• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    11月15日

    授業紹介『人間関係心理学』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回紹介する授業は、心理学科1年生を対象に開講されている『人間関係心理学』。心理学をもとに自分を知り、他者を知る科目で、学生からの評価が最も高い授業の一つです。
     

     

     心理学科には臨床心理士や公認心理師を志望する者も多数いますが、学科での学びを現在そして将来の自分に役立てることを目的としている学生も大勢います。本学科では、心理学を実社会で活かすための様々な科目を準備しています。その一つが『人間関係心理学』です。
     この授業では、心理学領域の理論を講義で学ぶだけではなく、それ以上に、その知識を使って今まで気づかなかった「自分」を見つめたり、新たな視点で「他者」を観察したりするという、体験的な学びを重視しています。そのため毎回の授業が、①理論についての説明講義、②簡単な演習、③その体験を振り返って「気づき」を得るための作業で構成されています。
     
    s_today171115n1.png
    愉しく雑談しているように見えるかもしれませんが、出された課題に取り組んでいます。
     
    s_today171115n2.png
    出された課題を元に、受講生全員で演習を行います。
    s_today171115n3.png
    演習での体験を「気づき」に高める視点として、心理学の理論を学びます。
     
     『人間関係心理学』の受講生からは、「自分を見つめることや人間関係の改善ができた」「心理学が現実社会で応用できるを実感した」など、座学以上の効果があったとして好評を得ています。それ以上に私が嬉しいことは、卒業生たちが「社会に出て『人間関係心理学』で学んだことがとても役立っている」と言ってくれることです。
     

     

     2018年度から心理学科では新たなカリキュラムがスタートしますが、そこでは「人間関係」が一つのキーワードになっています。『人間関係心理学』という授業は、大切な科目として今まで通り開講されますが、さらに学びを深めるために『人間関係心理学実践演習』という科目が追加されました。
     この新たな科目では、演習での「気づき」を今まで以上に重視すると同時に、心理学の理論以外についても応用できる力の獲得を目指しています。福岡女学院大学心理学科の学生達が、頭だけではなく心もシッカリ成長させることができるよう、そして卒業後も伸びゆく人となるよう、これからも支えていきたいと思います。
    (担当:佐野)

    2017年
    11月10日

    授業紹介『心理療法実習』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回紹介する授業は、心理学科3年生に向けて開講されている『心理療法実習』。心の問題を解決するために実際の臨床場面で用いられる心理療法を体験的に学ぶ授業となっています。

     

     心の問題を解決する心理療法には様々なものがありますが、この授業では、理論と技法に裏打ちされた代表的なものとして、「心理劇」「傾聴技法」「認知行動療法」「主動型リラクセイション療法」「表現療法」「イメージ療法」について、それぞれの専門教員が教えています。このように多彩な内容の心理療法を学べる授業は本学心理学科ならではのものです。
     私は主動型リラクセイション療法(サート;Self-Active Relaxation Therapy)を担当しています。サートとは、「主動」、すなわち自分が動く/動かすことで、バランスの良いリラクセイションの状態、動きを作る方法です。他人に助けてもらうのではなく、自分の力で自分のできる限りのところで動かしていくため、安全な方法であり、ある程度学習することで自分を日常的にケアする方法としても適しています。
     授業では理論を紹介するだけでなく、学生たちが実際に援助者と被援助者になって、自分自身が身体を動かしてサートを身に付けるとともに、援助者にもなって相手を手伝う要領も身に付けます。学生たちは、授業で学んだ内容を家に帰って家族に試してみたり、友人に試してみたりしているようです。コメントシートなどでは、「喜んでもらえた」「新しい発見があった」など、成果が報告されています。
    (担当:奇)
    s_today171110.png

    2017年
    11月06日

    授業紹介『人格心理学』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回ご紹介する授業は『人格心理学』です。「十人十色」という言葉があるように、私たちの考えや意見、行動は人それぞれです。そのような個人差を生み出す要因としての人格について、深く学ぶ授業となっています。

     

     同じような場面に遭遇しても、人によって感じることや考えること、行動は異なります。入学式直後の新しいクラスをイメージしてみてください。誰もが友達が欲しいと思うものですが、初対面の人にも自分から積極的に話しかけて会話を楽しむ人もいれば、自分から話しかけるのは少し苦手でドキドキしながら誰かが声をかけてくれるのを待っている人もいます。
     このような個人の感じ方や考え、行動の違い、つまり「心の個人差」を説明するのが「人格(パーソナリティ)」という概念です。日常的には、「性格」という言葉を使うことが多いですね。心理学を専門的に学んでいなくても、多くの人は自分と他者の「性格」について、語り、判断し、時にはそれをもとに自分の行動を決定します。しかし、そこには誤解や決めつけが生じることもあります。『人格心理学』の講義では様々な視点から「人格」について学術的に学び、考えていきます。一例を挙げると、以下のようなテーマがあります。
    ・人格を理解するための重要な理論とは?
    ・人格は測れるのか?測れるとすれば、どのような方法があるのか?
    ・人格はどうやって形成されるのか?それは変わることがあるのか?
    ・人格と心の健康や適応との間にはどのようなつながりがあるのか?
     私たちは自分のことをどれほど分かっているのでしょうか?ましてや、他の人の「心」について的確に理解できているのでしょうか?人格心理学の授業を通して、「思い込み」に気づき、「当たり前」を疑ってみましょう。
     
    s_today_171106.png
     

    2017年
    11月01日

    授業紹介『感情心理学』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回ご紹介する授業は、『感情心理学』です。「好き」「嫌い」「楽しい」…などの感情は、一般的には「論理的な思考を妨げるもの」といった評価ではないでしょうか。果たしてそれが正しい解釈なのか。学問の“進化”を体験できる授業です。

     

     私たちが感じる体験にはほとんどの場合、何らかの感情が含まれています。私たちの生活と切っても切り離せない感情、動物にも感情が備わっていることには、どのような意味があるのでしょうか?顔の表情は、どのようにして生まれ、歳とともにどのように変化するのでしょうか?感情の変化とからだの変化とはどのような関連があるのでしょうか?感情がうまく働かない時には、どのような不都合が生じるのでしょうか?この授業では、これらの様々な問題についての興味深い研究の変遷と新しい知見を取り挙げました。
     講義内容の一つの例を挙げてみましょう。私たちの感情は、自分でもコントロールしにくいものです。なぜでしょうか? 1990年以降盛んになった進化心理学では、感情は、今から300万年から3万年前頃の環境に適応する過程で、「右と左のどちらか一つを選ぶ」といった状況でもすぐに決定できるよう、より上位の働きをするものとして進化したと説明されています。感情が強烈な支配力を持つのはそのためであると。「感情なんてないほうがいい」といった意見もあるかもしれませんが、感情は生きていくために不可欠なものであり、自分の気持ちを上手に活かして生きることが大事であることを教えてくれます。
     1970年代に大学生時代を過ごした私は進化心理学を学んだ経験がなかったので、学問自体が他の学問の知見を取り入れながら、どんどん進化していくことを、この授業で教えながら実感していました。
                              (担当:福留)
     
    s_today171101.png

    2017年
    10月27日

    インターンシップ参加報告 ~ 法務省インターンシップ Y.U.さん~

     卒業後のキャリアを考えるにあたり、インターンシップは有効です。心理学科では今年も夏休みを利用して、多くの3年生たちがインターンシップに参加しました。この『心理学科Today』では、インターンシップに参加した学生の感想をお伝えしています。今回は4年生から後輩へのメッセージを兼ねて、「法務省人間科学系インターンシップ」に参加した心理学科4年Y. U.さん(久留米信愛女学院高等学校出身)の報告を紹介します。
     「法務省人間科学系インターンシップ」は、人間科学(心理、教育、福祉、社会)を専攻している大学を対象に、矯正教育領域(少年院など)で行われるインターンシップです。全国から集まるインターンシップ希望者の中から数名の学生のみが体験できるインターンシップです。Y. U.さんありがとうございました。
    (担当:重橋)
     

    インターンシップ体験学生の報告

     私は法務省人間科学系インターンシップに参加しました。実習の内容は、主に施設内の見学と法務教官の方のお話でした。矯正教育についての講義を受け、その中で矯正教育の必要性と同時に難しさについても学びました。管理する側とされる側の力の差を用いることなく、対等に少年と接することの難しさや、少年が自ら気付くまで見守るという姿勢をとることの必要性について学びました。教官の方々が「やりがいのある仕事」として、熱意と誇りを持って職務にあたっていることが感じられました。矯正教育の必要性と、どれだけ重要で責任を伴うものであるのかを学び、身の引き締まる思いでした。
     今回のインターンシップは、実際の法務教官の仕事を知ることができ、仕事のイメージを得ることができただけではなく、それを通して自分の現状や努力すべき点などを振り返る良い機会となりました。インターンシップ体験を活かして残りの大学生活の中で積極的に自らの学びに取り組みたいと思いました。矯正教育に興味のある方は、是非応募してみると良いと思います。
     
    s_today171027.png
    【インターンシップに備えて読んだ本】
     
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE