• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    05月12日

    授業紹介『基礎演習』

     『基礎演習』では、1年生全員が10名程度の少人数のクラスに分かれ、レポートの書き方を学んだり数理問題を解いたりし、大学生活を送る上で必要な基礎を身につけます。
     5月2日の基礎演習では、「ペーパータワー」を行いました。これは、「紙だけを使って、制限時間内でどれだけ高い塔を建てられるか」を競う課題です。周りと協力する力を育てる課題やチームを作る課題の代表例ですが、心理学科では「戦略を立てる力」「戦略を修正する力」「他の人の意見を聴く力」「コンセンサスを得る力」を育成すべく、さらに改良を施しています。
     
     最初に、全てのクラスがそれぞれ5名程度の小グループに分かれ、「紙だけで素早く塔を建てるにはどうすればいいか」について作戦会議を行いました。続いて、その結果をもとに制限時間30秒で実際に塔を作成し、グループごとにその高さを競いました。うまくいった作戦・戦略もあれば、そうでないものもあります。そこで今度はクラスごとに集まり、「自分たちのグループではどんな戦略を立てたのか」「その戦略ではうまくいったのか」「どこを改善すべきか」などについて、クラス全員で情報共有を行いました。最後に塔の高さを競う「本番」があるのですが、本番で塔を建てる人はクラスの中から無作為に選ばれます。そのため、誰が指名されてもいいように、改善策の情報共有は徹底する必要があります。
     
    s_today180512.png
    優勝はAクラス、準優勝はDクラスという結果になりました
     

     このように心理学科では、学生が大学や社会で必要な基礎力を楽しみながら身につけられるよう、心理学を活かしながら様々な授業を展開しています。
    (担当:分部)

    2018年
    05月02日

    授業紹介『心理学プロジェクト演習』

     この授業は、「できるだけ早い時期から、大学で学ぶ心理学の知識を活用して実社会の課題に取り組む」ことを目指し、本学キャリア開発教育センターならびにご賛同頂いた三井住友銀行様と連携して行われるものです。つい先日まで高校生であった1年生たちが互いに協力しながら、「現在の金融サービスのどこをどう改善すれば、人々の生活の質がより向上するか?」などについて、心理学の見地から分析し、改善策を考え、提案します。これにより、心理学や実社会を一層深く学ぶとともに、課題を発見・分析・解決する力、自分の考えをまとめ、発表する力、グループメンバーと協同する力、そして就業意識を培うことを目的としています。
     第2回の授業では銀行業について学ぶために、株式会社三井住友銀行法人戦略部、同福岡法人営業部の方々にお越し頂き、業務内容や社会的役割について詳しく講義して頂きました。貴重な機会を提供して頂いた三井住友銀行様に、深く御礼申し上げます。
     今年度プロジェクトに参加する1年生(S.T.さん: 筑紫女学園高校出身)に、意気込みを寄せて頂きました。
    (担当:分部)
     
    s_today180502n1.png

     私は福岡女学院大学に入学し、三井住友銀行との連携プロジェクトがあることに興味を持ちました。私の中で銀行の仕事は数字の並んだ硬いものというイメージがありましたが、心理学を活かすことで人間味のある柔らかいサービスが生み出せるように感じたためです。特に近年は、「(そのサービスなどについて)人はどう思っているのか?どうすれば知って/使ってもらえるのか?」など、目には見えない人間の心理が重要性を増していると感じています。このプロジェクトで心理学を活かした分析・提案を行い、少しでも社会や企業に貢献するとともに、私自身も社会や銀行について知識をつけ、成長したいと考えています。

    2018年
    04月04日

    米川ゼミ(『卒業研究』)~興味・関心のある事象を探究する~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第7回となる今回は、米川教授のゼミです。
     

     

     『卒業研究』では、3年次の『専門演習』を土台として、大学における4年間の専門学習の総まとめを行います。1年間を掛けて、人間の心理をテーマとした研究論文の作成を目指します。各自がテーマを決め、自分で考え、自分の力でやり遂げる体験を実践していきます。また、論文完成までの作業を通して、計画の立案・遂行能力を育成すると同時に、それまで修得した専門知識の体系化と社会性の育成を図っていきます。具体的には、テーマの設定と問題の発見、論文骨子の立案、計画(調査、実験、文献・論文講読など)の遂行、結果の整理(統計解析)、考察などを段階的に行って最終的に論文として全体をまとめます。
     学生を指導する上で特に意識していることは、それまでの常識にとらわれない自由な発想を大切にすること、学生と一緒に悩んだり迷ったりすること、安易に答えを与えないこと、他者の言うことにすぐに納得しないことなどです。これらの関わり方が、学生が自分で考えて道を切り開いていく姿勢を身に付ける上で大切であると考えています。同時に、実際に研究を進める中で修得されるものとしては、文献・資料の検索技術、仕事を進める手順の把握、対人交渉における常識や配慮点などのソーシャルスキル、時間管理の大切さ、自己の能力に対する把握など、卒業して社会に出た後で必要とされるスキルや能力が磨かれると考えています。
    s_today180404n1.png
     
     卒業論文を作成し終えたばかりの4年生に、2年間を振り返ってもらいました。
     
     私の場合、研究テーマもなかなか見つけられない状態でしたが、先生やゼミのメンバーと意見を交わす中で研究を進めることができ、とても助けられました。特に米川先生には、遅くまで指導して頂くこともしばしばありました。無事に研究を仕上げることができましたが、自分の研究を理解すればするほど「もっとこうしたかった!」という欲が出てきて、自分のテーマをきちんと理解し、納得いく卒論を作ることの大切さを学びました。私自身、必ずしも積極的に質問するタイプではないですが、研究を形にすることができ、就職先で活かせる内容にすることができました。(Iさん)
     
     私は、フィクション作品で描かれている解離性同一性障害を患っている登場人物が実際の症例や類型に基づいて表現されているかについて調べました。解離性同一性障害について書かれている書籍や論文を調べたり、解離性同一性障害を患っている人物が登場するフィクション作品を探したりすることは、とても大変でした。しかし、「解離性同一性障害」という自分が最も興味を持っているテーマについてじっくりと調べる事が出来たのは、テーマに制限のない米川ゼミだからこそ、だったと思います。苦労もしましたが、今まで知らなかった事を知ることができ、より「解離性同一性障害」に興味を持つ事が出来ました。(Yさん)
     
     私は、駅の『ユニバーサルデザイン』についての論文を執筆しました。米川ゼミでは特定の専門分野の制限がなく、心理学に関係する事柄であれば何でもテーマにできたため、自分の関心があるものについて研究できました。卒業論文では実地調査が必要になりましたが、参考になりそうな場所の提案だけでなく、ユニバーサルデザインが採用されている場所のツアーも実施していただきました。このツアーで自分が気付いていなかったところや、目を向けていなかったところにも心理学の考えが適用されていることがわかりました。卒業研究を通して心理学の汎用性の高さを実感しました。(Fさん)
    s_today180404n2.png

    2018年
    03月26日

    奇ゼミ(『卒業研究』)~自分の心の体験を客観的に論理的に分析・説明する

      心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第6回となる今回は、奇教授のゼミです。

     

     奇ゼミでは、自分の生活体験や対人関係、自分に対する理解などを心理学的視点に結び付けて再考するなど、学科で3年間学んだ心理学の知識と自身の体験を関連付け、自分に密着したテーマを考えることから始めます。そして、それを他の人にも説明できるように論理的に考え、言語化することを基本課題として、卒業研究を作成していきます。そのような作業を通して自分の体験や考えを客観的に見直し、理解することにより、卒業後も自分の生活の中で体験する様々なものを上手に理解し、マネジメントする力が養われることを目標としています。
     以下に、過去数年間の卒業研究の取り組みについて紹介します。
    ・主体性と恋愛経験の捉え方の関連について
     自分の恋愛経験から得られたものを振り返り、恋愛経験を積極的・肯定的な視点で捉えることができるのは、良い恋愛経験を得たからではなく、その人がもつ主体性と関連していると考えた研究です。
     
    ・被服行動にみる同調の心理について
     ファッションに関心のある大学生の立場から、洋服の趣味や選び方には対人関係が影響しているのではないかという仮説から、調査を行った研究です。
     
    ・長子・次子の性格特徴について
     長女であることから「妹とはずいぶん扱いが違う」と普段思っていたことから、出生順が性格形成に影響するのではないかと考え、調査を行った研究です。
     
    ・青年期の母娘関係において密着が自立に及ぼす影響について
     自立を考える大学生になってから、母との関係に大きく影響されている自分に気づき、「母娘関係を理解し、自立に向かって頑張りたい」という思いから調査を行った研究です。
    s_today180326n1.pngs_today180326n2.png

    2018年
    03月19日

    重橋ゼミ(『卒業研究』)~ゼミ活動を通じて得られる成長とつながり~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第5回となる今回は、重橋教授のゼミです。
     

     

     3月に卒業する重橋ゼミの学生達の言葉を紹介します。ゼミ生13名がゼミでの2年間を振り返りました。テーマは『卒業研究』『キャリア形成に向けた活動』『ゼミでの交流』の3つです。
     
    卒業研究
     重橋ゼミでは、各自の関心に基づき心理学に関する卒業研究を作成します。今年も互いに助け合いながら、最後まで熱心に研究に取り組む姿がみられました。その結果、心理学科の全ての研究の中から投票によって選ばれる最優秀賞をFさんが受賞!ゼミの仲間全員で喜びを共有しました。
     最優秀賞『相談への対応が気分に与える影響-友人からの対応・友人への対応-』
     女子大生の清涼飲料水の消費行動について学内企業と連携しながら調べたKさん、福岡女学院の緑溢れるキャンパスの森林効果を唾液アミラーゼの変化を用いて実証的に検証したKさん、30名以上の劇団員にインタビュー調査を実施し役者の熟達に伴う演劇活動の効果を調査したHさんなど、独自の視点で取り組んだ研究が目立ちました。
     
    <学生の言葉>
    〇納得がいくまでこだわって、結果が残せてよかったです(Fさん)
    〇森林の良さを知ると同時に、女学院キャンパスの魅力も知ることができました(Kさん)
    〇ゼミの先生と仲間に恵まれ、最後まで楽しい大学生活を送れたことに感謝しています。大学生活で最も力をかけた大好きな演劇活動をテーマに卒業研究を完成させ、嬉しかったです(Hさん)
    〇学内企業に協力していただき、納得できる卒業研究を完成させることができました。社会人になってもこの経験を活かします(Kさん)
    <Kさんの研究に対する学内企業担当からのコメント>
    非常に関心が持てる内容でした。消費者ニーズを掴みにくい製品だと思っていたのは経済的な視点でしかなく、他の切り口から、新たな戦略を生み出しうる可能性を秘めていることを研究から得ることができました。女子大学生の「こだわり」を販売者側が察知し、価格以上の付加価値をもたらすプレミアム感を提供していく必要があると考えます。調査項目作成から、しっかりと考察されていたため、このような研究結果が得られたのだと思います。研究成果の報告を受け、大変感動致しました。
     s_today180319n1.png
    卒業研究(中間発表会)          緑あふれるキャンパス
    s_today180319n2.png
    舞台での活躍            学内企業との打ち合わせ風景
     
    キャリア形成に向けた活動
     キャリア開発センターのPBL(Project-Based Learning)や学外の地域活性化プロジェクトに参加するなど、主体的に活動したIさん、短期留学体験に参加したHさんや法務省のインターンシップに参加したUさんは体験から視野を広げ、Oさんは非常に積極的に就職活動を展開、皆、希望の就職先に内定を得ることが出来ました。また、臨床心理士をめざして大学院進学の勉強を続けたTさんとMさんの二人は4月から大学院生!合格後も子育て支援事業に参加するなど臨床経験の幅を広げました。
     
    <学生の言葉>
    〇キャリア開発センター主催のPBLは、自分の殻を破り成長につながりました(Iさん)
    〇短期留学をして、知らない環境をもっと知りたいと向上心を持てる体験ができました(Hさん)
    〇法務省のインターンシップでは、矯正教育の現場に触れました(Uさん)
    〇就職活動は、今までの自分を振り返り、将来やりたいこと、なりたい自分について考えるきっかけになりました(Oさん)
    〇大学院進学試験での先生方の言葉は、自分へのアドバイスだったと気づきました(Mさん)
    〇合格後の大学院入学前教育(子育て支援現場への参加)は、座学では得られない経験となり、私の視野を広げました。4月から念願の大学院生です(Tさん)。
     
     s_today180319n3.png
         短期留学仲間達        遊戯療法を行うプレイルーム(大学院)
     
                  
    ゼミ生との交流
     先輩・後輩との勉強会やそうめん大会、秋のサンマ大会など楽しい思い出もいろいろありました(Nさん、Kさん)。新入生を支えるメンター活動、学生同士の就職支援など、ピアサポート活動を積極的に展開したSさん。学生同士で支えあい、学ぶ中で自己成長する様子が見られました。
     
    <学生の言葉>
    〇学生生活では学科や学年をこえて様々な人と出会うことができました(Sさん)
     s_today180319n4.png
    そうめん大会:先輩後輩みんなで流しそうめんを食べて和気あいあい(Kさん)
     
     s_today180319n5.png
    秋のサンマ大会:秋晴れの 笑顔溢れる 語り合い(Nさん)
     
     
     みなさんの今後の活躍を楽しみにしています!
    s_today180319n6.png
     
     
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE