• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2017年02月

    大学案内

    News and Event

    2017年
    02月23日

    ​【一般後期】​出願受付3/1(水)まで!

    ​2017年度一般入試後期日程の出願を受付けています。
    出願期間は下記のとおりです。

    ◼︎一般入試後期日程
    出願期間 2017年2月15日(水)~3月1日(水)23時
    検定料納入期間 2017年2月15日(水)~3月1日(水)23時59分
    出願書類送付期間 2017年2月15日(水)~3月2日(木)必着

    ◼︎出願はこちら

    ◼︎併願による受験料割引制度第2志望について

    ◼︎合格発表
    2017年3月17日(金)10時
    ※本学ホームページ上でも合格者の受験番号を掲載します
     

    出願前に、学部学科のことをきちんと知りたい、一度大学に足を運んで雰囲気を知りたいなど、希望される方は個別相談等の受付もしております。
    お気軽にお問合せください。

    ◼︎お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通) 
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp
     

    その他、詳しくは入試概要・要項でご確認ください。

    2017年
    02月14日

    【ふるさとルネッサンス・博多のことば塾】メディア・コミュニケーション学科 二階堂 整教授が「基調講演」を行います

    2月26日(日)櫛田会館(櫛田神社内)にて開催される「ふるさとルネッサンス・博多のことば塾」 で福岡女学院大学 人文学部 メディア・コミュニケーション学科二階堂 整教授が「基調講演」を行います。

    コミュニケーションの基本は“ことば”ですが、正確な表現に加えて、微妙な思いを伝えるためには方言が役に立つと言われています。

    長い歴史の中で、伝統文化とともに受け継がれている福岡の方言「博多弁」。 家庭・学校・社会でのコミュニケーションを活発化して、もっともっと活気あふれる地域であってほしい。こんな思いで、「博多のことば塾」が初めて開催されることとなりました。

    今回は「博多弁ってどんなことば?」と題して、人文学部 メディア・コミュニケーション学科 二階堂 整教授が「博多弁」に関する講演を行います。

    二階堂教授は、熊本地震発生時に、被災地で支援する人たちのために「熊本支援方言プロジェクト」を設立し、わかりやすい「熊本方言ガイド」を作成。この活動は、円滑なコミュニケーションにつながると、マスコミにも多く取り上げられました。

    「博多弁」のルーツや成り立ちを学び、「博多にわか」の体験を通じて「博多弁」 を自在に使い、表現する言葉と技が身に付く「博多のことば塾」。
    同日には、基調講演の他、パネルディスカッションも行われます。

    受講された皆様が、地元福岡で元気に活き活きと活躍されるきっかけになれば幸いです。 
     

    「ふるさとルネッサンス・博多のことば塾」
    主催 : ㈱西日本フィナンシャルホールディングス/㈱西日本シティ銀行/
       (公財)福岡文化財団 
    後援 : 福岡市/福岡市教育委員会/(公財)福岡市文化芸術振興財団/
       博多仁和加振興会
     

    詳細・お問い合わせは下記URLをご確認ください。
    公益財団法人 福岡文化財団ホームページ
    http://www.bunka-zaidan.or.jp/event/zen.html#zen1121

    2017年
    02月10日

    ​2/15(水) 参議院調査会に国際英語学科 川端教授が招聘されました

    国際キャリア学部 国際英語学科 学科長の川端教授が参議院「国際経済・外交に関する調査会」に招聘され、参考人の一人として意見を述べます。
     
    会議日  2月15日(水)
    会議時間 13:00から16:00
    議題 「日本の外交力・発信力の強化」
     (国連外交の重要性に関する説明を求められています)
    川端教授以外の
    参考人
    ・藤崎一郎氏 (上智大学特別招聘教授、元駐米大使)
    ・河東哲夫氏 (元在ウズベキスタン・タジキスタン大使)

    参議院の公式会議となるので、調査会の内容は会議録が作成され、インターネットで審議中継が行われます。
    アドレス:http://www.webtv.sangiin.go.jp/webtv/index.php

    2017年
    02月08日

    2017年度(平成29年度) 短期大学部英語科一般入試前期日程(外国語(英語))における出題ミスについて

    受験生の皆様
    福岡女学院大学短期大学部


    2017年度(平成29年度) 短期大学部英語科
    一般入試前期日程(外国語(英語))における出題ミスについて


    2017年(平成29年)1月30日(月)に実施いたしました2017年度(平成29年度)短期大学部英語科一般入試前期日程(外国語(英語))におきまして、下記のとおり出題ミスがありました。
    受験生の皆様および関係各位にご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。
    出題にあたっては細心の注意を払い作成しておりますが、チェック体制をさらに強化し、再発防止に努めてまいります。
     

    2017年度(平成29年度)短期大学部英語科一般入試前期日程(外国語(英語))におきまして、以下の通り問題の一部に適切でない部分がありました。

    1.試験日
       2017年(平成29年)1月30日(月)

    2.対象科目
       外国語(英語)

    3.対象入試制度
       一般入試前期日程

    4.対象学部学科
       短期大学部英語科

    5.該当箇所
       外国語(英語) 大問 B   解答番号 19  
       付加疑問文を問う文法の問題で、問題文中に一部単語の誤りがあり、
       英文として正しくないと判断しました。

       下線部に入れるのにもっともふさわしいものをそれぞれ(A)~(D)の中から
       選び、○で囲みなさい。
          (誤)The tourists come from Chinese,__?
       ⇒(正)The tourists come from China,__?    
       (A)do they (B)don’t they (C)are they (D)aren’t they

    6.対応措置
       外国語(英語) 大問 B   解答番号 19  について、全員加点といたしました。
       合否判定に影響はありません。
     
    以上

    2017年
    02月02日

    国際キャリア学科1年のA.Aさん(筑紫高等学校出身)が「福岡県国際協力リーダー育成プログラムの最年少団員に選ばれました

    国際キャリア学科1年のA.Aさん(福岡県立筑紫高等学校出身)が福岡県と国連ハビタット(国際連合人間居住計画)福岡本部が連携して実施する「福岡県国際協力リーダー育成プログラム」の団員として、ミャンマーで開催される海外研修に参加することになりました。

    ne_170202_01.jpg

    「福岡県国際協力リーダー育成プログラム」は一定水準以上の英語力を持つ福岡県内の大学生等を対象に国連ハビタットの支援活動を体験させるもので、将来、国際協力活動に従事できる人材を育成することを目的としています。国連ハビタットは、開発途上国の人々の居住環境を整備し、人々が尊厳を持って暮らせる「まちづくり」を推進している国連機関で、福岡県には九州唯一の国連機関として福岡本部が設置されており、西はイランから東は太平洋諸島までのアジア太平洋地域の国々を管轄しています。

    A.Aさんは書類選考と面接を経て、最年少の団員に選ばれました。国際キャリア学科では現3年生のK.Sさん(鹿児島県立大島高等学校出身)が前回の「福岡県国際協力リーダー育成プログラム」の団員に選ばれてスリランカでの研修に参加しており、二年連続で学科生が選抜されたことになります。ミャンマーでの体験と国際協力の現場で活躍されている方々との交流を通してA.Aさんが大きく成長するのが楽しみです。このプログラムは3月2日のNHKのニュース「ロクいち!福岡」で取り上げられ、A.Aさんへのインタビューが放映されました。

    なお、世界とつながる仕事で活躍する女性の育成を目指している国際キャリア学科からは別表のとおり福岡県や国連機関などが主催する海外研修プログラムや奨学制度に次々と学生が選抜されています。

    評価が高まる国際キャリア学科生の活躍

    2016年度
    福岡県国際協力リーダー育成プログラム
    団員に選抜(ミャンマーに派遣予定)
    A.Aさん
    (1年、福岡県立筑紫高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ
    団員に選抜(ブラジルに派遣)
    M.Sさん
    (1年、福岡県立三池高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼
    団員に選抜(マレーシアとミャンマーに派遣)
    M.Kさん
    (1年、福岡県立八幡高等学校出身)
    K.Mさん
    (1年、福岡県立春日高等学校出身)
    福岡よかトピア国際交流財団
    海外留学奨学生に選抜(カナダに長期留学)
    M.Iさん
    (2年、福岡市立福翔高等学校出身)
    平和中島財団
    外国人留学生奨学生に選抜
    D.Pさん
    (2年、東アジア日本語学校出身、ネパール出身)
    福岡市
    レインボー留学生奨学金奨学生に選抜
    L.Xさん
    (2年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2015年度
    福岡県国際協力リーダー育成プログラム
    団員に選抜(スリランカに派遣)
    K.Sさん
    (3年、鹿児島県立大島高等学校出身)
    福岡県グローバルステージ
    団員に選抜(ボリビアに派遣)

    N.Kさん
    (2年、福岡県立城南高等学校出身)
    福岡県グローバル青年の翼
    団員に選抜(タイとミャンマーに派遣)
    Y.Iさん
    (2年、久留米市立久留米商業高等学校出身)
    文部科学省
    外国人留学生学習奨励費受給学生に選抜
    L.Dさん
    (3年、九州言語教育学院出身、中国出身)

    2014年度
    福岡県グローバル青年の翼
    団員に選抜(シンガポールとカンボジアに派遣)
    M.Iさん
    (3年、福岡県立八幡高等学校出身)
    *学年は現時点です。

    2017年
    02月02日

    2017年度事務職員募集について

    学校法人福岡女学院では、2017年度契約事務職員(期限付雇用教職員)
    <学生・生徒寮【寄宿舎】 寮母 (週2回担当)> を募集します。

    応募資格や応募方法、書類提出締切日等の詳細は、下記ページをご覧ください。

    http://www.fukujo.ac.jp/recruit

    2017年
    02月02日

    ​チャンスをいかす入試!センター試験利用入試Ⅱ期出願受付開始しました。

    センター試験を受けられた受験生のみなさん、その結果を最大限利用できていますか。

    本学では、受験チャンスを広げるためさまざまな入試を行なっていますが、センター試験利用入試もⅠ期~Ⅲ期まで行なっております(Ⅰ期受付終了)。

    本日2月2日(木)より全学部全学科でセンター試験利用入試Ⅱ期の出願受付を開始しました。遠隔地の受験生も、試験会場までの移動時間や費用を心配することなく受験できるのもこの入試の特長です。

    また、併願割引制度(※)を利用すれば費用を抑えながら、さらに受験のチャンスを広げることができます。

    ◼︎センター試験利用入試Ⅱ期
    出願期間 2017年2月2日(木)9時~2月22日(水)23時
    検定料納入期間 2017年2月2日(木)9時~2月22日(水)23時59分
    出願書類送付期間 2017年2月2日(木)~2月23日(木)必着

    ◼︎合格発表
    2017年3月3日(金)10時
    ※本学ホームページ上でも合格者の受験番号を掲載します。

    ◼︎インターネット出願はこちら

    出願前、学部学科のことをきちんと知りたい、一度大学に足を運んで雰囲気を知りたいなど、希望される方は個別相談等の受付もしております。お気軽にお問合せください。

    お問い合わせ先
    TEL:092-575-2970 (入試広報課直通)
    Email:nyushi@fukujo.ac.jp
     

    (※)併願割引制度について
    大学を2学科または3学科併せて志願する場合は、2出願目から10,000円となります。
    大学と短期大学部を併願する場合、国際キャリア学部「2科目型」と「3科目型」を併願する場合は下記の通りとなります。

    ●大学2学科の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学3学科の場合
      15,000円+10,000円+10,000円=35,000円

    ●国際キャリア学部「2科目型」+「3科目型」の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ●大学1学科+短期大学部の場合
      15,000円+10,000円=25,000円

    ※割引対象となるのは、同一の出願番号で出願した場合に限ります。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE