• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 脳科学から見た子どもの発達
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    02月20日

    分部ゼミ(『卒業研究』)~ヒトの記憶・思考・感情を実験から明らかにする~

     心理学科には必修科目として『卒業研究』という授業があります。この授業は4年次のゼミであり、学生たちはそこで各々の卒業研究に励むことになります。3年次のゼミと同じく、4年次のゼミもまた教員の個性が強く反映された場所であり、心理学科の特長が端的に表れた授業と言えます。そこで『心理学科Today』では、心理学科の学生や教員たちが4年次のゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。
     第1回となる今回は、分部講師のゼミです。
     

     

     分部ゼミでは、学生たちが自分の興味・関心にしたがって研究を行っています。学生自身の興味関心に従った研究ですので、「なぜ人は後悔をするのか」「なぜ『怖いもの見たさ』が生じるのか」などの感情に関する研究、「どのような広告を打てばパブリックマナーを向上させられるか」「なぜ『在庫限り』などの“煽り”が効果的なのか」といった消費者心理に関する研究、「不快な記憶を消すことはできるか」といった記憶に関する研究など、実に多様です。その分、学生たちには多くの学びがあるようです。今年度の4年生のM.H.さん(久留米信愛女学院高校出身)に、自身の研究を紹介してもらいました。
     

     食堂で、初めて見る定食があったとします。「美味しくないかも…」と思いつつもその定食を注文しますか?それとも「いつもの」を注文しますか?このように「損するかもしれない」というリスクに直面したとき、危険を冒す場合もあれば避ける場合もあります。では、どのようにして人は危険を避けているのでしょうか?
     これまでの研究から、人がリスクに直面すると、①まず「心拍数の増加」などの変化が身体に生じ、②次にその変化を生みだした原因(危険)を避ける行動が無意識のうちに生まれ、③最後に「こっちはやめておこう」といった意識が生まれるとされています。しかし、心拍数の増加などの身体変化が、本当に危険を避ける手掛りになっているのかは定かではありません。そこで私は、強制的に身体反応を引き起こすことでこの問題を検討しました。
    s_today180220.png
    実験室の様子
     
     実験は、パソコンを使って行いました。被験者は「50%で15点もらえるが、50%で15点失う」などの賭けに参加するか(つまり危険を冒すか)、それとも避けるかを決めるのですが、その直前に7ミリ秒というごく短時間だけ、怖い画像を出す場合を入れました。
     7ミリ秒という時間は本当に一瞬で、被験者は画像が出たことにも気づきません。しかし意識できなくとも体は反応し、心拍数や発汗量が増えることが知られています。そのため、もしこれらの身体反応が危険回避を促すのであれば、その直後に行う「危険を避けるか、危険を冒すか」という判断で危険を避ける確率が高まるはずです。
     実験の結果、怖い画像が出た場合は、確かに危険を避ける確率が高まりました。しかしそれは、「丁か半か」といったタイプの危険性だけであり、「80%で10点もらえるが、20%で40点失う」など、「確率は低いが当たったときは大きいタイプの危険性」には作用していませんでした。つまり、心拍数の増加などは危険性を避ける手掛りになっていますが、それは危険性のタイプごとに異なることが初めて明らかになりました。
     今回の研究では、以前から気になっていた「ヒトは無意識でどのような処理を行っており、それがどのように行動につながっているのか」というテーマについて、自分の手で調べることができました。自分が興味を持っているテーマについて実験を通じて検証できることはとても面白く、本当に充実した1年間となりました。

    カテゴリー

    バックナンバー

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE