• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    03月26日

    就職・進学サポート「大学院合格者の声」

     心理学を専門的に学べる大学は多数ありますが、一口に“心理学”と言ってもその内容はとても広いため、どの分野を深く学べるのかは大学によって大きく異なります。福岡女学院大学の場合、こころの悩みを抱える人たちの理解や支援を目指す「臨床心理学」と、企業や組織で働いたり自分のキャリアを形成したりすることを支える「キャリア心理学」を深く学べる点に、その特徴があります。
     特に臨床心理学は、学部だけにはとどまらず、大学院での教育にも力が注がれています。例えば臨床心理学の専門資格に“臨床心理士”がありますが、2015度の本学大学院生の臨床心理士合格率は100%でした。また本学大学院は、臨床心理士になる際に大学院修了後の実習義務が免除される、第1種指定大学院にもなっています(注1)。
     このため、本学心理学科の学生の中には(そして実は他大学からも!)本学大学院に進学して臨床心理学をさらに深く学ぶ者も多くいます。そこで今回は、大学院に進学する学生に自身の学部時代での学びを振り返ってもらいました(注2)。
    (担当:重橋)
     
    注1 2018年度からは心理学の国家資格“公認心理師”が誕生しますが、本学では第1種指定校の経験と実績を活かし、公認心理師にも対応した教育体制の整備を計画しています。

    注2 「大学院合格者の声」に関する過去の記事はこちら
     

    大学生活を振り返って

     私は、高校生の頃から臨床心理士になりたいと考えていたので、福岡女学院大学心理学科に入学しました。3・4年次は大学院入試の勉強に集中できるようにと思い、1・2年次に履修できる講義は積極的に受講しました。3年次ゼミでは、毎週4000字のレポート課題がありました。課題図書を読み、要約と考察をまとめます。1冊の本を限られた字数で要約し自分の考えを持つためには、ただ読むだけではなく整理しながら読む必要があります。卒業研究では、文献調査を行いました。文献を何冊も読み、本の内容を分かりやすく要約、整理しながら研究を進めることができたのは、3年次のレポート課題に取り組んだおかげだと思います。
     大学生活では心理学の学びだけではなく、部活にも積極的取り組みました。私は、裏千家茶道部に所属していました。茶道は未経験でしたが優しい先輩達と美味しい抹茶に惹かれての入部でした。4年生になった今、すてきな仲間に出会うことができ、本当に入部してよかったと思います。自由に時間を使えることは大学生の特権です。勉強も部活もアルバイトも好きな事も、自分次第でたくさん取り組めると思います。

    大学院進学に向けて

     大学院受験では、心理学、英語、口頭試問があります。心理学に関しては普段の講義で十分に学べます。大学院進学を考える人は、ひとつひとつの講義を大切にして下さい。英語は、ゼミで毎週和訳の宿題があったため、ゼミでの課題を使って勉強しました。ゼミの先生にはたくさんお世話になりました。丁寧な添削や勉強法のアドバイスもしていただきました。

    4月からの大学院生活に向ける思い

     大学の4年間はびっくりするくらいあっという間に終わりました。さらに大学院は2年間、学部の半分です。2年の間に何を学ぶかは自分次第だと思いますので、一生懸命に頑張ります。不安もありますが、より専門的に心理学を学べることにわくわくしています。
    (M.Tさん:佐賀県佐賀西高等学校出身)
     
    s_today170326.jpg
    【私のお気に入りの場所:学内にある茶道部の茶室】

    2017年
    03月23日

    タイでの海外インターンシップ報告

     就職活動を前に、大学1年生から3年生にかけて積極的にインターシップ(企業での就業経験)に参加する学生が増えています。その中で、3年次の冬休みを使い、タイ・バンコクでの海外インターンシップを経験した心理学科の学生がいます。どのような活動で、何を感じたのか、N.M.さんに報告してもらいます。
    (担当:藤村)
     

    インターンシップ内容

     大学の冬休みを利用し、タイのバンコクにあるカフェ&ホステルでインターンシップを行いました。内容は、カフェ&ホステルに滞在しながら、現地の方々と一緒に働くというものでした。例えば、カフェでの接客や調理、ホステルの滞在客の対応などです。その中で、よりお客様を増やすための方法を企画し、実際に日系企業を訪問したり日本人が多い駅でのチラシの配布する、なども行いました。これらの活動を通して、カフェ&ホステルのマネジメントに関わることができました。
     
    s_today170323N1.jpg
    【タイで撮影:インターンシップの合間に】
     
    s_today170323N2.jpg
    【インターンシップ先のカフェ&ホステル】

    インターンシップ体験から得たこと

     一番は自信がつきました。1人で海外に行くことは勇気がいることです。一つ一つが挑戦でしたが、それをやり遂げたことで、「自分にはまだまだできることが沢山ある!」という自信につながったと思います。また、日本人は私1人だったため、タイ語と英語が話せないことは苦労しましたが、それでもお互いを理解しようとすることで意思疎通ができました。言語の壁があることにより、人の温かみを肌で感じることができ、感謝の重みを実感しました。その他にも、異文化を知ることで、ここでは書ききれないほど沢山の得るものがありました。参加前に比べ、参加後の私は成長したと自信を持って言えますし、今は毎日が楽しくて仕方がありません。
     
    s_today170323N3.jpg
    【象の上で:はじめてのことをたくさん経験しました】

    これからの抱負

     「自分の気持ちに正直に」生きていこうと思っています。私は、旅が好きです。人が好きです。この好きという気持ちを大事に、周りに合わせすぎず、自分らしくワクワクしていたいです。将来は一般就職を考えていますが、「就活」という枠にとらわれず、沢山の社会人や同級生に出会っていきたいと思っています。そして私の夢は、世界中を旅しながら、誰よりも感謝を伝えた人になることです。

    高校生に伝えたいこと

     大学は自由です。だからこそ多くのチャンスは転がっています。「あたりまえ」を疑い、いつもと違うことを今日してみてください。小さな挑戦でも大きな変化が得られます。どうか自分のワクワクを敏感に察知して動いてほしいなと思います。
    (N.M.さん)

    2017年
    03月22日

    4年生の皆さん、いってらっしゃい。

     3日間にわたる卒業式の関連行事のうち、最終日はホテルを会場として卒業パーティが開催されます。今年は3月17日(金)に実施されました。
     全学部の4年生、そして教職員の皆さんが集まり、卒業を祝います。前日までのガウンとは異なり、自由な格好で参加するこちらのパーティは色彩豊かな風景となります。これまでの4年間,そしてこれからも絶えず変化し成長していくであろう皆さんの鮮やかな「今」がここにあるのだなあと感じます。
     春からの新生活の中で、より鍛えられたくましくなっていく卒業生の姿を想像しながら、心理学科での4年間の学びが何らかの糧となり、皆さんの未来がより豊かになることを祈っています。
     卒業生の皆さん、いってらっしゃい。
     
    s_today170322.JPG
    (3月17日 卒業パーティでの集合写真)
     

    2017年
    03月19日

    卒業生紹介:経営コンサルタントとして活躍中のS.M.さん

     心理学科を卒業後,全国に展開するコンビニエンスストアの本部スタッフとして,店舗経営のアドバイザーをしているS.M.さん。近況を報告してもらいます。
    (担当:藤村)

    自己紹介

     2014年に福岡女学院大学人間関係学部心理学科を卒業後、小売業へ就職しました。現在は社会人3年目になり、経営のコンサルティングを行う仕事をしています。

    大学時代によかったこと

     福岡女学院大学では幅広く学び、自分の興味、関心に取り組む機会が多くあります。心理学科では、臨床心理、キャリア心理、教育心理の3つのコースがあり、多角的に学ぶことができました。       
     私は、現代文化学科の異文化アプローチやインターンシップ、企業との課外授業、学外では国際ボランティアにも参加し、授業では学べないことや多くの人との出会いを経験しました。特に課外授業では、企業との協働企画を通して、新たな自分を発見することができ、就職活動にも活かすことができました。また、就職活動では就職課の方、ゼミの先生が相談に乗ってくださり、自分としっかり向き合い、目指す方向性を決めることができました。
     
    s_today170319N1.jpg
    【異文化アプローチの授業で行った留学先の先生と一緒に】

    大学時代に勉強することで今の自分に役立つ力

     大学で心理学を学び、自分や他人を客観的に見ることができるようになりました。自分自身の気持ちと向き合うことはもちろん、相手の気持ちに寄り添うことで何を伝えたいのか、何を感じているのか、何を求めているのか汲み取り対応する力がつきました。また、コミュニケーションのベースを授業で学び、コミュニケーション能力を高めることや、ゼミや課外授業を通してプレゼンテーション力をつけることができ、今の仕事にも役立っています。
     
    s_today170319N2.jpg
    【ゼミ旅行の一枚】

    今の仕事を紹介

     フランチャイズビジネスの為、加盟店に様々な角度から経営のコンサルティングを行う仕事をしています。私は8店舗を担当しており、品揃えや販売促進の提案などはもちろん、お店の数値管理まで、経営に関するあらゆる事柄に関わっています。お店のオーナーさんと信頼関係を構築し、お店の売上や利益の向上など、目標に向かって二人三脚で取り組んでいます。目標を達成できた時や「あなたでよかった、一緒に頑張りたい」「ありがとう」と感謝される時にやりがいを感じています。

    これから大学生活を始める方へのメッセージ

     大学時代はやりたいことが何でも挑戦できる期間です。自分次第で大学生活がどのような4年間になるのか決まると思います。福岡女学院には、そのきっかけとなる活動がたくさんあり、迷った時や方向が見えなくなった時は、手を差し伸べてくれる先生方がいらっしゃいます。是非、何事にも前向きにチャレンジし、思う存分楽しみ有意義な大学生活にして下さい。きっと人との出会いや様々な経験が自分を成長させてくれます。
    (S.M.さん)

    2017年
    03月17日

    春から社会人~就職に向けての思い2~

     心理学を専門的に学べる大学は多数ありますが、一口に“心理学”と言ってもその内容はとても広いため、どの分野を深く学べるのかは大学によって大きく異なります。福岡女学院大学の場合、こころの悩みを抱える人たちの理解や支援を目指す「臨床心理学」と、企業や組織で働いたり自分のキャリアを形成したりすることを支える「キャリア心理学」を深く学べる点に、その特徴があります。そのため、大学院に進学し心理専門職を目指すことも心理学をいかした職業選択も可能であり、多様な進路選択ができるところも特徴です。
           
     3月15日は卒業礼拝、16日は卒業式でした。卒業を迎え、春から社会人になる4年生達。今回は、卒業式を終えたばかりの4年生に「就職に向けた思い(注1)」を報告してもらいました。
    (担当:重橋)
    注1)「就職に向けた思い1」はこちら
     

    就職先の紹介

     私は、九州を代表する食品等通信販売会社から内定をいただきました。現代の食生活を見つめ足りないものを摂りやすい形にした健康食品を販売している会社です。

    大学で得た力

     大学生生活やアルバイトを通して、全体を見て行動するという力や積極性を得ることができました。就職活動ではこれらの力を軸に取り組みましたが、なかなか思うように結果を出せずにいました。面接が残っている会社はわずかな状態で最終面接を受け、その場で内定をいただくことができた時は思わず泣いてしまったほどです。最終面接では私が大学生活で得た力を褒めていただくこともできました。

    将来への期待

     内定をいただいてから何度か社員の方々と交流する機会がありましたが、社員の皆様が仲間を大切にし、全力で仕事を楽しんでいる様子が伝わってきて、自分もその中に身を置けるのだということに期待が膨らんでいるところです。

    後輩へ向けてのメッセージ

     後輩の皆さんにも必ず自分の事を見てくれる会社が見つかります。最後まで諦めずに自分を出し切ってください。
    (H.Hさん:福岡県立筑紫中央高等学校出身)
     
    s_today170317N1.jpg
    【私のお気に入りの風景:カモの親子がやってくる池】
     

    就職先の紹介

     航空会社の電話での予約・受付センターに就職します。

    大学で得た力

     大学では地域連携事業の一環で、朝倉市の市役所の方と協力しパンフレットを作成しました。実際に何度も朝倉市を訪れ、写真やレイアウトも自分たちで行いました。学生同士で作成するため、衝突することもしばしばありましたが、その分、事業に関わった友人達との仲が深まった気がします。このことから、私は皆で一つのものを作り上げることの楽しさを学び、協調性が身についたと思います。

    将来への期待

     4月からは航空券の予約・受付を電話で行う仕事を担当します。電話の応対ということで相手の顔が見えない分、自分の気持ちを伝えることや相手の気持ちを汲み取ることはとても難しいと思います。そのため、顔が見えないからこそ笑顔で話し、お客様に安心して利用していただけるように頑張りたいと思います。

    後輩へ向けてのメッセージ

     私は就職活動で何十社も受ける努力をし、この会社に内定をいただきました。友人たちが内定を得ていく中で、私は内定を得ることができず何度も焦りました。しかし、その状況に置かれているのは自分だけではありません。焦って将来を決めてしまうのはもったいないと思います。就職活動は不安なことが多いですが、新卒の就職活動は1回しかありません。笑顔を忘れず楽しんでください。
    (C.Kさん:福岡市立福翔高等学校出身)
     
    s_today170317N2.png
    私のお気に入りの風景:キャンパスの並木道】
     
    s_today170317N3.jpgs_today170317N4.jpg
            【学生の憩いの場:カフェ】    【私のおすすめメニュー:ハンバーグ】
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE