• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2014年
    10月23日

    ゼミ決めの準備段階に突入しました【2】

    2年次の「応用演習」では、11月中旬に行う3年次のゼミ選択作業のために、教員の研究紹介を3回に分けて行います。
    10月15日に第2回研究紹介が行われました。
    (第1回の様子、「ゼミ」についての説明はこちら)

    船津美智子先生
    s_today141023N1.JPG
    米川勉先生
    s_today141023N2.JPG
    佐野幸子先生
    s_today141023N3.JPG
    岩下伸朗先生
    s_today141023N4.JPG

    以上4名の先生方によるお話に学生たちは熱心に耳を傾けていました。
    (担当:大里)

    2014年
    10月21日

    フラワーアレンジメントを体験しました!

    s_today141021N1.jpg s_today141021N2.jpg
     10月18日にフィールドワークGの授業で、フラワーアレンジメントを体験しました。初めに講師の花屋さんから、赤は「生命力色」で「挑戦・勇気・元気」の意味があり、黄色は「進出色」で、「希望・幸福・健康」の意味があるなどと、花の色について学びました。
     s_today141021N3.jpg
    また、作る時には①誰に贈るのかを明確にする、②花を大切にする、③自分なりに好きに作るという「三つの目当て」があるが、自由に作れば良いと教えられました。
     s_today141021N4.jpg
     材料は一人分が、赤とオレンジのスタンダードバラとスプレッドバラ、オレンジとピンクのガーベラ、ピンクと黄色のカーネーションの中から、自分が好きなものを一本ずつ選びました。花の間に入れる緑はポリシャスでした。
     s_today141021N5.jpg
    選んだ花を見ながら、誰に贈るかをイメージしながら自由に作りました。初めて体験する人が多かったのですが、出来上がった作品はどれも皆奇麗で、まとまっている上に、オリジナリティ豊かで、講師からは「店に出しても良い」との高い評価を受けました。
     s_today141021N6.jpg
     s_today141021N7.jpg
     s_today141021N8.jpg
     受講生は作っているうちに集中力も増し、心も体も落ち着き、花に癒される貴重な体験ができました。終わった頃には皆顔は穏やかで微笑み、幸せな状態になっていました。持ち帰った作品によって、家族も微笑み幸せになったことでしょう。花の癒す力って実に素晴らしいですね。
    (担当:原口)
     

    2014年
    10月16日

    夏休み中に開催されたゼミ合宿を紹介します:岩下ゼミ報告No.1

    ■□■□■□■□■□■
     夏休み中には、幾人かの先生がゼミ(授業名:人間関係演習・卒業研究演習)を履修している学生達と学びのための旅行にでます。
    これを「ゼミ合宿」と呼んでいます。
    今回は、岩下先生のゼミ合宿の様子を、参加した学生から紹介してもらいます。
    ■□■□■□■□■□■
     私は鹿児島に行くのは初めてだったのですが、着いて驚いたのはJRの駅からでも桜島が見えるということでした。私のイメージでは鹿児島市内から結構離れたところにあると思っていたので、とても意外でした。桜島を歩いていると、道に火山灰が積もっていて、火山にいるのだと実感できました。桜島のお土産のところに溶岩焼きのコップが売っていました。これは桜島より噴火した火山灰をうわぐすりに利用した焼物で鉄分を多く含んでいるそうです。溶岩焼きは桜島でしか買えないものなので思い出に買いました。
     ゼミ合宿での私の報告内容は「日本のビール企業の総売上とシェア」「鹿児島の地ビール」についてでした。ビール業界全体の売上は現在2兆6232億円です。各大手の売り上げとシェアは、アサヒ9258億円・35%。キリン7291億円・28%。サッポロビール5098億円・19%。サントリー7291億円・22%といった状況で、各社自社製品のさまざまな売り込み戦を繰り広げているようです。他方、地ビールについて鹿児島を検索調査すると「薩摩ビール」「川内大綱麦酒」「霧島高原ビール」「サツマゴールド」の4種類ありました。川内大綱麦酒は醸造所とお店がすでに閉店しており、残念ながらもう飲むことは出来ないようです。
     今回のゼミ合宿での研究発表は鹿児島大学図書館のグループ学習室で行なわれました。ゼミ報告の場を提供して頂き、本当にありがとうございました。おかげさまで有意義な発表をすることが出来たと思います。
    s_today141016N1.JPG
    (4年生 Sさん)

    2014年
    10月06日

    野菜を育てるための畑を作りました

    後期の「フィールドワークG(いのちと土)」で野菜を育てるための畑を作りました。
    先ず前期で使っていた畑の草を受講生たちは取りました。
    s_today141006N1.JPG
    次に、綺麗になった畑に土壌中和剤の「卵殻有機石灰」、土壌改良剤の「完熟牛ふん堆肥」と「完熟堆肥ミックスパワー」を撒きました。そこで鍬やスコップで土と有機石灰と堆肥を混ぜ合わせ、耕し、畝を作りました。
    s_today141006N2.JPG
    久し振りの力作業に受講生たちは5分もしない内に息が上がり、汗をかき始め、「きつい!」と連発していました。しかし見事に畝を完成させることが出来、感動していました。
    s_today141006N3.JPG s_today141006N4.JPG
    次回はここに「大根、白菜、キャベツ、春菊、レタス、水菜」などを植えますが、楽しみです。
    前期に植えた茄子の収穫をしていますが、その中に珍しい形をした茄子を見つけました。蛇がとぐろを巻いているような形です。
    s_today141006N5.JPG
    驚きました。なんでそうなったのか、不思議です。
    みんなに見せたいのでしばらく収穫しないでおきます。
    s_today141006N6.JPG
    サツマイモの葉もすごく茂って、とても元気です。
    今月末の「芋ほり」が待ち遠しいです。
    (担当:原口)

    2014年
    10月04日

    ゼミ決めの準備段階に突入しました

    2年次の「応用演習」では、11月中旬に行う3年次のゼミ選択作業のために、教員の研究紹介を3回に分けて行います。
    第1回の10月1日は…。
    長野剛先生
    s_today141004N1.jpg
    重橋のぞみ先生
    s_today141004N2.jpg
    藤村まこと先生
    s_today141004N3.jpg

    以上の3名の先生達でした。
    心理学科2年生約120名が集合し、ノートにメモするなど熱心に聴きました。
    (担当:船津)

    □□□「ゼミ」って何?□□□
    「ゼミ」って、どういうものなのか判りますか?
    大学案内などで見かけながらも、「何かしら?」と思っている人も少なくないでしょう。
    ゼミは、ドイツ語のゼミナール(Seminar)、英語のセミナー(Seminar)の略語です。
    大学では、少人数のクラスにて、先生を含めた受講生同士が協力しあって、
    勉強したり、研究したりする授業のことを指します。
    心理学科では、3年次の人間関係学演習と、
    4年次の卒業研究という授業がゼミにあたります。
    人間関係学演習も卒業研究も、様々な特色をもった沢山のクラスに別れています。
    そこで、それらを区別するために、指導教員の名字をつけて○○ゼミと呼びます。
    3年次、4年次の2年間、同じ先生が担当するゼミで勉強をします。
    学生達は、自分の望む研究テーマにあった先生のゼミを自分で選びます。
    ですから、ゼミ選択のためには、先生がどのような研究を専門にしているのかを、熱心に聴く必要があるのです。
    ゼミは、もっとも大学らしい授業のひとつと言えるでしょう。
    (担当:佐野)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE