• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 臨床心理学専攻
    5. 臨床心理学専攻Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻

    大学院 臨床心理学専攻Today 一覧

    2013年
    08月25日

    小学校特別支援教育事業に新たな展開

    学大学院臨床心理学専攻では、近隣小学校との提携による「特別支援教育事業」に力を注ぎ、地域貢献とともに、院生の学校臨床心理の実習に役立てていますが、2013年9月から、春日市立春日小学校と提携した「特別支援教育事業」が新たにスタートしました。

    この事業は、従来の「特別支援教育事業」における個別の生徒に対する「専門的サポーター」とは違う性格で、「特別支援学級」を対象にしたものです。さらに、派遣される院生は、修士2年生に限定される「専門的サポーター」と違い、修士1年生が派遣対象となっています。

    小学校の要望により、今年度は修士1年生全員が派遣され、特別支援教育という現場における臨床心理学的実践を行います。

    2013年
    07月30日

    「ひとりサート」を用いた学校ストレスマネージメントプロジェクトのスタート

    学大学院臨床心理学専攻は、「サート(Self-Active Relaxation Therapy;主動型リラクセイション療法)の発信地として、院生の様々な実習に取り入れられています。

    サートは「自分が動かす:主動」手法であり、そのため、援助がなくても、ひとりでできる心理療法であることから、学校現場で簡単に取り入れ、学校ストレスマネージメントに役立つことが考えられ、その実践プロジェクトが始まりました。

    7分バージョン、10分バージョンのDVDを作成、学校の日常の中で、短い時間を確保、先生と生徒が簡単に実施できる手続きを設定、小学校2校、中学校1校で継続的に実施していただくことになりました。

    担当院生は各学校で実施される現場に携わり、先生と生徒の取り組みの様子やその中での変化を観察、学校ストレスマネージメントに役立つ臨床心理学的手法の確立のための研究を行います。

    20130730_01.jpg
    *写真掲載に関して、関係機関の了承をいただいています。

    2013年
    06月25日

    2013年度子育て支援「サート教室」第1期スタート

    本学臨床心理センターと福岡女学院幼稚園が提携した子育て支援事業「サート教室」の2013年度第1期がスタートしました。
    年間3期、1期あたり6回の有料教室ですが、第1期には13名の幼稚園の保護者が登録をしました。そのため、修士2年全員が援助者としてフル稼働することになりました。
    院生は1年間サートの研修を積み、実習の一環として修士2年から「サート教室」の援助者として臨みます。

    幼稚園が午前中に終わる水曜日に今年度から開室時間帯を再度戻したことで、希望者が昨年度の2倍近くなりました。場所も幼稚園の他の行事の制約を受ける「森の家」から臨床心理センターに移しました。
    2年ぶりに「サート教室」の時間を水曜日に戻したことで、お子さんを幼稚園に送り、ほっと一息自分の時間を持って、終わったらちょうど迎えの時間になると大変喜ばれています。
    日々どれくらい息を切らしながら育児や家事、その他の用事で忙しく過ごしているかがうかがえます。

    20130625.jpg

    2013年
    06月01日

    発達が気になる子どもと親のためのサロン「みなみん」(南区保健福祉センター)の実習がスタートしました

    20130601.jpg「みなみん」は、お子さんの成長が気になったり、子育てについて相談したいけどあまり機会がなかったりするお母さんの子育てを支援するために、福岡市南区保健福祉センターが立ち上げた子育て支援教室です。

    立ち上げ時から、実際の運営について本学臨床心理センターと協議し、教員は運営委員として関わり、院生は実習の場として参加し、教室の運営を手伝うとともになりました。




    2013年
    04月15日

    2012年度修了生進路・就職結果:今年も100%!

    2012年度修了生15名の進路・就職が決まりました。
    2012年度は例年より若干多い修了生となりましたが、3月末日まで全員就職が決定しており、4月からは現場で今まで鍛え上げた力を発揮するとともに、様々なチャレンジに挑むことになります。
    常勤職が7名、非常勤職が8名となっていますが、非常勤職も週3日から5日勤務がほとんどで、例年修了生の動向をみると、これをスタートに常勤へとステップアップしていきます。

    現場で高く評価される先輩たちに倣い、これからみなさんの活躍を期待しています。


    【就職内訳】

    ①教育領域(常勤)
    ②医療領域・教育領域(非常勤複数機関勤務)
    ③医療領域・教育領域・福祉領域(非常勤複数機関勤務)
    ④福祉領域(常勤)
    ⑤教育領域(非常勤複数日勤務)
    ⑥教育領域・行政・福祉(非常勤複数機関勤務)
    ⑦教育領域(非常勤複数日勤務)
    ⑧医療領域(常勤)
    ⑨教育領域(常勤)
    ⑩教育領域(常勤)
    ⑪福祉領域(常勤)
    ⑫教育領域(常勤嘱託)
    ⑬医療領域(常勤)
    ⑭福祉領域・教育領域(非常勤複数機関勤務)
    ⑮教育領域・福祉領域(常勤嘱託・非常勤)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE