• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    04月13日

    「ザ・ルイガンズ」で一泊研修を行いました ~3年生メンターの報告~

     4月5日と6日の2日間、2018年度の心理学科一泊研修が「ザ・ルイガンズ スパ&リゾート」で行われました。これは、これから始まる大学での4年間の学びをより深めるべく、オリエンテーションの一環として行われるものです。
     
     今年も3年生が「メンター(助言者)」として参加してくれました。メンターの一人として参加したH.S.さんに、一泊研修の様子を報告して頂きました。
    (担当:米川)
     

     

     私たちは、海の中道にある「ザ・ルイガンズ スパ&リゾート」で行われた一泊研修に、メンターとして参加させて頂きました。今回の一泊研修での活動を報告いたします。
     
     ホテルに到着後、初めに、外でクラス別に昼食をとりました。海の近くだったため、風が少し冷たかったのですが、新入生は寒さに負けず、楽しそうにお弁当を食べており、その姿を見ている私たちも元気をもらえました。
     s_today180413n1.png
     
     昼食後は、開会式と教務オリエンテーションが行われました。教務オリエンテーションでは、履修登録や新たに作られた国家資格である「公認心理師」に関する説明が行われました。とても真剣に説明を聞いている新入生の姿が印象的でした。
     
     次に行われた履修登録オリエンテーションでは、新入生が時間割を作成しました。大学では履修する科目を自分で決めることになるため、悩んでいる様子も見受けられましたが、アドバイザーやメンターに積極的に質問しながら、慎重に計画を立てていました。
     s_today180413n2.png
    先輩や先生にアドバイスをもらいながら時間割作成
     
      続いて、「であい・ふれあい・つながり」をテーマに、私たちメンターの企画・進行でエンカウンターワークを行いました。今年は、他のクラスの学生と触れ合う機会を作るために「フルーツバスケット」と「共通点探し」を行いました。また、クラスの結束力を高めるために、クラス対抗で「伝言ゲーム」を実施しました。
    s_today180413n3.png
    正確に情報を伝えるのって、意外と難しいものなんです
     
    s_today180413n4.png
    伝言ゲームの優勝クラスには佐野人間関係学部学部長より賞品が贈られました!
     
     エンカウンターワーク後は、待ちに待った夕食でした。クラスの友達と食べる料理は、よりおいしく感じたのではないかと思います。
    s_today180413n5.png
     
     1日目の最後は、「大学生活を有意義に過ごすコツ-先輩から聴く-」をテーマに、私たちが新入生に向けて、大学生活、ボランティア、教職、PBL、インターンシップ、サークル、大学院について、プレゼンテーションを行いました。緊張もしましたが、新入生は皆とても熱心に話を聞いてくれ、達成感を得られました。少しでもこれから始まる新入生の大学生活の役に立てば嬉しいです。
    s_today180413n6.png
     
     2日目は朝食後、履修計画の最終確認を行いました。新入生は様々な講義に興味を持ち始めたようで、積極的に質問をしてくれました。また、1日目よりも気軽に質問をしてくれる新入生が多く、心を開いてくれたことに喜びを感じることができました。
     履修計画最終確認後は、閉会式が行われ、研修は終了しました。今年度の一泊研修は、昨年度までに比べて新入生同士で過ごす時間が多く設けられていたため、今回の研修を通してより仲が深まったのではないでしょうか。短い時間ではありましたが、この研修が、新入生にとって有意義なものとなっていれば嬉しく思います。

    2018年
    04月02日

    ご入学、おめでとうございます

     本日、2018年度福岡女学院大学の入学式が執り行われました。新入生の皆さん、ご入学誠におめでとうございます。
     
    s_today180402.png
     
     心理学科は、「論理的・批判的に考える力」や「より良い人間関係を構築する力」を獲得し、「自己の成長を目指し、心理学の知識と技能を社会に活かす人材」の育成を目的としています。そのため、大学では「先生に」教えてもらう「勉強」ではなく、「自ら」が取り組む「学び」が重要になります。
     では、「自ら」とは何を表すのでしょうか?「自分独り」という意味でしょうか?
     福岡女学院大学では、学院聖句、つまり大学の理念として「ヨハネによる福音書」第15章第5節『わたしはぶどうの木』を掲げており、「つながり」を第一としています。大学の一員である心理学科の私たちもまた「つながり」を大切にしています。したがって、本学における「自ら」とは、決して「自分独りで」という意味ではありません。「自ら他とつながり、ともに」歩んでいくことを表しています。
     これからの4年間、福岡女学院大学で様々なつながりをもとに、皆さんが大きく成長されることを心から願っています。
     

    2018年
    03月15日

    卒業式が行われました

      今年も卒業生を送り出す日が来ました。卒業生達は、昨日の卒業礼拝に続き、今日の卒業式もガウンとキャップ姿です。
     
     写真は、昨日の卒業礼拝の様子です。
    s_today180315n1.png
    【卒業礼拝】
     『卒業研究発表会を終えると卒業生たちは大学に来ることが少なくなるため、礼拝では久しぶりに友人たちに会うことになり、近況報告の話で盛り上がっているようでした。その上、慣れないガウンとキャップを羽織るのですから、少し照れたり、似合っているのか気になったりと、とても賑やかに笑い声が飛び交っていました。一挙に春の訪れを思わせる控え室の様子でしたが、礼拝では、パイプオルガンの音色と同時に厳かな雰囲気に変わりました。
     
    さて、これは今日の卒業式での様子です。
    s_today180315n2.png
    【卒業式】
     
     キャップの房の位置が礼拝時から変わっているのにお気づきですか?実は房の位置は、その人の学位(大学や大学院を卒業した者に与えられる位)を表しています。昨日の礼拝ではまだ卒業していませんでしたから、学位がないことを示すため、房は左です。しかし卒業式で学位授与宣言を受けると、房を右へと変えます。この写真では、卒業生達の房は右となっていて、「学士」となった(つまり、無事卒業した)ことが判ります。
     
     大学全体で執り行われた卒業式が終わると、心理学科卒業生のみが一室に集まります。ゼミ担当の先生から、それぞれ卒業証書や資格証明書を貰いました。記念撮影を終える頃には旅立ちの実感が深まり、教員たちも一層の感慨を覚えます。
     s_today180315n3.png
    【心理学科で卒業証書等の授与】         【記念撮影】             
     
     福岡女学院大学では、卒業生達に「いってらっしゃい」と告げる伝統があります。心理学科での4年間の成長を糧に活躍できることを信じ、そして、いつまでも「つながり」が続くことを心に刻み、明日への一歩を踏み出してもらいたいと思っています。
     

    2018年
    02月13日

    2017年度 卒業研究合同発表会を行いました

     1月31日、本年も心理学科教員有志による卒業研究合同発表会が行われ、4年生たちが後輩や教職員に向けてそれぞれの卒業研究を発表しました。
     
     『心理学の卒業研究』と言ってもその内容は大学ごとに大きく異なりますが、本学では仮説検証型が大半です。仮説検証とは、(人の考え・行動・性格などについて)“~ではないか?”という仮説を立て、その仮説が正しいかを調べるためにデータを集め、真偽を検証するというものです。

    本年度発表された研究の一部をご紹介すると…

     ・女子大生の消費行動について学内企業と連携しながら調べた、
       『女子大学生が売店で購入する清涼飲料水について』

     ・SNSを行う人の心理について調べた、
       『自撮りの奥に隠れた私』

     ・養育者が行う絵本の読み聞かせの効果について調べた、
       『絵本の読み聞かせが親子関係に与える影響』

    など、いずれも興味深いものばかりでした。
    s_today180213n1.png

     ご来場いただいた方には、全ての研究の中から特に面白かったもの4編を投票して頂きました。その結果をもとに最優秀賞2編、優秀賞4編が選ばれ、表彰状と副賞が贈呈されました。本年度は、下記の研究が最優秀賞と優秀賞にそれぞれ選ばれました。おめでとうございます!!
    (担当:分部)

    【最優秀賞】
    ・相談への対応が気分に与える影響-友人からの対応・友人への対応-
    ・人は身体反応をもとにリスク回避を行うのか?意識下の作用の検討

    【優秀賞】
    ・自撮りの奥に隠れた私
    ・ハーディネスの育成と効果 -学生生活や職業キャリア・レディネス等に関し
     て-
    ・遅刻行動とパーソナリティ特性との関連について
    ・理想と現実の自己における差異についての「ポジティブなあきらめ」が自己受
     容に及ぼす影響
    s_today180213n2.png

    2018年
    01月01日

    あけましておめでとうございます。

     2018年の初春をいかがお過ごしでしょうか。
     福岡女学院大学心理学科は、今年、新たなカリキュラムをスタートさせます。昨年9月に施行された「公認心理師法」に基づき、国家資格獲得への道を整備すること、さらには、学生たちが心理学を通じてより成長できるための実践的教育を拡充することを目指しています。
     公認心理師や臨床心理士といったカウンセラーの仕事を目指す人のための「臨床心理コース」、マーケティングや商品開発、経営管理や企画を行うなど、企業で活躍する人のための「キャリア心理コース」、あらゆる行動の基礎となる人と関わる力を伸ばす「人間関係コース」、以上3つの学びと研究の流れを創ると同時に、2コース取得により更に飛躍する体制も考慮しました。また、選択必修科目群を加えることにより、基礎に裏打ちされた心理学の知見を用いて活躍する者の育成を目指しました。
     今年も、心理学を力としポジティブに社会貢献できる女性たちの教育に努めたいと思います。よろしくお願い申し上げます。
    (心理学科長:佐野)
    shinri20180101.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE