• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    02月20日

    分部ゼミ(『卒業研究』)~ヒトの記憶・思考・感情を実験から明らかにする~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第1回となる今回は、分部講師のゼミです。
     

     

     分部ゼミでは、学生たちが自分の興味関心にしたがって研究を行っています。学生自身の興味関心に従った研究ですので、「なぜ人は後悔をするのか」「なぜ『怖いもの見たさ』が生じるのか」などの感情に関する研究、「なぜ『在庫限り』などの“煽り”が効果的なのか」といった購買行動に関する研究、「不快な記憶を消すことはできるか」といった記憶に関する研究など、実に多様です。その分、学生たちには多くの学びがあるようです。今年度の4年生のM.H.さん(久留米信愛女学院高校出身)に、自身の研究を紹介してもらいました。
     

     食堂で、初めて見る定食があったとします。「美味しくないかも」と思いつつもその定食を注文しますか?それとも「いつもの」を注文しますか?このように「損するかも…」などのリスクに直面したとき、危険を冒す場合もあれば避ける場合もあります。では、どのようにして人は危険を避けているのでしょうか?
     これまでの研究から、人がリスクに直面すると、①まず「心拍数の増加」などの変化が身体に生じ、②次にその変化を生みだした原因(危険)を避ける行動が無意識のうちに生まれ、③最後に「こっちはやめておこう」といった意識が生まれるとされています。しかし、心拍数の増加などの身体変化が、本当に危険を避ける手掛りになっているのかは定かではありません。そこで私は、強制的に身体反応を引き起こすことでこの問題を検討しました。
    s_today180220.png
    実験室の様子
     
     実験は、パソコンを使って行いました。被験者は「50%で15点もらえるが、50%で15点失う」などの賭けに参加するか(つまり危険を冒すか)、それとも避けるかを決めるのですが、その直前に7ミリ秒というごく短時間だけ、怖い画像を出す場合を入れました。
     7ミリ秒という時間は本当に一瞬で、被験者は画像が出たことにも気づきません。しかし意識できなくとも体は反応し、心拍数や発汗量が増えることが知られています。そのため、もしこれらの身体反応が危険回避を促すのであれば、その直後に行う「危険を避けるか、危険を冒すか」という判断で危険を避ける確率が高まるはずです。
     実験の結果、怖い画像が出た場合は、確かに危険を避ける確率が高まりました。しかしそれは、「丁か半か」といったタイプの危険性だけであり、「80%で10点もらえるが、20%で40点失う」など、「確率は低いが当たったときは大きいタイプの危険性」には作用していませんでした。つまり、心拍数の増加などは危険性を避ける手掛りになっていますが、それは危険性のタイプごとに異なることが初めて明らかになりました。
     今回の研究では、以前から気になっていた「ヒトは無意識でどのような処理を行っており、それがどのように行動につながっているのか」というテーマについて、自分の手で調べることができました。自分が興味を持っているテーマについて実験を通じて検証できることはとても面白く、本当に充実した1年間となりました。

    2018年
    02月01日

    授業紹介:3年次 大里ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第9回となる今回は、大里准教授の3年次のゼミです。

     

     3年次のゼミでは、毎年、九州以外の複数の大学と、「合同ゼミ」を行っています。これは、組織論や経営学、心理学などに関して各大学の学生たちがグループで研究を行い、その成果を発表する、大学間対抗のゼミです。今年度は関西の大学で行われ、北海道、東京、関西から8つのグループが参加しました。
     合同ゼミでは、まず他大学の学生や教員に対して口頭で研究発表を行い、その後に質疑応答が行われます。私のゼミの学生たちは緊張しているようで、うまく発表が出来ないのではないかと心配もしましたが、ふたを開けてみると、他大学の多くの学生からの注目を集めている状況であったにも関わらず、臆することなく発表する姿を見せてくれました。また、他大学の学生からの質問にもスムーズにはっきりと答えているのを見て、学生たちの成長を実感しました。
     今回の合同ゼミでの姿を見て、今後の就職活動にもこの経験が活かされることと思います。また、学生たち自身にとっても、学部や学科の異なる学生たちから質問を受け、新たな視点に気づき、刺激を受ける良い機会になったと思います。今後さらに成長していってくれるのではないかと期待が持てました。
    (担当:大里)
     s_today180201n1.png
     

    2018年
    01月22日

    授業紹介:3年次 奇ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第8回となる今回は、奇教授の3年次のゼミです。
     

     

    ゼミ(専門演習)では、次の3点を課題に設定し、取り組んでいます。
     
    ①2年間学んだ心理学の理論と用語を整理し、他者に説明できるようにする。
     「わかる」とは、それを人に説明できることを意味します。自分がわからないものは勉強したつもりでも、人に説明することができません。また、2年間勉強したことに自信を持つためにも、インプット(注入)したものをアウトプット(言語化、説明)できることが大事だと考えています。そこで、2年間学んだ理論や用語を分担して整理し、教える側になったつもりで説明(発表)する段階を踏みます。
    s_today180122n1.png

    ②文章を読み解く力をつける。
     本や論文など、あらゆる文章は、趣旨、テーマ、キーワード、文脈を捉えることが必須であり、文章の構造を理解することが大事だと考えています。そこで、心理学の論文を題材に、キーワード調べから始まり、要約の訓練を行います。文章を読み解く力と自分で考える力は連動していますので、卒業研究の作成のための情報収集力・情報整理力・思考力の基盤にもなります。
     
    ③自分の関心を定め、関連論文を収集、要約して卒業研究の種を作る。
     各自の日常の関心事や、授業等で関心をもつようになったことなどを設定し、その周辺の関連論文を収集して、先行研究の要約と発表を行います。次に、関心事の周辺の材料から自分の関心テーマに合わせた論を立てる訓練を行います。それが自分の卒業研究の土台になります。
     
    そのほか、私の専門であるリラクセイション療法を体験したり、韓国の文化について話したりするなど、リラックスする時間を設けています。専門演習を通して、自分の考えや言葉に自信をもつこと、自分のあり方がよりナチュラルになることを期待しながら、学生たちと関わっています。
    s_today180122n2.png
     

    2018年
    01月17日

    授業紹介:3年次 佐野ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第7回となる今回は、佐野教授の3年次のゼミです。
     

     

     3年生の佐野ゼミでは、「判ったつもり」で「指示された」手順を追うのではなく、「実際に深く理解」し「自力で考え」研究を行うことのできる力を獲得することを目標とします。この力は、心理学のみではなく、社会で活躍するためにも必要なものです。「自転車に乗る」ことを考えてみてください。サドルにまたがり、バランスをとって、ペダルを踏めば自転車は進むはずです。ところが、この知識のみで「判ったつもり」になっても、実際には自転車に乗ることはできません。自転車に乗ろうとする試行錯誤を繰り返すことが必須です。3年次ゼミ生達は、私から試行錯誤せざるを得ない課題を提供され、時に応じてサポートを受けながら成長し続けます。
     また、3年の佐野ゼミでは、多くの作業をグループで行います。与えられた明確な課題を達成するには「協同」が必要です。この経験は、人と働くことの素晴らしさと難しさを知るための学びに通じると同時に、自分の特性を発見する収穫にもつながります。
     

    □■□佐野ゼミの1年間□■□

    4月~5月
     ゼミ開始と同時に、私が独自に作った200ページ近い「佐野ゼミ テキスト」が配付されます。研究に必要な2年生までに学んだことの復習と、今後2年間のゼミ活動で獲得すべき知識がしっかりと書かれたものです。
    s_today180120n1.png
    【テキストを持って】
     
     まずは、心理学の論文を読む力を伸ばすことから始まります。研究に必要な基礎知識を復習しながら、段階を追って論文に取り組みます。
    s_today180120n4.png
    【指定された学術冊子を図書館で見つけて】

    6月~7月
     グループに分かれ、研究を開始します。まずは、研究テーマと仮説の設定です。研究してみたいと漠然と思っていたものを、どう具体化し、整理するか、学生達は試行錯誤を続けます。
    s_today180117n2.png
    【テーマを決める作業中】
    8月~9月
     研究に必要なデータの集め方を決めます。例年、質問紙法を選ぶグループが殆どです。自分たちの狙いにピッタリの尺度を過去の研究から探す場合も、独自の尺度を作る場合も、相当難しく時間のかかる作業です。そのため夏休み中には、10時~17時まで集中して勉強する特別集中指導日を複数日設定します。
    s_today180120n3.png
    【研究室で指導を受けて(2名は別室で作業中)】
    10月~11月
     授業、グループでの活動、ともにPCルームに移行します。まずは、集めたデータを入力ミスが無いように皆で慎重に入力したうえで、SPSSという統計ソフトを使って分析を行います。佐野ゼミではプログラムを書く方法を採用しており、分析方法やソフトをしっかりと理解する必要があります。学生達は互いに「励ましあい」ながら、パソコンに向かう時間を過ごすことになります。
    s_today180117n3.png
    【PCルームで勉強中】

    12月~01月
     最終段階を迎え、論文執筆に向かいます。心理学の論文は大きく4部構成になりますが、2つ(方法、結果)をグループで、残り(問題、考察)は個人で書きます。論文の執筆は初めての体験ですから、少し書いて指導を受け、その指導を参考に書き直し、次の部分も書き進めて、再び指導を受けることになります。
     またこの時期は、4年生の佐野ゼミ生達が「卒業研究」完成に向かって追い込みを行っています。冬期休暇中も自主的に大学のノートPCを借り、教室でゼミを開いています。3年生は自由参加ですが、多数参加しています。
    s_today180120n2.png
    【激励とお年玉のピザを先輩達と一緒に】

    02月~03月
     春休み、ゼミ生達はプライベートを多いに愉しむと同時に、次年度の卒業研究に向けて、研究テーマを考えます。大学での指導は原則としてありませんが、大学院進学を考えているゼミ生は、個人的に相談や指導を受けにやって来ます。
     
     以上が、3年佐野ゼミの1年間です。4年ゼミ生に佐野ゼミの感想を聞いたところ、「考える力がついたことです。難しい問題はさっさと答えを見て学ぶという生き方をしてきた私にとっては、とても辛い事でもありました。」とある学生が回答しました。おそらく、現在の3年ゼミ生の多くが、今も、そして、これから半年間も「辛い」時期を過ごすのではないでしょうか。
     4年生の他の回答には、「論文を読む力がついた」「日頃の小さな疑問に目を向け、考えられるようになった」「心理学が楽しいと思えるようになった」「自分を客観的に見て、今の課題に気づくことができるようになった」等がみられます。また、「学生のレベルに合わせ、分かるように指導してくださいます」という回答もありました。3年生では、「この課題はできるはずだ。」と自分を信じて、少々難しいと思っても挑戦し続けて欲しいものです。ゼミでの成長を愉しみに指導を続けています。
    (担当:佐野)

    2018年
    01月10日

    授業紹介:3年次 重橋ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第6回となる今回は、重橋教授の3年次のゼミです。

     

     
    専門演習(重橋ゼミ)での取り組みを3つ紹介します。

    ゼミの発表から学ぶ
     3年ゼミでは発表を通して、「情報を収集する力・分析する力・発信する力・批判する力」を身につけます。前期は専門書や論文の発表、後期はグループ研究の実施と発表を通して、少人数教育ならではの安心できる空間の中で仲間と協力しながら、これらの課題に取り組みます(写真下)。グループ研究では、今年度は「幸福感」を共通テーマに「笑いの表出と幸福感」「偽りの自分と幸福感」の関連について現在研究中です。
    s_today180110n1.png

    先輩・後輩との交流から学ぶ
     ゼミでは、ゼミの先輩‐後輩とのつながりを大事にしています。交流から学ぶこともたくさんあります。例えば、プレゼンテーションの力を発揮できるように、前期は先輩、後期は後輩のゼミ生に向けて発表を行います(写真下)。また、大学院進学や就職活動といった今後のキャリアに関する悩みは、先輩との懇談会で積極的にたずねます。
    s_today180110n2.png
     先輩‐後輩との交流を楽しむ時間も必要です。今年は大学院生も一緒に、“秋のサンマ大会”を企画しました(写真下)。七輪で焼いたサンマとキノコ汁、新米のご飯を頂きました!
    s_today180110n3.png
     

    ゼミ外の活動から学ぶ
     私の専門「臨床心理学」に興味を持つ学生が多いため、臨床心理学について学ぶ研究会に参加する機会や(写真左:耳が聴こえない人への支援について学ぶ研究会に参加)、臨床支援に関わるボランティアへの参加の機会(写真右)を紹介し、ゼミ外の活動から学ぶ機会も大事にしています。
    s_today180110n4.png
     1年間で学生は持っていた力を発揮するようになり、4年ゼミでの卒業研究に臨みます。
    (担当:重橋)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE