• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2017年
    11月10日

    授業紹介『心理療法実習』

     福岡女学院大学心理学科では、学生の可能性を開花させるための講義や演習が数多く準備されています。では、そこではどのような授業が行われ、学生たちは何を学んでいるのでしょうか?このような疑問にお答えするため、本ブログ『心理学科Today』では担当教員による授業紹介を行っています。
     今回紹介する授業は、心理学科3年生に向けて開講されている『心理療法実習』。心の問題を解決するために実際の臨床場面で用いられる心理療法を体験的に学ぶ授業となっています。

     

     心の問題を解決する心理療法には様々なものがありますが、この授業では、理論と技法に裏打ちされた代表的なものとして、「心理劇」「傾聴技法」「認知行動療法」「主動型リラクセイション療法」「表現療法」「イメージ療法」について、それぞれの専門教員が教えています。このように多彩な内容の心理療法を学べる授業は本学心理学科ならではのものです。
     私は主動型リラクセイション療法(サート;Self-Active Relaxation Therapy)を担当しています。サートとは、「主動」、すなわち自分が動く/動かすことで、バランスの良いリラクセイションの状態、動きを作る方法です。他人に助けてもらうのではなく、自分の力で自分のできる限りのところで動かしていくため、安全な方法であり、ある程度学習することで自分を日常的にケアする方法としても適しています。
     授業では理論を紹介するだけでなく、学生たちが実際に援助者と被援助者になって、自分自身が身体を動かしてサートを身に付けるとともに、援助者にもなって相手を手伝う要領も身に付けます。学生たちは、授業で学んだ内容を家に帰って家族に試してみたり、友人に試してみたりしているようです。コメントシートなどでは、「喜んでもらえた」「新しい発見があった」など、成果が報告されています。
    (担当:奇)
    s_today171110.png

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE