• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    10月09日

    インターンシップに参加しました ~プロジェクト型インターンシップ~

     心理学科では「キャリア意識の育成」の観点から、インターンシップへの参加を推奨しています。そこで、先の夏休み期間を利用してインターンシップに参加した学生に感想を寄せてもらいました。
     今回は、中小企業に取材を行い、その企業の魅力や企業で働く人たちのドラマを伝えるインターンシップに参加したS.N.さんです。S.N.さん、ありがとうございました!
    (担当:分部)

     

     今夏、私は「企業を訪問して取材を行い、その記事を書く」というプロジェクト型のインターンシップに参加しました。これは、通常の就業体験型のインターンシップとは異なり、学生が企業に取材を行い、その企業の魅力や企業で働く人たちのドラマを学生たちに伝えるというものです。
     インターンシップでは、大学で学んできた “戦略” という考えを最も意識しました。取材先との事前打ち合わせや自分で収集した情報から、最初に「先方の企業の成長を支えている要因は社内の人間関係の良さにあるのではないか?」と仮説を立て、次に「どんな質問を行えば企業の魅力の秘密に迫ることができるのか?」「自分の質問でどんな答えが返ってくるか?その答えは自分が知りたいと思っていることか?」を徹底的に考えることで、限られた時間で本質に迫れるように準備を行いました。
     これらの事前準備の甲斐もあって、取材ではほぼ全ての質問に対して私が明らかにしたかった話を伺うことができ、会社の成長と社内の人間関係とのつながりに着目した記事を書くことができました。同時に、記事を書く段階になって、自分の質問内容には偏りが多く、一方向からしか物事を見ることができていないことに気づくなど、反省点もありました。
     今回のインターンシップでは、参加する前は想像もできなかったような達成感を得ただけではなく、自分の成長すべきポイントを発見するなど、自分を成長させるための良い機会とすることができたと感じています。
     
    s_today181009.png

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求