• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人間関係学部
    4. 心理学科
    5. 心理学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人間関係学部 心理学科

    人間関係学部 心理学科Today 一覧

    2018年
    02月16日

    福岡女学院大学心理学科とは?

     福岡女学院大学の心理学科は、こころの問題を抱える人を理解し、支えるための「臨床心理学」、自分の将来像を考え、組織で働くことについて学ぶための「キャリア心理学」をより深く学ぶことができる点に、その特長があります。
     また、講義や演習から心理学の専門知識を学ぶだけではなく、その知識を学生自らが活用し、深化させるための高度な学外活動も準備されています。少人数教育だからこそできる、学生主体の学びです。
     本記事では、数ある「心理学科Today」の中から心理学科の特長が表れている記事を少しだけご紹介します。「福岡女学院大学の心理学科ってどんなところなの?」そんな皆さんの疑問にきっとお答えできるはずです。
    ぜひご一読ください。
     
    様々な心理学を学ぶ
    授業紹介『人間関係心理学』
    授業紹介『心理学フィールドワーク(教育)A』

     
    心理学の研究を行う
    授業紹介:3年次 佐野ゼミ(『専門演習』)
    心理学科の学部3年生が『九州心理学会』で研究発表を行いました
     
     s_today180216n4.png
     
    心理学を実社会に活かす
    三井住友銀行×心理学科連携事業:心理学をもとに新たな金融サービスを提案する
    臨床心理学を震災支援に活かす

     
    キャリアを形成する
    大学院生による「臨床心理学専攻 進学ガイダンス」を行いました!
    インターンシップ参加報告 ~ 法務省インターンシップ Y.U.さん~
     
    s_today180216n3.png

    2018年
    02月13日

    2017年度 卒業研究合同発表会を行いました

     1月31日、本年も心理学科教員有志による卒業研究合同発表会が行われ、4年生たちが後輩や教職員に向けてそれぞれの卒業研究を発表しました。
     
     『心理学の卒業研究』と言ってもその内容は大学ごとに大きく異なりますが、本学では仮説検証型が大半です。仮説検証とは、(人の考え・行動・性格などについて)“~ではないか?”という仮説を立て、その仮説が正しいかを調べるためにデータを集め、検証するというものです。

    本年度発表された研究の一部をご紹介すると…

     ・女子大生の消費行動について学内企業と連携しながら調べた、
       『女子大学生が売店で購入する清涼飲料水について』

     ・SNSを行う人の心理について調べた、
       『自撮りの奥に隠れた私』

     ・養育者が行う絵本の読み聞かせの効果について調べた、
       『絵本の読み聞かせが親子関係に与える影響』

    など、いずれも興味深いものばかりでした。
    s_today180213n1.png
     ご来場いただいた方には、全ての研究の中から特に面白かったもの4編を投票して頂きました。その結果をもとに最優秀賞2編、優秀賞4編が選ばれ、表彰状と副賞が贈呈されました。
    本年度は、下記の研究が最優秀賞と優秀賞にそれぞれ選ばれました。おめでとうございます!!

    【最優秀賞】
    ・相談への対応が気分に与える影響-友人からの対応・友人への対応-
    ・人は身体反応をもとにリスク回避を行うのか?意識下の作用の検討

    【優秀賞】
    ・自撮りの奥に隠れた私
    ・ハーディネスの育成と効果 -学生生活や職業キャリア・レディネス等に関し
     て-
    ・遅刻行動とパーソナリティ特性との関連について
    ・理想と現実の自己における差異についての「ポジティブなあきらめ」が自己受
     容に及ぼす影響
    s_today180213n2.png

    2018年
    02月07日

    三井住友銀行×心理学科連携事業:心理学をもとに新たな金融サービスを提案する

     2017年度、心理学科とキャリア開発教育センターでは、株式会社三井住友銀行様との連携事業として、「心理学を活かした金融サービス向上プロジェクト」を進めてきました。
     
     このプロジェクトは、心理学科の学生たちが、実社会の課題に心理学的観点から解決策を考え、提案するというものです。参加学生は、つい先日まで高校生であった1年生を中心とした2つのグループで、三井住友銀行の口座管理アプリの課題とその解決策を4月から考え続けてきました。その最終報告会が、去る12月15日に三井住友銀行福岡支店にて行われました。
     
     当日は、三井住友銀行の九州法人ソリューションセンター長、福岡法人営業部部長、また東京会場から法人戦略部部長、ITイノベーション推進部上席推進役といった錚々たる方々にご参加頂きました。学生たちは緊張しながらも、「口座管理アプリを『利益が増えるように行動するタイプ』『損失が減るように行動するタイプ』という個人差を基準にカスタマイズ可能にすることで、顧客側は自分に合う資産形成戦略をとれるようになり、銀行側も効果的なマーケティング戦略をとれるようになる」などの提案を行いました。三井住友銀行の皆様からは、着想の有用性や実ビジネス特有の留意点などの観点から講評を頂きました。
     
     今回のプロジェクトを通じて学生たちは、心理学の知見や金融業をより深く学ぶことができただけではなく、企業の抱える課題を発見・分析・解決する力、自身の考えを発表する力、グループメンバーと協同する力、そして就業意識などを培うことができました。貴重な機会を提供して頂いた株式会社三井住友銀行の皆様に、改めて深く御礼申し上げます。
     
     2018年度から本プロジェクトは、正課の『心理学プロジェクト演習』として再スタートしますが、学生の更なる成長のために教職員一同、今まで以上に励んで参ります。
    s_today180207.png

    2018年
    02月01日

    授業紹介:3年次 大里ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第9回となる今回は、大里准教授の3年次のゼミです。

     

     3年次のゼミでは、毎年、九州以外の複数の大学と、「合同ゼミ」を行っています。これは、組織論や経営学、心理学などに関して各大学の学生たちがグループで研究を行い、その成果を発表する、大学間対抗のゼミです。今年度は関西の大学で行われ、北海道、東京、関西から8つのグループが参加しました。
     合同ゼミでは、まず他大学の学生や教員に対して口頭で研究発表を行い、その後に質疑応答が行われます。私のゼミの学生たちは緊張しているようで、うまく発表が出来ないのではないかと心配もしましたが、ふたを開けてみると、他大学の多くの学生からの注目を集めている状況であったにも関わらず、臆することなく発表する姿を見せてくれました。また、他大学の学生からの質問にもスムーズにはっきりと答えているのを見て、学生たちの成長を実感しました。
     今回の合同ゼミでの姿を見て、今後の就職活動にもこの経験が活かされることと思います。また、学生たち自身にとっても、学部や学科の異なる学生たちから質問を受け、新たな視点に気づき、刺激を受ける良い機会になったと思います。今後さらに成長していってくれるのではないかと期待が持てました。
    (担当:大里)
     s_today180201n1.png
     

    2018年
    01月22日

    授業紹介:3年次 奇ゼミ(『専門演習』)

     3年次になると学生たちは“ゼミ”に所属し、指導教員のもと、ゼミの仲間たちと研究や学外活動に励むことになります。ゼミは大学の中で最も教員の個性が反映された場所と言えますが、そこでの取り組みはなかなか見えにくいものです。そこで『心理学科Today』では、心理学科の教員たちがゼミでどのような活動を行っているのかを紹介していきます。第8回となる今回は、奇教授の3年次のゼミです。
     

     

    ゼミ(専門演習)では、次の3点を課題に設定し、取り組んでいます。
     
    ①2年間学んだ心理学の理論と用語を整理し、他者に説明できるようにする。
     「わかる」とは、それを人に説明できることを意味します。自分がわからないものは勉強したつもりでも、人に説明することができません。また、2年間勉強したことに自信を持つためにも、インプット(注入)したものをアウトプット(言語化、説明)できることが大事だと考えています。そこで、2年間学んだ理論や用語を分担して整理し、教える側になったつもりで説明(発表)する段階を踏みます。
    s_today180122n1.png

    ②文章を読み解く力をつける。
     本や論文など、あらゆる文章は、趣旨、テーマ、キーワード、文脈を捉えることが必須であり、文章の構造を理解することが大事だと考えています。そこで、心理学の論文を題材に、キーワード調べから始まり、要約の訓練を行います。文章を読み解く力と自分で考える力は連動していますので、卒業研究の作成のための情報収集力・情報整理力・思考力の基盤にもなります。
     
    ③自分の関心を定め、関連論文を収集、要約して卒業研究の種を作る。
     各自の日常の関心事や、授業等で関心をもつようになったことなどを設定し、その周辺の関連論文を収集して、先行研究の要約と発表を行います。次に、関心事の周辺の材料から自分の関心テーマに合わせた論を立てる訓練を行います。それが自分の卒業研究の土台になります。
     
    そのほか、私の専門であるリラクセイション療法を体験したり、韓国の文化について話したりするなど、リラックスする時間を設けています。専門演習を通して、自分の考えや言葉に自信をもつこと、自分のあり方がよりナチュラルになることを期待しながら、学生たちと関わっています。
    s_today180122n2.png
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE