• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    12月25日

    授業紹介:3年次 富永ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第4回となる今回は、富永准教授の3年次のゼミです。

     

     3年ゼミでは、3~4人のグループで、心理学の先行研究の追試を行うという課題に取り組んでいます。この課題の意図は、4年次になると4年間の集大成として学生は卒業研究に取り組みますが、そこで必要となる、研究を進める上での一つ一つの作業や、一連の流れを学んでもらうことにあります。また、卒業研究は個人で行いますが、仲間との協力は不可欠であることから、仲間と協働する力を育てるということも意図しています。
     まずは先行研究を選び、それを十分読み込むことに始まり、質問紙の作成やデータの統計処理といった作業を行っていきます。「お手本」を元に作業は進めていくわけですが、「マネ」で終わりにならないように、どういうわけで先行研究ではそのような手段が採られているのかを理解しながら進めてもらっています。統計結果の数値の意味するところを理解することや、そうして得られた結果について考察することは、特に難しいところのようですが、話し合ったり、教員からアドバイスをもらったりしながら、結果、考察、そして今回の研究で見えた課題についても、主体的にレポートにまとめることができました。そして、そのレポートの概要をスライドにまとめ、発表会を行いました。発表会には大学院生に聞きに来てもらいましたが、3年生でこれだけの発表ができるのは立派だと感心していました。
     s_today171225.png
     
     こうして研究の一通りの作業を実践した後、現在はそれぞれの卒業研究の作成に向けて、自分の研究テーマを掘り下げる作業に入っていっているところです。卒業研究に向けての取り組みには、自分で課題を見つける、課題に対して適切な解決法を考える、データを基に考察を行う、他者に伝わりやすいように自分の考えをプレゼンする等、社会に出てからも大切なスキルが含まれており、そうした力を身につけていってほしいと思っています。
     早いものであと数カ月もすれば4年生になりますが、彼女たちがどのような卒業研究を仕上げていくのか、今から楽しみです。
    (担当:富永)

    2017年
    12月15日

    授業紹介:3年次 藤村ゼミ(『専門演習』)

     3・4年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第2回となる今回は、藤村准教授の3年次のゼミです。

     

     藤村ゼミでは、毎年3年次の秋に九州心理学会に参加し、研究報告をしています。今年は、12月9-10日に佐賀大で実施された大会にてポスター発表を行いました。ゼミ生は2グループに分かれて、自分たちの問題意識に基づいて研究テーマを設定し、調査研究を行いました。それぞれのグループの方に様子を報告していただきます。
    (担当:藤村)
     
    1.png
     

    1)朝倉市の地域イメージに関する研究

     私たちは、地域イメージを調査するチームです。私たちは、3年次のゼミ活動の一環として朝倉市との連携事業に取り組んでいます。その活動の中で今年7月、朝倉市は記録的な豪雨に遭い、甚大な被害を受けました。そこで私たちは、朝倉市に少しでも役に立ちたいという思いから、“被災地の地域イメージの検討”という研究を実施しました。本研究の目的は、被災前と被災後の地域イメージの比較を行い、この調査の結果から、被災地の復興支援につながる施策について考えることでした。
     調査結果から、被災後の地域イメージにはネガティブな傾向は見られず、朝倉市の認知度や支援に対する意欲は“向上している”という考察が導かれました。しかし同時に、被災地への訪問や居住はまだ躊躇しているような結果も見られました。そのため、今後の対策として、必要な支援や被害状況、ボランティア参加の呼びかけを発信して、まだ復興が完了していないことも知ってもらいながら、朝倉市の再開しているお店や、地域の方々の元気な姿や思いを同時に発信していくと良いのではないかと考えました。それによって、被災地の地域イメージがネガティブになることや、被災地訪問の躊躇を防ぐことができるのではないかと考察しています。
     この研究で得たものを朝倉市の復興に少しでも役に立てるように、またゼミ生みんなが自分なりに成長する糧になるように、これからも活動していきたいです。本研究を行う上で、協力してくださった、先生や学生の皆様に感謝いたします。
    (S.I.さん)
    s_today171215n4.png

    2)リーダーシップ幻想と自己肯定感に関する研究

     私たちは、“自己肯定感とリーダーシップ幻想は関連性があるのか?”という問いを設定しました。リーダーシップ幻想とは、簡単にいえば、集団の業績に影響を与えているかもしれない他の要因に注目することなく、“集団の業績の結果はリーダーによるものと過度に見なしてしまう傾向”といえます。私たちは、先行研究を調べながら、“自己肯定感の低い人ほど、リーダーシップ幻想をする傾向があるのではないか”という仮説をたて、研究を進めて参りました。
    仮説を検証するため、秋には学内の学生を対象に質問紙調査を実施しました。回答者が所属している、又は、所属していたサークル、アルバイトなど、今までの経験の中での集団の中のリーダーを想像しながら、自己肯定感、リーダーシップ幻想についての質問紙調査に協力してもらいました。データを集めた後は、2年生のときに「心理学実験」や「心理統計」の授業で学んだ分析方法を用いて分析しました。分析の結果では、私たちの仮説は支持されず、リーダーシップ幻想と自己肯定感との間には、関連性はないことが分かりました。
     学会での発表では、私たちのこの研究に対して、様々な視点からの指摘やアドバイスを頂き、とても貴重な経験になりました。この経験や、頂いたアドバイスを活かし、来年の卒業論文に活かしていきたいと思います。
    (M.T.さん)
     

    2017年
    12月11日

    授業紹介:3年次 分部ゼミ(『専門演習』)

     3・4年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第1回となる今回は、分部講師の3年次のゼミです。

     

     分部ゼミでは、「新規かつ重要な価値を社会に提供する力の育成」を目指しています。この目的のもと、学生たちは2つの“プロジェクト”を進めていきます。

    プロジェクト1:学術研究
     一つ目のプロジェクトは、学術研究です。学生は自分の日常経験を振り返り、興味を持っていること、不思議に思っていることを振り返ります。そのうえで、それらについて「なぜ “それ” が起きるのか?」という仮説を立て、実験や調査をもとに人の心の特性を明らかにしていきます。
     この中で最も難しいのは、断然、「学術的に新規で重要な仮説を考える」です。「ある事象を掘り下げ、その発生原因について仮説を考える」…これは、心理学を学び始めて2年の学部生には至難の業です。そこで、学生たちにはゼミ決め直後(2年次)にノートを渡し、興味ある現象について「人って意外と〇〇ではないか」と発見したことなどを書き留めるとともに、「なぜそうなのか?」という理由を日々考えることを課しています。このような「不断の熟考」は苦しいものですが、そこで得られる力は非常に大きいものです。ゼミ決め直後は、「何に興味があるの?」と尋ねても「え…ないです」と答え、「なぜだと思う?」と問うても「えー…」と黙っていた学生たちが、自分の具体的な興味や疑問に向き合い、そこから「ヒトの心の理」についての一般的な理解を抽出し、成果を学会で発表するまで力をつけています(下記写真の左)。
     以上の「課題を自ら発見・解決し、それにより新規で重要な視点を社会に提供する訓練」は、これから社会に出る学生たちにとって不可欠なものです。そして何より、心理学や神経科学に慣れ親しんだ教員にとっても、学生たちの意外な発想に触れる機会となり、大きな楽しみになっています。
     
    無題.png

    プロジェクト2:学外連携事業
     もう1つのプロジェクトは、学外連携事業です。学生たちは、専門知識の心理学を活かして実社会の課題を発見・解決する活動(課題解決型学習; PBL)に取り組みます。
     その一つが朝倉市の地域創生事業です。地域創生は全国的な課題であり、多くの自治体が観光パンフレットなどを作っていますが、それが交流人口増加の呼び水になることは多くありません。なぜでしょうか?この課題の解決策として、学生たちは「参加型あさぐらむ」(上記写真の右)を生み出しました。
     自治体が行う観光PRは通常、自治体が観光客に一方向的に発信するもので、そこに観光客が参加する余地はありません。しかし、人には自分が関与したものを好きになる傾向があります(IKEA効果)。また、誰もが少なからず「自分は特別でいたい」「自分を認めてもらいたい」と願っているものです(自己高揚動機・承認欲求)。そのため、朝倉市の公式HPに市の魅力的な写真を集め(あさぐらむ)、そこに皆が参加できるようにすれば、観光客が自己表現の手段として撮影した見栄えの良い写真が朝倉市の魅力としてHPから発信され、同時に、観光客は朝倉市に関与することで市への愛着が高まります。さらに朝倉市側も、観光客や市民が撮った写真をもとに地元の魅力を発見・再発見し、次の観光PRにつなげることも可能になります。このように「参加型あさぐらむ」とは、心理学を活かしながら、朝倉市を好きな人、市の魅力を発信してくれる人を増やすことで、市の活性化を目指したものです。
     また学生たちは、以上の取り組みを多くの方に知って頂き、参加して頂くために、プレスリリースにも挑戦しました。「どのような文を書けば自分たちの企画に興味を持ってもらえるか」を熟考しながら、何度も文章を練り直しました。その結果、12月5日の西日本新聞夕刊1面をカラーで飾るなど、複数の新聞やテレビなどで取り上げて頂くことまでできました。
     これらの活動は学生にとって(そして教員にとっても)時に大きな困難となりますが、「課題を自ら発見・解決し、新規かつ重要な視点を社会に提供する実践活動」を通じて、学生たちは(そして教員も)大きく成長していきます。
    (担当:分部)

    2017年
    12月05日

    授業紹介『心理療法基礎実習』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回紹介する授業は『心理療法基礎実習』。臨床現場で実際に適用されているさまざまな心理療法について、その理論と実践の導入を学ぶ科目となります。
     

     

     今回は「イメージ療法」を紹介します。人は心身ともにリラックスした状態でいると、内的に現れるイメージを感じやすくなります。イメージ療法では、クライエントが自身の見ているイメージを報告していくため、危険なイメージの場面では助け舟を出すなど、セラピストが介入することもできます。また、イメージはその人の現実世界でのものの感じ方や行動と呼応しているため、イメージのパターンを変えることで現実世界に変化を起こすこともできます。これらは、クライエントが深くリラックスルした閉眼状態で行うので、導入手続きにも一定のスキルが必要となります。
     一方、目を開けたままの状態で感じられるイメージを手掛かりに、自分自身について様々なヒントを得る方法もあります。『心理療法基礎実習』では、ペアになって“開眼壺イメージ法”を体験者と誘導者の役割で実習体験しています。気分そのものをコントロールすることは難しいですが、イメージを手掛かりにするとそのコントロールをし易くなります。初めは半信半疑だった受講生も気分とイメージの繋がりを実感してくれたようでした。
    (担当:福留)
    s_today171205.png

    2017年
    11月30日

    授業紹介『産業・組織心理学』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回紹介する授業は『産業・組織心理学』。組織における人の問題は誰にでも関わりのあるものですが、それに対処するための理論やスキルを専門的に学ぶ機会は非常に限られています。本科目は、組織をより良く動かし、組織で“良い仕事”を行うために必要な理論や知識を習得するものです。

     

     大学を卒業すると多くの人は、会社をはじめとした組織の一員として働くことになります。組織は、「人が独りでは成し遂げられないことを『共働』を通じて実現する場」と言えます。しかし数名のグループワークでも見られるように、共働はしばしば困難を極めます。例えば、組織の成員に持続的に働いてもらうためには当人たちのモティベーションを刺激し、維持し続ける必要があります。また、成員の考えが完全に一致することは稀ですが、その場合は意見の調整をして対立を和らげる必要もあります。『産業・組織心理学』は、このような組織における人の問題に対応するための理論を心理学的な観点から学び、それらをどう実践に活かすかについて考える科目です。
     人が集う組織には人の問題が満ち溢れています。だからこそ、心理学を通じて組織の在り方を学び考えることは、組織で“良い仕事”を行うための大きな武器となります。
    (担当:大里)

    s_today171130.png
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求