• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    10月10日

    臨床心理学を震災支援に活かす

     福岡女学院大学では、同大学院人文科学研究科臨床心理学専攻を中心に、東日本大震災のあった2011年から6年間支援を行ってきました。『心理学科Today』では2回にわたり、その取り組みについてご紹介いたします。今回は、同取り組みにおいて中心的役割を担ってきた奇教授による報告です。
     
     中心となる支援地域は、岩手県宮古市田老です。あれから6年が過ぎ、同地区もずいぶん景色が変わりました。
    s_today171010n1.png
    【2011年8月 田老】          【2017年3月田老】
     
     人々の生活も変わりました。多くの方々が、仮設住宅から公営住宅や高台の集合住宅に移りました。そこには3度に渡る大きな環境の変化があります。一畳の上で二人が暮らしていた避難所から、4畳半の仮設住宅へ、そして今後定住するであろう住宅へ。津波によって離散したコミュニティは、5年ほどの年月をかけて仮設住宅内で再建されましたが、それも解体されることになります。定住する家があることはとても多くのことを解決してくれますが、新たな課題を内包していることも事実です。
     私たちはこの変化に対し、福岡女学院大学発祥の「主動型リラクセイション療法(サート)」という心理療法をもとに継続して支援を行ってきましたが、今、その支援にはとても大きな意味があったことを改めて実感させられています。
    支援は被災者の方々との深い信頼と堅い絆を築き、築き上げられた信頼と絆は環境の大きな変化に適応する際の支えとなります。そのため私たちの活動は、被災者への支援だけではなく、今では過疎地域のネットワークづくりや、健康寿命増進の地域活動といった、新しい地域づくりの一助となるイベントとして、今なお宮古市社会福祉協議会を通して活用されています。
    s_today171010n2.png
    【2011年8月】           【2017年3月】

    2017年
    10月05日

    中学校でのボランティア活動 ~学生サポーターとして頑張っています!~

     心理学科では、近隣の学校や適応指導教室などからボランティアの依頼を受け、学生に紹介しています。学生たちは自分の時間を割いて行くことになるため大変ではありますが、それ以上に、これまで学んだ心理学をもとに活動する充実感や達成感があり、行くことを楽しみにしてボランティア活動を続けているようです。今回は、春日市立春日西中学校で生徒たちの学校生活をサポートするボランティアに参加しているH.T.さん(浮羽究真館高等学校出身)に、そこでの経験を紹介してもらいました。
    (担当:富永)
     
    s_today171005.png

    学生の感想

     私は学生サポーターとして、春日西中学校でボランティアをしています。中学校では、生徒たちが分からない問題を一緒に解いたり、時には授業に参加したりしながら、活動を進めています。
     生徒に勉強を教える際には、どういった方法をとれば相手が最も理解しやすいかを考えます。しかし一人一人理解の仕方は違うため、自分にとって理解しやすい方法であっても、相手にとってはそうではないということも多々あります。心理学の授業の中で、人が持つ枠組みは違うこと、そのため適切な教え方も人によって変わること、そして何より人に何かを伝えるということは難しいことだと学びましたが、改めてそれを痛感しています。
     はじめは学生サポーターとして、「今、何をすれば生徒の助けになれるのか」を常に考え、行動しようとしていました。しかし今では、自分は一歩引いて生徒を見守る立場になることで、それが生徒の成長、自信に繋がると気づき、「どんな時に、どんなサポートをするのがいいのか」を考えるようになりました。「支援とはどういうことか」を自分なりに考え、答えを出せたことは、今回の活動を通じて得られた大きな学びだと思っています。

    2017年
    10月02日

    朝倉市との地域連携事業 2017年度中間報告3

     2017年7月5日、福岡県朝倉市は記録的な豪雨となりました。あれから3ヶ月近くが経ち、朝倉市では現在も復旧と復興に向けた活動が行われています。改めて、朝倉市をはじめ被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
     心理学科では、今年度も朝倉市との連携事業を進めてまいりました。『心理学科Today』では3回に渡って、学生たちが春から行ってきた取り組み、そして先の豪雨を受けて新たに始まった取り組みなどについてご紹介いたします(第1回; 第2回)。第3回となる今回は、藤村准教授率いるグループの活動についてです。
    (担当:藤村)

    企画内容

     朝倉市の新しいイメージを伝えることを目標として、今、朝倉市を紹介するウェブサイトを作成しています。朝倉市の西部に位置する秋月地区は筑前の小京都とも呼ばれる観光地です。今年の10月21日に新しく「朝倉市秋月博物館」が完成します。ウェブサイトでは、風情のある城下町・秋月を中心として、朝倉市の魅力を伝えるものにする予定です。また、現在の朝倉市・秋月の観光業は、九州北部豪雨の影響を受けて、来訪者の数が減少しています。ウェブサイトでは、豪雨による被害を受けながらも、頑張っていらっしゃる店舗の紹介も行う予定です。10月下旬には、ウェブサイトを公開予定です。ぜひこのサイトを見て、朝倉市の魅力を再発見してください。
    s_today171002n1.png

    特長1 若者をターゲットにする

     サイトの特長のひとつは、20代の若い人が楽しめる朝倉市と秋月を紹介することです。
     朝倉市を訪問する観光客は、近年減少傾向を示し、訪れる観光者の年代は50代以上が多く、若い世代の比率は少ないことが指摘されています。この状況を改善するため、この企画では、若い世代に朝倉ファンを増やすことを目標としています。それでは、どうすれば若い人たちに朝倉市に来ていただけるのでしょうか。グループで検討を重ねて、大学生である自分たちが行きたいと思える場所、行きたいと思えるコースを紹介することにしました。また、同じお店や商品でも、見せ方を変えれば印象が変わります。写真やコメントを工夫する、お店の人の顔が見えるようにする。そんな知恵を出し合っています。
    s_today171002n2.png

    特長2 被災後の朝倉市を紹介する

     朝倉市の取材を始めたのは、今年の4月からでした。その後、豪雨による被災を受けて、朝倉市は甚大な被害を受けました。その中で、市の西部に位置する秋月地区は比較的被災の影響は少なく、夏から通常の営業を行っていす。また、被災を受けた地域でも、一歩一歩、復興に向け営業を再開しています。9月に行った被災後の店舗インタビューでは、“被災の現状を知ってもらうことに加えて、安全で元気な朝倉の様子も伝えたい”、“大変なときだからこそ、若い人に来てもらうことで地域の方を元気づけてほしい”というコメントを頂きました。その様子も、サイトにてご紹介する予定です。
    s_today171002n3.png
     

    2017年
    09月27日

    朝倉市との地域連携事業 2017年度中間報告2

     2017年7月5日、福岡県朝倉市は記録的な豪雨となりました。あれから2ヶ月以上が経ち、朝倉市では現在も復旧と復興に向けた活動が行われています。改めて、朝倉市をはじめ被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
     心理学科では、今年度も朝倉市との連携事業を進めてまいりました。『心理学科Today』では3回に渡って、学生たちが春から行ってきた取り組み、そして先の豪雨を受けて新たに始まった取り組みなどについてご紹介いたします(第1回はこちら)。第2回となる今回は、分部講師率いるグループの活動について、メンバーであるN.Y.さん(福岡県立筑前高校出身)に報告して頂きました。
     

    企画内容

     『朝倉市の観光客を今以上に増やす』。このことを目標に、私たちは朝倉市と連携事業を行っています。今回私たちのグループが進める企画は『参加型あさぐらむ』。観光客が撮った写真をInstagramに上げてもらい、その写真を朝倉市の公式HPに連動させて掲載するというものです。実はこの企画、2つの大きな特長があります。

    特長1:心理学を活かす

     一つ目は、私たちの専門である心理学を活かしている点です。自分の撮った写真が地方自治体の公式HPに掲載されたと想像してみてください。やはり嬉しくなり、他の人につい自慢してしまうのではないでしょうか?そして何となく、その自治体が好きになるのではないでしょうか?また自慢された側は、自分も写真を撮りに現地を訪れてみたくなるのではないでしょうか?このように、人には「他の人に自分の存在を認められたい」という思い(承認欲求)や、自分が関わった対象を好きになるという傾向(IKEA効果)があります。私たちの企画はこれらの心理に働きかけることで、金銭的な報酬に頼らずに、その地方自治体を好きになる人や訪れてくれる人を増やすものと考えています。

    特長2:新しいPR方法の提案

     もう一つは、PR方法の新たなモデルになる点です。これまで県や市町村が観光PRを行う際には、自治体が観光客に対して一方的に観光地を案内する、単方向的なものでした。私たちの企画では、観光客が県や市町村を旅行しながら撮った写真が、その自治体のHPに掲載されることになります。そのため、観光客自身が「ここにはこんなに魅力的な観光地があるよ!」と、その地域の魅力を他の観光客や自治体に伝えることができます。自治体はその情報、その発見から新たな観光PRも行え、循環的な観光案内となります。また、通常の地方自治体のHPは、堅い雰囲気で、目で愉しめるとは言いにくいものです。私たちの企画では、観光客の撮影した写真が自治体のHPを彩ることになったり、観光客は自分の写真が掲載されたか確認するためにそのHPを訪れたりすることになります。このため、行政的な情報を伝達するだけであったHPを、地方自治体の彩り豊かな広告塔に変えることができます。このように私たちの企画は、地方自治体の新しいPR方法になると考えています。
     s_today170927n1.png
    【定例ミーティングにて】
    s_today170927n2.png
    【専門の方々へのプレゼンを前に】
     

    連携事業から得た成長

     私は「参加型」を発案した一人として、この企画を成功させたいと強く思っていました。そのためには、マーケティングなどを専門とする社会人の方々や市役所の方に企画内容をプレゼンし、批判して頂く必要がありました。しかし、プレゼンの機会が今まで少なかったこともあり、最初は大変苦労しました。プレゼンがうまくないため企画の良さを伝えられず、本当に悔しい思いをしました。しかし、先生に何度も添削して頂いたり自分たちで良いプレゼンを調べたりし続けた結果、今では企画内容を一つのストーリーとして話せるようになり、自分でも成長したと感じています。
     また、企画を考える際のコツも学びました。企画について長い間考えていると、成功させたいという思いからか、根拠もなく自分たちが成功するような感覚に陥ることがありました。そのようなときは、「『参加型』が失敗した…さてその原因は何だったか?」と大喜利のように考えたり、「自分が観光客ならこの内容の『参加型』に参加したいと思うか」と観光客になったつもりで考えたりするようにしました。こうすることで今まで見落としていた点に気づくことができ、「参加型」を成功させるために必要なことが見えてくることも学びました。
     このように、私は朝倉市の連携事業を通じて本当に多くのことを学ぶことができたと思います。現在はこの学びを活かし、全員で復興支援に新たに取り組んでいます。成長する機会を提供して頂いている朝倉市のためにも、これからも全力を尽くしていきたいと思います。

    2017年
    09月23日

    授業紹介:『卒業研究A/B』

     心理学科には『卒業研究A/B』という4年次必修科目があります。学生が自身の興味・関心に従って指導教員(ゼミ)を選び、卒業論文執筆に向けて研究を行うことになります。まさに大学を代表する授業と言えます。
     今回の『心理学科Today』では、そのような大学ならではの知的活動を知って頂くために、重橋のぞみ教授のゼミを御紹介いたします。「夏休み中にも自主的に卒業研究を進める学生たちとそれを細やかに支える教員」という風景は、少人数教育だからこそ見られるものかもしれません。
     

     

     夏休みが終わり、4年生は卒業研究作成に向けて質問紙調査等を行う時期になりました。昨年度卒業した先輩達もこの時期は卒業研究の追い込みをしつつ、進学や就職と、それぞれの進路に向かって準備を進め、あっという間に卒業を迎えました(昨年度は大学院進学者が6名と約半数を占めました!)。これからの時間を真剣に過ごし卒業研究を書きあげることで、ゼミ生達が大きく成長するように毎年感じています。
    s_today170923n1.png
    【3月卒業礼拝後に卒業研究集を持って】
     
     今年度は前期に既に調査を終えた学生もおり、夏休み中も自主ゼミを行うなど熱心に研究に取り組んでいます。テーマの一部を紹介すると・・
     ・家族関係とストレスコーピング
     ・信頼関係と愛着
     ・きょうだい関係と他者比較傾向
     ・対人不安と自己評価
    などがあります。
     
     研究方法も多様で、大学生に対する質問紙調査、学内の売店に協力を得て行う研究(飲料水の購買に関する研究)、フィールドでの調査(演劇の熟達に関する研究)、実験を用いた研究(緑の癒し効果)など、学生たちは新たな方法にも果敢に挑戦しています。
     大学生最後の時間に真剣に向き合い取り組もうとしているゼミ生の努力を応援するとともに、これからの皆さんの成長を楽しみにしています。
    (担当:重橋)

    s_today170923n2.png
    【4年生との集合写真】        【中間発表をしている様子】

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE