• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    04月26日

    学部生が臨床心理学の学会に参加しました!

     3月3日と4日に西日本心理劇学会が福岡で行われました。心理劇は集団心理療法の1つで、心理学科の多くの学生が授業(『心理療法基礎実習』)で体験するものでもあります。役割を演じることを通して、自己理解・他者理解を深め、よりよい人間関係を築くこと、心の葛藤を整理して問題解決を図る心理療法です。
     学会には、大学院生だけではなく心理学科の学部4年生も参加し、ワークショップ体験や研究発表を通して、心理劇の臨床実践に関して学びました。学生達はどのような体験をしたのでしょうか。そこで、4月から児童福祉施設の職員として子ども達の支援にあたるY.M.さんと、大学院に進学し臨床心理士を目指すY.Nさんに、学会参加の感想を紹介してもらいます。Y.M.さん、Y.N.さん、ありがとうございました!
    (担当:重橋)
    s_today170426N1.png
    【心理劇を授業の中で行っている様子】
     

    学会に参加して:研究発表の感想

     今回、西日本心理劇学会が福岡で開催されるとのことで、初めて参加させて頂きました。学会は二日間行われ、初日は参加型のワークショップ、二日目は研究発表でした。研究発表では、会場ごとに研究内容が分けられており、自分の興味のある分野へ自由に参加することができました。私自身、心理劇は授業の中で取り上げられたくらいの知識しかなく、実践の場でどのように活用されているのか全く未知の世界でした。会場では研究の発表の後、質疑応答の時間が設けられており、そこで研究の説明を求めたりアイデアへの意見をしたりと白熱した意見交換がされていました。学部生として参加した学会でしたが、数年後に
    自分も大学院生としてあるいは臨床心理士として、このような場で発表する時が来るのだと、身の引き締まる思いでした。貴重な経験ができたことに感謝しています。
    (Y.N.さん)

    学会に参加して:ワークショップの感想

     西日本心理劇学会のワークショップに参加して、多くの学びを得ることが出来ました。私が参加したワークショップは「子どもに対する心理劇」でした。最初はほとんどの参加者が緊張していましたが、ウォーミングアップで自ら動いて言葉を発することで、全員笑顔になり、緊張が和らいだようでした。ウォーミングアップの後は3つの活動を行いました。まず、童話を使って行う「プレイ」というものです。プレイでは想像力をかきたてたり、自由に表現したりすることの楽しさを学びました。次に「身体のマッピング」を行いました。これは、幼児が表現できない体の訴えを表現者が体や声を使って表現するもので、自分の身体の訴えを客観的に見ることで、身体や心が抱えている問題に気付くことが出来ます。最後に「家族画から劇化」というものを体験しました。これは、選ばれた代表者のもしもの世界を劇化するもので、今までよりも深く誰かの心に入り込み、その人の気持ちに触れていきます。そのため、終わった後は演じた人への役割解除が大切になってきます。
     演劇活動を行っていた私は以前から心理劇に興味があり、この学会を通して一層興味が湧きました。また、是非参加したいと思っています。
    (Y.M.さん)
    s_today170426N2.png
     
    s_today170426N3.png 
    【夜は大学院生と一緒に食事会をしました!】

     

    2017年
    04月21日

    『ザ・ルイガンズ スパ&リゾート』で一泊研修を行いました ~2~

     4月5日~6日に新入生オリエンテーションの一環として、郊外のホテルに会場を移して新入生一泊研修が実施されました。プログラムでは、新入生がメンター(助言者となる3年生)や教員に相談しながら時間割を作成する時間が設けられました。また、新入生同士の出会いを実現させるエンカウンターワークも多数企画され、ゲームを楽しみながら自然と知り合いになる機会も提供されました。新入生は、先輩や大学院生から大学生活を充実したものにするための話やアドバイスなどを聞くことができ、楽しく充実した2日間を過ごしました。
     例年一泊研修については「詳しく教えてほしい」という声が多くあがります。そこで心理学科Todayでは、2回にわたって一泊研修の様子をご紹介します。第2回目の今回は、メンターとして研修に同行した3年生と一泊研修の主役である新入生のそれぞれの感想をお伝えします。
    (担当:米川勉)
     s_today170421N1.png
    メンターや教員に相談しながら時間割作成
     

    メンターの感想

     先日行われた新入生一泊研修に、メンターとして同行しました。メンターでは、新入生とともにプログラムに参加しながら、大学生としての心構えや履修登録など、心理学科でこれまで経験したことを踏まえて、助言者として活動しました。
     新入生の良き助言者となれるよう、事前の準備ではメンター全員で何度も集まり、自分達が一年生の頃に感じた不安や、心理学科で知っておいた方がよい情報などを出し合いました。そして、少しでも新入生の気持ちに寄り添えるように、一日も早く新入生が大学生活に馴染めるようにと願いをこめて計画を立てました。
     研修では、学科長の佐野先生から、「つながり。出会いとは自分を知り、周りをよく見ること」というお言葉がありました。心理学を学ぶと言うと、「相手の心を読めるようになるの!?」と思われがちです。しかしそうではなく、心理学を学ぶ意義は自分をより深く知り、同時に周囲と向き合う姿勢を整えることにあるのであって、それが他者や社会とのつながりを生むためのスタートラインになるのだと、メンターの活動を通じて改めて学ばせていただきました。
     私は今年度三年生になります。大学生活も折り返し地点となりました。初々しい一年生と接することで初心を思い出し、自分を見つめなおす貴重な時間を得ることができ、本当に感謝しています。さらに、他のメンターたちとの一泊二日もとても楽しい時間でした。このつながりを大事に、女学院での残りの日々を充実させていきたいと思います。
    (K.Y.さん)
    s_today170421N2.png
     なんでもバスケットで皆のことを知る!

    新入生の感想

     私は、スクールカウンセラーをきっかけに心理学に関心を持ち始め、もっと深く学んでいきたいという思いから、福岡女学院大学の心理学科に入学しました。しかし、入学してみると学んだことのない学問や高校までとは異なる日々など、新しいことばかりで、不安の気持ちが大きくなっていました。
     ですが、一泊研修を通じて私は大きな学びを得たと思っています。それは大学生活の過ごし方です。“大学は自由に伴って責任を持たなければいけない場所”とよく耳にします。私の中でこの言葉は、“1人で行動しなければいけない場所”というイメージでした。しかし研修で先輩方や先生たちと交わっていく中で、大学で求められるのは“1人”ではなく“自ら”であることが分かりました。それが分かったことで、クラスの友達や同じ心理学科の人達にも自ら関われるようになり、分からないことでも聞ける環境を自ら作っていこうという姿勢を得ることができました。そして、先輩方が夢に向かって取るべき行動や心理学について説明してくださったことで、入学前よりも心理学についてさらに興味や関心を持つことができました。
     研修が終わった今、私はこれからの大学生活と自分の人生においてとても意味のあった一泊研修だったと思っています。
    (G.N.さん)
    s_today170421N3.png
     メンバー全員に共通するテーマを探します!


     

    2017年
    04月17日

    『ザ・ルイガンズ スパ&リゾート』で一泊研修を行いました ~1~

     4月5日~6日に新入生オリエンテーションの一環として、郊外のホテルに会場を移して新入生一泊研修が実施されました。プログラムでは、新入生がメンター(助言者となる3年生)や教員に相談しながら時間割を作成する時間が設けられました。また、新入生同士の出会いを実現させるエンカウンターワークも多数企画され、ゲームを楽しみながら自然と知り合いになる機会も提供されました。新入生は、先輩や大学院生から大学生活を充実したものにするための話やアドバイスなどを聞くことができ、楽しく充実した2日間を過ごしました。
     例年一泊研修については「詳しく教えてほしい」という声が多くあがります。そこで心理学科Todayでは、2回にわたって一泊研修の様子をご紹介します。第1回の今回は、一泊研修のプログラムを中心にお伝えします。

     (担当:米川勉)

    メンターによる報告

     海の中道にあるホテル『ザ・ルイガンズ スパ&リゾート』で行われた一泊研修に、メンター二期生として同行しました。開会式が行われた後、早速、履修登録のオリエンテーションが行われました。大学では、どの授業を取るかは全て学生が自分で決めなければなりませんが、授業は数多く行われているうえに、取れる授業、取れない授業、先に取るべき授業などがあるため、慣れが必要になります。私たちは先生方とともに、新入生が混乱なく時間割を作成できるようにサポートしました。 

      s_today170417N.png

     相談しながら皆で時間割作成


      次に、「であい、ふれあい、つながり」をテーマにしたエンカウンターワークを行いました。大学に入学した直後は多くの人たちが互いに初対面で、打ち解けるまでには時間が掛かります。そこで新入生同士が触れ合えるように、グループ全員が自己紹介をしながらその共通項を見つけ出す課題やグループ全員が手をつないで行うゲームを楽しみました。

    s_today170417N2.png

     友達をしっかりつかまえよう!

    s_today170417N3.png

     美味しい夕食をいただいた後は、教職を履修しているメンターや臨床心理学を専攻している大学院生が、大学生活を有意義に過ごすコツや実際の時間割、臨床心理士になるために必要なことなどを詳しくアドバイスしてくれました。

    s_today170417N4.png

     2日目は、「学外での学びを知る~PBLとボランティア紹介~」というテーマで研修が行われました。高校までとは違い、大学では授業のない時間が多くあります。この自由な時間を何に使うのかも、大学で成長できるかどうかに大きく関わってきます。その成長の機会として、大手銀行との連携プロジェクトと学外ボランティア活動について説明されました。いずれの活動も1年生から参加できるもので、自分自身のスキルアップに加えて社会貢献にも繋がります。新入生は、ぜひ積極的に活動に参加して欲しいと感じました。
     その後、履修計画について最終確認を行いました。新入生は見落としていたことなどについてメンターやアドバイザーから改めてアドバイスをもらいつつ、自分の時間割を組んでいました。

     一泊二日の短い時間でしたが、研修が終わり、学生生活や履修登録について新入生が抱えていた疑問・不安を解決できたようで、安堵しています。新入生からは、「クラスの仲が深まり、他クラスの人とも友達になれて良かった」「勉強に対するモチベーションがあがりました」と嬉しい声を聞くことができました。

      (担当:I.M.さん、Y.M.さん)

    s_today170417N5.png

    メンターの感想

    今回メンターとして一泊研修に参加し、目標を持ってこれから頑張ろうとする1年生の姿に刺激をもらいました。また、研修の中で1年生の楽しそうな顔を見ることができ、参加して良かったなと思いました。1年生の皆さんが、これから充実した4年間を過ごせることを願っています。(Y.C.さん)

    今回メンターとして参加して、役割を果たせるのか不安や緊張もありましたが、2年前の新鮮な気持ちを思い出すことができました。新入生の感想にも、楽しかったという声やメンターにいろいろ聞けてよかったという声が多くあり、うれしく思っています。また、プレゼンテーションは人前で話すことの緊張よりもしっかり伝えたいという思いででき、自分を見つめ直すきっかけにもなりました。メンターとして新入生に関われたことに感謝しています。(I.Y.さん)

    様々な新入生に出会うことができ、とても楽しい時間でした。新入生からの質問で、自分自身を見つめ直すきっかけにもなりました。ありがとうございました。これからの大学生活、自分次第でいくらでも楽しさの幅は広がると思います。お互いに頑張っていきましょう。(N.K.さん)

    今回メンターとして研修に参加し、最初は同じクラスの中でもぎこちなかった新入生が短い期間で仲が深まっていくのをみて、とても嬉しく思いました。また、私自身も新入生と接することで上級生としての自覚をより強く感じることができました。この研修に関わることが出来て本当に良かったです。(I.M.さん)

    学校生活など自分が経験してきたことが、少しでも1年生の役に立てたならうれしいです。今回の研修を終えて、1年生が安心して学校生活をスタートできたらいいな、と思います。メンターとして、沢山の人と関わることができ貴重な体験ができました。(Y.M.さん)

     



     

    2017年
    04月12日

    企業訪問を行いました

     3月上旬,学生と教員の3名で株式会社ダイスプロジェクト様を訪問してきました。こちらの会社は,もともとは建築設計や広告制作を扱っていらっしゃいましたが,近年はまちづくりやWEBマガジン「アナバナ」の運営,そして不動産事業も行っていらっしゃる会社です。昨年度後期の『マーケティング』の授業で,活動について講義をしていただいたことから,教員と学生とでお邪魔してきました。
     今回は,橋口様だけでなく,活動型ウェブマガジン「アナバナ」の編集長をされている曽我様にもお話を伺うことができました。ご対応いただいたお二人に心より感謝申し上げます。また,訪問した学生2名の感想も届いています。それぞれにとって貴重な経験となったようです。

    (担当:藤村)

     shinri_today_20170412.png

    ダイスプロジェクトの曽我様と橋口様とともに
     


    学生の感想(1)

     3月7日に株式会社ダイスプロジェクト様のところに会社訪問を行いした。以前、マーケティングの授業に橋口様が講義で来てくださり、ご自身の広告で地域を盛り上げるという活動や、そのときに作成した動画や取り組みを教えていただき、心から感動しました。その話をゼミの先生にしたところ、「一緒に行ってみませんか?」と言われたことが訪問のきっかけとなりました。
     私は就職活動中で、広告関係の会社を志望しています。ダイスプロジェクト様も広告関係の会社だったことから、業界のことをさらに知るチャンスになりました。また、そこで働く方々とお会いすることで、ここでしか聞けない話を伺うことができ、アドバイスまでしていただきました。お話をする中で「この仕事は楽しいよ。情熱だよ、この仕事は!」と仰っていたことがとても印象的でした。
     私もこのように仕事をすることに誇りを持ち、生き生きして働きたいと思います。この会社訪問は自分にとって貴重な機会でした。少しでも良い機会を逃さぬよう、これからの就職活動に活かしていきたいです。

    (4年生 I.M.さん)

    学生の感想(2)

     ダイスプロジェクト様を訪問して、さまざまな企業があるということと、人によって異なる考え方があるということを知ることができました。まず、ダイスプロジェクト様は空間デザインやイベント企画などをされていて、非常にクリエイティブな仕事をされています。その中でも、会社の中をバーにしたりはかた駅前通りを飲食街にしたりするという企画に非常に魅力を感じ、 世の中には魅力的な仕事が多くあることを知りました。
     また、  自分で興味のある企業の訪問や、その道の人に直接会いに行く方法を勧められたことが特に印象に残りました。確かに、 自分の興味のある道の人に会い、人脈を広げるということは、全く損がなく、最も無駄のない企業研究の方法だと気づきました。就職活動が既に本格化していますが、自分で連絡をして行動するということはいつでも出来るため、今からでも出来ることは最大限努力しようと思いました。訪問させていただきお話を聞けて本当によかったです。

    (4年生 S.K.さん)

     

    2017年
    04月07日

    フリースクールでのインターンシップ報告

     春休みも終わりを告げ、11日からは授業が本格的に開始されます。1か月前までは2年生だった学生は新たに3年生になるわけですが、この1か月、どのように過ごしていたのでしょうか?
     心理学科では「キャリア意識の教育」の観点から、2年次でのインターンシップ参加を推奨しています。そこで、この春休みの期間を利用してインターンシップに参加した学生に感想を寄せてもらいました。
     今回は、他の人や社会に頼る姿勢を育成することに対する熱意と関心から、インターンシップ先としてフリースクールを選んだF.N.さん(九州国際大学付属高等学校出身)です。F.N.さん、ありがとうございました!
    (担当:分部)

    学生の感想

     私のインターンシップ先はフリースクールで、主な活動はスタッフの一員として利用者をサポートすることでした。利用者の方と接する際には事前に接し方を考えて臨んでいましたが、接した後になって、「もっと良い対応の仕方があったのではないか」と後悔することが何度もありました。そのたびに、一日を振り返る時間にスタッフの方に相談したり日報で質問したりすることで、次に活かせるようにしました。
     例えば利用者の方とお菓子を作るという活動で、利用者の方から「レシピとは違う作り方が良い」と言われ、うまく対応することができないということがありました。そこで、その日のうちにスタッフの方に相談したところ、「一度相手の意見を受け入れることが重要」とアドバイスされました。このアドバイスをもとに、利用者の方との普段の会話の中でも「相手の意見を一度受け入れる」ようにしたところ、コミュニケーションがずっと取りやすくなりました。
     
     今までは、何か事が起きてからその場で対応を考えることが普通でした。しかし今回のインターンシップを通じて、そのような態度では自分の考えと違うことが起きたときに、焦ってしまい、冷静な判断ができないことが分かりました。また、乗り越えられたとしても、それは偶然に近いもので、自分自身も何も成長できないと感じました。対応策を相談し、学ぶことで、事態に対処するための本当の力を得ることができるのだと思います。
     このように今回の経験から多くのことを学ぶことができましたが、そのためには「インターンシップが有意義な時間になるように努力しよう」という姿勢が不可欠でした。インターンシップは企業やスタッフの方々にいただいた貴重な機会であることを理解し、学ぶ姿勢を忘れずに過ごすことが、今後に活かせることを学ぶために重要なのではないかと思います。
    (F.N.さん:九州国際大学付属高等学校出身)

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE