• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 大学案内
    3. News&Events
    4. 人文科学研究科 発達教育学専攻開設記念 国際交流講演会を行いました。

    大学案内

    News and Event

    2015年
    11月17日

    人文科学研究科 発達教育学専攻開設記念 国際交流講演会を行いました。

    2015年4月、人間関係学部子ども発達学科を基礎とした「発達教育学専攻」が本学大学院人文科学研究科の第三専攻として開設されました。

    先日、その開設記念としてハーバード大学のMartin.H.Teicher氏をお招きし、「脳科学から見た子ども虐待」と題した講演会が本学で行われ、最新の脳科学と子ども虐待についてお話いただきました。

    これまで虐待の影響は主に心理学的な問題として考えられてきましたが、近年、虐待が子どもの脳に対して重篤な影響を及ぼすことが示されてきているとのこと。

    子どもの脳は身体的な経験を通して発達していきますが、この脳の発達に重要な時期に虐待を受けると、厳しいストレスにより脳の構造や機能に消すことができない傷が刻みつけられてしまうといいます。

    この衝撃的な事実の解明に、先駆的な役割を果たしてきた研究者であるMartin.H.Teicher氏の講演は、研究結果をいくつもの図やグラフでわかりやすく解説された内容でお話いただき大変有意義な時間となりました。
    ne_20151117_01.jpg
    お忙しい中、多数ご来場いただきありがとうございました。

    カテゴリー

    バックナンバー

    2018年
    2017年
    2016年
    2015年
    2014年
    2013年
    2012年
    2011年
    2010年

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE