャへの旅程管理実務研修についての学生の報告も掲載したいと思います。

    2014年
    03月25日

    カンボディア・ベトナム:旅程実務研修報告

    さて今回は、先の「シンガポール」に引き続き、2月の23日から27日まで3泊5日で行われた「カンボディア・ベトナム」の実務研修の報告をご紹介します。
    今回、紹介してくれたY.Hさんの報告ですが、最後に彼女ならではの旅行メモが並んでいます。「Y.H.メモ」としてまとめてみましたので、是非楽しみながら読んでください。

    tan_20140325_01.jpg


    1.研修の担当について
    私の添乗担当は、初日の福岡空港からホーチミンで乗り換えシェムリアップ空港行きの便にお客様を誘導し、搭乗させることでした。私たちは、みんなよりも30分早く福岡空港に到着し、プリチェック(トイレやチェックインカウンターの場所確認、再集合の時間決め、両替のタイミングなど)を先生と相談しながら行いました。そして全員集合したときに、パスポートチェック・Eチケットの確認を行いました。
    プリチェックの時は先生から色々な確認事項を言われ、焦ったり不安になりましたが、みんなの前で声を出したら添乗している実感が湧き、気合いが入りました。再集合時に先生が「両替は税関などを通過してもできますよ」、さらに「2000円ぐらいはベトナム通貨のドンに替えた方がいいですよ」と具体的に指示を出されていたので、お客様が求めている情報はこういうことかと理解できました。

    再集合時に私達(2人ペア)添乗員は全員が搭乗したことを確認し、最後に搭乗しますと言っていたにも拘らず、搭乗が始まった時点で最初に乗るというミスをしてしまいました。

    tan_20140325_02.jpg

    ホーチミンに到着後、集合、人数確認をして、シェムリアップ行きの搭乗券を受け取りました。
    この時、乗り換えになるので、出口(入国)の方に行かないように、その出口が見える前でお客様を集合させるなど工夫しました。
    それから順調に荷物検査を受けて、帰国時にまたホーチミン空港の免税店を通るので下見をしてから、飛行機に乗りました。これで私の担当は終わりました。


    2.研修を終えて
    実務研修はとても内容の濃い研修になりました。先生が元添乗員なので、お客様が求めている情報や、誘導の仕方、注意事項のポイントなどをその場で教えてくださるので頭に入りやすいです。さらに担当以外では本当に観光旅行ですし、あまり喋ったことのない友達とも仲良くなれました!
    旅行を楽しみながらも勉強できるので、みなさんもぜひ、旅程管理主任者の資格を取得し、就職活動に役立ててください!


    tan_20140325_04.jpg3.Y.H.の旅行メモ

    ・カンボジアのシェムリアップ空港を見ればカンボジアを好きになる!今まで6カ国の国際空港を見てきましたが、あんなアットホームな空港は初めて!!大らかな国民性が一目でわかる!

    ・初の象さん乗り!考えていた以上に揺れが激しい!だが乗っていると観光客にたくさん撮られるのでサングラス必須!
    tan_20140325_05.jpg

    ・アンコールワットの階段の傾斜にびっくり!専用の階段からならば登って頂上まで行けるアンコールワットですが、傾斜と高さがすごい!だが歴代の王様が居た場所や古代の人々が見た景色を見られます!
    tan_20140325_06.jpg

    ・カンボジアは高温多湿なので朝、出かけることをお勧めします!実際に観光客向けの朝市場と地元向けの朝市場に行きました。なんと!地元向けの市場では肉や魚などの食品を販売していたり、雑貨・アクセサリー・金まで売っているうえ、なんと美容室もありました!
    さらに果物なども販売されていて、たくさんの匂いが混ざってものすごく独特です!これぞ地元臭!是非!味わって!
    tan_20140325_07.jpg

    ・トゥクトゥクも大変便利です!交渉すれば少し安くなりますし、ホテルから乗車して観光に行くと1日付いて来てくれます!さらに発音が大変難しくなかなか現地の人には通じないホテルの名前もわざわざ言わなくてもホテルと言えば通じるので安心。
    tan_20140325_08.jpg

    ・ベトナムのご飯は少し中華風で日本人には合いやすいです!しかも元フランス領なのでパンが美味しい!!その美味しいパンを使ったバインミーというファストフードを特にお勧めします!ポピュラーなのはバゲットにホットドックの要領で切り込みを入れその中に香ばしく焼いた牛肉とキュウリなどの野菜とマヨネーズが入っていて、とっても美味しい!!tan_20140325_09.jpg

    ・ベトナムの市場は活気と物の量と人の多さにびっくり!市場では強い心と冷静な判断が重要です!時間が掛かっても気にせず自分で計算しましょう!それさえ出来ればアジアンテイストのサンダルや漆の食器や絵にTシャツにお買い物し放題!

    ・ベトナムのホーチミンにはたくさんのブランドショップもあるので、有名ブランドのお買い物も充実!

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE