• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 大学院
    4. 臨床心理学専攻
    5. 臨床心理学専攻Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    大学院 人文科学研究科 臨床心理学専攻

    大学院 臨床心理学専攻Today 一覧

    2012年
    09月10日

    臨床心理学専攻による第3回東日本大震災支援を終えて

    満1年となる本学大学院臨床心理学専攻の震災支援を終えました。
    1回目から岩手県宮古でもっとも大きい仮設住宅地であるグリーンピア田老仮設住宅集会所で従来通りサート教室を開きましたが、今回は、樫内仮設住宅地が新たに加わり、初めてサート教室が開かれました。
    樫内仮設住宅地は約80世帯の小規模で、なかなか支援が届きにくいということで、田老福祉センターが今回新たに設定してくださったところです。

    今まであまり支援が届かなかったせいか、初日から多くの方が訪れ、不眠、身体の痛みを訴え、短時間で改善されることに大変喜び、涙を流される場面もありました。
    今回の支援では、支援者として教員2名、院生7名が参加、サート教室参加者延べ137名、あそぶ寺子屋参加児童延べ40名となりました。

    震災後1年半、復興の兆しはまだ見えませんが、子どもたちの心に希望を感じることができた出来事がありました。
    崎山仮設住宅地で「あそぶ寺子屋」を継続して開いていますが、そこにいつも参加している子どもが絵本を書いてくれました。
    今子どもたちに人気のあるキャラクター「なめこ」の物語です。伝説のハートの花を育てているなめこは、やっと芽を出した伝説のハートの花を見て嬉しいですが、なかなか花が咲かないことでがっかりしています。しかし、買い物の途中、海の中でビーナスなめこを見つけます。きれいな海の中には魚たちが泳いでいます。家に帰ってみたら伝説のハートの花が咲いていました。

    子どもたちに、出会う被災者の方々に元気をもらい、希望を与えられ、院生たちも援助とは何か、深く考えさせられ、ひたすら続くサートのトレーニングで技法の実践に自信をつけられる貴重な1週間でした。

    20120910_01.jpg
    樫内仮設住宅集会所で初めてのサート教室/岩手県宮古のグリーンピア田老仮設住宅集会所で

    20120910_02.jpg
    樫内で、膝の痛みが治ったと泣いて支援者の手を握って喜ばれる参加者

    20120910_03.jpg

    *写真掲載に関して、関係者の了承をいただいています。

    2012年
    09月05日

    臨床心理学専攻の東日本大震災継続支援が新聞に掲載されました

    朝日新聞(9月5日付)に本学大学院臨床心理学専攻が行なっている東日本大震災継続支援の記事が掲載れました。
    福岡県内で継続支援を行っている大学を取材したものです。

    20120905.jpg

    2012年
    09月05日

    臨床心理学専攻の震災支援が西日本新聞に掲載されました

    20120905_2.jpg福岡県で継続支援を行っている支援チームの取材で、臨床心理学専攻の震災支援が取り上げられました。
    実際行っている支援の内容(リラクセイション)もわかりやすく掲載されています。

    記事はこちらから[PDF:463KB]











    2012年
    08月01日

    大学院開設10周年記念講演会のご案内

    20120801_01.jpg


    福岡女学院大学大学院人文科学研究科は2003年度に開設され、今年で10周年を迎えます。
    開設後約150名の修了生を社会に送り出し、それぞれが専門を生かし、活躍しています。
    10年の節目に、今後の更なる発展のスタートとして、記念講演会及びシンポジウムを開催します。
    詳細は[PDF:639KB]をご参照ください。

    2012年
    06月02日

    2012年度子育て支援「サート教室」第1期スタート

    臨床心理センターと福岡女学院幼稚園の子育て支援協働事業である「サート教室」2012年度第1期がスタートしました。

    幼稚園付属施設の「森の家」で行われますが、従来水曜日午前中に行われていた本事業を、施設の使用状況から、木曜日昼の時間帯に移動しましたところ、参加者が7名と、例年に比べ減少しています。
    水曜日は幼稚園が午前授業で、送迎の間を活用できる時間設定でしたが、木曜日は午後終了の日であるため、迎えまでに時間差があり、日々時間に追われるお母さん方からすると参加しづらかったと思われます。
    しかし、その中であえて参加申請されたお母さん方の意欲が非常に高く、内容的には従来以上に有意義な1年間の実習事業になることが期待されます。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE