• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 生涯学習・地域貢献
    3. 出張講義

    生涯学習・地域貢献

    出張講座

    趣旨

    1. 本学教員が高等学校教室に出向いて講義をおこなうことにより、大学の講義の雰囲気を味わい、本学の教育活動に触れていただく。

    2. 本学教員が各自の専門分野について、高校生が興味・関心を抱くような講義をおこない、学問の楽しさ・奥深さに触れていただく。

    3. 高等学校などのニーズに応え、大学として高等学校をはじめとして地域の教育活動に貢献する。

    形式・内容

    1. 授業時間はご要望に合わせることができます(45分、50分、90分等)。

    2. 出張講義に伴う費用(講師派遣料、交通費等)については、本学が全額負担いたします。受け入れ先高等学校様のご負担は一切不要です。

    3. 担当講師・講義内容・日程等につきましては、ご要望に添えるようできる限り調整を図りますが、都合により変更調整のご相談をさせていただく場合があります。

    4. カタログに掲載していないテーマにつきましても、ご要望がございましたらお寄せください。担当講師と調整し、できる限りお応えいたします。

    5. 本学キャンパスにお越しいただく体験模擬授業も可能ですので、ご相談ください。

    お申し込み方法

    1. 下記「出張講義申込書」にご記入の上、開催予定日の1ヶ月前までに、本学入試課までお申し込みください。

    2. 調整の都合上、ご希望の講義・担当講師・日時につきましては、第2・第3希望をご記入いただけると幸いです。

    3. 受講生の学年、人数につきまして、事前にお知らせください。

    4. 出張講義を実りあるものとするため、具体的な要望を事前にお伝えいただけると幸いです。例えば、「学問に関心を持つ契機としたい」、「大学の雰囲気を知りたい」というご要望があれば、その点に配慮した講義をいたします。

    ※ご不明な点がございましたら、本学入試広報課までお問い合わせください。

    講義内容

    現代文化学科
    No テーマ 担当教員 内容
    1 観光文化の魅力を探る 浮田 英彦
    田中 英資
    寄藤 晶子
    東 茂美
    長坂 契那
    「観光」は新しい時代を切りひらくキーワードです。人に安らぎと癒しを与え、地域に新しい風を吹き込み、産業やまちづくりに活力をもたらす観光ホスピタリティについて、「文化」の観点から考えましょう。
    2 交流文化の魅力を探る 佐島 顕子
    岡本 裕子
    田中 英資
    髙戸 聰
    小宮 芳幸
    アメリカ、韓国、中国、トルコ、フランス、イギリス、ドイツなどの言語や文学、文化に親しみ、深く理解することで、多様な価値観に触れましょう。異文化交流の楽しさを知り、その意義を考えます。
    3 日本文化(国語教職)
    の魅力を探る
    末澤 明子
    東 茂美
    日野 資成
    伊藤 文一
    大國 眞希
    万葉集に代表される和歌の精神。源氏物語をはじめとする古典文学。音と色から観た太宰治など近現代の文学。楽しく歌って覚える古典文法。多彩な日本文化を、「今」の視点で論じます。
    言語芸術学科
    No テーマ 担当教員 内容
    4 文学作品をどう読むか 上田 修 スタイル(文体)という点に注目して、英文学作品を読みます。もちろん、単に訳をするような読み方ではありません。ノーベル賞作家の作品も、高校までの英文法で十分に楽しめることを実感してみましょう。
    5 妖怪学入門 吉田 修作 『ゲゲゲの鬼太郎』や『千と千尋の神隠し』などをもとに、妖怪と地域、妖怪と時間、妖怪と自然などについて、分かりやすく説明します。
    6 映画の社会学入門
    -短編映画を分析する-
    文屋 敬 映画は多くの人を対象にした作品ですが、観客に受け入れてもらうためには、人間の行動や心理を理解できる形で「表現」しなければなりません。この講義では日本の短編映画に観られる描写から人間の行動や心理を理解するための「表現」を説明します。この講義を通して、もっと深く映画を楽しんでもらえれば幸いです。
    7 映画研究(英語圏) 道行 千枝 映画を通して英語圏の文化・文学・社会をひも解きます。日常的なユーモアや生活習慣、歴史・政治など、映画の背景を学ぶことで、英語と英語文化に対する理解と関心を深めます。また、映画製作の手法を芸術的観点から分析し、鑑賞力を養います。
    8 マザーグースで
    学ぶ英語
    上村 忠実 英語を母国語とする人が幼少期に習うマザーグース(伝承童謡)には、英語習得のヒントが隠されています。英語で最も有名な歌「きらきら星」を例に引いて、英語発音の仕組みを解説し、ことばを解釈するとはどういうことかを考えます。
    9 神話に見る言語 大島 一利 ハリー・ポッターの世界観には多くの神話が反映されています。また多用される魔法のほとんどはラテン語に由来しており、それは英語学習にも繋がります。呪文の意味を知り、その効用を学べばハリーの世界が近くなります。言語領域の豊かさを紹介します。
    メディア・コミュニケーション学科
    No テーマ 担当教員 内容
    10 日本の住まい 清川 直人 和風・洋風、一戸建て・マンション、木造・鉄筋コンクリート造など、私たちの住まいは多種多様にみえるかもしれません。しかし住まいを「住まい方」という見方でとらえてみると、それほど選択の幅は広くありません。私たちの住まい、現在と未来を「住まい方」という点から考えます。
    11 日本語っておもしろい! 守山 惠子 外国人日本語学習者から日本語について質問されても、日本語を母語とする私たちにとってはあまりにも当たり前で、どう説明したらいいかわからないことがたくさんあります。考えたことのないこともあります。日本語を学んでいる人たちの疑問を知って、その答えを一緒に探しましょう。日本語のおもしろさに気づかされます。
    12 デザインの世界
    -色彩の不思議!-
    金藤 完三郎 身の回りのあらゆるモノに施されているデザイン、なかでもとくにインパクトのある要素が<色彩>です。そこは常識が通用しない世界ともいえます。超入門の扉を開き、その仕組みと不思議を学ぶ体験型の講義です。
    13 方言の現在 二階堂 整 方言というとお年寄りの言葉、消えていく言葉とのイメージが強いと思います。しかし、若者が生み出す方言もあれば、変化を続ける方言もあるのです。この講義では、そうした最近の方言の状況を説明し、皆さんが自分自身の話す言葉について振りかえる機会になればと考えます。
    14 メディアを学ぶ。メディアで働く。 林田 真心子 新聞やテレビ、携帯電話など、私たちのまわりにはさまざまなメディアがあふれています。でも、そもそも「メディア」とは、何なのでしょうか。大学で学ぶということはどういうことなのでしょうか。講師の放送局での経験や、メディア論の基本的な考え方をご紹介しながら、会場のみなさんといっしょに考えます。
    *前期(7月迄)のみの担当になります。
    15 ヒットチャートで読むメディアの古今東西 高橋 聡太 楽曲やミュージシャンの人気を知る上で欠かせないヒットチャートは、人々の音楽との接し方にあわせて集計方法をさまざまに変化させてきました。その歴史をながめながら、楽譜からレコードやCDの時代を経て、インターネットでの楽曲配信に至るまでの音楽メディアの変遷をたどります。
    心理学科
    No テーマ 担当教員 内容
    16 心理学紹介
    -心の仕組みが分かり、
    考える・観る力が育つ-
    奇 恵英
    佐野 幸子
    重橋 のぞみ
    白澤 早苗
    富永 幹人
    福留 留美
    米川 勉
    分部 利紘
    領域で初の国家資格となる「公認心理師」法が成立し注目を浴びている心理学ですが、その内容の幅広さと深さを知る人は、意外と少ないものです。心理学は、カウンセリングに活かされているのみではなく、コミュニケーション能力の向上、自己成長、集団や組織の発展など、様々な場面で貢献しています。心理学を学ぶと、企業人、臨床家、教育者等に必須とされる、客観的に情報を収集し観る力や理解力、判断力が育まれます。講義では、心理学がどのような学問であるのかを紹介(公認心理師の説明含む)し、社会(卒業後)との関わりを伝えます。
    17 臨床心理学紹介
    -心を支える理論と技術で
    人を助ける力が育つ-
    奇 恵英
    白澤 早苗
    重橋 のぞみ
    富永 幹人
    福留 留美
    米川 勉
    臨床心理学は心の援助のための理論と方法の学問です。福祉・学校・発達・医療分野等で、「心理学を学んだ者」という求人もよくみられます。臨床心理学の学びでは、まず自分の心を理解した上で、他者の心をよく理解し、良好な人間関係、元気な生活のマネージメントができる力をつけ、さまざまな仕事をする際に必要なコツ、活力が得られます。
    18 社会心理学紹介
    -人との関わりを
    充実させる力が育つ-
    佐野 幸子
    藤村 まこと
    社会心理学は、他者の存在に注目する学問です。人は他者に影響を与えたり、受けたりしながら、友情を築いたり、目的を達成したりと人生を豊かにします。この関わり方を学ぶことは、自他を見つめる知恵となり、コミュニケーションの力を伸ばし、学校、地域、企業など、あらゆる場面で役立ちます。講義では、人との関わりを捉える視点を紹介します。
    19 キャリア心理学紹介
    -どう生きるかを
    考える力が育つ-
    大里 大助
    佐野 幸子
    藤村 まこと
    キャリアとは「これまでにたどってきた道のりを振り返ったり、将来を展望した時に浮かび上がってくる何らかのパターンのこと」をいいます。キャリアの問題は、多くの人にとって自分の問題として大きな意味を持つ時代になりました。キャリアは人それぞれですが、元気に歩むことは共通しています。講義では未来へのヒントを提供します。
    20 教育心理学紹介
    -人の成長を理解し、
    心を育む力が育つ-
    富永 幹人
    米川 勉
    心理学が捉える教育は、学校という社会制度のもとでの教育にとどまりません。私たちは職業人としても親としても市民としても、日々の生活体験を糧にして、固定観念や先入観から自由になろう(成長しよう)として生涯を通して学び続けます。この広い意味での学びの過程において、心の仕組みや働き(心理)がどのように変容するかを解明してきている教育心理学は、特に学習・思考・臨床・認知心理学などと重なり合っている心理学です。「先生」にならない人にも、とても役立つ教育心理学を紹介します。
    21 行動経済学紹介
    -経済社会と人間の
    心理との関連を考える-
    岩下 伸朗
    分部 利紘
    経済学は基本的には損得「勘定」で動く「経済人」を想定し、その全体的絡み合いとして社会の動きを捉える学問です。しかし、現実においてさまざまな具体的内容をもつ社会を動かしているのは、人々のさまざまな(ある面「勘定」にあわない)「感情」や「心理状態」であることが多く、この側面が最近より注目されています。この視点を含んだ「行動経済学」の一端を、皆さんの実体験と重ね合わせてお話し、皆さんのものの考え方の一助にしていただければと思います。
    22 広告と心理学 佐野 幸子
    藤村 まこと
    分部 利紘
    ときに、「心理学って何の役に立つの?」という声を耳にします。本講義では、心理学の塊とも言える「広告」について、「広告にはどのような心理学的知見が使われているのか」を紹介します。これにより、心理学の重要性や有益性を楽しく分かりやすく学びます。
    子ども発達学科
    No テーマ 担当教員 内容
    23 子ども学入門 吉田 尚史
    坂田 和子
    「保育学」から「子ども学」へ……、子どもを学ぶとはどのようなものでしょうか。子どもを学ぶ新しい視点について考えます。
    24 子どもと学校 吉田 尚史
    猪狩 恵美子
    鹿内 信善
    柳田 泰典
    坂田 和子
    子どもの日常の中で学校生活は大きな割合を占めています。しかし、子どもが毎日学校に通うということは当たり前のことでしょうか。子どもにとって学校という場は、どのような意味を持っているのでしょうか。さまざまな視点から子どもと学校について考えてみましょう。
    25 子どもの発達と
    こころの援助
    坂田 和子 子どもの発達、とくにこころの発達に歪みがでていることを感じます。その歪みには何が関係し、その修復、癒しには何が必要なのでしょうか?子ども自身、親子関係、その他の環境要因等から考えます。
    26 小学校教諭に
    なるために
    吉田 尚史
    坂田 和子
    福島 さやか
    原田 大樹
    児童の生きる力を育成するためにはどのような支援が必要となるのでしょうか。豊かな心、健やかな体とは何か、一緒に考えてみましょう。
    27 保育者になるために
    -幼児教育・保育学入門-
    吉田 尚史
    高原 和子
    岡花 祈一郎
    保育者は、乳幼児期の子どもの「育ち」を担う重要な職業です。子どもの世界に寄りそい、子どもとともに生きるために、専門家として何を学び、どのような経験が必要でしょうか。幼児教育・保育学から、保育の魅力をご紹介したいと思います。
    28 保育士・幼稚園教諭になるために
    -保育実技(音楽表現・造形表現・身体表現・言語表現)入門-
    髙原 和子
    若山 哲
    福島 さやか
    原田 大樹
    安氏 洋子
    幼児教育・保育の現場における保育実技に関する講義および実技を行います(音楽表現・造形表現・身体表現・言語表現)。
    29 保育者になるために
    -保育所実習・施設実習・幼稚園教育実習-
    吉田 尚史
    髙原 和子
    岡花 祈一郎
    稲富 憲朗
    若山 哲
    保育士や幼稚園教諭になるためには、保育士の場合は保育所や施設で、幼稚園教諭の場合は幼稚園で、実習という形で体験しながら学び、大学では座学で学びを深めます。実習を通しての楽しさ、葛藤、喜び、悩みは学生としてだけではなく一人の社会人、一人の人間としての成長を導きます。では、実習ではどのような準備が必要でどのような体験をするのでしょうか。それぞれの実習についてお話したいと思います。
    30 特別支援教育の
    動向と実践
    猪狩 恵美子
    藤田 一郎
    中山 政弘
    特別支援教育の視点と方法は、特別支援学校だけでなくすべての保育・教育の場に不可欠になっています。障害の理解と発達を支援する保育・教育の実際、家族の子育てを支援する関係機関の連携などについてごいっしょに考えましょう。
    31 発達障害と
    気になる子ども
    猪狩 恵美子
    藤田 一郎
    中山 政弘
    LD、ADHD、高機能自閉症など「発達障害」への理解と支援の必要性が注目されています。しかし、保育・学校現場では診断はされていない子ども、障害が原因ではないけれども同じような困難を抱えている子どもなど、さまざまな「困っている」子どもがいます。子どもが安心して学校生活を送るための工夫を考えます。
    国際英語学科
    No テーマ 担当教員 内容
    32 英語は世界語 細川 博文 英語は世界語として多くの国で使われています。その用途も多様で、第1言語、第2言語、そして外国語として使われているのです。英語の歴史を概観しながら、地方語がどのようなきっかけで世界語になったのか、また、世界でどのような英語が使われているのか確認します。グローバルな視点から英語を考えます。
    33 文法は楽しい 細川 博文 文法を暗記物と思っていませんか。実は文法には使い手のものの見方が反映されています。前置詞の'across'と'through'はどう違うのか?「猫」はつねに数えられる名詞なのか?こうした疑問に認知的立場から答えていきます。これまでとは違った文法観が得られるでしょう。
    34 人を動かす英語力 細川 博文 「英語を使って仕事をする」 そこで求められる英語力とは一体何でしょうか。例えば読解力。単語の意味は分かるのに文章が理解できない。また、英語力はあるのにコミュニケーションがとれない、こうした笑うに笑えぬ現状を克服するためには英語力を越えた総合力・人間力をつけるほか道はありません。「技能的英語学習」から「人を動かす英語力」、一歩先を見つめた英語学習について考えてみましょう。
    35 国連で働く
    -国際キャリアを
    目指すあなたへ-
    川端 清隆 グローバル化が進む今日、若者たちには世界と共に生きる覚悟が求められています。講義では国連で働いた25年の体験を踏まえて、安全保障理事会やPKOなど、国連の仕組みや活動を具体的に解説します。そのうえで世界への飛躍を志す学生のために、国際組織やNGOなどで働くために必要な心構えや能力を、「採用する側」の視点から指導します。加えて、日本人が国際機関で働くことの意味にも触れたいと思います。
    36 アジアを覗いてみよう
    -世界を目指すあなたに-
    櫻田 陽一 国際社会で活躍するためには異文化の理解が必須です。東アジア、東南アジア、南西アジアをはじめとするアジア諸国には、食文化、生活文化、宗教、哲学など様々な分野で、それぞれに極彩色の個性を有する国が、国境を接しています。本講義の講師は30年余りにわたり国際ビジネスの第一線で活躍してきました。この実務経験をもとに、躍動感溢れるアジア諸国の文化、風習、言語についてご紹介するとともに、日本人としてのアジア諸国への接し方について皆さんと共に考えます。
    国際キャリア学科
    No テーマ 担当教員 内容
    37 世界とつながる仕事
    (国際ビジネス)
    -その魅力と可能性-
    山口 直彦 国境を越えた経済関係の強まりとともに 多くの企業が国際ビジネスの拡大を進めています。国内で働いている人も海外を相手に仕事をするケースが増えてきています。「国際ビジネス」というと敷居が高そうに聞こえるかもしれませんが、最も求められているのは失敗を恐れないチャレンジ精神と異なる価値観を理解しようとする柔軟さです。これは海外ばかりではなく、国内で仕事をする際にも大切なことです。本講義では、日本企業を取り巻く現状と国際ビジネスで求められている人材像などについてお話したいと思います。
    38 国際協力を考える
    -途上国支援に学ぶ
    『私たちの生き方』-
    南川 啓一 世界最貧国と呼ばれるカンボジア。ゴミ捨て場で生活する子どもたち、街中で物乞いをする子どもたち。地雷で手足を失った子どもたち。母子感染でエイズに感染し、孤児となった子どもたち。でも、みんなキラキラと目を輝かせて「学校に行きたい」、「勉強したい」と言います。学校に行くことが当たり前で、「どうして勉強するの?」なんて考えたこともなかった日本の学生たち。カンボジアの「ホーム(孤児施設)」での短い間のボランティアで大きく変わります。何が学生たちを変えるのでしょうか?それがきっと「私たちに欠けているもの」です。そして、誰かの役に立つことの喜びも…。
    39 英語『発音クリニック』 南川 啓一 英語の音が聞き取れないのは発音できないからです。「発音できない音は聴き取れない!」聞き取るためにはまず発音の仕組みについて理解することが大切です。母音は舌の位置で決まります。アメリカ英語で使われる10個の母音の内、5個は日本語のアイウエオと類似しています。この音を基準にして舌の最高点を英語の母音の位置に移せばよいのです。発音するときに動かすのは舌だけです。要領をつかめば個々音は完璧に発音できます。ただし、音だけでなく強弱も学ぶ必要があります。日本語では「柿」と「牡蠣」のように高さが意味を変えますが、英語では強さで意味が変わります。だからWhite House と white house の区別ができるのです。そしてこれは簡単な規則として理解できます。単語の強さにも規則はあります。だから英語を話す人がヤマダさんというときには「マ」が強く発音されるのです。発音は科学!納得できれば発音は簡単です!
    40 映画は世界への扉 中島 千春 映画を観ながら、「なぜここでそんな言い方をするの?」と不思議に思ったことはありませんか?日本語を話す私たちが普段当然と思っていることも、英語を話す時には違っていることがよくあります。文化が異なると、それに伴い、望ましいコミュニケーションの方法も違ってくるのです。この授業では、映画のシーンを視聴し、英語の台詞を学びながら、冒頭の「なぜ?」について考えます。
    英語科
    No テーマ 担当教員 内容
    41 イギリスを学ぼう 浅田 雅明 英語を母国語とする国は?と問われたら皆さん方の多くはアメリカと、一番に答えるでしょう。でも、明治維新のあとの日本は当時のイギリスから多くの制度を取り入れ、おおいに影響を受けてきました。現代でもイギリスは音楽、ファッション、ハリー・ポッターなどの作品で世界中に文化を発信しています。そんなイギリスの文化、語学留学について勉強してみましょう。
    42 大学で学ぶTOEIC・TOEFL 宮内 妃奈 新社会人に必要とされる英語力、600点以上ってどのくらいのレベルなのでしょう。また、海外の大学で必要とされるTOEFL、どのような種類のテストなのでしょう。実際に、例題を一緒に解きながら、大学でどのような勉強をすればいいのか、一緒に考えてみましょう。
    43 映画で英語! 宮内 妃奈 映画を用いて一緒に、生きた英語に触れましょう。イギリス英語、アメリカ英語の地域の違いはもちろん、年齢や性別、職場の立場の違いなどによって使われる英語が異なることに注目してみましょう。新たな発見があるかもしれませんよ。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE