• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    07月24日

    大学院生による「臨床心理学専攻 進学ガイダンス」を行いました!

     先月13日と16日の両日に、学部生を対象として、福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻の進学ガイダンスを行いました。大学院受験を目前に控えた4年生から、「臨床心理士になりたいが大学院のことは良く分からない」という1年生まで、両日とも大変多くの学生が参加してくれました。
     今年も大学院生が協力してくれ、前半は教育プログラムや受験勉強のコツといった大学院の紹介、後半は学生からの質問や相談に個別に対応する相談コーナーという二部構成で行われました。後半の「相談コーナー」は今年初めての試みでしたが、学部生は大学院生にじっくりと相談することができ、有意義な時間になったと思います。
    today_shinri_2017-07-24a.png
    【大学院紹介】
    today_shinri_2017-07-24b.png
    【相談コーナー】
     
     以下は、今回のガイダンスで説明と相談コーナーを担当してくれた大学院修士1年生のA.T.さんからのメッセージです。A.T.さんほか、お手伝いいただいた大学院生の皆さん、ありがとうございました!
    (担当:富永)
     

    参加大学院生からのメッセージ

     ガイダンスには、1日目に30名ほど、2日目に20名弱ほどの学部生が参加してくれました。参加者の多さに驚くとともに、昨年私達が受験した時よりもさらに臨床心理学への関心が高まっている印象を受けました。
     相談コーナーでは、私たち修士1年が学部生のグループに1人ずつ入り、受験に関する学部生の悩みや質問に回答しました。この時期にやるべきこと、受験に向けての対策などについて多くの質問が出され、大学院進学への意気込みを強く感じました。学部生の皆さんには、大学院進学は目標ではあってもゴールではないこと、それよりも「自分はどんな臨床心理士になりたいのか、どんな人になりたいのか、そしてその先には何があるのか」という明確なビジョンを持つことで大学院進学の意欲が高まることをお伝えしました。学部生の皆さんにはそのようなことを意識して、日々の講義や実習に取り組み、今しかできない様々な経験を大切に過ごしてほしいと思います。
    (大学院修士課程1年:A.T.さん)

    2017年
    07月20日

    『九州夢大学in福岡』に向けて学生たちが準備を進めています ~3~

     7月24日(月)の12時30分から福岡国際センターで、『九州夢大学in福岡』が開かれます。これは、福岡県内の大学が集まり、高校生に向けて自校を紹介する非常に大きなイベントです。今年も福岡女学院大学からは心理学科が参加しますが、高校生の皆さんに本学と本学科の魅力を知って頂くべく、分部ゼミを中心に学生たちが4月末から準備を進めています。
     「福岡女学院大学のブースではどんなことを体験できるの?」この問いにお答えするため、これから3回にわたって学生の取り組みをご紹介いたします。
    第3回はY.C.さん(明善高等学校出身)による報告です!
    (担当:分部)
     

     

     『九州夢大学in福岡』まで、1週間をきりました!女子高生の皆さんには、福岡女学院大学ならではの魅力とともに、想像以上に身の回りにあふれている「心理学」の“あんなこと”や“こんなこと”を当日限りで!お伝えしたいと思っています。
     
    s_today170720n1.png
     
     皆さん、「心理学」と一言で言っても、心理学にはたくさんの分野があることをご存知でしたか?たくさんの“○○心理学”がある中で、当日は“認知心理学”“臨床心理学”“社会心理学”“キャリア心理学”の4つの分野からご紹介したいと思います。色々な「心理学」にワクワクすること間違いなしです!
     以下、福岡女学院大学心理学科ブースのタイムスケジュールになります。
    多くの女子高生の皆さんとお会いできることを楽しみにしています!
     
    s_today170720n2.png

    2017年
    07月18日

    心理学科 ミニオープンキャンパスが開かれます

     7月23日(日)に、心理学科のミニオープンキャンパスが開催されます
    (詳細はこちら)。
     
     人の心の理(ことわり)を学ぶ心理学。具体的に、どのようなことを学ぶのでしょうか?
     ミニオープンキャンパスは、心理学について知ることのできる絶好の機会です。今回は、重橋のぞみ先生による『こころの働きを知る―自分に気づき、他者と関わろう―』という模擬授業をはじめ、入試制度などについて聞くことのできる進学相談、心理学実験などに触れながら学生や大学院生との本音トークができる学科ブースなど、見所がたくさんあります。
    s_today170718.png
    重橋のぞみ先生
     心理学に興味がある方はもちろん、心理学をまだ良く知らないという方も、ぜひご来場ください!
     

    2017年
    07月13日

    授業紹介「臨床心理学概論」

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回ご紹介する授業は、『臨床心理学概論』です。本科目は1年次前期に配置されている必修科目で、心の問題に対処する臨床心理学について学びます。「概論」という名称からも分かるように入門編ですが、受講生は教員から知識を提供されるだけではなく、自分たちで調べ、発表し、体験することでその学びを深めるなど、密度の濃い授業になっています。

     

     『臨床心理学概論』は、「こころの援助」について初めて心理学科の学生が学ぶ講義です。「人はなぜ悩むのか?」「『こころ』というものは成長するのか?」「『こころ』の問題はどうすれば解決するのか?」 そのような疑問に対して、臨床心理学の歴史、こころの発達、こころの理解の仕方、こころの援助の仕方を学んでいきます。その過程の中で、「心理学科を卒業すればこころが読めるようになる」といった誤解が解け、こころについての理解が進みます。
     
     大講義室での講義(100名以上)となると、教員から学生に知識を伝えるだけとなりやすいものです。しかしこの授業では、知識を得た上で、学生の皆さんが「なるほど!」「そうか!」と実感をともなって理解し、「もっと知りたい!」と感じる経験を大事にしています。例えば、心理面接場面における相談者と援助者の関わりについて学ぶ際には、映像を用いて実際の場面を目で理解できるようにしたり(写真①)、他の学生とペアを組んで援助者役と相談者役になって、相談内容に耳を傾けて聴く体験学習を行ったりしています(写真②)。
     s_today170713n1.png
    写真①【映像を用いて理解を深める】     写真②【傾聴ワーク】
     
     先日は、「催眠療法」「箱庭療法」「家族療法」などの9つの心理療法について、学生たちが自分で調べ、小グループで発表を行いました(写真③)。大学4年生や大学院生が各グループにサポートに入る中、受講生が緊張しながらも積極的に学ぶ姿勢が印象的でした。発表後に出てきた疑問や意見は翌週の講義で取り上げ説明することで、主体的な学びにつなげていきます。小グループ発表を体験した学生の感想を紹介します。
    (担当:重橋)
                  

    学生の感想  様々な心理療法発表しました!

     自分で発表するため、各心理療法の提唱者や理論等を調べることで、担当の心理療法の内容により興味を持ちました。また、他の受講生の心理療法の発表を聞くことで、新たな疑問点や更に詳細を調べてみたいと思えました。このように、自主的に学ぶ姿勢が印象的な発表会となりました。これからも、更に学びを自分のものに出来るよう、自主的に取り組んでいく必要性を実感しました。先輩方、お忙しい中、ご協力ありがとうございました。
    (N.Nさん:筑紫女学園高等学校出身)
     
    s_today170713n2.png
    写真③【グループ発表:自分で調べた心理療法を発表】
     

    2017年
    07月10日

    『九州夢大学in福岡』に向けて学生たちが準備を進めています ~2~

     7月24日(月)の12時30分から福岡国際センターで、『九州夢大学in福岡』が開かれます。これは、福岡県内の大学が集まり、高校生に向けて自校を紹介する非常に大きなイベントです。今年も福岡女学院大学からは心理学科が参加しますが、高校生の皆さんに本学と本学科の魅力を知って頂くべく、分部ゼミを中心に学生たちが4月末から準備を進めています。
     「福岡女学院大学のブースではどんなことを体験できるの?」この問いにお答えするため、これから3回にわたって学生の取り組みをご紹介いたします。第2回はN.K.さん(宮崎県立都城西高等学校出身)による報告です!
    (担当:分部)
     

     

     私たち福岡女学院大学心理学科は、7月24日に行われる『九州夢大学in福岡』に参加します!女子高校生の皆さんに福岡女学院大学をもっと知って頂くだけでなく、「心理学でハッピーに!」をテーマに、体験を通して心理学をさらに身近なものに感じてもらえるような工夫をたくさん考えています。
     現在は、専門の先生方の協力も得ながら、当日に向けて準備や練習を行っています。第1回目の報告でもありましたが、心理学の様々な分野からトピックを厳選し、女子高生の皆さんが気になっている、「あんなこと」や「こんなこと」を紹介します!
    s_today170710.png
     
     今回の報告では、少しだけその内容を紹介します。臨床心理学のコーナーでは、「サート(Self-Active Relaxation Therapy: 主動型リラクセイション療法)」をお伝えします。サートは、本学を中心に展開されている「自分が行う」リラクセイション療法の1つで、体の緊張をほぐすことを通じて心の緊張をほぐすものです。初対面の人と一緒に行えば心の緊張を取ることができるため、お互いの心の距離を近づけることもできます。通常は1対1で行うものですが、当日は一人で行える「ひとりサート」を皆さんと一緒に行っていきたいと考えています。
     
     ぜひお気軽に参加してください!その一歩がきっと皆さんの「ハッピー」につながります!
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE