• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    02月26日

    藤村ゼミ(『卒業研究』)~卒業研究の流れと社会と組織の心理学~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第2回となる今回は、藤村准教授のゼミです。
     

     

     藤村ゼミでは、3年次のグループ研究を1月頃に終えて、その後本格的に卒業研究に取り組みます。卒業研究のテーマは、「社会心理学」「産業・組織心理学」「消費者心理学」などを範囲として、学生が興味を持ったテーマを選択します。日常生活における自己と他者の相互作用、集団やチームのマネジメント、身近な消費者心理や消費者行動などのテーマを選ぶ学生が近年は多いようです。
     
     以下に、過去数年間の研究テーマをご紹介します。
     ・先延ばし行動に及ぼす完全主義傾向と楽観性の影響
     ・対人ストレス過程において多面的な楽観性が認知的評価およびコーピングに
       及ぼす影響
     ・友人からのほめ言葉の受け取り方
     ・恋人関係期待と満足度、それに伴う類似性について
     ・大学生のおひとり様行動について
     ・認知的判断傾向と購買行動との関連
     ・ファッション衣料におけるネット通販と店舗販売の比較
     ・スマホアプリの利用における依存性とコントロール感の関連
     ・インターネット使用によるソーシャルサポート
     ・リーダーシップ行動とその規定要因
     ・チームの目標設定とパフォーマンスとの関連
     
     学生は、3年生の頃から何をテーマとして卒業研究に取り組むかを考えます。そのスケジュールは、以下のようになります。
     
     4年次の前期までに(仮説設定と研究デザイン)
     先行研究を読むことでテーマについて知り、自分なりの考えや問題意識を見つけて仮説を設定します。また、その仮説を検証するために、どのような方法がよいのか、研究計画を立て、実験や質問紙の準備をします。
     夏から秋にかけて(データの収集と分析)
     計画に沿って実際に調査や実験を行います。収集した質的・量的なデータをこれまでに学んだ知識を用いて分析します。これまでに学んだ心理統計の授業が多いに役立つようで、学生は授業の配布資料を見ながら分析を進めています。
     秋から冬にかけて(論文の執筆と推敲)
     データ分析を終えたら、その事実に基づき、自分の仮説を検証し、研究のテーマについて総合的な考察を行い、論文を執筆します。
     冬頃に(卒論の発表)
     一年以上をかけて取り組んできた卒論を発表する機会として、学科の卒業研究発表会があります。また、希望すれば、学会での報告や紀要への論文投稿を行えるようにしています。
     
     以上の流れを経て、無事に卒論が完成します。
     藤村ゼミでは、ゼミや卒論を指導するとき、大学でのゼミや卒論の思い出は、おそらく一生の思い出になるだろうということを学生に伝えます。できれば、悔いのない良い思い出となるように。もし悔いの残ることがあったとしても、そこから何かを学ぶように。大学を卒業していく学生の皆さんにとって、ゼミ活動が思考力や実践力を鍛える良い場所になっていればと、切に思います。
    s_today180226.png
     

    2018年
    02月20日

    分部ゼミ(『卒業研究』)~ヒトの記憶・思考・感情を実験から明らかにする~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第1回となる今回は、分部講師のゼミです。
     

     

     分部ゼミでは、学生たちが自分の興味・関心にしたがって研究を行っています。学生自身の興味関心に従った研究ですので、「なぜ人は後悔をするのか」「なぜ『怖いもの見たさ』が生じるのか」などの感情に関する研究、「どのような広告を打てばパブリックマナーを向上させられるか」「なぜ『在庫限り』などの“煽り”が効果的なのか」といった消費者心理に関する研究、「不快な記憶を消すことはできるか」といった記憶に関する研究など、実に多様です。その分、学生たちには多くの学びがあるようです。今年度の4年生のM.H.さん(久留米信愛女学院高校出身)に、自身の研究を紹介してもらいました。
     

     食堂で、初めて見る定食があったとします。「美味しくないかも…」と思いつつもその定食を注文しますか?それとも「いつもの」を注文しますか?このように「損するかもしれない」というリスクに直面したとき、危険を冒す場合もあれば避ける場合もあります。では、どのようにして人は危険を避けているのでしょうか?
     これまでの研究から、人がリスクに直面すると、①まず「心拍数の増加」などの変化が身体に生じ、②次にその変化を生みだした原因(危険)を避ける行動が無意識のうちに生まれ、③最後に「こっちはやめておこう」といった意識が生まれるとされています。しかし、心拍数の増加などの身体変化が、本当に危険を避ける手掛りになっているのかは定かではありません。そこで私は、強制的に身体反応を引き起こすことでこの問題を検討しました。
    s_today180220.png
    実験室の様子
     
     実験は、パソコンを使って行いました。被験者は「50%で15点もらえるが、50%で15点失う」などの賭けに参加するか(つまり危険を冒すか)、それとも避けるかを決めるのですが、その直前に7ミリ秒というごく短時間だけ、怖い画像を出す場合を入れました。
     7ミリ秒という時間は本当に一瞬で、被験者は画像が出たことにも気づきません。しかし意識できなくとも体は反応し、心拍数や発汗量が増えることが知られています。そのため、もしこれらの身体反応が危険回避を促すのであれば、その直後に行う「危険を避けるか、危険を冒すか」という判断で危険を避ける確率が高まるはずです。
     実験の結果、怖い画像が出た場合は、確かに危険を避ける確率が高まりました。しかしそれは、「丁か半か」といったタイプの危険性だけであり、「80%で10点もらえるが、20%で40点失う」など、「確率は低いが当たったときは大きいタイプの危険性」には作用していませんでした。つまり、心拍数の増加などは危険性を避ける手掛りになっていますが、それは危険性のタイプごとに異なることが初めて明らかになりました。
     今回の研究では、以前から気になっていた「ヒトは無意識でどのような処理を行っており、それがどのように行動につながっているのか」というテーマについて、自分の手で調べることができました。自分が興味を持っているテーマについて実験を通じて検証できることはとても面白く、本当に充実した1年間となりました。

    2018年
    02月16日

    福岡女学院大学心理学科とは?

     福岡女学院大学の心理学科は、こころの問題を抱える人を理解し、支えるための「臨床心理学」、自分の将来像を考え、組織で働くことについて学ぶための「キャリア心理学」をより深く学ぶことができる点に、その特長があります。
     また、講義や演習から心理学の専門知識を学ぶだけではなく、その知識を学生自らが活用し、深化させるための高度な学外活動も準備されています。少人数教育だからこそできる、学生主体の学びです。
     本記事では、数ある「心理学科Today」の中から心理学科の特長が表れている記事を少しだけご紹介します。「福岡女学院大学の心理学科ってどんなところなの?」そんな皆さんの疑問にきっとお答えできるはずです。
    ぜひご一読ください。
     
    様々な心理学を学ぶ
    授業紹介『人間関係心理学』
    授業紹介『心理学フィールドワーク(教育)A』

     
    心理学の研究を行う
    授業紹介:3年次 佐野ゼミ(『専門演習』)
    心理学科の学部3年生が『九州心理学会』で研究発表を行いました
     
     s_today180216n4.png
     
    心理学を実社会に活かす
    三井住友銀行×心理学科連携事業:心理学をもとに新たな金融サービスを提案する
    臨床心理学を震災支援に活かす

     
    キャリアを形成する
    大学院生による「臨床心理学専攻 進学ガイダンス」を行いました!
    インターンシップ参加報告 ~ 法務省インターンシップ Y.U.さん~
     
    s_today180216n3.png

    2018年
    02月13日

    2017年度 卒業研究合同発表会を行いました

     1月31日、本年も心理学科教員有志による卒業研究合同発表会が行われ、4年生たちが後輩や教職員に向けてそれぞれの卒業研究を発表しました。
     
     『心理学の卒業研究』と言ってもその内容は大学ごとに大きく異なりますが、本学では仮説検証型が大半です。仮説検証とは、(人の考え・行動・性格などについて)“~ではないか?”という仮説を立て、その仮説が正しいかを調べるためにデータを集め、真偽を検証するというものです。

    本年度発表された研究の一部をご紹介すると…

     ・女子大生の消費行動について学内企業と連携しながら調べた、
       『女子大学生が売店で購入する清涼飲料水について』

     ・SNSを行う人の心理について調べた、
       『自撮りの奥に隠れた私』

     ・養育者が行う絵本の読み聞かせの効果について調べた、
       『絵本の読み聞かせが親子関係に与える影響』

    など、いずれも興味深いものばかりでした。
    s_today180213n1.png

     ご来場いただいた方には、全ての研究の中から特に面白かったもの4編を投票して頂きました。その結果をもとに最優秀賞2編、優秀賞4編が選ばれ、表彰状と副賞が贈呈されました。本年度は、下記の研究が最優秀賞と優秀賞にそれぞれ選ばれました。おめでとうございます!!
    (担当:分部)

    【最優秀賞】
    ・相談への対応が気分に与える影響-友人からの対応・友人への対応-
    ・人は身体反応をもとにリスク回避を行うのか?意識下の作用の検討

    【優秀賞】
    ・自撮りの奥に隠れた私
    ・ハーディネスの育成と効果 -学生生活や職業キャリア・レディネス等に関し
     て-
    ・遅刻行動とパーソナリティ特性との関連について
    ・理想と現実の自己における差異についての「ポジティブなあきらめ」が自己受
     容に及ぼす影響
    s_today180213n2.png

    2018年
    02月07日

    三井住友銀行×心理学科連携事業:心理学をもとに新たな金融サービスを提案する

     2017年度、心理学科とキャリア開発教育センターでは、株式会社三井住友銀行様との連携事業として「心理学を活かした金融サービス向上プロジェクト」を進めてきました。
     
     このプロジェクトは、心理学科の学生たちが、実社会の課題に対して心理学的観点から分析を行い、解決策を考え、提案する、「課題解決型学習(PBL)」です。参加学生は、つい先日まで高校生であった1年生を中心とした2つのグループで、三井住友銀行の口座管理アプリの課題とその解決策を考えるべく、4月から取り組んできました。その最終報告会が、去る12月15日に三井住友銀行福岡支店にて行われました。
     
     当日は、三井住友銀行の九州法人ソリューションセンター長、福岡法人営業部部長、また東京会場から法人戦略部部長、ITイノベーション推進部上席推進役といった錚々たる方々にご参加頂きました。学生たちは緊張しながらも、人格心理学と認知心理学の知見を融合させ、「口座管理アプリを『利益が増えるように行動するタイプ』『損失が減るように行動するタイプ』という個人差を基準にカスタマイズ可能にすることで、顧客側は自分に合う資産形成戦略をとれるようになり、銀行側も効果的なマーケティング戦略をとれるようになる」などの提案を行いました。三井住友銀行の皆様からは、着想の有用性や実ビジネス特有の留意点などの観点から講評を頂きました。
     
     今回のプロジェクトを通じて学生たちは、心理学の知見や金融業をより深く学ぶことができただけではなく、新たな価値を創出する力、課題を発見・分析・解決する力、自身の考えを発表する力、グループメンバーと協同する力、そして就業意識などを培うことができました。貴重な機会を提供して頂いた株式会社三井住友銀行の皆様に、改めて深く御礼申し上げます。
     
     2018年度から本プロジェクトは、正課の『心理学プロジェクト演習』として再スタートしますが、学生の更なる成長のために教職員一同、今まで以上に励んで参ります。
    s_today180207.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE