• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2015年06月

    大学案内

    News and Event

    2015年
    06月30日

    出版記念イベントを行いました

    今年卒業した先輩たちの活躍をもとに、プレゼンテーションについて書かれた編著『心をつかむビジュアル・ストーリー型プレゼンテーション』の出版記念イベントが6月24日(水)福岡市中央区の書斎りーぶるで行われ、ゼミ生による模擬プレゼンテーション・ワークショップ・朗読、懇親会を行いました。
    ne_20150630_02.jpg
    模擬プレゼンテーションでは3年生チームが実力のプレゼンを披露。終了後のワークショップでは熱い激論が交わされました。最後にスピーチ力を鍛える為に行っている朗読「ラヴ・レターズ」を4年生が行いました。多くの方々と交流ができて学生にとってよい経験になりました。
    ne_20150630_03.jpg

    2015年
    06月30日

    【人文学部のキャリア支援】「社会人入門 ll」で面接体験授業

    人文学部では、学生のキャリア意識や就業スキルを高め、社会人として必要な実践的な能力を育成するため、キャリア科目「社会人入門」を開講しています。

    先日行われた2年生対象の「社会人入門 II」の授業では、客室乗務員経験者である西島先生のご指導のもと、面接体験が実施されました。

    受講生は全員スーツを着用し、本番さながらの面接を体験します。
    服装や姿勢にも気を使いながら、受け答えをしています。

    将来のキャリアについて考える良い機会となったようです。
    gen_20150630_01.jpg
    gen_20150630_02.jpg

    2015年
    06月26日

    ビジネスチャレンジ事業で本学学生チームのプランが選定されました

    大学ネットワークふくおか主催のビジネスチャレンジ事業において、1次予選、2次予選(西南学院大学でプレゼン)を経て本学学生チームのビジネスプランが選定されました。
    ne_20150626_02.jpg
    大学院・大学生チームを対象とした起業(ベンチャービジネス)プランを福岡市が募集。選定されたチームには中小企業診断士(アドバイザー)と開業資金が与えられるというものです。

    起業の内容は綱引をアクティビティに応用した、チームビルディングサポート会社です。会社名はTOWR(トール)です。
    メンバーは現代文化学科3年13名で構成されてた「チームグラスホッパー」です。

    代表取締役社長A.Yのメッセージ

    起業(ベンチャービジネス)は男子学生が多いのが現状です。ですが女子学生でもできることを昨年に続いて証明しました。夢は実現できるのです。私たちと実現しましょう。
    強い女子!!ファイト
    仮想株式会社TOWR 代表取締役社長A.Y

    参考記事
    ne_20150626_01.jpg

    2015年
    06月25日

    【​学生の広報活動】仮想 株式会社「TOWR」とは…

    6月3日の記事でご紹介していた仮想 株式会社「TOWR(トール)」。
    何の略かわかった方いますか?

    正解は…
    Tug of war 綱引競技のT・O・Wに研究調査のResearchのRをつなげたものでした。

    「綱引き」を通してチームビルディングを支援していくという全く新しい発想で商品開発にも取り組みます。

    なぜ、綱引き?

    綱引き競技にはエースがおらず、全員の気持ちが一つになることが重要。力ではなく、揃って後方に体重移動するなどコツを掴むことが重要で、チームビルディングを成功させるための要素が詰まっているからです。

    ne_20150625_02_02.jpg

    チームビルディングって?

    複数のメンバーが一つのゴールを目指し一丸となって進んでいける、効果的な組織づくりや、チームをまとめる手法のことです。


    この会社は観光サービス産業における従業員のキャリア形成をテーマに研究を行っている人文学部現代文化学科浮田ゼミの取り組みです。
    今後この会社の活動を追っていきます。
    ne_20150625_02_03.jpg
    ne_20150625_02_01.jpg

     

    2015年
    06月25日

    ​【学内紹介】学内にある寮 カナン寮

    学内には、大学1年生(主に国際キャリア学部)が1年間限定で生活しているカナン寮があります。

    同級生や海外からの留学生がともに生活することで、異文化に対する理解力とコミュニケーション能力を養うことを目的としており、中国や韓国からの交換留学生(長期・短期)も入寮します。現在、交換留学生の中国人4名、韓国人1名含め19名が一緒に生活をし、異文化間コミュニケーションを楽しみながら生活をしています。

    学生課では、この寮生を対象に、交流を深めてもらうため、留学生に日本のことをもっと知ってもらうため、年間を通じてさまざまなイベントを企画・開催しています。
    先日は、スポーツ大会やホタル見学ツアーも行いました。

    ここでの1年間が、充実した学びの場となるよう願っています。
    ne_20150625_01_01.jpg
    ne_20150625_01_02.jpg
    ne_20150625_01_03.jpg

    2015年
    06月19日

    【クラブ活動】裏千家茶道部 緑風茶会のご案内

    紫陽花が雨に濡れてひときわ鮮やかに咲き競う季節となりました。
    さて福岡女学院大学裏千家茶道部は六月二十七日(土)に緑風茶会を日本庭園に
    て下記の通り催します。
    さしたる趣向もなく万事拙いことではございますが薄茶を一服差し上げたいと存
    じます。
    つきましては遠方かつご多忙のこととは存じますが、皆様方お誘いあわせのうえ
    ご来席くださいますよう謹んでご案内申し上げます。

    ne_20140624_04.jpg
     

    日時:平成二十七年六月二七日(土曜日)
       午前十時〜午後二時(受付終了)

    料金: 一般(九百円) 学生(七百円)
       一席 薄茶(三、四年生)
       二席 茶箱(一、二年生)

    場所:日本庭園(福岡市中央区大濠公園)


    当日券もご準備しておりますのでお気軽にお越しください。ne_20140624_05.jpg

    2015年
    06月19日

    【人文学部のキャリア支援】 「社会人入門Ⅲ」授業でOG来校

    人文学部では、学生のキャリア意識や就業スキルを高め、社会人として必要な実践的な能力を育成するため、キャリア科目「社会人入門」を開講しています。

    先日行われた3年生対象の「社会人入門Ⅲ」の授業では、株式会社 産業経済新聞社に勤務するOGが来校し、現在の仕事のこと、業界のこと、就職活動中のことなどお話いただきました。

    これから就職活動が始まる学生たちは熱心にメモをとって聞いていました。
    ne_20150519_01.jpg
    高校生の皆さんにとって、卒業生が希望の就職に就くために学生時代にどのようなことをやってきたか。また高校時代どういう生徒だったか… 気になりませんか??

    今年行われるオープンキャンパスでは各業界で活躍する本学OGを招き、学生時代のこと、就職活動のことや高校時代のこと、夢を叶えるために取り組んできたことなど皆さんが気になるような内容をお話いただきます。

    詳細はオープンキャンパス特設サイトでご確認ください。



    2015年
    06月16日

    ​【学生の活躍】テイチクレコード吟詠詩舞コンクール全国優勝

    人間関係学部心理学科I.Yさん(福岡県私立中村学園女子高等学校出身)が、6月7日(日)、東京で行われたテイチクレコード吟詠詩舞コンクール全国大会に西日本地区代表として出場し、見事優勝をはたしました。今日はその報告に学長室へ。
    ne_20150616_02_02.jpg
    若い世代で詩吟をやる人が少なくなっている今、もっと多くの方に詩吟に親しんで欲しいと語るとともに、今後は師範も目指し、いろいろな大会出場を目指したいと抱負を語ってくれました。

    今後のI.Yさんの活躍を期待しています。
    ne_20150616_02_01.jpg

    2015年
    06月16日

    ​【クラブ活動】空手の合同練習が開催されました

    本学空手部主催 第6回合同練習(6月14日本学大学体育館2階)が開催されました。
    今回は新たに中村学園大学空手道部のメンバーを加え インターハイ常連校の指導者を招き全国レベルの組手指導が行われました。

    ne_20150616_04.jpg参加は
    本学空手部
    中村学園大学空手道部
    純真高校空手道部
    和道流春日道場
    その他福岡女学院中学生
    フルコン佐藤塾指導者

    総勢35名

    様々な伝統系の流派とフルコンの指導者も加えひとつの目標に向かった練習をする光景は圧巻でした。
    ne_20150616_03.jpg
    ne_20150616_02.jpg
    3時間に及ぶ練習と当日の暑さもあり2名の脱落者は出ましたが、非常に好評でした。次回も指導をお願いする予定です。
    これらの練習経験がそれぞれの練習の場で生かされ、さらに深遠なものになることを期待しています。
    ne_20150616_05.jpg
    ne_20150616_01.jpg
    空手部コーチ

    2015年
    06月10日

    井尻商店街の活性化など地域振興を目指す文化発信拠点「いじ☆かるstudio」イベント情報

    ne_20150610_01.jpg井尻商店街内には、言語芸術学科スタッフと学生有志が中心となって運営する多目的スペース「いじ☆かるstudio」があります。
    教室から学生を開放し、商店街をアートで盛り上げようというコンセプトで建てられました。

    ここでは、演劇、ダンスなどパフォーマンス関連はもちろんのこと、個展やワークショップも行うことができる場所で、演劇フェスティバル、劇団による公演、写真展、絵画展など行ってきました。

    今回は、この「いじ☆かるStudio」6月の催しをご案内します。
    興味のある方はぜひご参加ください。
    その他、イベント情報などいじ☆かるstudioのfacebookもご覧ください。

     

    第12回いじ☆かる寄席

     福岡で活躍するアマチュア落語家による落語を中心にお送りします。
     ■開催日:6月13日(土)16時
     ■入場料:無料

    第1回いじり演劇探検隊

     毎回、様々な団体を呼んで、即興劇をしています。
     ■開催日:6月21日(日)13時~16時
     ■入場料:無料

     

    2015年
    06月03日

    学生の広報活動〜仮想 株式会社「TOWR」広報担当として会社売り込みと学外で福岡親善大使〜

    今回、学内外で広報という任務を任されている現代文化学科3年生のH.Sさんを取材しました。

    本学で活発に産学連携に取り組む浮田ゼミに所属。2012年社会人基礎力育成グランプリ全国大会では優勝経験もあり、また、昨年度出場した大学発ベンチャービジネスコンテスト決勝ではプレゼンテーション力の高さに「審査委員特別賞」、事業計画に「優秀賞」のW受賞を果たしています。
    ベンチャービジネスコンテストで今年こそは優勝!!と、彼女たちが現在取り組んでいるのは仮想 株式会社「TOWR(トール)」の立ち上げです。何の略かわかりますか?

    彼女はそのゼミで広報担当として活動しており、先輩たちから学んだ、そしてこれから学んでいくノウハウを駆使して、この会社を売り込む重要な任務を任されています。

    学外では、ミス福岡に選ばれ、これから2年間、福岡親善大使として福岡のPR活動も行っていきます。

    普段、出会うことの無いであろう方々との出会いにも期待しつつ、親善大使として「大好きな福岡をたくさんの人に知ってもらいたい、福岡の魅力をもっと発信したい
    と目を輝かせ話をしてくれました。

    一足早く社会との関わりも持ちますが、いろいろな企業の方と話をする中で興味を持ってもらえる話題が、現在ゼミで取り組んでいる仮想 株式会社「TOWR」。
    大使として重要な任務を果たしつつ、「TOWR」を知ってもらう活動にもつながっていきそうですね。

    「TOWR」は現在、商品開発を手がけようと、ゼミメンバーで検討する日々を送っています。その商品は…企業秘密です。今後の浮田ゼミの活動にご注目ください!

    ne_20150603_01.jpg

    2015年
    06月02日

    ​第50回 葡萄祭(学園祭)に向けて

    葡萄祭に向けて、葡萄祭実行委員が中心に当日に向けて作業を進めています。
    先日は模擬店出店にあたっての説明会が行われました。

    毎年、ゼミや部活を中心にたくさんの模擬店がでますが、今年の模擬店はどんなお店がでるのでしょうか。また、今年も例年に負けないくらい面白いイベントも考えているようです。

    第50回葡萄祭の特設サイトは9月上旬公開予定です。お楽しみに!

    ne_20150601_02.jpg
     

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE