• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 2013年12月

    大学案内

    News and Event

    2013年
    12月20日

    国際キャリア学部の紹介ビデオができました

    20131105_1.jpg


    国際キャリア学部の紹介ビデオが、YouTubeにアップされました!
    国際キャリア学部は、国際英語学科と国際キャリア学科の2学科で構成されます。
    学部のキーワードは、「英語力」と「国際キャリア力」です。英語を使って世界を舞台に活躍したい、そんな夢を持った皆さんを応援します。

    本紹介ビデオでは、OGである
    コーチ・ジャパン マーケティング部シニアバイスプレジデントの倉田浩美さん、
    タイ国際航空 南日本地区旅客営業部 部長 川波美子さんのインタビューもあり
    世界を相手に活躍する卒業生のリアルな意見を見ることもできます。

    是非一度ご覧ください!


    20131105_2.jpg▼YouTube
    https://www.youtube.com/watch?v=PfURGGF2C5k




    記事公開 2013年11月5日
    再掲載  2013年12月20日

    2013年
    12月13日

    現代文化学科 釜山・福岡大学生広報大使2名の活躍

    20131213_01.jpg


    福岡市と釜山広域市で平成22年より行っている国際交流・両都市PR事業の「釜山・福岡大学生広報大使」4名のうち2名が、本学人文学部現代文化学科から大使に任命され(→詳細)、現在活動を行っています。

    4年目を迎えた今回は「旅行商品企画」をテーマに、これまで培った両市の交流を活かしながら、ひとつの観光圏として両市を巡る旅の企画を広報大使の大学生が行います。
    先月釜山側の大学生広報大使が福岡入りし、両市で企画した旅程をつなぎ合わせ1つの旅行商品を企画しました。
    2014年3月31日の任期終了まで残り3カ月。
    課題を解決しながら旅行商品の企画を完成させるためベストを尽くしています。

    20131213_02.jpg
    旅行企画会議の様子


    広報大使の人文学部現代文化学科C.Tさんからのメッセージ------------------------

    釜山の大学生広報大使11/22~11/24に来福し、会議や福岡のモニターツアーなどを一緒に行いました。
    TV会議よりもじっくり話し合うことができ、韓国の広報大使のメンバーとの絆も深まったように思います。新たな課題等を踏まえ、旅行完成にあとひとやまです。
    福岡チームでは釜山チームが帰国したあとも会議を続け着実に進めています!

    20131213_03.jpg
    福岡のモニターツアーの様子

    ------------------------

    今後の彼女たちの活躍を期待しています。

    2013年
    12月12日

    ハワイアン航空CAの人文学部二期生からのメッセージ

    20131212_01.jpg


    20131212_02.jpg人文学部2期生で現在ハワイアン航空客室乗務員として働いている、ハワイ在住のK.Sさんが福岡へ帰ってきました。

    K.Sさんは中学・高校・大学すべて福岡女学院で学び、中学時代は演劇部、高校時代はダンス部、大学時代はテニス部に所属し、学業とクラブ活動に力を注いでおられました。

    大学4年時の阪神淡路大震災時にはゼミの教員・テニス部の部員らとボランティアをするなど、積極的にさまざまな活動に参加されており、女学院で学んだキリスト教教育「奉仕の精神」がいつも心の中にあると話してくれました。

    卒業後ハワイに移住し、来春で19年。
    ハワイではヒルトンハワイアンの勤務を経て、現在はハワイアン航空客室乗務員として主に国際線を担当し、アメリカ本土の国内線にもフライトが入っているとのことです。

    今回、福岡フライトの機会があったため、滞在先のホテルで写真撮影をさせていただきました。

    客室乗務員の仕事は肉体的にも精神的にもタフでなければやっていけない仕事。
    彼女は18年続けている趣味のフラダンスにより心身ともに癒されているそうです。
    これからの彼女の目標は客室乗務員としてのスペシャリストを目指すとともに、ボランティア活動に積極的に参加すること。

    今後の彼女の活躍を応援したいと思います。


    20131212_03.jpg

    2013年
    12月09日

    11/30(土)ハンドベル部による定期演奏会が開催されました

    20131209_05.jpg


    11月30日(土)に日本福音ルーテル博多教会にて、ハンドベル部による定期演奏会が行われました。
    ハンドベル部より当日のレポートが届きましたのでご紹介します!

    ------------------------------------

    緊張しつつも楽しんで、無我夢中で演奏しました。

    アンコール曲を含めて、11曲演奏しましたがあっという間に時間は過ぎ、ハプニングやミスも多々ありましたがなんとか無事に演奏を終えることができました!

    演奏が終わってから多くの方に直接褒めていただいたり、アンケートにもたくさんのお褒めの言葉が書いてあったりと、心の底から嬉しかったです。

    辛いときもありましたが、みんなでハンドベルを練習することが楽しくて楽しくて仕方ありませんでした。だから毎日遅くまでの練習も頑張ることができました。

    3年生にとって集大成とも言えるこの日に、たくさんの方に来てくださり、感謝の気持ちでいっぱいです。無事に終えることが出来たのも、ご指導してくださった先生を始め、毎日夜遅くまでの練習を影で見守ってくださった保護者の方々、何よりここまで共に頑張ってきた12人の部員のおかげだと思っています。
    ありがとうございました。

    今後とも、福岡女学院大学ハンドベル部をよろしくお願いします!!


    -お知らせ-
    博多阪急百貨店にて12月22日(日)に演奏をさせていただきます♪
    時間は14:00~と16:00~の予定です。
    主にクリスマス曲を演奏する予定ですので、是非お越し下さいね(*^_^*)


    20131209_06.jpg

    ------------------------------------

    ハンドベル部の皆さんおつかれさまでした!
    22日も美しい演奏楽しみにしています。

    2013年
    12月09日

    大学院臨床心理学専攻(第一種指定大学院)が、
    岩手県宮古市社会福祉大会で表彰されました

    本学大学院臨床心理学専攻(第一種指定大学院)では、2011年8月から6ヵ月に1度、平均6日間の継続震災支援を行っています。
    その間の参加支援者数は延べ65名、支援を受けた被災者は延べ965名に至っています。

    この支援の特徴は、本学大学院の大野博之教授が開発したリラクセイション療法「サート」を用いていることです。
    「サート」は本学大学院臨床心理学専攻の臨床心理実習において主要な技法であることから、訓練された大学院生が参加しています。
    臨床心理学専攻院生の参加は、この2年半の間(5回の震災支援)述べ37名に達しています。

    参加した院生は、精神的に大変大きく成長するとともに、心理療法の実践という支援内容により、集中的な技法の訓練機会を得て、就職後現場で実践できる力を育てることができています。
    被災者の方々の心身の変化も著しく、毎回継続して参加される被災者も数多くいらっしゃる一方、本専攻の継続支援に対する現地ボランティアセンター(現生活復興支援センター)の評価も高く、仮設住宅集会所3ヵ所で始まったこの支援活動は、現在6ヵ所に拡大されています。

    このような活動の実績とその効果が認められ、このたび2013年度第8回宮古市社会福祉大会にて、大会長感謝状を贈られました。
    表彰された団体は、16団体、他県からの受賞は本学のみでした。

    20131209_01.jpg
    院生と感謝状(人間関係学部心理学科の卒業生が多く在籍しています)


    ------大学院生M2 M.Nさんからのメッセージ------

    ~感謝状を受け取って~
    感謝状は、ずっしりと重く、宮古の方々の想いを感じました。
    この感謝状は、この活動に参加した人だけに送られたものではなく、陰で支えてくださった皆様に送られたものだと思います。
    より良い支援を届けられるように一層の努力をしていきたい所存です。

    ~震災ボランティアについて~
    福岡女学院大学大学院臨床心理学専攻では、教員と院生が中心になって、2011年の夏から、2012年春、2012年夏と、3回にわたって継続的な震災支援を行っています。
    今年は、3月25日~30日、8月6日~11日に行いました。
    次回は2014年3月23日~30日の予定です。この計画は、今後も続けて実践する予定です。
     
     
    ------大学院生M2 Y.Aさんからのメッセージ------

    ~震災ボランティアを通じて~
    震災支援からどれだけ月日が経とうと被災地の方の心の中には、当時の記憶が消えることがありません。私達もお話しを聞かせて頂く中で何度も胸が締めつけられました。   
    しかし、被災地では苦しい現状の中でも今を懸命に生きようとする被災者の姿があり、私達自身がたくさんの笑顔とパワーをいただきました。また継続的支援だからこそ生まれる絆を大切にし、今後も被災地への想いを繋げていきたいと思います。
    震災支援(2011年8月~)実習だよりもご覧ください。
    今後もどうぞよろしくお願いいたします!


    20131209_02.jpg
    【左:サートの様子】連日満員御礼、院生の休む暇なしでサート(主動型リラクセイション療法)を行う。
    【右:訪問サート開始】2013年春から、外に出られなくなった方々のために、訪問サートを始めました。


    20131209_03.jpg
    【左:野外遊び】いくら暑くても、いっぱい遊びたい子ども達
    【右:景品選び】院生全員で心を込めて作った手作り景品を選ぶ子ども達


    20131209_04.jpg
    【ねんど遊び】「あそぶ寺子屋」(子ども向け支援プログラム)の風景

    2013年
    12月06日

    国際キャリア学部開設記念セミナー質疑応答 2

    20131111_01.jpg


    2013年11月2月(土)に国際キャリア学部開設記念セミナー『女性が世界を舞台に活躍する!』を開催いたしました。(詳細
    当日は満席となり、ご参加いただいた皆様に深く感謝申し上げます。

    セミナー中のパネルディスカッションでは、参加者の皆様から多くの質問をいただきました。
    当日は時間が足りずご紹介できなかった質問について、11月11日に掲載したセミナーの質疑応答の記事に続き、本日は西日本シテイ銀行頭取 久保田勇夫様の回答をご紹介致します。


    【質疑応答】

    -----------------------------------------------------
    基調講演Ⅱ「国際社会で求められる人材とは」
    西日本シテイ銀行 久保田勇夫頭取
    -----------------------------------------------------

    20131206_02.jpgQ.あなたの英語教育への考え方には同感です。音読が大切であると考えられるようになったきっかけは何ですか?

    A.中学1年生の夏休み前、英語の教師(小野粋先生)から、「1学期中に教科書で学んだところを毎日10回声に出して読み、かつ毎日10回ノートに書き写すように」との宿題を課され、それを愚直に実行したこと、それ以降も出来るだけ教科書を音読しました。これにより以降、英語の学習では人に遅れをとることはありませんでした。
    なお、この方式により、中学校から高校までの全ての教材を暗誦しました。


    Q.「少数意見を堂々と述べる」ということが国際人の条件。この想いを深めた経験を教えて下さい。

    A.日本人は世界の中で少数派であり(現在の世界の仕組みは、基本的に欧米の制度、思想で出来上がっている)、もし自分の意見(大抵の場合、日本の意見は少数意見である)を述べないと日本の主張が受け入れられなくなるのが現実だからです。


    Q.日本文化を知ることの中で、文学作品を読むことはどのくらい大切ですか?

    A.日本の文化を知る、ということの他、自分の知らない生き様や考え方を知り、自らの人生を有意義なものにするために必須ではないかと思います。


    Q特に女性に求められることは何ですか?

    A.男性、女性にかかわらず、それぞれの個性に応じたことが求められると思います。


    Q.歴史(日本等)を知る上でお奨めの本はありますか?また愛読書はありますか?

    A.日本史の他に世界史を知ることが大切だと思います。例えば、J.M.ロバーツ「世界の歴史」(創元社)の第8巻「帝国の時代」及び第9巻「第二次世界大戦と戦後の世界」をお奨めします。


    Q.他国の文化やモノ、人に触れ合う機会が少ないのですが、今後どのように学べばよろしいですか?働きながらでもできることは何かありますでしょうか?(ちなみに、私は内勤が多く外に出たくても出る機会が少ないのです。)

    A.大きな本屋さんで、興味のありそうな本を選ぶことをお奨めします。その場合、いかにして本物(ホンモノ)を選ぶかが大切です。古くから多く読まれている本、外国の人の書いた本で日本語訳となっているもの(日本語訳が出ているということは、多くの人に読まれる可能性があること、更にはその価値があると考えられたから出版されたものだと思われます。)をお奨めします。

    20131206_03.jpg

    ------------------------------------

    お忙しい中、ご回答いただき 誠にありがとうございました。

    2013年
    12月03日

    福岡女学院大学チャレンジ助成金報告会が開催

    今年度に始まったチャレンジ助成金制度。

    この助成金は学生の自主的かつ自由な発想による独自の企画を助成し、奨励することにより、
    学生の課外活動を活発化させることを目的とします。

    今回、3組の学生がプレゼンテーション・質疑応答を経て選考に通過し助成金が支給され、
    その報告会が開催されました。


    1.等身大の国際協力(短期大学部英語科)
    2.南区での幼児防災に関する紙芝居作り(人間関係学部子ども発達学科)
    3.ハロフェス(人文学部メディア・コミュニケーション学科)



    20131203_03.jpg
    学生発表の様子(南区での幼児防災に関する紙芝居作りの学生2名)
    彼女たちは東北の被災地に数回訪問。福岡に帰ってからも「つなみの読み聞かせ」の活動をつづけ、福岡市内の幼稚園や消防署等でも行っています。

    2013年
    12月03日

    大学3年生・短大1年生就活スタート 学内で企業説明会始まる

    20131203_01.jpg


    2015年春に卒業を予定する大学3年生、短大1年生の就職活動が12/1に解禁されました。

    全国各地で合同企業説明会が始まりましたが、本学においても今週から学内企業説明会を開催します。

    期間は12月から2月。

    様々な業界から採用担当者が来られ、学生は事前に申込をし、説明会に参加します。


    20131203_02.jpg
    学内企業説明会には、採用担当者らの説明を聞こうと大勢の学生たちが詰めかけました。

    2013年
    12月02日

    第30回NHK全国大学放送コンテスト(朗読部門)優勝の言語芸術学科学生コメントが届きました!

    2013年11月23日(土)・24日(日)にわたり行われた、第30回NHK全国大学放送コンテスト
    朗読部門で見事優勝した、言語芸術学科1年生A.Nさんより、
    優勝の報告コメントが届きましたのでご紹介致します!

    ---------------------------------------------------------------------

    20131202_01.jpg大会二日間、大変有意義な時間を過ごすことができました。

    当日までに多くの方から温かいお声掛けをいただき、とても心強かったです。
    本番はとても緊張しましたが、無事終えることができて良かったです。

    結果については、未だに夢のようです。
    Nコンでの優勝は高校時代からの目標でしたので、今回達成できて本当に嬉しいです。
    部員、先輩、友人、先生、高校時代の部活動の顧問の先生、親族、多くの方に支えられて、ここまで来ることができました。出会いに心から感謝しています。

    また今回の大会に出場するにあたり、言語芸術学科で学んだことが大きく役立ったと実感しています。

    「日本語トレーニング」では、「百読百鑑」という百の本を読み、百の映画を鑑賞する取り組みを行っています。多くの作品に触れることで、文章や場面を正しく解釈する力、想像力が身に付きました。それを大会の課題図書の読解、登場人物の心情の読み取りなどを行う際に役立てることができました。

    「身体表現ワークショップ」では、身体を使って表現する力の向上を図りました。朗読は「声」のみを使って場面の描写や人物の心情などを表現します。表現の手段は異なりますが、演劇でも「人に伝える」という部分は共通しています。この講義での実習を通して、声と身体の表現にも通じている部分があると改めて実感し、それらを自分なりに比較しながら学び、朗読に活かすことができました。

    「シンキングゲーム」や「映画研究」では、様々な視点から物事を考える活動に取り組みました。そこで、登場人物の心情や行動の意図などを考察する力が鍛えられたように感じています。

    さらに、女学院大学の一年生が共通で履修する「First Year English」では、英語でのスピーチやプレゼンテーションを通して、人に「伝える」力を身に着けるために実践的な取り組みが行われています。言語は異なりますが、このような取り組みを繰り返し行うことで、人に物事をうまく伝えるにはどうしたらよいか自然に工夫するようになりました。また、人前に立って発表する場面を多く経験することで、大会でもいい緊張感を持って朗読することができました。

    大会を通して、多くのことを学ぶことができました。
    本当にありがとうございました。これからも精進して参ります。

    ---------------------------------------------------------------------


    これまでの努力に加え、大学での学びを実力として身につけられたA.Nさんの
    夢を叶えようとされる姿勢はとても素敵です。
    今後も新たな夢に向かって頑張ってください。

    A.Nさん、ありがとうございました!



    NHK 全国大学放送コンテスト 公式サイト>http://www.nhk.or.jp/kyoto/dnc/index.html
    言語芸術学科>/university/faculty/gengo_top.html

    2013年
    12月02日

    国際キャリアセミナーの記事が日本経済新聞に掲載されました

    2013年11月2日(土)に開催された、国際キャリア学部開設記念セミナー「女性が世界を舞台に活躍する!」の記事が、12月2日(月)日発行 日本経済新聞の22面に掲載されました。

    当日行われた、西日本シティ銀行頭取 久保田勇夫氏、
    本学教授であり元国際連合本部政治局政務官 川端清隆教授の基調講演の内容や、
    本学国際キャリア学部 細川博文学部長をモデレーターに、本学OGである、コーチ・ジャパン合同会社マーケティング部シニアVP 倉田浩美氏を交えたパネルディスカッションについて記載されておりますので、是非ご覧ください。

    2013年
    12月02日

    12月2日(月)クリスマスツリー点灯式・キャンドルナイト開催

    20131125_01.jpg

    12月2日(月)17:00より、クリスマスツリー点灯式・キャンドルナイトを開催します。
    本学院では毎年、クリスマスまでの約4週間、イエス・キリストの誕生の時を待ちわびる待降節(アドベント)に因み、もみの木に約1000個の電球を灯したクリスマスツリーが冬の夜空を明るく灯します。

    クリスマスツリー点灯式では、地域の方々や女学院の幼稚園児・中高生・大学生が参加し、
    礼拝・ハンドベルの演奏が行われます。

    キャンドルナイトに使用するキャンドルは、本学の学生「女学院GREEN'S」の手作りで
    廃油を利用したエコキャンドルを使用し、ゴスペル等の音楽イベントが開催されます。

    学外の方でもどなたでもご参加頂けますので、ぜひお越し下さい。


    ■クリスマスツリー点灯式

    ・日時・
     2013年 12月2日(月)17:10〜18:00

    ・場所・
     福岡女学院 ギール記念講堂前

    ・内容・
     ハンドベル演奏


    ■キャンドルナイト

    ・日時・
     2013年 12月2日(月)17:00〜18:30
     17:00 キャンドル点灯
     18:00 ゴスペル等の音楽イベント開始
     18:30 キャンドル消灯

    ・場所・
     百周年記念館前の池周り


    ★2013年11月30日(土)に、西日本新聞31面にキャンドルナイトの記事が掲載されました★

    昨年の様子
    20131125_02.jpg

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE