• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    10月27日

    インターンシップ参加報告 ~ 法務省インターンシップ Y.U.さん~

     卒業後のキャリアを考えるにあたり、インターンシップは有効です。心理学科では今年も夏休みを利用して、多くの3年生たちがインターンシップに参加しました。この『心理学科Today』では、インターンシップに参加した学生の感想をお伝えしています。今回は4年生から後輩へのメッセージを兼ねて、「法務省人間科学系インターンシップ」に参加した心理学科4年Y. U.さん(久留米信愛女学院高等学校出身)の報告を紹介します。
     「法務省人間科学系インターンシップ」は、人間科学(心理、教育、福祉、社会)を専攻している大学を対象に、矯正教育領域(少年院など)で行われるインターンシップです。全国から集まるインターンシップ希望者の中から数名の学生のみが体験できるインターンシップです。Y. U.さんありがとうございました。
    (担当:重橋)
     

    インターンシップ体験学生の報告

     私は法務省人間科学系インターンシップに参加しました。実習の内容は、主に施設内の見学と法務教官の方のお話でした。矯正教育についての講義を受け、その中で矯正教育の必要性と同時に難しさについても学びました。管理する側とされる側の力の差を用いることなく、対等に少年と接することの難しさや、少年が自ら気付くまで見守るという姿勢をとることの必要性について学びました。教官の方々が「やりがいのある仕事」として、熱意と誇りを持って職務にあたっていることが感じられました。矯正教育の必要性と、どれだけ重要で責任を伴うものであるのかを学び、身の引き締まる思いでした。
     今回のインターンシップは、実際の法務教官の仕事を知ることができ、仕事のイメージを得ることができただけではなく、それを通して自分の現状や努力すべき点などを振り返る良い機会となりました。インターンシップ体験を活かして残りの大学生活の中で積極的に自らの学びに取り組みたいと思いました。矯正教育に興味のある方は、是非応募してみると良いと思います。
     
    s_today171027.png
    【インターンシップに備えて読んだ本】
     
     

    2017年
    10月23日

    臨床心理士の現場を学ぶ講演会 ~耳の聞こえない方に出会ったら~

     心理学科の学生の中には、臨床心理士として活躍することを目指し、実際の支援に興味を持つ学生も数多くいます。その学びの機会として、臨床心理士の現場を学ぶ講演会を開催しました。
     今回のテーマは、近年注目されている「聴覚障がい者」への支援の実際について。聴覚障がい者へのカウンセリングでは手話が必要になる場合がありますが、それができる臨床心理士は非常に少ない現状です。しかし、幸運にも臨床心理士と手話通訳士の両方の資格を持ち、聴覚障がい者への心理的援助で活躍されている井料美輝子先生を講師にお招きすることができました。
     当日は、「聞こえないことに対する私たちの誤解」について丁寧に説明していただき、臨床心理学的支援の実際について新しい知識を得ることが出来ました。参加した多くの学生が将来の臨床心理士としての援助について学びを得ることができました。井料先生ありがとうございました。
    (担当:重橋)
     
    s_today171023.png
     

    参加した学生の感想

     障がいを抱える方にも臨床心理士は悩みに寄り添って、支援を行うことは当然のことと考えていましたが、今回の講演を聴くなかで、聴覚障がいを抱えたことで心の悩みを相談することが困難になるという事実を知りました。見た目では分かりにくい障がい故の苦労も知ることができました。今回の講演を聴く中で臨床心理士を目指すにあたって、皆が平等に相談の機会を得られるようにするために、自分ができることについて考えていきたいと思いました。
    (心理学科:N.A.さん)
     
     小さい頃から聴覚障がいや手話に興味がありましたが、今日の講演を聴いて、まだまだ知らないことがたくさんあるなと感じました。健聴者のクライエントとのカウンセリングと、手話や口話、筆談といったコミュニケーションツールを使うことに違いはありますが、「ありのままのクライエント」を受容するという、臨床心理士として大切にしなければならないことは変わらないのだと気づかされました。今回の講演で手話にも改めて興味を持ったので、勉強していきたいと思いました。
    (心理学科:N.O.さん)
     

    2017年
    10月18日

    夏季インターンシップ参加報告 ~サービス業 K.M.さん~

     4年生たちの就職活動が落ち着き始めた8月、3年生たちは来年の就職活動に向けて着々と準備を進めていました。そこで、就業意識・キャリア意識の向上の観点から、夏休みの期間を利用してインターンシップに参加した心理学科3年生たちに、感想を寄せてもらいました。第1回となる今回は、サービス業のインターンシップに参加したK.M.さん(久留米高等学校出身)に、感想を寄せてもらいました。K.M.さん、ありがとうございました!
    (担当:大里)

    学生の感想

     今回のインターンシップ先はサービス業界でした。インターンシップでは、主にお客様への対応や様々な手配などの業務を経験させて頂きました。インターンシップは4日間あり、前半の2日間は福岡での事前研修、後半の2日間は研修経験を活かしての実地業務をさせて頂きました。
     インターンシップでは、研修とは異なることが常に発生する状況の中で、「顧客に満足していただく」というサービス業の最優先事項を損なうことなく、臨機応変に正確な判断をすることの大切さと難しさを学びました。予期せぬ事態が起きた時、社員の方は顧客の感じていた不安や不満を察し、自身が持っている知識と経験から、その顧客に最適なプランを再構築し、提案するなど、柔軟な対応をされていました。「この業界では『スピード解決』が重要で、その判断が遅れてしまうと真に顧客を満足させることはできない」ということでした。現場では、研修にないことも多くあり、対応していかなければいけないことを学びました。
     私はこれまでの経験から、自分には行動力があると思っていました。しかし今回のインターンシップを通して、ただ単に行動するだけではウロウロしているのと一緒であり、知識や経験をもとに的確な判断ができなければ周りを惑わせてしまうだけであることを学びました。同時に、今の私に足りないものは「判断力」ではないかということが実感できました。今回のインターンシップでは、これからも今ある行動力を活かすこととともに、何が欠けているのかを実感して学ぶことができたよい機会でした。(K.M.さん)
     
     

    2017年
    10月14日

    臨床心理学を震災支援に活かす ~大学院生による報告~

     福岡女学院大学では、同大学院人文科学研究科臨床心理学専攻を中心に、東日本大震災のあった2011年から6年間支援を行ってきました。『心理学科Today』では2回にわたり、その取り組みについてご紹介いたします。今回は、同取り組みに参加した大学院生による報告です。
    s_today171014.png
     

     

     私が震災支援に参加した理由は、何事も自分の目で確かめたいといつも考えていることにありました。それでも参加する前は、「私が被災地の方々の助けになれるのか」「女学院で学び始めたSARTで、被災地の方々に何ができるのか」という不安はありました。
     しかしよそよそしい挨拶から始まった被災者との関係も、終わる頃には私のことを親族であるかのように、震災のこと、家族のこと、日常のこと等を心のままに話してくださいました。宮古まで来てくれたことに感謝されること、SARTで楽になったよと言われることが素直に嬉しく、自分も人の役に立てていると思えた瞬間でした。同時に、被災地の方々とSARTと通して“出会う”ことで、自分自身が癒された瞬間でもあり、なぜ自分が大学院に進学したのかという気持ちを整理する機会でもありました。
     実際に震災支援に参加し、被災地の方々と関わることで、6年間支援を継続してきた歴史の重みや人との出会いへの感謝、そして人のあたたかさを毎日実感し、何度も込み上げてくるものがありました。震災支援で感じたこの気持ちを胸に、これからも人との出会いを大切にしていきたいと考えています。
    (O.N.さん)

     

     私は、「一緒に居続けられないからこそ、その場限りではなく、支援後も何かが被災者の心に残るような関わりをしたい」という考えから震災支援に臨みましたが、支援活動を通じて多くのことを学びました。
     その中で最も重要な学びは、「人は人でしか癒やせない」ということです。SARTによって身体が弛まると、心の緊張もほぐれ、心の内を外に出せるようになります。また、本人達が身体の硬さや癖を自覚することで、主体的に日常生活を改善しようという気持ちが芽生えることも分かりました。そして、日常生活の中のほんの一瞬でも気が休まる時間が被災者にとってどれだけ大きなものか、今ある状況の中で楽しみや希望を持つことが生きることにどれほど大切なものか、被災者から学ばせてもらいました。
     確かに、全ての人の痛みを理解することは難しいですが、少しでもその痛みを理解できるように、安心してもらえる理解者になれるようになりたいと考える機会となりました。
    (T.R.さん)

    2017年
    10月10日

    臨床心理学を震災支援に活かす

     福岡女学院大学では、同大学院人文科学研究科臨床心理学専攻を中心に、東日本大震災のあった2011年から6年間支援を行ってきました。『心理学科Today』では2回にわたり、その取り組みについてご紹介いたします。今回は、同取り組みにおいて中心的役割を担ってきた奇教授による報告です。
     
     中心となる支援地域は、岩手県宮古市田老です。あれから6年が過ぎ、同地区もずいぶん景色が変わりました。
    s_today171010n1.png
    【2011年8月 田老】          【2017年3月田老】
     
     人々の生活も変わりました。多くの方々が、仮設住宅から公営住宅や高台の集合住宅に移りました。そこには3度に渡る大きな環境の変化があります。一畳の上で二人が暮らしていた避難所から、4畳半の仮設住宅へ、そして今後定住するであろう住宅へ。津波によって離散したコミュニティは、5年ほどの年月をかけて仮設住宅内で再建されましたが、それも解体されることになります。定住する家があることはとても多くのことを解決してくれますが、新たな課題を内包していることも事実です。
     私たちはこの変化に対し、福岡女学院大学発祥の「主動型リラクセイション療法(サート)」という心理療法をもとに継続して支援を行ってきましたが、今、その支援にはとても大きな意味があったことを改めて実感させられています。
    支援は被災者の方々との深い信頼と堅い絆を築き、築き上げられた信頼と絆は環境の大きな変化に適応する際の支えとなります。そのため私たちの活動は、被災者への支援だけではなく、今では過疎地域のネットワークづくりや、健康寿命増進の地域活動といった、新しい地域づくりの一助となるイベントとして、今なお宮古市社会福祉協議会を通して活用されています。
    s_today171010n2.png
    【2011年8月】           【2017年3月】

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE