• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2014年07月

    大学案内

    News and Event

    2014年
    07月29日

    【短大】英語暗誦大会の出場者を募集

    福岡女学院短期大学開学50周年記念大会
    「第41回 グレープカップコンテスト(英語暗誦大会)」出場者を募集中


    福岡女学院大学短期大学部は、2014年11月15日(土)に英語暗誦コンテスト「第41回グレープカップコンテスト」を開催します。
    国際社会における女性の活躍と英語教育振興を目的として、西日本地区の高等学校女性生徒を対象に開催してまいりました当コンテストも今年で41回目を迎えました。毎年多数の高等学校からご参加いただき、感謝いたしております。
    今回の41回大会は、福岡女学院短期大学開学50周年の年に当たります。そこで、今回の課題文は世界の児童文学作家アンデルセンの“The Teapot”を選びました。主人公のティーポットは己を捨て、他者の喜びを己の喜びとします。福岡女学院短期大学の建学の精神を理解していただければ嬉しゅうございます。
    つきましては、今年度は下記の要領で開催いたすことになりましたので、女子高校生の皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
     

    第41回グレープカップコンテスト(英語暗誦大会)開催要領(抜粋)

    暗誦課題 The Teapot
    (by Hans Christian Andersen, retold by Stuart Atkin)
    課題文についてはこちら
    日時 2014年11月15日(土)午前11時開会
    会場 福岡女学院ギール記念講堂
    出場資格 高校女子生徒(ただし,1校につき1名。過去に2年以上英語圏在住経験がある方は出場をご遠慮ください)
    申込締切 2014年9月30日(火)(※ 当日消印有効)
    チラシ PDF[569KB]
    後援 西日本新聞社、JTB九州 福岡支店 教育旅行センター
    大会概要、お申込方法など詳しくはこちらをご覧ください。

    2014年
    07月25日

    福岡海星女子学院高等学校の皆様が来校されました

    7月22日(火)に11名の福岡海星女子学院高等学校の皆さんが来校されました。
    大学の施設を見学し、雰囲気を味わうことにより、進路意識、学習意欲の向上を目的に本学の見学に来ていただきました。

    ne_20140725_02.jpg到着後、まずはギール記念講堂へ。
    創立120周年記念事業として設置された中部ドイツバロック様式のパイプオルガンの演奏。パイプオルガン奏者よりパイプオルガンについてパイプの数やどのような音が出せるのかなど簡単に説明もさせていただきました。


    その後、本学の新しい施設、125周年記念館内にあるInteractive Leaning Studioという教室で、学部学科について説明させていただきました。この教室はiPadを利用してグループワーク、プレゼンテーションなど、能動的、双方向型学習を行える教室。生徒の皆さんお一人お一人にiPadをお渡しし、その画面を見ながら説明を聞いていただきました。一足早く、大学で授業の雰囲気も味わっていただけたのではないでしょうか。
    ne_20140725_03.jpg
    次に施設見学。
    まずは図書館へ。本学の蔵書数は約24万冊。8/1(金)~8/30(土)の夏休み期間中は女子高生へ図書館を開放しています(※8/9~8/17日曜日は休館。8/9~8/10はオープンキャンパスのため施設見学のみ)。

    続いて、大学の授業も見学。
    国際キャリア学部 国際英語学科の授業では、教室後方に着席していただき、本学学生が英語でプレゼンテーションしている様子を見ていただくことが出来ました。先輩たちの姿、どのように感じていただいたでしょうか。
    ne_20140725_04.jpgne_20140725_05.jpg
    その後、本学子ども発達学科の特徴ある施設、子ども発達センターをご案内。ここは多目的ホールや造形室、保護者支援室等、教育と実践の場、地域サービスの場として活用されています。子ども発達学科に関心のある方が多かったこともあり興味深く見学されていました。
    ne_20140725_06.jpg
    お昼にさしかかる時間…最後は食堂でランチを楽しんでいただきました。

    約2時間半と短い時間でしたが、福岡海星女子学院高等学校と本学とはとても近いところにありますので、オープンキャンパスオープンデイにも是非お越しくださいね!
    ne_20140725_07.jpg

    2014年
    07月24日

    【国際交流】協定校より短期研修生を受け入れました

    7月7日および7月14日より樹人医護管理専科学校(台湾)と仁濟大学校(韓国)から合計5名の学生が短期研修として福岡女学院大学で在学生たちと共に学び交流しました。
    ne_20140724_01.jpg
    それぞれ、2週間ないし1週間という短い期間でしたが、学内の寮に滞在し、正規の授業に参加、工場見学などの学外アクティビティや週末のホームステイなどを通して日本文化を体験しました。
    ne_20140724_02.jpg
    また、国際交流センターでの「国際交流アワー」では、台湾や韓国の文化紹介もしました。観光地や食文化、ファッションなど多岐にわたる内容で、日本人学生だけでなく、現在本学で学んでいる留学生も話に聞き入っていました。
     
    この夏には仁濟大学校で学ぶ語学研修科目「異文化へのアプローチ」と日本語教育実習フィードワークが、年明けには樹人医護管理専科学校での日本語教育実習フィールドワークが予定されています。
     
    双方での研修をとおして、これからも両校との交流が活発に続いていくことを願っています。
     ne_20140724_03.jpg
    福岡女学院大学国際交流課

    2014年
    07月16日

    【クラブ生の活躍】九州インカレ(空手道競技):悔し涙が成長の証

    7月13日(日)に崇城大学体育館で行なわれた九州インカレ(空手道競技)に、本学の空手部が出場しました。
    空手部コーチT.Yよりレポートが届きましたのでご紹介いたします。
     


    F大学は昨年とほぼ同じ強力なオーダーでした。

    第1回戦:対K大学 不戦勝(ベスト8)
    第2回戦:対F大学

    ne_20140716_02.jpg空手部は初戦不戦勝でベスト8に進み、2回戦で強豪F大学と当りました。
    先鋒のこども発達学科1年N.Sが、長身とインターハイ出場経験を活かし上段回し蹴りでポイントし1勝。
    中堅は心理学科3年A.Y。先回行なわれた新人戦で優勝し気合は十分。ただ対戦相手のレベルは高く間合を取らせてくれず1敗。
    大将、現代文化学科3年H.Hも、同じく先回行なわれた新人戦で準優勝し波に乗っていました。しかし中堅と同じく対戦相手のレベルは高く1敗。
    以上セットポイント1-2での敗北となりました。

    本学の空手部は、顧問・コーチ共にいつか学生自から自主的に活動を行なうまで、強制することのない指導をしようと誓って6年になります。
    これまで、寸止めといえども怪我をする可能性のある競技に部員達は恐れおののき、インカレ不参加を表明した時期もありました。
    しかしこの大会で悔し涙を流す選手をみて、よくここまで成長したものだと感動しました。強豪相手に1セットを取ったこともすばらしいことです。

    これからの空手部の発展を願いながら、勝利した選手の努力、負けても頑張った選手、団結して応援した部員の全てを褒め称え、それを支えた福岡女学院の精神に感謝します。
    今後、空手部が部員の成長によってさらに進化するものであってほしいと願います。
    ne_20140716_03.jpg

    2014年
    07月09日

    台風8号接近に伴う授業の取扱いについて

    全学生のみなさんへ

    明日(7月10日)の授業は台風8号の接近により終日休講とします。
    なお、補講については随時ポータルシステムでお知らせしますので確認してください。
     
    2014年7月9日
    教務部長

    2014年
    07月07日

    精華女子高等学校1年生の皆様が進路研究で来校されました

    7月4日(金)に、精華女子高等学校の1年生の皆様が進路研究の授業の一環として、本学に来校されました。
    ne_20140707_03.jpg
    ne_20140707_04.jpgエリザベス・リー ホールにて木ノ脇学長が挨拶し、入試広報課の職員による大学紹介が行われました。
    大学とは何をするところなのか、学部学科とは何かという話題から始まり、本学の学部学科の紹介など、生徒の皆様は熱心に聞いておられました。
    ne_20140707_02.jpg

    ne_20140707_05.jpg大学紹介の後、国際キャリア学部 国際キャリア学科の南川教授が、英語の発音についての模擬授業を行いました。
    日本人は英語の発音や聞き取りが何故分からないのかを実例を通して解説され、生徒の皆様も一緒に発音したり、積極的に意見を述べたりと大変興味深い様子でした。
    「女学院といえば英語教育」と言われる本学らしく、英語そのものに興味を持てたり、英語は楽しいものと思えるような講義内容で、受講後「とても楽しかった」というご感想をいただきました。
    ne_20140707_06.jpg

    最後に施設見学として、ギール記念講堂をご案内しました。
    本学の講堂にあるパイプオルガンは、創立120周年の記念事業として設置された中部ドイツバロック様式のパイプオルガンです。
    本学教員によるパイプオルガンの説明と演奏が行われ、最後には大きな拍手をいただきました。
    ne_20140707_07.jpg
    約2時間と短い時間ではありましたが、生徒の皆様やご引率の先生方の表情は明るく、本学としても大変楽しいイベントとなりました。
    来月9日・10日にはオープンキャンパスも行われますので、少しでも興味を持たれた方は、是非参加してください。
    ne_20140707_08_link.jpg

    精華女子高等学校の皆様、ありがとうございました。

    2014年
    07月04日

    2014年度 OG懇談会開催

    2014年7月1日と7月3日に2014年度OG懇談会を開催いたしました。
    OG懇談会は就職支援プログラムの一つとして、毎年様々な業界で活躍する卒業生をお招きして、先輩方から現在の仕事や就職活動のことなどをうかがうことが出来ます。
    ne_20140704_01.jpg
    1日は劇団の営業のTさん、カード会社のオペレーターのTさん、自動車学校の教員のSさん
    ne_20140704_02.jpg
    3日は福岡空港のグランドスタッのKさん、銀行のテラーのKさん、旅行会社を経て劇団の営業に転職したOさんにご来校いただきました。
     
    ne_20140704_03.jpgne_20140704_04.jpg先輩方の自己紹介ののち、さまざまな経験談や就職活動のアドバイスをいただき、学生たちは熱心に耳を傾けていました。

    特に『学生と社会人の違いは』という質問に対して、それぞれご自分の経験を振り返りながら、具体例も交えて真摯に語ってくださり、想像がつかない現実の厳しさや責任の重さ、受け入れるべきことの多さなど学ぶことが多かったようです。



     

    後半は3つのグループに分かれ、先輩方が順番に回ります。
    ne_20140704_06.jpg
    現在の仕事内容や、就職活動中に気をつけていたこと、在学中楽しかったこと、はたまた年齢など…距離が近い分、実に様々な質問が飛び交い、また先輩方も学生たちの質問に笑顔で丁寧に答えてくださいました。
    ne_20140704_05.jpg
    先輩たちからのリアルなお話しを聞くことで、学生たちも社会に出るとはどういうことかを知り、今後の就職活動のヒントを得る機会となったようです。
    お忙しい中お越しくださったOGの皆様、貴重なお話をありがとうございました。
    ne_20140704_07.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE