• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2017年
    07月14日

    授業紹介:15秒間のCMを制作する

    カメラの撮影技法やPCを使用した動画編集を実践的に学ぶ「デザイン表現研究C(映像)」の授業をご紹介します。
     

    メディア・コミュニケーション学科の学生が何やらまたおもしろいことに取り組んでいるとのウワサを聞きつけ、メディアデザインラボ(MDL)へお邪魔しました。緑豊かなキャンパスの雰囲気とうってかわって、この教室にはiMacがずらりと並んでいます。ほかにも電子ピアノや大型プリンターなど、多様な制作をサポートする機器が揃った部屋です。
     
    今回は、15秒間のCMを制作する様子を取材しました。班ごとに分かれて、デジタル一眼レフカメラを用いて素材を撮影し、ふだんから見慣れているTVのCMをお手本に編集作業を進めます。

    画面の前に顔を寄せあって、細やかな編集に取り組む学生たち。具体的にどんな作業をしているかたずねてみると、映像ではなく音声の編集をしている最中でした。撮影した動画には、その場で鳴っていたさまざまな音が一緒に記録されています。こうしたノイズをとりのぞくために、いったん動画から音をすべて取り除いて、あとから音声・音楽・効果音などを加えなければなりません。その上で、画面の動きと音をシンクロさせるために、ジャストなタイミングを狙って微調整をしているとのことでした。

    また、ばらばらに撮影した動画をつなぎ合わせるには、場面が切りかわったときの違和感がないように、背景・人物の位置・画面の明るさなどの細部に配慮しなければなりません。実際につくる側にまわってみると、普段なにげなく目にしている映像にどれほど細やかな工夫がつまっているのか、改めて痛感させられます。
     
    機材が充実のMDL教室
    Premiereを使って動画編集作業中
     
    授業で使用している動画編集ソフトはアドビの「Premiere」です。学生たちが器用にソフトを操作するをみて、普段からこのソフトを利用しているのか尋ねてまわったところ、ほとんどの学生が学科の授業ではじめて触れたとのことでした。基本的な操作は1年次の「デザイン基礎演習」で習い、この「デザイン表現研究C(映像)」ではより複雑な操作を動画編集をとおして手を動かしながら覚えたのだと何食わぬ顔で話していました。

    実は、この授業ではソフトウェアの使い方に関する専門的で難解なテキストは使用していません。課題に取り組みんでいる最中につまづく場面があったら、グループ内で相談したり、教員に質問してヒントをもらって、さまざまな問題を解決しながらノウハウを学びます。

    たとえば、動画に別の画像を重ねて、その画像だけを動かすには、どうしたらいいのか。学生同士で話しあいながら「試しにこの機能を使ってみよう」「いやそれだと動かないからこっちかな?」と知恵を持ち寄るも、うまくいかない。さまざまな手をつくしてから初めて「先生ー!」と手を挙げて教員に状況を説明し、また試行錯誤を繰り返します。

    今回の作品は尺が15秒間と決まっているため、あるグループは指定時間内にピッタリおさまるように動画の長さを調節していました。撮影した動画からただ15秒間を切り取ればいいわけではありません。背景と人物の動きのバランスをとりつつ、一連の流れが違和感なく伝わるように整えるのは至難の業です。さらに、チョイスした音楽が画面上の動きとうまく重なるようにベストな15秒間を切り取る作業や、文字情報をどのタイミングでどのように見せると効果的なのか……などなど、各班でさまざまな演出方法が検討されていました。
     
    『賭けたくなるおいしさ!』
    『賭けたくなるおいしさ!』がキャッチコピーのお菓子のCM

    授業の締めくくりには、仕上がったCMをスクリーンで上映して、お互いの作品を鑑賞します。何度も上映しながら、短い映像にちりばめられた細かい工夫を確認しました。各グループが自分たちの理想により近い映像を仕上げるために調整を重ねただけあって、いずれも繰り返しの上映にたえる作品でした。教員から細かい演出や効果についての講評をもらうと、各自の意図が伝わり苦労が報われたのか、にこやかな表情が多くみられました。

    「好きこそものの上手なれ」というように、「こうしたい」という強い思いこそが技術の習得を後押しする……そんな気骨が伝わってくる授業風景でした。
    (学科Today 編集担当)

    2017年
    07月05日

    学生インタビュー:一年間のアメリカ生活で経験した異文化の暮らしとデザイン

    メディア・コミュニケーション学科には、在学中に海外へと飛び出す学生もいます。アメリカはテネシー大学マーティン校での1年間の留学生活を終えた4年生のM.Tさんに、海外での生活について踏み込んでお話をおきしました。

    ・入学前から留学を視野に入れていたそうですが、なぜその上でこの学科を選んだのでしょうか。
     
    もともとデザインに関心をもっていたので、メディア・コミュニケーション学科がうってつけでした。英語は英語で、別に興味がありました。

    ・なるほど! 実際に留学するにあたり、どんな準備をしましたか?

    大学案内や留学説明会でさまざまな留学サポートについて学び、留学先の設備や治安について細かく把握しました。でも、海外経験がなかったので、2年生の夏ごろに留学審査に通った知らせを受けたときから、ずっと緊張していました。もちろん留学したい気持ちも強かったのですが、いざ留学に出発するまでは「大丈夫なのかな」「やって行けるのかな」という不安のほう大きかったです。
     
    ・初めての海外に1年間も住むとなると、相当な勇気がいりますよね。
     実際に、現地で出発前とのギャップを感じたことはありましたか?

     
    たくさんあります! 手取り足取り手厚く留学生をもてなしてくれるのかと思いきや、アメリカでは最低限の説明だけして「あとは自分でやってね」という対応だったので、ショックを受けました。しばらくのあいだは戸惑うことも多かったです。いまふりかえると、それも文化の違いなのでしょうけれど。
     
    Cooper Hall
    Cooper Hall(学生寮)
    大学の図書館
    大学の図書館
    TIEP ポスター
    TIEP シカゴ旅行のイベント ポスター
    Halloween
    Halloween

    ・アメリカではどんなところに住んでいたのでしょうか?
     
    初めの2か月間は学生寮に住みました。親元を離れて自分で家事をこなしてみて、家族への感謝を改めて感じました。その後、大学の敷地内にあるアパートを韓国からの留学生と2人で借りて、ルームシェアをしていました。キッチンなどは共有で、ベッドルームは個室です。最初はルームメイトに自分の意見をうまく伝えられずに苦労しましたが、英語と文化の壁をクリアして相手とわかりあえたときはすごくうれしかったです。他にも、クラスにはサウジアラビア・中国・タイ・メキシコなどからの学生がいました。キャンパスが広大で自然も多く、日本では見かけない赤い鳥やリスなどの動物を見つけられるのも楽しかったです。
     
    Reelfoot Lake(テネシー州の湖)
    Reelfoot Lake(テネシー州の湖)
    ボリューム満点のBBQ
    ボリューム満点のBBQ
     

    私が受けたTIEPという留学生のプログラムでは、英語の授業以外にも、エクスカーションでカヌーで川を下ったりラクダにのったりして各国の文化に触れるイベントが開催されていました。BBQもよく行われていて「今日の夕方やるから来られる人は参加してねー!」という感じで掲示板に案内が出ます。
     
    ・楽しそうですねえ。食べものに関して困ったことは無かったのですか。
     
    ありますあります。初めのころは、スーパーで買ったお菓子でも、売店で買ったサンドイッチでも、味が合わなくて。50%の確率で失敗していました……。
     
    ・2回に1回はハズレ……つらいですね……。
     
    でも、慣れてくるにつれて失敗する確率はぐんと減りました。ハンバーガーやピザはおいしかったです。日本食のおいしさも再確認しました。
     
    ・日本食に焦がれて自炊をすることもありましたか?
     
    はい。でもあまり食材が手に入らなかったので、それなりの工夫が必要でした。ネットで和食の作り方を調べたら、顆粒だしと砂糖と醤油で「めんつゆ」が作れると知ったので、それで味付けした料理ばかり作っていました(笑)。
     
    ・限られた条件のなかで方法を探すチャレンジ精神、おみそれいたします……。
     授業がない日はどんなことをして過ごしましたか?


    友人と休みの日に学校内のジムに通ったりしました。一緒にディズニーワールドやユニバーサルスタジオなどにも旅行に行けて、波長のあう友人ができてからは留学生活もぐんと楽しくなりました。
     
    Magic Kingdom castle
    ディズニーワールド Magic Kingdom castle
    Magic Kingdom x'mas tree
    ディズニーワールド Magic Kingdom x'mas tree


    ・留学中にデザイン系の授業で学びが活きた場面はありましたか?

    授業で色彩論を学んでいたので、お菓子やそのパッケージなどの色使いの違いに気がつけました。たとえばケーキが赤や青などで色づけされていたら、日本人はあまりおいしそうには感じないはずですが、アメリカではみんなよろこんで食べていました。ピクトグラムの違いもおもしろかったです。たとえば、歩行者用の信号機だと「進め」は日本と同じように人が歩く姿で表現されますが、「止まれ」のサインは手のひらを正面に向けた絵でした。
     
     ・卒業研究でもこれらの経験をいかせそうですね。

    今はテーマの決定や研究の方向性を決めている段階で、まだ具体的に固まってはいませんが、この学科で今まで学んできたことの集大成となるような映像作品を作ろうと思っています。留学で経験した国や文化による色の印象の違いを念頭に置いて、「はたして他の人も私と同じように感じているのだろうか」という問題意識を大切にしながら、客観的かつグローバルな視点を取り入れたいです。

    ・たくさんのいい経験はこの先色んな場面でいきてきますね。
     帰国してから、ご自身で感じた変化はありますか?


    友人と旅行を企画したことも、留学当初では考えられない行動力でした。英語力も確かに身についたので、今後就職して英語を活かせるチャンスがあれば、ぜひ挑戦してみたいです。

     
    The Wizarding World of Harry Potter.JPG
    The Wizarding World of Harry Potterにて

    初めての海外で1年間も過ごすのは、ご本人にも家族にとっても勇気がいることだったはず。豊富な経験と周囲への感謝を胸に刻んで元気に帰って来こられたことを、心から祝福いたします。デザインを学ぶ意欲はそのままに、英語力を磨いて帰ってきたM.Tさん。今後のハイブリットな活躍、応援しています!

    (学科Today 編集担当)

    2017年
    06月16日

    学生インタビュー:スピーチコンテストで大活躍の学科生が語る「グローバルな女性」と声の表現

    メディア・コミュニケーション学科2年のM.Hさんが、第7回女子学生「夢」日本語スピーチコンテストの九州予選大会で、審査員「夢」特別賞を受賞しました。国際的に活躍する意欲のある女性を応援するこのコンテストは、日本国内(東京・名古屋・福岡・熊本)のみならず、アメリカのシリコンバレーやタイのバンコクなど海外でも予選が開催されています。この大会で、M.Hさんは「私が思うグローバル女性とは」というテーマに挑んだそうです。その思いの源や努力の裏側を探るべく、お話をうがかいました。

    ・特別賞の受賞、おめでとうございます!
     どのようなスピーチだったのか教えていただけますか。


    私はどんな人でも受け入れてお互いを尊重できる人こそがグローバルなのだと思います。他の国の人を好きになって友だちになれれば、その文化にも興味をもって、世界に目を向けられるでしょう。愛をもって理解しあえば差別も少なくなり、自分が何をするべきなのか考えるきっかけにもなります。なので、私もあらゆる人に心を開ける「グローバル女性」になりたいという思いを伝えました。
     
    グローバル女性とは
    「グローバル女性とは」というテーマに挑むM.Hさん


    ・このテーマでのスピーチは難しかったですか?

    難しいとは感じませんでしたが、深く考えさせられました。私は国際交流に興味をずっと持っていましたし、自分の夢も世界に何かを発信できる人になることです。これまでにも、実家がホストファミリーとしてハワイ・タイ・韓国から留学生を受け入れたり、高校時代に交換留学でマレーシアへ行った経験がありました。世界の人と積極的に関わってきたからこそ「グローバル」な舞台への思いは強いです。

    ・いろいろな国の人と関わりを持っているのですね。

    はい。福岡女学院大学にも留学生がたくさんいて、もちろんみんなと仲良しです。福岡県留学生サポートセンターでボランティアもしているので、各国の留学生と交流があります。

    friends_large2.jpg

    ・スピーチ大会では、ほかにどんな思い出がありましたか?

    すごくいい仲間に出会えました! コンテストの出場者はいわばライバル同士です。でも、敵対するかとおもいきや、お互いに感覚が似ている人ばかりですぐに打ち解けてしまって、終わったあとには結果についてギクシャクせず、みんなでごはんを食べに行きました。

    ・志が同じ人たち同士、気が合うものですね。
     
    今回のチャレンジでは、どんな強みを活かせたのでしょうか。
     

    普段から司会業をする機会があり、人前で話すこと自体には慣れているので、あまり緊張しなかったです。ただ、原稿を目で確認しながら進行する司会ならではのクセが出てしまいました。手元をあまり見ずに、自分の思いを相手にダイレクトに伝えることに注力するようアドバイスを受けて、そこを意識して挑みました。
     
    ・なるほど、同じ「声に出す」表現でも司会とスピーチでは違うのですね。
     
    まるで違います。1年生のときに受けた林田真心子先生の集中講義「ワークショップC(アナウンス)」では、こうした声を使った表現の奥深さを知りました。講義の終盤では、子供に絵本を読み聞かせる実習があります。ここでも、書かれている物語をただ読むのではなく、目の前にいる人とコミュニケーションをとりながら伝えることの大切さを実践的に学びました。日本語教育がご専門の守山惠子先生には、授業時間外に研究室にお邪魔して直接ご指導をいただきました。ふだんの授業や、今回のようなイベントに関すること以外でも、お二人ともいつも親身に相談にのってくださいます。

    ・多方面で活躍ぶりに「大学の勉強時間は確保できてるのかな……」と心配していましたが、学科の授業にもしっかり取り組まれているのですね。

    まだまだ学びたいです! 今はコピーライティングの授業に感銘を受けています。印象に残るキャッチコピーをつくるには、自分をさらけ出さなければならなくて、その壁をこえるのが難しくもおもしろいです。やりたいことがあれば自分次第でいろいろと学べるところが、メディア・コミュニケーション学科のいいところだと思います。
     


    キャンパスにて
    キャンパスにて

    「人が大好きです」と話す彼女のまわりには、大勢の仲間がいることがみてとれます。記事中で言及したこと以外にも、「どのように時間のやりくりをしているのだろう?」と不思議に思うほど多くの活躍の場を持っているM.Hさん。夢を応援する家族の思いや国境をこえた友情が、こんなにもパワフルにがんばる彼女のエネルギーの源となっているのだと感じました。
     
    (学科Today 編集担当)

    2017年
    05月31日

    学生インタビュー:チャペルポスターを描いたJ.Sさんが語る創作への熱意

    メディア・コミュニケーション学科3年生のJ.Sさんの作品が、チャペルポスター・コンテストの院長賞を受賞しました。このコンテストは、福岡女学院の学びの中心であるチャペル礼拝をよりよくするために、学生作のポスターを広く募集するものです。メディア・コミュニケーション学科生の院長賞受賞は、2016年度に続いて2年連続の快挙でした。

    学院の歴史を刻むパイプオルガンを堂々と描いたJ.Sさんの受賞作からは、チャペルの厳かな雰囲気が伝わってきます。どのようにこの作品が生まれたのか、ご本人に話をうかがいました。

    ・まずは受賞おめでとうございます!

    ありがとうございます、本当にうれしかったです!
     
    ・パイプオルガンを仰ぎみるような構図が印象的です。
     このアイディアは、応募を決めたときには思いついていましたか?


    構図にはすごく悩んだのですが、チャペルと聞いて頭に浮かんだのは、やっぱりパイプオルガンでした。高校生時代に初めて見たときに、とにかく圧倒された記憶があります。普段のチャペルで見慣れたものでも、いざ描くとなると苦労しました。

    ・たしかに、細かい意匠も多くて複雑なつくりですよね。

    はい。なので、写真を撮って、それを参考に描きました。実物の印象を表現するのは、本当に難しかったです。

    ・どんな画材を使って描いたのでしょうか?
     
    ごく普通の色鉛筆です。私は色鉛筆やクレヨンを使って絵を描くことが多くて、水彩色鉛筆を使うこともあります。
     
    J.Sさん愛用の画材一式
    J.Sさん愛用の画材一式
     
    ・デジタルツールを使うよりも、手描きのほうが得意ですか?
     
    そうですね。でも、描いた絵をスキャンして色をつけたり、文字を加えたりと、デジタル化して加工する場合もあります。今回もコピーとのバランスですごく悩みました。
     
    ・なんと、コピーも一緒に応募していたのですね……!

    はい。チャペルでもらう紙(チャペル週報)をすみずみまで読んで、「つながり」を表現しようと決めました。そこから言葉を選ぶのがまた難しくて、絵のアイディアよりも悩んだかもしれないです。
     
    ・イラストだけでなく、コピーライティングやレイアウトまで、
     オールラウンドに制作を手がけていたとは驚きです。
     絵やデザインの勉強は、大学に入る前からも続けていたのでしょうか?

     
    絵を描くのは小さいころからずっと好きでした。昔から絵本が大好きで、その影響だと思います。でも、大学に入るまでは専門的に絵を学んでいたわけではありません。高校3年生のときにお別れ会を企画していて、その招待状を描いてみないかと先生に頼まれたことが、今思えば最初の「ものづくり」だった気がします。

    ・絵本好きの子供時代から一歩進んで、
     さらに絵やデザインに興味を持つようになったきっかけは?


    この学校のオープンキャンパスで見た大学案内の冊子です! そこに載っていたイラストを描いたのがメディア・コミュニケーション学科の学生だと知って、「私も大学生になったらこんな絵を描いてみたい!」と思ったんです。

    ・実際に、昨年の大学案内ではJ.Sさんが描いたイラストが使われていましたね。

    はい。この大学案内のイラストも公募でした。私は当時1年生でまだ技術もなく、普通の色鉛筆と水彩色鉛筆を使い分けて描いた絵を、紙のままで提出しました。上級生の方はデータで提出していたようなので自信がなかったのですが、大学案内の扉絵を描くのは入学前からの念願だったし、学科の特色を表現できるように試行錯誤しながら一生懸命とりくんだ絵だったので、採用されてすごくうれしかったです。
    過去の大学案内に使用されたイラストたち(下段がJ.Sさん作)、先輩たちの創作熱が脈々と受け継がれています
    過去の大学案内に使用されたイラスト(下段がJ.Sさん作)
    先輩たちの創作熱が脈々と受け継がれています
     
    ・このイラストの背景に、そんなストーリーがあったとは……!
     最後に、印象に残っている学科での経験をひとつ教えてもらえますか?

     
    んー、好きな授業や思い出がたくさんあるので悩みますが…………2年生のときに見学した、金藤先生の「デザイン演習II」が印象に残っています。
    金藤ゼミが制作した学科紹介冊子
    金藤ゼミが制作した学科紹介冊子

    この授業では、金藤ゼミの3年生が学科を紹介する雑誌づくりに取り組んでいました。私はその様子を拝見するだけでしたが、上級生の方々は構成も挿絵も全てを自分たちで決めて動いていて、紙の質感ひとつに至るまでじっくり吟味していました。漫画をとり入れているページもあったり、いろんな要素があって、広告や雑誌の編集はつくづく奥が深いと感じました。
     IMG_0031.JPG
     
    色鉛筆のやさしい絵のタッチそのままに、J.Sさんご本人もやわらかなナチュラルトーンで、ていねいに取材に応じてくれました。3年生に進級してからは金藤ゼミに所属し、先輩たちのように創作に打ち込みながら、今度は頼もしい背中を新しい世代に見せてくれることでしょう。新しい作品ができたら、またぜひ見せてくださいね。楽しみにしています!
     
    (学科Today 編集担当)

    2017年
    05月12日

    授業紹介:木版画によるDiY実践(その2:刷る)

    先週に続き木版画コースターの制作を進めます。今週は最終段階の印刷の工程に挑戦です。

    まずは印刷の準備から。まず古新聞を敷いて、不要になったクリアファイルを半分にしたものを、セロテープで固定します。身近なものを再利用するだけで、手軽にインクをのせる台の完成です。ここに油性の木版画用インクを出して、ローラーでしっかりのばします。

    慎重にストロークを重ねる学生もいれば、はたまたガーッと音を立てながら荒々しいローラー使いをみせる学生もいたりと、インクの乗せ方ひとつとっても個性が出ます。お互いに作業の様子を見守りながら、手さばきににじみでるそれぞれのキャラクターを楽しんでいました。

    IMG_0024.JPG

    続いて、いよいよ木版にローラーでインクをのせます。刷りムラが出にくいように動かす方向を変えたりしながら、まんべんなく表面にローラーを転がしていきます。インクがしっかりついたら紙を乗せて試し刷り。竹の皮でできたバレンを、繊維の目にそって動かしながらこすります。


    木版に乗せた紙をおそるおそる剥がしてみると「おおおおおーーー!」と歓声があがります。試し刷りをすると、彫りの足りないところやが確認できるので、ここからまた微調整や彫残し部分を修正していきます。今回は商業的なデザインを模写したので、仕上がりをお伝えする写真は残念ながら割愛……。オープンキャンパス等で展示する予定なので、ぜひお越しください。

    試し刷りに納得できたら、いよいよコルクに印刷します。今度はバレンではなくプレス機の出番かな……と思いきや、またまた古新聞が登場です。床に敷いた新聞紙にコルクをのせて、インクをつけた木片をそっと置きます。その上に更に新聞紙をのせたら、自分の足でギュギュギュと踏みつけて印刷します。人間プレス機とでもいうべき手法です。身近でシンプルな道具を駆使してこそのDiYなのです。とくに新聞紙はマスキングや掃除など万能に使えます。

    紙に印刷した時には感動の出来栄えだったのに、コルクに印刷してみると思ったように絵が写らずに苦戦している学生も多く「どうしてー」とショックを隠せない様子。素材との相性を考えながら、トライ&エラーを繰り返します。うまくできたクラスメイトの例と見比べて、「彫るのが浅かったのかな」「踏むのが足りなかったのかな」「体重が足りなかったのかもね」などなど、友人たちとあれこれおしゃべりしながら、しっかり原因を探って試行錯誤していました。なかには版木の角を使って、コルクにインクを後から重ねて微調整する手法を独自に編み出す学生も。各々が創意工夫をしながら、理想のプリントを目指します。

    ちなみに、このワークショップでは作品の出来不出来や、技術の巧拙にもとづいた評価はしません。DiYは自分で自分を納得させるかどうかの勝負です。自ら課した条件をクリアするために、妥協することなくじっくり挑戦する姿勢を身につけます。
    (学科Today 編集担当)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求