• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2016年11月

    大学案内

    News and Event

    2016年
    11月25日

    エアライン業界への架け橋に〜就職へ向けたANA実践講座スタート

    今年度より福岡女学院大学と教育連携協定を締結したANAエアラインスクールの就職活動向け実践講座(アドバンス講座)がいよいよスタートします。

    来年1月16日(月)に基礎講座の修了生向けの説明会&個別相談会を実施いたしますので、該当する3年生(短大1年生)はぜひお立ち寄りください。

    ne_20161125_01_link.jpg

    質問・お問い合わせは、入試広報課もしくは、人文学部現代文化学科の寄藤まで

    2016年
    11月21日

    ビブリオバトル2016地区決戦にて大学生が大健闘しました

    ne_20161121_02_01.jpg知的書評合戦大学生全国大会ビブリオバトル2016京都決戦予選会となる、地区決勝で、本学の大学生が大健闘しました。

     

    924日(土)に、本学で行われた初の予選会では、人文学部からは現代文化学科、メディアコミュニケーション学科の学生が参加し、人間関係学部からは心理学科の本が好きな学生が30名ほど集いました。
     

    結果、以下6名が地区決戦に進出。

    ・現代文化学科4年 Sさん・Hさん・Sさん・Mさん、3年Yさん

    ・メディアコミュニケーション学科3年Fさん

     

    そして、1119日(土)九州AB地区決戦が開催されました。
    AB地区は北部九州の大学で九州大・山口大・西南学院大・北九州市立大・九州国際大・九州国際看護大・九州女子大などの学生が参加しました。


    敗者復活戦では、現代文化学科3年Uさんと2年Tさんが勝ち上がり、準決勝に進出。準決勝は5ブロックに分かれて行われ、決勝には5名が残り、全国大会への2枠を競います。

     

    いよいよ準決勝。

    結果、Sさん・Sさん・Mさんの本学から3名が進出しました。

     

    決勝は北九州市立大・西南学院大・福岡女学院大。

    昨年に引き続き、全国大会チャンピオンの北九州市立大が優勝する結果となりました。

     

    しかし、3名のプレゼンは間違いなく心に響きました。

    来年こそ、後輩がリベンジすることでしょう。

    ne_20161121_02_02.jpg

    2016年
    11月21日

    日本航空との包括連携が締結後、本格的に産学連携事業が稼働しています

    福岡女学院と日本航空は、2015年5月31日に包括的連携協定を締結し、いよいよ本格的に産学連携事業が稼働しています。
     
    日本航空から学生に提示された課題は、「若年者層の意向を日本航空にいかに向けるか」です。社会の問題や、航空産業が抱える課題などの事前講義を受け、学生チームが提案していきます。

    もう一つは、学生からの逆提案です。それが、「世界一受けたいエアライン研修CLASS-J」です。このプロジェクトは学生が主体的に考案した研修プランを日本航空側に提案するものです。
     
    二つの課題はいずれも社会背景や企業の在りかた、航空産業の現状などを調査分析しないと完成しないという、学生にとって難解な課題です。しかし、今回日本航空様の出前授業などの全面的な協力を経てついに完成。写真は、幹部を迎えて仮のプレゼンテーションをしているところです。

    ne_20161121_01.jpg

    評価は絶賛、しかし改善点も多々指摘あり。ファイナルは12月12日(月)日本航空福岡オフィスで行われます。とかく実習系が多いものですが無形の課題に挑み、また教育手法がアクティブ・ラーニング形式で、しかも産学連携で行われていることは、参加学生にとって深い学びとなると思われます。
     
    参加学生は人文学部現代文化学科2年チーム・国際キャリア学部国際英語学科1年と、人文学部現代文化学科1・2年合同チームが参加しています。

    2016年
    11月14日

    【クラブ生の活躍】昇段審査全員合格

    10月15日(土)に九州産業大学武道場で行なわれた学生空手道連盟主管の昇段審査において、本学から弐段1名と初段4名(心理学科4年Y.I弐段、子ども発達学科3年E.N初段、言語芸術学科1年A.A、M.K初段、国際キャリア学科1年C.A初段)が誕生しました。

    ne_161114_01.jpg
    黒帯、学長報告

    今回合格した1年生はこれまでに空手の経験があった人たちです。しかし、入部してからは短期間で流派が違う形(和道流)を練習し体得する努力は大変だったと思います。また、再挑戦の人や、就職に役立つようにさらに上位の段を目指した人。お疲れ様でした。つらい練習を克服し全員が昇段できたことはうれしい限りです。

    この努力をしてきた経験は「大学時代にやり遂げたこと」として就職活動に役立ちます。(ちなみに、今年の空手部の一般企業就職率は9月までに100%達成。) また、これからの生活の中で最大限に利用できると確信しています。これからの更なる活躍を期待します。おめでとうございます。
    空手部コーチ T.Y

    ne_161114_02.jpg

    2016年
    11月11日

    【朝倉市との官学連携プロジェクト】心理学科藤村ゼミ・分部ゼミの報告会が開催されました

    11/10(木)朝倉市との官学連携プロジェクトとして観光PRに取り組む心理学科藤村ゼミ・分部ゼミの報告会が開催されました。

    ne_161111_01.png

    報告会には朝倉市から堀内善文副市長はじめ、商工観光課の方々にもご出席いただきました。

    真剣に聞き入る朝倉市の皆さまの前で、緊張の面持ちで報告する学生たち。報告 会後の意見交換会で、観光を通じた朝倉市の発展、かかわる学生の成長など、今後も双方にとって実りある継続的なプロジェクトとなるように連携を深めていくことが確認されました。

    朝倉市と本学は、2012年5月に「女子学生の感性を観光振興に生かそう」と官学連携の協定を結んでおり、初代の現代文化学科浮田ゼミから、現在、心理学科の藤村ゼミ、分部ゼミへと引き継がれています。

    ne_161111_02.jpg

    2016年
    11月02日

    【採用情報】心理学科教員の公募について

    このたび本学では、下記の教員を公募することとなりました。専攻分野ならびに職名・人員は下記の通りです。

    人間関係学部 心理学科 ※募集は終了しました。

    専攻分野:心理学臨床領域
    職名・人員:教授1名

    専攻分野:心理学臨床領域と心理学基礎領域
    職名・人員:教授または准教授または講師1名
     

    詳細は本学ホームページの『採用情報』をご覧ください。
    ne_bana_saiyou_link.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE