• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2017年12月

    大学案内

    News and Event

    2017年
    12月28日

    朝倉市との域学連携事業:心理学科の学生が挑んだ地域創生と復興支援

    福岡県朝倉市の観光活性化と復興支援を目指し、心理学科の学生が観光PRサイトを立ち上げました!

    ne_171228_01.jpg

     福岡女学院大学では朝倉市と連携協定を結んでおり、学生と教員が同市の観光活性化に取り組んでいます。6年目となる2017年度は、心理学科の3年生11名(藤村ゼミ、分部ゼミ)が、学科で学んだマーケティングや心理学を活かしながら観光PRサイトを作成しました。

    2017年は、朝倉市が九州北部豪雨で甚大な被害を受けた年でもありました。連携事業に携わる学生たちは、観光PRサイトを通じて朝倉市の「今」を伝えたり被災された方の声を届けたりすることで、観光活性化だけでなく市の復旧と復興の支援も目指しています。
     
    以下のふたつのページをどうぞご覧ください。

    Connect ASAKURA

    朝倉市の観光名所である秋月エリアを中心とした観光紹介、そして復興に向け努力されている方々のインタビューを掲載しています。「朝倉市ってどんなところなの?」という疑問に答えるべく、心理学科の学生が実際に現地を訪れ、取材しながらこのサイトを作成しました。魅力あふれる朝倉市を女子大生から伝え、繋げて、たくさんの人に広げていきます。
     
    ne_171228_02.jpg
     

    参加型あさぐらむ

    朝倉市の観光客や市民が朝倉市で“フォトジェニックな1枚”を撮影し、自分のインスタグラムに「#あさぐらむ」と付けて投稿するだけで、その写真が朝倉市役所の公式HPに掲載される仕組み。市民、観光客、市役所の全員が朝倉市の魅力や今を発見・発信することで、朝倉市を好きになり、訪れる人を増やす狙いがあります。

    ne_171228_03.jpg
     

    2017年
    12月27日

    ベンチャー・ビジネスプランコンテストで優秀賞を受賞!

    12月22日、福岡市役所の講堂でおこなわれた、第17回大学発ベンチャー・ビジネスプランコンテストの決勝で、現代文化学科浮田ゼミの4年生チームが優秀賞を受賞しました!

    ne_171227_01.jpg

    ne_171227_02.jpg

    この大会は医学理工系が7割、他は社会科学系が出場していて、起業の可能性と製品の実現性を競うもので、学生の間では最難関コンテストと言われています。浮田ゼミでは会社組織や製品開発における観察教育の一環で取り組んできており、その中で理工系の思考をまねることから、次第に応用できるところまで進んできました。

    今回のチームの研究は、「推薦入試で入学が早期に決定した高校生に対する学習モデル」で政府の人づくり革命を応用したものです。当日は、勢いのあるプレゼンテーションで、聴講する大勢の九州の経済人・起業家を圧倒しました。今回で、通算3回決勝に進んでおり、文系女子大としては大会史上初というタイトルを更新しました。

    2017年
    12月26日

    年末年始休業のお知らせ

    福岡女学院大学は、下記の期間休業とさせていただきます。
    休業期間中は窓口及び全ての業務が停止いたします。
    ご不便おかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。

    休業期間
    2017年12月29日(金)〜2018年1月8日(月)

    業務開始
    2018年1月9日(火) 9時00分〜

    ※年末年始休業期間中にメール・郵便等でいただいたお問い合せは、
     2018年1月9日(火)以降のご対応となります。

     

    ■年末年始の資料発送について■


    年末年始の大学案内等の資料発送は、12月28日(木)〜翌年1月8日(月)までお休みさせていただきます。
    お急ぎの方は下記リンク先のテレメールをご利用ください。

    テレメールから請求
     

    2017年
    12月18日

    JAL×福岡女学院大学のクリスマスイベント開催

    ~クリスマスには福岡空港で待っとーよ!~

    福岡女学院大学キャリア開発教育センターによる課外のPBL(課題解決型学習)、私たちの「みらい」プロジェクト。2017年度は前期に引き続き、後期も、当学院と包括連携協定を結んでいる日本航空さまのご協力によるもので、なんと、チームで考えたイベントプランが実際にクリスマス時期(12月23日土曜日)の福岡空港で実現するというもの。(凄い!)また今回はJALスカイ九州さま全面協力により、各チームにメンターとして現役のグランドスタッフにも入っていただきました!

    ne_171215_01.jpg
     
    12月13日、そのプランを決めるための最終プレゼンが大学のラーニングコモンズで行われました。4チームが半年間で試行錯誤の末、チーム力を高めてのぞんだ最終プレゼンは文字通り、涙あり、笑いあり。通常の講義では決して味わえない学生たちの充実感や成長ぶりが、見ているだけのこちらにもひしひしと伝わってきました。JALから審査員としてご出席いただいた扇山福岡空港支店長さまも「順位をつけざるを得ないものの、どの提案も甲乙つけ難いもの」と全チームに高い評価をいただき、優勝チームのアイデアを中心に残り3チームのアイデアも盛り込んで実施させていただくことになりました。

    ne_171215_02.jpg

    さて、どんなイベントが開催されることになったのでしょうか?それは秘密です。寒い冬にほっこり、もしかすると暑い?幸せな気持ちになること間違いなし!小さなお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで、どなたでも参加できますので、是非、12月23日(土・祝)13:00~15:00、空港にいらして、JAL×福岡女学院大学のクリスマスイベントに参加してください!お待ちしています!

    イベントに関するお問い合わせ

    キャリア開発教育センター
    TEL: 092-575-5974

    2017年
    12月18日

    ​【入試情報】一般前期1/5(金)出願受付開始

    2018年1月5日(金)より、一般入学試験(前期日程)の出願受付を開始いたします。出願期間になりましたら、「インターネット出願サイト」で出願登録を行ってください。
     
    出願期間 2018年1月5日(金)~ 1月17日(水)
    試験日 1月29日(月):人間関係学部、短期大学部
    1月30日(火):人文学部
    2月  1日(木):国際キャリア学部
    試験要項 一般入学試験(PDF)
    備考 併願割引、第2志望制度について
     

    インターネット出願サイトの操作方法・支払方法に関するお問い合わせ

    インターネット(Web)出願ヘルプデスク
    050-3786-5124
    受付時間 10:00〜18:00 (12/30〜1/3を除く)
    ※受付期間は出願期間に準じる

    大学や入試に関するお問い合わせ

    福岡女学院大学 入試広報課(直通)
    092-575-2970
    受付時間 9:00〜17:00 (土・日・祝日・年末年始を除く)

    ※下記期間は年末年始休業となっております。
     お問い合わせはお受け出来ませんので予めご了承ください。
     休業期間:2017年12月29日(金)〜2018年1月8日(月)

    2017年
    12月12日

    福岡女学院短大からNZのカンタベリー大学への編入が可能になります

    福岡女学院大学短期大学部は、ニュージーランド、クライストチャーチにあるUniversity of Canterburyと正式に協定を結びました。

    今後、福岡女学院大学短期大学部を卒業し、大学に編入するための英語力(IELTS 6.0以上 *Pathway制度有り)を満たす学生は、カンタベリー大学(3年制)の半期分にあたる単位(60ポイント)が付与され、編入が可能となります。
     
    tan_171211_01.jpg
    国際交流課のあるビル

    tan_171211_02.jpg
    留学生センター

    これまで短期大学部英語科から編入できる海外の大学としては、アメリカ合衆国のウィスコンシン州にあるUniversity of Wisconsin River Falls校のみでした。これに、新たに、ニュージーランドで二番目に古い歴史を持つ名門校が加わることになります。
     

    *Pathway制度とは
    英語力強化のための編入準備プログラム。(大学編入前に指定の語学学校に通い、英語力をアップすることができます。)

    2017年
    12月11日

    ​【3分で学問を伝える】夢ナビTALK動画公開!

    学問の面白さが3分でわかるプレゼンテーション『夢ナビTALK』。本学の先生も参加しました。

    「学びたい学問が見つからない」「もっと面白い学問はないか」と考えている方は、ぜひ「福岡女学院大学夢ナビTALKサイト」で聴いてみてください。学問の魅力を3分間でお伝えします。

    ●プレゼンテーション一覧
    bnr_yume2017_gen.jpg
    bnr_yume2017_ko.jpg
    bnr_yume2017_kc.jpg
    bnr_yume2017_shin.jpg
    ※サイト内に30分のミニ講義もあります。
     

    2017年
    12月07日

    【採用情報】人間関係学部 教員の公募について

    このたび本学では、下記の教員を公募することとなりました。
     
    所属 人間関係学部子ども発達学科
    職名・人員 教授、又は准教授・講師(常勤・任期なし) 1名
    専攻分野 保育学・保育内容

    応募締め切り

    12月15日(金) 17:00必着
     
    所属 人間関係学部子ども発達学科
    職名・人員 教授、又は准教授・講師(常勤・任期なし) 1名
    専攻分野 保育学・保育理論

    応募締め切り

    12月21日(木) 17:00必着
      
    所属 人間関係学部子ども発達学科
    職名・人員 教授、又は准教授・講師(常勤・任期なし) 1名
    専攻分野 特別支援教育における心身に障害のある幼児、児童又は生徒の基礎理論の分野

    応募締め切り

    12月26日(火) 17:00必着
     
    所属 人間関係学部子ども発達学科
    職名・人員 教授、又は准教授・講師 1名(常勤・任期あり:任期1年・最長3年間)
    専攻分野 音楽

    応募締め切り

    12月26日(火) 17:00必着

    詳細は本学ホームページの『採用情報』をご覧ください。
    ※応募締め切り日が異なりますので、ご注意ください。

    2017年
    12月06日

    本学学生が「全国大学ビブリオバトル2017」決勝に出場します

    ne_171205_02.jpg大学生・大学院生による年に一度の書評コンテスト「全国大学ビブリオバトル2017」。

    先日行われた、予選会には、人文学部浮田教授のゼミ生のうち、5名が参加し、九州AB地区(北部九州)から、特別推薦枠で、現代文化学科3年の田中佐季さんが決勝進出を決めました。

    浮田ゼミ生は、過去6回の予選会に出場していますが、全国に進むのは初めての快挙です。決勝は、12/17(日)に開催予定で、全国から集まった36名の学生たちが、文書読解と要約技法、そしてプレゼン力を競います。
     
    ●開催概要
    日時 2017年12月17日(日)13:00〜17:00
    場所 よみうり大手町ホール(東京・大手町 読売新聞ビル内)
    主催 活字文化推進会議
    共催 ビブリオバトル普及委員会
    主管 読売新聞社
    公式HP http://zenkoku.bibliobattle.jp



    田中さんが所属している現代文化学科とは?
    「文化」をキーワードに、観光や日本文化、外国の文学・思想・歴史を学ぶ学科です。地域社会との交流や実践的な授業を通し、社会で幅広く活躍できる人材を育成します。

    ※学科について詳しくは「現代文化学科ページ」をご覧ください。
     最新情報は学科ブログ「現代文化学科Today」で発信しています。

    2017年
    12月05日

    社会人基礎力育成グランプリ全国大会進出!

    12月3日(日)経済産業省共催:社会人基礎力育成グランプリ2018九州沖縄地方大会が行われました。

    ne_171205_01.jpg

    この大会は学生の研究や様々な活動を通じて、どれだけ社会人基礎力が成長したかを競うものです。全国6ブロック(関東近畿は2校)8校が選出され大賞の経済産業大臣賞を競います。本学チームは全国大会に通算4回出場して、大賞と準大賞を受賞しています。

    今回は本学から初の2チームが参加、昨年福岡大学さんに敗退した雪辱をかけて挑みました。結果現代文化学科3年生チームが優秀賞、また同学科4年生チームも2位準優秀賞に輝きました。

    ne_171205_02.jpg

    ne_171205_03.jpg

    勝因は、文系なので製品開発などはできません。そこで丁寧に言葉で伝える力、プレゼンテーションスキルを伸ばすしかなかったという弱みが、逆に作用していき、聞いていて引き込まれるスキルを持つまでに成長しました。

    簡単にできるものではありませんが、文系女子大でも立派に研究もできるし、その成果も出すことができることを証明した活動です。2月20日東京で行われる全国大会に通算5度目の出場をします。

    ne_171205_04.jpg

    2017年
    12月01日

    日本学生支援機構奨学金の奨学生であった卒業生の皆様へ

    2017年12月1日


    日本学生支援機構奨学金の奨学生であった卒業生の皆様へ


    拝啓 初冬の候 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
    卒業生の皆様におかれましては、各々の環境の中お元気でご活躍されていると拝察いたします。

    さて、在学中に借りていた奨学金の返還が、開始されていることと存じます。
    日本学生支援機構の奨学金は、必ず返還する義務があります。
    皆様からの返還金は後輩の奨学金として直ちに活用されます。
    この奨学金制度の仕組みを再確認していただき、定められた振替日に延滞することなく返還し、これからの後輩の学生生活を支えてくださいますよう、 本学からもお願い申し上げます。

    返還猶予制度等、返還に関わることにつきましては、在学中にお渡しした「返還のてびき」をご覧いただくか、あるいは奨学金返還相談センターにご相談ください。

    すでに返還期限猶予等の手続き、一部もしくは全額返還を行っている場合には、ご了承ください。
    敬 具
     
    <卒業後の返還に関する照会先>
    日本学生支援機構 奨学金返還相談センター
    0570-666-301
    (ナビダイヤル・全国共通)
    詳細は、以下のホームページをご覧ください。
    http://www.jasso.go.jp/shogakukin/henkan/

    福岡女学院大学学生課
    奨学金担当

    2017年
    12月01日

    入試相談会開催のお知らせ

    高校生・受験生および保護者の皆さまへ

    本学では推薦入試・コミュニケーション入試(AO入試)・一般入試・センター利用入試の対策など、入試に関する個別相談会を行います。

    学部・学科内容、奨学金、特待生制度などの相談も可能です。
    ご希望によりキャンパス見学も受付けております。

    事前申し込み制となっておりますので、ご希望の方は入試広報課(092-575-2970)までご連絡ください。皆様のご参加をお待ちしております。
     
    日程 12月2日(土)・12月9日(土)
    時間 13:00 ~ 17:00
    対象 高校生・受験生および保護者の方
    場所 福岡女学院大学
    アクセス
    お問い合わせ 092-575-2970 (入試広報課)

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE