• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    06月30日

    授業紹介『経営心理学』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回ご紹介する授業は、『経営心理学』です。本科目は3年次前期に配置されており、採用やリーダーシップといった企業の活動を心理学的に学ぶことになります。これらは、学生が就職活動をしたり卒業後に企業で働いたりする際に大きな助けとなるものです。
     

     

     この講義では、「企業における採用」「企業文化と風土」「ネゴシエーション(交渉)」など、就職活動や企業で働く際に不可欠となる理論などについて学びます。経営学は企業の活動に焦点を当てた学問ですので、経営学を学ぶ心理学科は稀です。しかし、心理学科でも大半の学生は卒業後に企業で働くことになりますし、経営心理学は経営活動を人の心理から捉えるものです。そのため、心理学科で経営心理学を学ぶ意義は大きく、ささやかではあっても学生の幸せにつながると考えています。
     
    s_today170630.png
     
     企業間合併による組織の統廃合、成果主義等の導入による業績評価の変化、就職活動や採用活動の変化など、企業を取巻く環境は年々複雑になっています。それに伴い、企業で働く人々の意識や働き方も従来とは異なるものになりつつあります。本講義では、企業における人のマネジメントに関する基礎理論を学び、それらをどのように実践に結びつけて行くのかを考えながら授業を展開しています。履修している学生には、同時に、それらの知識を自分の経験や生き方にどうつなげるのかを内省しながら、学びを深めてもらうようにしています。
     何歳になっても新しく学ぶことがあるというのは、人にとって幸せなことです。経営心理学を通じて学生の学びが深まればと思っています。
    (担当:大里)

    2017年
    06月26日

    『九州夢大学in福岡』に向けて学生たちが準備を進めています ~1~

     7月24日(月)の12時30分から福岡国際センターで、『九州夢大学in福岡』が開かれます。これは、福岡県内の大学が集まり、高校生に向けて自校を紹介する非常に大きなイベントです。今年も福岡女学院大学からは心理学科が参加しますが、高校生の皆さんに本学と本学科の魅力を知って頂くべく、分部ゼミを中心に学生たちが4月末から準備を進めています。
     「福岡女学院大学のブースではどんなことを体験できるの?」この問いにお答えするため、これから3回にわたって学生の取り組みをご紹介いたします。
    第1回はT.M.さん(福岡常葉高等学校出身)による報告です!
    (担当:分部)

     

     私たち福岡女学院大学心理学科では、女子高校生の皆さんに福岡女学院大学の魅力と身近にあふれる心理学を楽しく知って体験してもらうために、『九州夢大学in福岡』に向けて毎週討議を重ねています。
     
    s_today170626N1.png
    プログラムを企画中
     
     当日は、体を動かすことで緊張をほぐすサートとエンカウンターワーク、イマドキ女子の心理から観光客の増加を目指す朝倉市連携プロジェクトなどを紹介します。さらに、女子高生がこの体験後すぐに活かせる(かもしれない)恋愛心理学の講義も計画しています。
     またブースの壁全体を使って、オシャレなカフェやイベント、つい自慢したくなるような秘密の学生証など、他の女子大とは違う福岡女学院大学の魅力「女学院タレコミ情報」をお伝えいたします。
     そして最後には、女子高生の皆さんと私たち現役の女学院生が気軽にお話できる「ガールズトーク」の時間も設けています。学校の先生には直接聞けない進路相談、最近の悩みなどについて、皆さんとたくさんのガールズトークができるのを楽しみにしています。
     
    s_today170626N2.png
     
     『九州夢大学in福岡』では、女子高生の皆さんが「心理学ってすごい!」と思ってもらえるような話ができるように、これからも意見を出し合って考えていきます。ぜひ福岡女学院大学ブースにお越しください!!
     

    2017年
    06月22日

    授業紹介『心理学フィールドワーク(キャリア)A』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回ご紹介する授業は、本年度から始まった『心理学フィールドワーク(キャリア)A』です。本科目では、身近な社会人へのインタビューから企業訪問などを通じて「今後の自分」を明確にすることで、学生たち自身のキャリア形成能力を高めることを目的としています。
     

     

     「心理学フィールドワーク(キャリア)A」は、今年度より始まった新しい科目です。心理学科の主に3年生が受講し、授業を通して「組織で働くこと」について考えます。特に、本学科の特徴的な講義である「キャリア心理学」や「ジェンダー心理学」などの授業と関連しており、1・2年次での学びも踏まえて社会と自己の理解を深めることを目的としています。
     この授業の形態は、「アクティブ・ラーニング」と呼ばれる形態の代表的なものとなっており、先生の講義を聴くだけではなく、学生自身がいくつかの調査や課題を計画し、主体的・実践的に学んでいきます。そのため、本科目では学生が知識を実際に活用し、組織や自己を理解するために、いくつかの課題を行います。
    s_today170622N1.png
    学生たち自らで調査を企画
     
     ひとつは、友人や社会人の方々を対象としたインタビュー調査です。「働くこと」について考えるために学生自身でテーマ設定を行い、社会人などを対象にインタビュー調査を実施します。その際には、心理学で用いられる面接調査の技法を実際に活用し、研究法の理解も深めます。また、授業の終盤では、企業や自治体での一日研修を行います。今年は、外食事業やホテル事業を行う企業、そして、地方自治体の産業振興課のふたつのフィールドにて就業体験を予定しており、学生はその準備を始めています。
     もちろん、学外だけでなく学内でもワークを行っています。インタビュー調査後には、得られた情報への気づきを深めたり、次の活動へのヒントを得たりするために、グループでの情報共有と振り返りを行います。また、曖昧な問題意識を明確にするために、キャリア心理学の領域でよく使用される自己理解のためのツールも使用しています。
     
    s_today170622N2.png
    調査の振り返り
     
     これらの作業を通じて、学生たちは「働くこと」や「キャリア」の意味を自分で考え、見つけ出していくことになります。
     
     
    (担当:藤村・佐野)

    2017年
    06月19日

    入学試験説明会(本学会場)での学生による活動報告

     本学では、高等学校の先生方に向けて本学の入試概要を説明する「入学試験説明会」を開催しており、例年多くの方々にお越し頂いています(本年度の詳細はこちら)。
     本学会場の説明会は6月23日となりますが、当日は心理学科の教員による学科紹介だけではなく、学生自身による活動発表も行われます。今年は、学会での研究報告や地方自治体との連携事業などについて、藤村ゼミの3年生たちが報告いたします。
    s_today170619.png
    研究会での活動報告の様子
     
     「福岡女学院大学心理学科ではどのような活動を行い、学生たちはそこで何を学んでいるのか?」この点について高校の先生方にお伝えできるよう、学生たちは日々着々と準備を進めています。
    (担当:藤村)

    2017年
    06月14日

    オーストラリアでの留学を終えて

     先日発行された『AERAムック 大学ランキング2018年版』(朝日新聞出版)の女子大ランキングの留学生派遣部門で本学は全国1位となりましたが(詳しくはこちら)、心理学科も留学する学生を例年輩出しています。今回は、大学の留学制度を利用して10ヶ月間海外留学をしたK.C.さんに寄稿していただきました。ありがとうございました。
    (担当:藤村)
     

     

     私は、本学の留学制度を利用して、オーストラリアに留学しました。留学で最も感じたことは「感謝」です。他国へ学びに行くことは簡単ではありません。様々な人に助けられ支えられて、私は無事に留学することが出来ました。留学前からサポートしてくださる国際交流センターのスタッフの方、大学の先生方、ホストファミリー、オーストラリアのスタッフの方、先生、友人、そして何より両親のおかげです。心より感謝したいと思います。
    s_today170614n1.png
    留学先

    <留学から得たもの>

     留学先で他の人と交わることは、私を大きく成長させてくれました。ホストファミリーと英語でコミュニケーションを取ることはとても大変で、最初は電子辞書片手に必死に伝えていました。相手も一生懸命私のことを知ろうとしてくれたため、最後まで諦めないで伝えることを大切にしました。また、私にとってホストマザーは尊敬する先生でもありました。マザーはとても優しく、ときには厳しくたくさんのことを教えてくれました。マザーは「私も英語が母国語ではないので、子どもから学ぶことが多く、今でも英語を勉強中だ」と教えてくれました。私はこの言葉から、よく観察して関わることが他者から学ぶ上で重要であることを知りました。
    s_today170614n2.png
    授業風景
     
     留学中はよく旅行にも行きました。長期休暇がほとんどないため、土日を使う旅ばかりでしたが、国境を越えてニュージーランドにも足を伸ばしました。そこでは、映画の舞台を見学する日帰りツアーへ参加しましたが、バスの中で行われた乗客同士の自己紹介では日本との文化の違いを感じることができました。旅行では多くの人との出会いがありました。その人たちは優しく、どの人も私の拙い英語を聞いてくれ、理解しようとしてくれました。
     留学を通して、今までどれほど多くの人に支えられてきたのかにも気づくことができました。私自身も、他の人を支える、頼りになる存在になり、出会った人々から頂いた優しさを返せるような人になりたいと強く思っています。
    s_today170614n3.png
    旅先にて
     

    <後輩の皆さんへ>

     私は福岡女学院大学に進学し、学ぶ機会を与えられました。学生の間は自由に使えるお金は多くありませんが、時間はあります。この時間をどう使うかは、皆さん自身にゆだねられています。時間の使い方をよく考えて、慎重になり過ぎずにまずは行動してみてください。
     実は、一年生のときから留学を考えていたわけではありませんでした。しかし、大学の英語の授業を受け、だんだんと留学したいという思いが芽生えてきました。そこで、5月にある留学説明会へ参加したところ、先輩方の留学体験の話を聞き、考えが変わりました。留学制度を使って留学するためには、書類審査や面接審査が行われます。簡単なことではないかもしれませんが、まずは最初の1歩をぜひ踏み出してみてください。
     今回私は留学から学びましたが、他にもまだ知らないことや経験したことないことがたくさんあります。日ごろから情報を収集するアンテナをたて、自分に合った学びを見つけてください。新たな発見があなたの人生を豊かにすると思います。
     
     
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE