• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2015年12月

    大学案内

    News and Event

    2015年
    12月25日

    『第15回大学発ベンチャービジネスコンテスト研究発表会』で優秀賞を受賞

    『第15回大学発ベンチャービジネスコンテスト研究発表会』決勝が12月18日(金)福岡市役所大講堂で行われ、人文学部現代文化学科 浮田ゼミ3・4年生合同チームが2年連続優秀賞を受賞しました。
    ne_20151225_02.jpg
    今回の発表会では、九州各地から57チームが参加し研究の成果が競われました。本学チームは1次予選、2次予選と勝ち上がり、昨年に続き決勝に進み、二年連続優秀賞を獲得。医学、薬学、理工系分野のこのようなコンテストで女子大チームの連続受賞は大会史上初の快挙であり、学生たちの自信へもつながったようです。
    ne_20151225_01.jpg
    決勝進出校
    大会HP

    浮田ゼミ3年生チームは経済産業省共催「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会にも出場、見事優秀賞を受賞しており、来年2月22日(月)に行われる全国大会へ出場をすることになっています。

    日々、成長し続ける浮田ゼミ生たち、これからの活動にも期待が集まります。

    2015年
    12月24日

    ​平成27年度優秀学生顕彰 奨励賞受賞

    ne_20151224_01.jpg独立行政法人日本学生支援機構主催の平成27年度優秀学生顕彰において、本学人文学部 言語芸術学科 3年のN.Aさんが文化・芸術の分野で奨励賞を受賞しました。
    全国から170作品(朗読部門)の応募があった、第30回NHK全国大学放送コンテストの朗読部門で全国優勝したことに加え、その後も研鑚しチャレンジを続けていることが評価されました。

    詳しくは日本学生支援機構のHPをご覧ください。

    高校時代にNHK杯全国高校放送コンテストの優秀賞を受賞し、さらに技術を磨き、次の優勝を目標に頑張りました。大学生になりNHK全国大学放送コンテストの優勝を果たし、優勝後は、ラジオ出演(朗読)や、同学科主催の朗読ワークショップ(同学科学生が運営)で2年連続で講師を務めたり、本学院高等学校の放送研究部のコーチを努めたりと、活動の幅が広がり、話すことについての考え方や思いが深化したそうです。

    N.Aさんは、「今回の受賞は純粋に嬉しくありがたい。色々な大会にも参加し、表現方法や手法の深さを知って、表現の面白さを感じており、何事についても深く考えるようになった。これからもチャレンジを続け、深く探求していきたい。」と抱負を語ってくれました。

    こちらから朗読ワークショップの模様をご覧になれます。

    2015年
    12月22日

    ​大学クリスマス音楽礼拝が行われました

    本学では毎年12月にクリスマス音楽礼拝が行われます。
    ne_20151222_01.jpg
    今年も、合唱団『葡萄』(福岡女学院同窓会メンバー)の合唱、大学ハンドベル部、生涯学習センターハンドベルの演奏など多くの出演者が集まり、礼拝を盛り上げ主イエス誕生を祝いました。また、聖書朗読と音楽によって降誕物語が披露されました。
    ne_20151222_02.jpg
    まもなく、クリスマス。

    本日学院はアクロス福岡シンフォニーホールにて「クリスマスコンサート第33回メサイア」が行われます。

    皆様とともに高らかにイエス・キリストのご降誕の喜びを讃美し、感動のクリスマスをお過ごしいただきたいと思います。
    皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。
     
    日 時 2015年12月22日(火)  開場 18:00 開演 18:30
    会 場 アクロス福岡シンフォニーホール
    チケット  3,000円 (全席自由)

    「クリスマスコンサート第33回メサイア」について詳しくはこちらをご覧ください。

    2015年
    12月17日

    年末年始休業のお知らせ

    福岡女学院大学は、下記の期間休業とさせていただきます。
    休業期間中は窓口及び全ての業務が停止いたします。
    ご不便おかけいたしますが、ご了承いただけますようお願い申し上げます。


    休業期間:2015年12月26日(土)〜2016年1月5日(火)
    業務開始:2016年1月6日(水) 9時00分〜


    ※休業期間中にメール・郵便等でいただいたお問い合せは、
     2016年1月6日(水)以降のご対応となります。
     
     
     

    ■年末年始の資料発送について■


    年末年始の大学案内等の資料発送は、12月26日(土)〜翌年1月5日(火)までお休みさせていただきます。
    お急ぎの方は下記リンク先のテレメールをご利用ください。

    テレメールから請求
     

    2015年
    12月14日

    「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会優秀賞受賞。全国大会へ

    社会人基礎力育成グランプリ全国大会への出場が常連となりつつある、人文学部現代文化学科浮田ゼミ。3年生チームが経済産業省共催「社会人基礎力育成グランプリ2016」九州沖縄地区予選会に今年も出場し、見事優秀賞を受賞。
    来年2月22日(月)に行われる全国大会へ2年連続4回目の出場をすることになりました。
    ne_20151214_01.jpg
    社会人基礎力育成グランプリ2016
    地区予選大会結果

    先日、髙島学長へも今回の予選会優秀賞受賞の報告とともに全国大会出場の報告をし、優勝への意気込みを語りました。
    ne_20151214_02.jpg
    社会人基礎力育成グランプリ2012」で全国制覇した先輩に続けと言わんばかりに勢いにのる浮田ゼミの学生たち。これから大会までの期間、切磋琢磨しながらさらにプレゼン力を上げ全国制覇を目指します。

    2015年
    12月09日

    福岡女学院大学が日伊経済連合会より表彰されました

    福岡女学院大学はこのたびイタリアとの経済交流を促進している日伊経済連合会より、日伊間の国際交流やビジネス交流などで著しい貢献をした企業、団体、個人に贈られる「日伊経済連合会・日伊関係貢献表彰(Award JIEF 2015 per la categoria Progetti e Iniziative Italia-Giappone)」を授与されました。

    kc_20151209_01.jpg
    表彰状授与式:ディサント会長から表彰状を授与された国際キャリア学科の南川教授と中島准教授

    日伊経済連合会には国際キャリア学部が会員として加盟しており、同会主催の西日本国際フォーラムでの学生の活躍やイタリアからのインターン生との交流、著名な国際経済学者であるロレッタ・ナポレオーニ氏による学内での特別講義開催など国際キャリア学科の諸活動を評価いただいたものです。

    kc_20151209_02.jpg
    学内で開催された国際経済学者ロレッタ・ナポレオーニ氏による特別講義
    kc_20151209_03.jpg
    イタリアからのインターン生の受け入れ

    日伊経済連合会のダニエレ・ディサント会長からは「国際キャリア学部を通じた様々な貢献、特に西日本国際ビジネスフォーラムなどでの国際キャリア学科の学生の方々の頑張りとその経験を次の学年の皆様に継続していただけたらという思いから日伊経済連合会の会員に推薦させていただき、ご承認いただきました。
    これを機にさらにイタリアと福岡女学院大学との交流が進むこと、そして国際キャリア学科の学生さんたちが将来、日本とイタリア、そしてヨーロッパとの経済関係の促進に貢献する人材になられることを祈念しています」とのコメントをいただいています。

    kc_20151209_04.jpg
    総合司会を務めた2年生のN.Mさん(福岡中央高等学校出身)
    kc_20151209_05.jpg
    西日本国際フォーラムで活躍した国際キャリア学科1・2年生

    2015年
    12月07日

    ​【学生の活躍】英語スピーチコンテスト 優勝!

    本学国際キャリア学部国際英語学科の2年生M.Fさん(福岡県公立古賀竟成館高等学校 出身)が10月10日(土)活水女子大学(長崎市)で開催された「第3回エリザベス・ラッセル杯」英語スピーチコンテストで優勝し、その結果を髙島学長に報告しました。
    ne_20151207_01.jpg
    全国から事前審査を通過した大学生10人による英語スピーチコンテストで今回のテーマは平和(Peace)」。昨年は3位で悔しい思いをしましたが、今年はそれをばねに発音や内容について何度も教員にチェックをしてもらい、悲願の優勝を果たすことができました。

    この優勝の様子は朝日新聞にも大きく取り上げていただきました。
    掲載記事はこちら

    現在、英語教員になることを目標に日々の授業に一生懸命取り組むことはもちろん、通学時間を利用して英単語暗記、また自宅では洋画鑑賞と、英語力を伸ばすことに余念がありません。部活動ではE.S.Sに所属し、部長を務めます。
    また、ボランティアで母校の中学校で特別支援教室の授業サポートをするなど、夢実現に向けて一生懸命取り組んでいるところです。

    彼女の所属する国際キャリア学部国際英語学科は、必修科目の8割以上は英語で授業が行われていることも特長の一つで、英語力をベースに国際交流や英語教育学・英語学を学び、英語力をいかしたキャリアの育成を行い、グローバル社会で活躍できるプロフェッショナルの育成を目標にかかげています。
    英語のスペシャリストを目指したい方、英語教員を目指す方には学びの環境が整っている学科です。

    また、学部独自の留学プログラムを設定しており、長期留学も単位認定されるため、休学することなく通常の在籍期間(4年間)で卒業することも可能です。
    詳しくは学科ホームページをご覧ください。

    M.Fさんの今後、さらなる活躍を期待しています。

    2015年
    12月04日

    11月28日(土)「教職実践演習(中・高)」授業を公開しました

    11月28日(土)に、教職課程授業の一つ「教職実践演習(中・高)」で佐賀市、鳥栖市、那珂川町及び春日市の教育委員会の方を講師にお迎えして「教育委員会の仕事について理解を深める」をテーマに授業を行いました。
    大学教職員、地域住民の方、卒業生など20人が授業を参観されて、学生たちにとって大きな励みとなりました。

    ne_20151204_01.jpg
    授業の様子。25名の学生たちは皆、真剣に取り組んでいます。

    授業では、各教育委員会がどのような取り組みに力を入れているのかをプレゼンしていただき、教職を目指す学生たちは熱心に耳を傾けていました。
    その後、講師を交えてのグループ・ディスカッションでは積極的な質疑応答が行われました。

    ne_20151204_02.jpg
    グループ・ディスカッションの様子。

    4つのグループに分かれてディスカッションを行いました。授業を参観された教職員・地域住民の方、卒業生もディスカッションに参加され、活発な議論が展開されました。

    伊藤先生の総括で授業が終了しました。90分の授業が短く感じられました。

    ne_20151204_03.jpg

    講師をお願いした各教育委員会の皆様、及び、お忙しい中をお越しいただいた参観者の皆様には心より感謝申し上げます。
     

    本学では、以下のとおり教員免許状の取得が可能です。

    ●人文学部現代文化学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(国語)

    ●人文学部言語芸術学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    ●人間関係学部心理学科
    中学校教諭一種免許(社会)
    高等学校教諭一種免許(公民)

    ●人間関係学部子ども発達学科
    小学校教諭一種免許
    幼稚園教諭一種免許
    特別支援学校教諭一種免許

    ●国際キャリア学部国際英語学科
    中学校・高等学校教諭一種免許(英語)

    ※小学校教諭一種免許は子ども発達学科以外では、中学校・高等学校教諭免許取得を前提とし、神戸親和女子大学での通信教育によって取得可能です。

    本学教職課程は、教育委員会と連携した教育活動が活性化してきており、教育実習以外に小・中学校で実践授業を行ったり、本学に地元の小学生を招いた「科学教室」を開催したりするなど、現場体験ができる機会を豊富に設けています。
    授業のほかに、小・中学校等の教育現場で学生サポーターとして活動の場を提供しています。実践的指導力を身に付ける教育に力を入れています。

    2015年
    12月02日

    熊本城おもてなし武将隊による演舞とトークショー「武将が語る九州・南蛮・キリシタン」 授業公開のご案内

     ne_20151202_01.jpg熊本城おもてなし武将隊による演舞(殺陣を交えたパフォーマンス)と歴史トークショーを公開授業として行います(人文学部現代文化学科「日本史A」の授業を公開します)。
     
    日時 2015年12月15日(火)
    開場11時40分 開始11時50分 終了12時55分
    場所 福岡女学院 ギール記念講堂
    一般の方:2階席。学生・本学関係者:1階席
    本学へのアクセスについてはこちら
    出演 黒田官兵衛 細川忠興 小西行長(熊本城おもてなし武将隊)
    大島一利(言語芸術学科/宗教主事)佐島顕子(現代文化学科)
    その他 入場無料
    演舞から始まります。
    最初の部分をお見逃しありませんように!
    途中退出自由です。
    チラシ PDF(402KB)

    戦乱で焼けた博多を復興、後に福岡城を築いた 天才軍師黒田官兵衛
    細川ガラシャの夫、南蛮文化も偏見なく受容した利休七哲・細川忠興
    西欧にまで名を馳せた海の司令官、秀吉の交渉人小西行長
     
    彼らは3人ともキリスト教に縁のある武将です。
    400年前にキリスト教に触れ「隣人を愛する」種をこの地に蒔いた彼らは、キリスト教をベースに置く福岡女学院130年の歩みをたいへん喜んでくれました。

    あの頃、彼らはどのように生き、どのような理想を後世に伝えようとしたのか、武将が自らの言葉で語ります。
     
    熊本城おもてなし武将隊は、毎日熊本城で演舞や観光客との交流(おもてなし)を行うほか、国内外のイベントに数多く出演しています。
    彼ら武将の意識の高さと演舞実力は日本で1,2位を争うと認められ、熊本城は3年連続「行ってよかった日本の城」第1位に輝きました。

    最近では福岡市博物館「大関ヶ原展」で演舞と歴史トークショーを行いました。
    今回の武将による大学講義でも、私たちは歴史の新鮮な追体験に導かれ、この時代を生きる慰めと励ましを得られると信じます。

    ne_20151202_logo.jpg
     ©熊本城おもてなし武将隊 

    11月25日 3武将の本学サプライズ訪問記 【同武将隊公式武録(ブログ)

    黒田官兵衛①
    パイプオルガン・学院の歴史と教育理念紹介

    黒田官兵衛②
    TFT・大学授業参加・幼稚園訪問
     

    小西行長①
    理事長室訪問・学院がめざす人間像

    小西行長②
    東海合戦ワールド出陣を控え、年間聖句の下で静まる姿

    小西行長③
    現代文化基礎演習(文学)

    小西行長④
    言い置く儀億万あり共~海軍装束〜
     

    細川忠興
    中庭で、愛する妻ガラシャを追憶

    同日 キャンパスでの写真

    ne_20151202_03.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE