• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    03月13日

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」第5回 大学での学びに不可欠な心理学

     テーマコラムでは、「心理学科での学生の成長」という同じテーマのもと、学科の教員がコラムを執筆して意見や考えを発信してきました(注1)。第5回で最終回となる今回は、認知心理学をベースとして,教育や臨床にも詳しい長野先生のコラムをお届けします。「大学での学び」は、高校までと何が違うのでしょうか。大事にしたいテーマです。皆さんもコラムを読んでぜひ考えてみてください。
     
      注1)過去のテーマコラムはこちら 第1回 第2回 第3回 第4回
     
                
    テーマコラム   心理学科での学生の「成長」
    第5回(最終回) 大学での学びに不可欠な心理学
     
     卒業研究を提出し、最後の試験も終えた心理学科の4年次生は、卒業式までのあいだの2月下旬から3月中旬にかけて、どのように過ごしているのでしょうか。就職先での研修、卒業旅行、新居探しと引っ越しの準備、加えて、少人数教育の本学ならではのことと思えるのですが、1・2年次の基礎・応用演習のクラス会や3・4年次のゼミ会があります。さらに、心理学科ならではのこととして、履修した授業の内容や担当教員との出会いを気のおけない友人と振り返りながらの認定心理士資格申請書類の作成もあります。「これまで」と「これから」が交錯する日々を楽しんでいる様子です。
     最近の出来事、失敗や躓きについても、おもしろおかしく語るようになった学生さんたちと接していると、心理学が言う適応としての「成長(変容)」と、高校までの学校教育で言われている順応としての「成長(発達・向上)」とは違っていることに気づかされます。
     大学院を修了し、いよいよ臨床心理士の資格試験に備える院生はなおのことですが、学部での4年間、心理学を専らにして学んだ体験は、解からないことをこそ学ぼうとする〈逞しさ〉として結実するようです。コツコツと考え工夫する過程に充実を見いだし、学びに終点がないことに気づいている4年次生たちには〈頼もしさ〉を覚えます。
     
    s_today170313N1.jpg
    【福岡女学院大学の花壇はどこかしらイギリス風】
     
     やや理屈っぽくなりますが、進路選択の岐路に立っている高校生にとっての一助になれば何よりだということで、「心理学に学ぶうちに〈逞しさ〉と〈頼もしさ〉が培われるのは、なぜ?」と、考えてみます。
     紀元前から、魂とか精神とか名づけられた心の仕組みと働き(心理)は、説明が難しく不思議に満ちているがゆえに識者たちが関心を向けざるをえないことでした。今日でもそうです。たとえば、脳科学や人工知能の研究が解明しようとしていことも、つまるところ私たちの心理です。心理学は、そういう学問・研究なので、受験勉強(教科教育)が一段落した後、常識(あたりまえ)に首を傾げ、未知や未解明のことについて考究する高等教育の場で学ぶことになります。
     正答のない問いをめぐる学びを体験することによって、当人が発揮する〈逞しさ〉、他者が覚える〈頼もしさ〉を身につけた学生さんたちは、職業人や家庭人として、何をどうしたらいいかがわからないときでも心が折れることなく〈しなやかさ〉を保てることでしょう。
     心理学が念頭においている高等教育(大学)の高等の意味については語弊を解く必要がありそうです。かつては高等学校(高校)の高等もそうだったのですが、高等は複雑を意味します。たとえば、高等動物と下等動物との違いは、生体の構造・機能や行動の複雑さの違いです。この心理学の発想では、社会生活が高度な知識を必要とすると言うときの高度も複雑を意味します。高度な知識とは、誰もが解かるという点で基本とするにふさわしい知識(基本知識)が複雑に組み合わさった知識のことなのです。
     特定の領域に閉じた専門知識にも基本となる知識と高度な知識とがあります。入学したばかりの頃は、心理学の用語の多くが日常の言葉と同じなので基本知識と高度な知識との区別がつかないのですが、4年次生ともなると両者の区別がつくだけでなく、基本知識の組み合わせである高度な知識を学ぶのに必要なのは、優れた能力よりも根気や粘り強さであることに気づきます。意識にのぼるとはかぎらないこの気づきは、心理学が言う成長が裏打ちされている証しとなります。
     
     心理学は明治時代に大学が誕生したときから、学部を問わず開講されていました。心理学に学ぶということは、人間関係にとどまらず社会の出来事など、世界の観方が学ぶ前から変容することです。その変容の結果が〈逞しさ〉〈頼もしさ〉〈しなやかさ〉として体現されるに違いない、と4年次生と接していて思います。
    (担当:長野)
     
    s_today170313N2.jpg
    【春のキャンパス:見上げると桜の花】

    2017年
    01月15日

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」第4回 その授業で何するの?成長のためのカリキュラム

     テーマコラムでは、「心理学科での学生の成長」という同じテーマのもと、学科の教員がコラムを執筆して意見や考えを発信しています(注1)。第4回は、認知心理学を専門とする分部先生のコラムをお届けします。心理学科で受講できる科目やそのつながりについて、新しい気づきを得ることができると思います。どうぞご一読ください。
     
      注1)過去のテーマコラムはこちら 第1回 第2回 第3回
     

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」
    第4回 その授業で何するの?成長のためのカリキュラム
     
     本学HP内にカリキュラムの紹介(こちら)がありますので、一度ご覧ください。「社会心理学」「心理療法基礎実習」「フィールドワーク」など、心理学科でしか受講できない科目が種々用意されています。
     では、なぜその科目が心理学科では用意されており、しかもその学年で学ぶようにされているのでしょうか?その答えはずばり、「学生が成長の階段を一段ずつ上がっていけるように」です。
     例えば2年次のところを見ると、「心理学実験」や「心理統計」などの科目が目に入ります。これらは、心理学の研究を自分で実際に行ったり、そこで得られたデータを解析したりする力を養うための科目です。この力は、3年次以降に卒業論文に向けて心理学の研究を行うためにも、さらには大学卒業後に会社などでデータを収集・解析したり批判的に検討したりするためにも、絶対に欠かせないものです。その習得に向け、心理学科では「心理学実験」や「心理統計」などの科目が準備されているわけです。
     とは言え、「心理学実験」や「心理統計」で扱う数理関係は学生たちの拒絶反応が小さくないことも事実。そこで、さらにその前の1年次に受講する「心理学概論」では、実際の研究結果(図表など)を読み解きながら心理学の知識を学びます。これにより、学生たちが心理学の数理的な面に少しずつ慣れるようにされています。
     このように心理学科の全ての科目は、実は学生が着実に成長できるようにこっそり設計してあります。1年次では図表を見ただけで嫌悪感を示していた学生たちが、3年次にもなれば自分で研究計画を立て、実験を行い、データを解析し、さらには他大学の大学院生や大学教員に混ざって学会発表するようになる姿を見ると、そうなるように設計されているとは言え、いつの間にか多くの階段を上がっていたことを痛感します。
     
     では、学生たちは心理学科で得られる成長についてどう捉えているのでしょうか?ゼミ生の一人であるM.H.さん(久留米信愛女学院高等学校出身)に、考えを寄せてもらいました。M.H.さん、ありがとうございました!!
    (担当:分部)
     
     
    s_today170115.png
    女学院の池にいる鴨のヒナ ―学生の癒しでもあり象徴でもあり―
     
     私が心理学科で得られた一番の成長は、自分を客観的に見る力です。
     高校の頃まで、私は自分ができないことを「できない」と認めることができませんでした。私が「できない」と言わないため周りも先に進んでしまい、できないことはさらにできなくなるという悪循環でした。
     大学1年生になり、『認知心理学』という授業で自分の認知(文責者註:知っていることや考えていること)を認知する「メタ認知」を知りました。そのときはあまり気に留めませんでしたが、私自身の考え方が変わり、成長するきっかけになりました。
     その後で履修した『心理統計基礎』という授業で、エクセルを使って標準偏差や偏差値を計算する課題がありました。私は説明されたエクセルのやり方が何も理解できませんでした。高校の頃であれば誰にも相談せず、解決できないまま終わっていたと思いますが、このときは1年で習ったメタ認知を何となく思い出し、自分ができないことは「自分はできていない」と素直に認めようと思いました。そして、自分ができないこと、助けが必要であることを素直に友人に伝えたところ、マンツーマンで教えてもらうことができ、エクセルも使えるようになりました。
     このときに私ができるようになったことはエクセルの表計算で、技術としてはとても小さなことです。しかし自分の現状を素直に認めることで、私はできないことを一つ克服し、自分を成長させることができたと思っています。また、できなかった自分ができるようになったことで自信がつき、できないことにも逃げずに向き合えるようになったと感じています。
     心理学科で自分を客観的に見ることがどのようなものかを学んだことで、自分自身に向き合うきっかけになり、成長に繋がったと感じています。
    (M.H.さん:久留米信愛女学院高等学校出身)

    2017年
    01月06日

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」第3回 成長を支えること

     テーマコラム「心理学科での学生の成長」は、学科の教員が同じテーマでコラムを執筆し、意見や考えを発信しています(注1)。第3回は、個人の成長を支えることについて、臨床心理学的な視点から考えます。どうぞご一読ください。
     
     注1)過去のテーマコラムはこちら 第1回 第2回
     

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」
    第3回 成長を支えること
     
     先日、卒業生が研究室に顔を出してくれました。彼女は、現在は教育関係の仕事をしているのですが、職場の同僚が子どもたちは何を考えているかわからないと言っているときにも、自分には大学時代に学んだ心理学の知識があることで理解ができ、心理学科で勉強したことが役に立っていると言っていました。教え子たちからも慕われ、楽しく仕事をしている様子で、少し頼もしくなったように感じました。
     
     この卒業生も言っていたように、心理学の知識は実社会で役に立つことも多く、心理学の理論や知識を学ぶことはとても有益です。ただ、こうした理論や知識を自分の中に取り入れ、活用できるようになるまでには、何があるのでしょう。この卒業生から感じた「頼もしさ」は彼女の成長を示していると思いますが、そうなるまでには何が起こっているのでしょう。
     
     学生の成長を感じるのは、たとえば何かの実習を行ったときなど、何らかの課題を自分たちで試行錯誤して取り組んだときが多いように思います。では、とにかく実習のような実践的なことをさせればいいのかと言うと、必ずしもそうとは言えないように思います。こちらも感心させられるような成長が見られるのは、やはり学生たちが真剣にその課題に取り組んだときです。簡単にはいかないところを、一生懸命に頭をひねって答えを導き出したとき、それまでよりも理解が深まり、一段レベルの高いものが生み出されます。悩むことは必ずしも楽しいことではないですが、安易な解決に流されず、本気になって課題に取り組むことは、成長のために必要なことのように思います。
     精神分析家のザルツバーガー・ウィッテンバーグは、学ぶことには欲求不満や無力感が伴うけれども、それらの苦痛が抱えられることの重要性を、精神分析の立場から指摘しています。課題に根気よくより組むことができる子どもがいる一方で、スムーズに解決できないことから生じる苦痛のために集中できなくなったり、投げやりになったり、「こんなもの無意味だ」と価値下げをしてしまったりといった行動をとる子どもがいます。そのような子どもは、自分の心の中から欲求不満や無力感といった苦痛を排除しようとして、そのような行動に至っているのですが、結果的にそれをぶつけられる教師の方も、イライラさせられるなど苦痛を経験することになります。そのために、子どもも教師も、その苦痛を即時的に消し去ってくれるような解決策を求めようとする心の動きが起こってくるわけですが、そこでまずは教師が、苦痛から逃れるためだけの安易な解決に走らず、その苦痛を抱え、子どもたちが根気よく取り組み続けることを支えることが重要だと言います。それによって、子どもたちは経験から新しい知恵を獲得し、また、ものごとを解決していくための力が自分の中にもあることを見出します。それは希望の源泉となり、その後の取り組みにおいて自分の支えとなってくれるのです。
     
     「頼もしさ」というものは、少し独り立ちができてきた感じと言うこともできるでしょう。冒頭にあげた学生も、今や独力で苦痛に耐えながらものごとに取り組み続けることが可能になってきたのだと思いますが、その力は、周囲が一緒になって苦痛を抱え、支えてくれることの積み重ねによって、身についてきたのだと思います。
     
     ここで述べたことは成長に関わる一側面に過ぎないと思いますが、このような成長の背景で起こっているさまざまな心の働きついて心理学では学ぶことができます。成長に関わる心理を学生と共に学びながら、同時に私も一教員として、一人一人の学生が成長していくことを支えていきたいものだと思いますし、また、人に支えられて成長した学生が、今度は次世代の成長を支えていってくれるなら本当に嬉しいことです。
    (担当:富永)
     
    学科パンフ掲載写真.jpg

    2016年
    12月16日

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」第2回 学生の成長を感じる時

     テーマコラム「心理学科での学生の成長」は、学科の教員が同じテーマでコラムを執筆し、意見や考えを発信しています(注1)。第2回目は「学生の成長を感じる時」というタイトルで「成長」について考えていきます。ぜひご一読ください。
     
      注1)第1回 テーマコラムは、こちら
     

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」
    第2回 学生の成長を感じる時
     
     テーマコラムでは、心理学科の学生の皆さんの心理劇体験における変化を取り上げます。心理劇は集団心理療法の1つで、心理学科の多くの学生が臨床心理基礎実習において体験する心理療法です。役割を演じることを通して、自己理解・他者理解を深め、よりよい人間関係を築くこと、心の葛藤を整理して問題解決を図る心理療法です。写真は、心理劇を行っている様子です。
    s_today161216N1.jpgs_today161216N2.jpg
     
     ところで皆さんは大勢の前で発言することをためらったり、気になったりすることはありませんか?大学生は他者からの評価にとらわれやすい時期であり、発言行動にもそのことが影響すると考えられます。「他者からの否定的な評価に対する心配」は評価懸念といいます。大学生は評価懸念が高く、大勢の前で発言することをためらい「言えなさ」を体験することは少なくないようです。一方で、この「言えなさ」は変化可能性もあり、心理学科の学生の成長の早さに驚かされることがあります。その一つが心理劇場面です。授業での心理劇体験は3回だけですが、皆さんの発言行動や自己表現の変化を実感することが多々あります。このことを確認するために、心理劇参加による評価懸念と発言行動の変化を捉える研究を行い、大学院生と共同で学会発表を行いました。
     
    s_today161216N3.jpg
    <図1:第41回西日本心理劇学会発表論文集より(2016年)>
     
     図1は、6名の学生の心理劇前後の体験を示したものです。縦軸は評価懸念、横軸は発言行動です。全員に変化がありましたが、赤い矢印の4名は評価懸念が低下し、発言行動が増えています。つまり、授業に参加した学生の多くは、人からの評価を授業前より気にしなくなり、皆の前で発言するように変化(成長)したわけです。青い矢印の2名も前より発言するようになったり、他者からの評価が気にならなくなり無理な発言を止めたりしています。
     
     「全く知らなった人達のことを少しずつ知っていくことで、少しずつ気持ちも楽になって、自己表現も苦手だったけれど、皆と一緒という部分で、最後の方ではたくさん発言できるようになり、恥ずかしさもなくなった」などという感想が聞かれました。この成長場面に出会う度に、皆さんの持つ潜在的な力を実感します。たった3回の授業による変化は、なかったものが突然出現するわけではなく、皆さんが元々持っていた力が表に現れたと考えられます。変化時の感想では「こんな私がいることを知った」「意外に私にもこんな力があった」等、知らなかった自分・新しい自分との出会いを語る人が多いようです。このような成長は心理劇場面だけではなく、ゼミなどで皆さんと関わる中でもよく実感することです。
     
     心理学科の学びには、自分に気づき他者を理解する過程が含まれています。今まで気づかなかった新しい自分との出会いは、“私”の枠組みを豊かにし、他者とのより良い関係構築につながります。「人は何かのきっかけがあれば変わり得る」ことを学ぶ機会が多いのは心理学科の特徴です。学生の持っている力が芽を出し、育っていくためのきっかけ、土壌を提供する教育の機会を多く有しているともいえます。 
    (担当:重橋)

    2016年
    11月18日

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」第1回 成長と心理学 ―未来を見つめて―

     「心理学科では何を学び,どのような成長ができるの?」
    入学前の高校生だけでなく、在学している大学生も素朴に疑問に思うことがあるかもしれません。もちろん、ただ待っているだけでは学びも成長も難しいでしょう。しかし、一歩踏み出し模索すれば、心理学科だからこそできる「学び」や「成長」があります。
     この度、心理学科では、「テーマコラム」を始めることにしました。各教員が同じテーマで、皆さまにお伝えしたいことを発信していきます。最初のテーマは、私たちが、そして皆さんも心より願う「成長」としました。テーマコラムを通して心理学科における学生の「成長」について考えていきます。
     

    テーマコラム 心理学科での学生の「成長」
    第1回 成長と心理学―未来を見つめて―
     
     心理学科todayをお読みくださっている皆さま、ありがとうございます。心理学科学科長の佐野幸子です。皆さまに、このページを通じてお話しできることを、とても楽しく感じています。初めての試みですので、私自身、他の教員たちからどのような話を聴くことができるのか、楽しみにしています。初回は、私が担当し、成長と心理学の未来の関わりを考えてみたいと思います。どうか、今後もおつきあいください。
     
     心理学を教える立場にいますと、「心理学は役に立つのでしょうか?」という質問を受けることがよくあります。この質問の意図を考えますと、心理学が面白いことも、人間関係にも役立つだろうことは知っていますけれど、就職するためには役立たないような気がしますという気持ちが裏にあるようです。さて、本当に心理学は、職探しに役立たないのでしょうか?
     話が変わりますが、最近の学生はスマフォを使ってインターネット検索を気楽に行います。ちょっと思い出してみてください。10年前には、常に身につけている機器でインターネットの検索ができましたでしょうか? 答は「いいえ」です。
     本学の学生証はnimocaの機能も持っています。学生たちは、学生証さえあれば、バスにも乗れますし、コンビニでの買い物も出来ます。学内の食堂や店舗での支払いを済ませることも、自販機で飲み物も買うこともできます。学生証がこれほど便利になることを10年前に想像できましたでしょうか?
     現在、時代は予想を超えますスピードで変わっています。昔に誕生したコンピュータやインターネットといった様々な技術が、今になって着実に「普通の」生活に影響を与え始めています。昨年、野村総合研究所とオックスフォード大学の共同研究(注1)によって、2030年、つまり今後15年も経たないうちに、現在の日本で人が働いている仕事の49%を、人工知能やロボットが請け負うことができることを明らかにしました。
     将来就きたい仕事、現在従事している仕事は、10年先、20年先、30年先にも存在する仕事なのでしょうか? 高校生を初めとする、現代の青年たちは、本当に大変だと思いますが、将来を見据えて仕事を考える必要があるのです。
     では、将来も生き延びる仕事とは、どんなものなのでしょうか? 先の共同研究は、「創造性、協調性が必要な業務や、非定型な業務は未来においても人が担う」と言っています。そして、人工知能やロボットではできないだろう仕事、言い換えれば将来も必ず生き残るだろう職種として、各種カウンセラーや心理学研究者を挙げています。創造性や協調性は、他者との関わりが必ず必要となる特性です。非定型、つまりマニュアル通りではできない、その場その時での柔軟な対応が必要となる作業というのも、他者の存在を大切にしてこそ成功するものです。このような能力を伸ばす学びは、心理学ならではのものです。
     マズローという人が、欲求段階説(注2)というものを発表しています。彼によれば、人が成長(自己実現)に向かうためには、生きていくための基本的・本能的な欲求(空腹を満たす、睡眠を確保するなど)や安全が保証されることなどが必要となります。おそらく、今後の世の中は、基本的な欲求や安全を確保するための作業を人工知能やロボットが解決してくれて、成長に向かうためのプラスのことを人が提供するようになるのではないかと私は考えています。人の成長や成長に向かうために必要なものを考えたり、実際に自他の成長を促したり疲れを癒やしたりなどのサポートを行う学問が心理学です。
     現時点でも、既に公認心理師という心理学領域では初めての国家資格が誕生し、心理学が職に結びつく可能性は大きく伸びています。しかし、今から大学に入学しようとする世代の人たちを考えますと、心理学は、10年後、20年後、さらには未来に渡って当人にも役立つのみではなく、職にも結びつく学問だと言えるでしょう。
     我が家では、お掃除は掃除機ロボットがしてくれています。しかし、花を飾るのは相変わらず私の役割です。日々の生活を思い起こし、未来にも活躍できるあなたの職や役割を考えてみてください。未来を見据えることこそ、あなたの素敵な成長に繋がります。
    (文責:佐野)
     
    注1) https://www.nri.com/~/media/PDF/jp/news/2015/151202_1.pdf
    注2) Abraham Maslow 1943 "A Theory of Human Motivation" Psychological Review
    これは原論文(英語)ですが、有名な理論ですので日本語でも多数の文献で紹介されています。
     
    s_today161118.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE