• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    03月26日

    奇ゼミ(『卒業研究』)~自分の心の体験を客観的に論理的に分析・説明する

      心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第6回となる今回は、奇教授のゼミです。

     

     奇ゼミでは、自分の生活体験や対人関係、自分に対する理解などを心理学的視点に結び付けて再考するなど、学科で3年間学んだ心理学の知識と自身の体験を関連付け、自分に密着したテーマを考えることから始めます。そして、それを他の人にも説明できるように論理的に考え、言語化することを基本課題として、卒業研究を作成していきます。そのような作業を通して自分の体験や考えを客観的に見直し、理解することにより、卒業後も自分の生活の中で体験する様々なものを上手に理解し、マネジメントする力が養われることを目標としています。
     以下に、過去数年間の卒業研究の取り組みについて紹介します。
    ・主体性と恋愛経験の捉え方の関連について
     自分の恋愛経験から得られたものを振り返り、恋愛経験を積極的・肯定的な視点で捉えることができるのは、良い恋愛経験を得たからではなく、その人がもつ主体性と関連していると考えた研究です。
     
    ・被服行動にみる同調の心理について
     ファッションに関心のある大学生の立場から、洋服の趣味や選び方には対人関係が影響しているのではないかという仮説から、調査を行った研究です。
     
    ・長子・次子の性格特徴について
     長女であることから「妹とはずいぶん扱いが違う」と普段思っていたことから、出生順が性格形成に影響するのではないかと考え、調査を行った研究です。
     
    ・青年期の母娘関係において密着が自立に及ぼす影響について
     自立を考える大学生になってから、母との関係に大きく影響されている自分に気づき、「母娘関係を理解し、自立に向かって頑張りたい」という思いから調査を行った研究です。
    s_today180326n1.pngs_today180326n2.png

    2018年
    03月19日

    重橋ゼミ(『卒業研究』)~ゼミ活動を通じて得られる成長とつながり~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第5回となる今回は、重橋教授のゼミです。
     

     

     3月に卒業する重橋ゼミの学生達の言葉を紹介します。ゼミ生13名がゼミでの2年間を振り返りました。テーマは『卒業研究』『キャリア形成に向けた活動』『ゼミでの交流』の3つです。
     
    卒業研究
     重橋ゼミでは、各自の関心に基づき心理学に関する卒業研究を作成します。今年も互いに助け合いながら、最後まで熱心に研究に取り組む姿がみられました。その結果、心理学科の全ての研究の中から投票によって選ばれる最優秀賞をFさんが受賞!ゼミの仲間全員で喜びを共有しました。
     最優秀賞『相談への対応が気分に与える影響-友人からの対応・友人への対応-』
     女子大生の清涼飲料水の消費行動について学内企業と連携しながら調べたKさん、福岡女学院の緑溢れるキャンパスの森林効果を唾液アミラーゼの変化を用いて実証的に検証したKさん、30名以上の劇団員にインタビュー調査を実施し役者の熟達に伴う演劇活動の効果を調査したHさんなど、独自の視点で取り組んだ研究が目立ちました。
     
    <学生の言葉>
    〇納得がいくまでこだわって、結果が残せてよかったです(Fさん)
    〇森林の良さを知ると同時に、女学院キャンパスの魅力も知ることができました(Kさん)
    〇ゼミの先生と仲間に恵まれ、最後まで楽しい大学生活を送れたことに感謝しています。大学生活で最も力をかけた大好きな演劇活動をテーマに卒業研究を完成させ、嬉しかったです(Hさん)
    〇学内企業に協力していただき、納得できる卒業研究を完成させることができました。社会人になってもこの経験を活かします(Kさん)
    <Kさんの研究に対する学内企業担当からのコメント>
    非常に関心が持てる内容でした。消費者ニーズを掴みにくい製品だと思っていたのは経済的な視点でしかなく、他の切り口から、新たな戦略を生み出しうる可能性を秘めていることを研究から得ることができました。女子大学生の「こだわり」を販売者側が察知し、価格以上の付加価値をもたらすプレミアム感を提供していく必要があると考えます。調査項目作成から、しっかりと考察されていたため、このような研究結果が得られたのだと思います。研究成果の報告を受け、大変感動致しました。
     s_today180319n1.png
    卒業研究(中間発表会)          緑あふれるキャンパス
    s_today180319n2.png
    舞台での活躍            学内企業との打ち合わせ風景
     
    キャリア形成に向けた活動
     キャリア開発センターのPBL(Project-Based Learning)や学外の地域活性化プロジェクトに参加するなど、主体的に活動したIさん、短期留学体験に参加したHさんや法務省のインターンシップに参加したUさんは体験から視野を広げ、Oさんは非常に積極的に就職活動を展開、皆、希望の就職先に内定を得ることが出来ました。また、臨床心理士をめざして大学院進学の勉強を続けたTさんとMさんの二人は4月から大学院生!合格後も子育て支援事業に参加するなど臨床経験の幅を広げました。
     
    <学生の言葉>
    〇キャリア開発センター主催のPBLは、自分の殻を破り成長につながりました(Iさん)
    〇短期留学をして、知らない環境をもっと知りたいと向上心を持てる体験ができました(Hさん)
    〇法務省のインターンシップでは、矯正教育の現場に触れました(Uさん)
    〇就職活動は、今までの自分を振り返り、将来やりたいこと、なりたい自分について考えるきっかけになりました(Oさん)
    〇大学院進学試験での先生方の言葉は、自分へのアドバイスだったと気づきました(Mさん)
    〇合格後の大学院入学前教育(子育て支援現場への参加)は、座学では得られない経験となり、私の視野を広げました。4月から念願の大学院生です(Tさん)。
     
     s_today180319n3.png
         短期留学仲間達        遊戯療法を行うプレイルーム(大学院)
     
                  
    ゼミ生との交流
     先輩・後輩との勉強会やそうめん大会、秋のサンマ大会など楽しい思い出もいろいろありました(Nさん、Kさん)。新入生を支えるメンター活動、学生同士の就職支援など、ピアサポート活動を積極的に展開したSさん。学生同士で支えあい、学ぶ中で自己成長する様子が見られました。
     
    <学生の言葉>
    〇学生生活では学科や学年をこえて様々な人と出会うことができました(Sさん)
     s_today180319n4.png
    そうめん大会:先輩後輩みんなで流しそうめんを食べて和気あいあい(Kさん)
     
     s_today180319n5.png
    秋のサンマ大会:秋晴れの 笑顔溢れる 語り合い(Nさん)
     
     
     みなさんの今後の活躍を楽しみにしています!
    s_today180319n6.png
     
     
     

    2018年
    03月15日

    卒業式が行われました

      今年も卒業生を送り出す日が来ました。卒業生達は、昨日の卒業礼拝に続き、今日の卒業式もガウンとキャップ姿です。
     
     写真は、昨日の卒業礼拝の様子です。
    s_today180315n1.png
    【卒業礼拝】
     『卒業研究発表会を終えると卒業生たちは大学に来ることが少なくなるため、礼拝では久しぶりに友人たちに会うことになり、近況報告の話で盛り上がっているようでした。その上、慣れないガウンとキャップを羽織るのですから、少し照れたり、似合っているのか気になったりと、とても賑やかに笑い声が飛び交っていました。一挙に春の訪れを思わせる控え室の様子でしたが、礼拝では、パイプオルガンの音色と同時に厳かな雰囲気に変わりました。
     
    さて、これは今日の卒業式での様子です。
    s_today180315n2.png
    【卒業式】
     
     キャップの房の位置が礼拝時から変わっているのにお気づきですか?実は房の位置は、その人の学位(大学や大学院を卒業した者に与えられる位)を表しています。昨日の礼拝ではまだ卒業していませんでしたから、学位がないことを示すため、房は左です。しかし卒業式で学位授与宣言を受けると、房を右へと変えます。この写真では、卒業生達の房は右となっていて、「学士」となった(つまり、無事卒業した)ことが判ります。
     
     大学全体で執り行われた卒業式が終わると、心理学科卒業生のみが一室に集まります。ゼミ担当の先生から、それぞれ卒業証書や資格証明書を貰いました。記念撮影を終える頃には旅立ちの実感が深まり、教員たちも一層の感慨を覚えます。
     s_today180315n3.png
    【心理学科で卒業証書等の授与】         【記念撮影】             
     
     福岡女学院大学では、卒業生達に「いってらっしゃい」と告げる伝統があります。心理学科での4年間の成長を糧に活躍できることを信じ、そして、いつまでも「つながり」が続くことを心に刻み、明日への一歩を踏み出してもらいたいと思っています。
     

    2018年
    03月08日

    白澤ゼミ(『卒業研究』)~苦労があるからこそ深まる理解と絆~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第4回となる今回は、白澤教授のゼミです。
     

     

     『卒業研究』では、4年間の心理学の専門的な学びを踏まえて、学生一人一人が自分だけの「問い」を立て、解決に取り組み、その成果を「卒業研究論文」としてまとめます。それは、「既にある正解を学ぶ」「先生から一方的に教えてもらう」という高校までの「勉強」とは、大きく異なります。自分が興味を持ったテーマに自由に取り組める面白さがある一方、「テーマが決まらない」「思うような結果が得られない」「考えをうまく文章化できない」など、様々な苦労の声も聞きます。
     しかし苦労があるからこそ、卒業研究論文を完成させるまでの過程は、心理学における新たな気づきや理解に溢れ、ゼミのメンバー間の絆の深まりを体験できる豊かな時間となります。今回は、卒業研究発表会で優秀賞に選ばれたI.S.さん(長崎県立大村高等学校出身)とT.H.さん(浮羽究真館高校出身)に、『卒業研究』について振り返っていただきました。
     

     ゼミの活動で最も印象に残っていることは、卒業論文の作成です。『卒業研究』では、各自が研究したいテーマについて仮説を立てて調査を行い、得られた結果をもとに考察しました。私は「女子大学生の遅刻行動の実態」を調べ、遅刻行動とパーソナリティ特性との関連について検討しました。
     白澤ゼミでは、メンバーの全員が和気あいあいとしつつも、いつも何事にも真剣に取り組んでいました。白澤先生は、学生一人ひとりに対して丁寧に指導してくださり、自主的に研究を行えるようにサポートしてくださいました。またその指導は、授業内だけでなく夏休みや冬休みの間も行われ、皆積極的に参加しました。卒業論文では苦労することも多々ありました。しかし、ゼミのメンバー同士で分析を手伝ったり、他者の意見を聞いたりすることで、自分が気づかなかったことに気づかされ、新たな考えを取り入れ、満足できる卒業研究を行うことが出来たと思います。
    (I.S.さん)
     
     『卒業研究』では、主に卒業論文の作成に取り組みました。私のテーマは、「理想と現実の自己における差異についての“ポジティブなあきらめ”が自己受容に及ぼす影響」でした。
     卒論のテーマを決めるはじめの段階から苦労しましたが、その後はもっと大変で、先の見えない論文作成に何度も心が折れそうになりました。しかし、自分の論文も忙しい中、私の研究に協力してくれるゼミのメンバーの優しさに触れたり、大変な時はお互いに励ましあったりしているうちに、自然と「頑張ろう」という気持ちが生まれ、最後まで頑張ることができました。また、研究に関して質問したり話したりしているうちに、それまであまり話す機会のなかったメンバーとも会話が増え、距離が近くなりました。
     振り返ってみると、私にとってこの『卒業研究』の時間は、大学生活4年の中で一番心理学と向き合った時間だったかもしれません。大変ではありましたが、その分、色々と得ることが多い授業でした。
    (T.H.さん)
     

     
    s_today180308n1.png
    【ゼミ内での卒論発表会の様子】
     
    s_today180308n2.png
    【卒論発表会を終えて】

    2018年
    03月03日

    富永ゼミ(『卒業研究』)~研究活動を通じて得る成長~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第3回となる今回は、富永准教授のゼミです。
     

     

     今年の4年生たちももうじき卒業を迎えます。4年次からゼミに加わった学生もいますが、ほとんどのゼミ生とは3年次から2年間、卒業研究の完成・発表に向けて共に学んできました。必ずしもスムーズにここまでたどり着けたわけではありませんが、それぞれの素朴な興味・関心から出発した十人十色の面白い研究が、最後には完成したと思います。
     この2年間を2人のゼミ生に振り返ってもらいました。この経験を糧に、社会に出てからも頑張ってください!
    (担当:富永)
     
     富永ゼミでは、3年次の前期で先行研究の追試を行い、卒業研究を進める上で必要なスキルを学びました。後期では、卒業研究に向けて興味のある分野の論文を読み、それらをまとめ、発表するという作業を行いました。そして4年次では、1から自分で卒業研究を作り上げていきます。
     研究は行き詰まったり進んだりの繰り返しですが、親身になってアドバイスをしてくださる富永先生やゼミの友人達の助けもあり、大変でしたが無事に完成させることが出来ました。富永ゼミの2年間はあっという間でしたが、1つの研究を作り上げる難しさや達成感、友人と協力し助け合う大切さなど学ぶことが多く、とても充実した大学生活を送ることが出来ました。
    (S.T.さん:鹿児島純心女子高等学校出身)
     
     3年次に行った追試研究では、私たちのグループは、女子大生の化粧について研究を行いました。メンバーで役割分担を決め、1つのことを作り上げるという作業は、とても良い経験になりました。4年次の前期では、少人数のグループに分かれて、先生にアドバイスをいただきながら卒業研究を進めていきました。後期になると、個々のPC作業が中心になりましたが、分からないところを教えあったり、質問紙調査に協力し合ったりと、仲間意識が高まったと思います。
     『卒業研究』は大学生にとっての集大成と思いますが、同時に、協調性や思考力を高めるものでもあると考えています。苦労した分の達成感は感慨深いもので、富永ゼミでの経験はかけがえのないものになりました。
    (R.S.さん:博多高等学校出身)
    s_today180303.png
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求