• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2016年
    11月14日

    ビブリオバトルで学科生が大活躍

    全国大学ビブリオバトル2016京都決戦予選会が全国各地で開催されています。福岡女学院大学でも初の地区予選会を行いました。その結果、メディア・コミュニケーション学科3年生のFさんが激戦を制し、現代文化学科の学生5名とともに九州AB地区決戦にコマを進めました。Fさんは同時に開催された梓書院杯第二回ブックバトルでも優勝にかがやいた実力の持ち主です。Fさんに感想をおうかがいしたところ、

    「初めてのビブリオバトルだったのですが、とても楽しかったです。改めて、本の良さを実感しました。ビブリオバトルは、5分間のプレゼンで魅力的な本に出会えると同時に、発表者の熱い思いを知ることもできる素敵なゲームだと思います。また楽しんできます!」

    とのこと。頼もしいです。ビブリオバトルの詳細は以下のホームページで確認できます。地区決戦は11月19日(土)九州国際大学、全国大会は12月18日(日)京都大学で、それぞれ開催されます。Fさんのさらなる活躍を祈ります!

    ■地区決戦情報
    http://zenkoku.bibliobattle.jp/zone_yosen/kyushu_ab

    ■ビブリオバトル公式HP
    http://zenkoku.bibliobattle.jp/

    2016年
    11月12日

    ゴスペルクワイヤVoices of Joy 卒業公演決定!

    福岡女学院大学のゴスペル隊で、本学科コールゼミに拠点を置く「Voices of Joy」の今年の卒業公演の日時が決定しました。
     
    1224-1.jpg


    日時:2016年12月2日(金)開場17:30/開演18:00、12月3日(土)開場13:30/開演14:00
    場所:福岡女学院ハウイ館2階学生ホール(福岡市南区日佐3-42-1)
    ※入場無料・事前予約不要

    4年生はこれが最後の公演です。手作りのポスターも完成し、準備も着々と進んでいます。
    夜は、学院の大きなクリスマスツリ-も点灯されています。
    ぜひ、多くのみなさまのご来場をお待ちしております。
     
    VOJ.JPG

    2016年
    10月26日

    葡萄祭に出店

    メディア・コミュニケーション学科は、10月21日、22日に行われた葡萄祭に出店し、250名ほどの方々に来室いただきました。

    学科の夏の研修であるシンガポール研修と富山県砺波(となみ)市での方言調査を紹介し、シンガポールや砺波のお菓子を来場者にふるまいました。

    IMG_0113.JPG

    砺波市という九州ではなじみのない北陸の都市を紹介するにあたり、砺波市からパンフレット、ポスター、チューリップの球根の提供もいただき、来室された方々にプレゼントしました。

    さらに砺波市から3名の方が訪問くださいました。また、学科の教職員や学生の手作り作品や提供衣類を販売し、熊本支援として募金も行いました。

    2016年
    09月21日

    シンガポール研修に行ってきました③

    メディア・コミュニケーション学科の夏季集中講義「フィールドワークF」で、シンガポール研修に行ってきました。今回は学生のみなさんの報告、最終回です。
     
    0921-1.jpg

     

    ・今回の研修は自分にとって大きなものとなりました。実際に自分の目でその土地と人々の生活を見て、さらに現地で働く日本人の方たちの話を聞くことで、行く前とは考え方に大きな差が出ました。
    私は今まで日本から出たことが無く、今回初めて海外に行くという経験をしました。日本の中の事しか知らなかった為、自分の中に「海外」という言葉はありませんでした。そんな状況で行ったわけですが、たくさんの方のお話を聞かせて頂いたことで「生きる場所として選ぶのは日本だけでなくとも良い」と思う事が出来ました。そして、出来るなら留学などしてみても良いかと考えるようにもなりました。この研修に行かなければそのような視点を得る事すら出来なかったことでしょう。
     
    0921-2.jpg0921-3.jpg

    日本の事しか知らず、今まで無意識に海外に出向いてみるという考えを排除して生活してきたため、留学してみたいと周りの人に言うと驚かれました。しかし、一番驚いているのは自分自身です。普段の自分では絶対にそんなことを考えないという事を知っていたからです。しかしそれを変えてしまうほどに今回の研修は自分にとって大きなものでした。この研修に参加したことで得ることが出来た新しい考え方を大事にしていきたいと思います。(3年 F.Oさん)
     
    0921-4.jpg0921-5.jpg
     
     

    ・私は今回のシンガポール研修で人の優しさと視野の狭さに気づくことができました。研修中は何度もトラブルに見舞われましたが、その度に現地の方々に助けていただきました。日本人は海外の方を日本人に比べて優しさがないとよく口にしますが、私は全く感じませんでした。むしろ、フレンドリーに接してくれて楽しく過ごすことができました。
     0921-6.jpg0921-6.jpg


    今まで私は就職に関して国内のことしか目を向けていませんでしたが、たくさんの方々からありがたいお話や痛いところを突かれるようなアドバイスをして頂いて、自身の視野の狭さを実感し、感動しました。今回の研修で得たことをいろんな場面で活かしていきたいと思います。(2年 M.Iさん)
     

    2016年
    09月15日

    シンガポール研修にいってきました②

    メディア・コミュニケーション学科では、今年度、夏の集中講義「フィールドワークF」でシンガポールを訪問しました。そのもようはこちらをごらんください。
    今回からは、参加した学生のみなさんの感想をご紹介します。
     
    0915.jpg
     
    今回の3泊5日のシンガポールでの研修旅行は、私にとってとても大切な時間になりました。現地で様々なことを学ばせてもらいましたが、一番印象に残っているのは、シンガポールに住んでいる日本人のためのフリーペーパーを作成している「COMM」という会社を訪問したことです。
     
    0915-1.jpg

    フリーペーパーとは、広告ありきのメディアであり、90%の広告収入と10%のイベント・催し物で成り立っているということを教えていただきました。読者にとって何が必要な情報で、どんな情報をどのように載せたら手にとってもらえるのか、多くの人とコミュニケーションをとりながら試行錯誤し1つの形にしていく。実際に仕事現場を拝見していないので完全には分かりませんが、この過程がどれだけ大変なのかということを少しだけ知ることができた気がします。私は文章を書くことが好きなので、元々こうした職業にも興味はありました。自分で取材し、自分で書いた文章が、1つの本になって多くの読者に届くというこの職業はとても素敵だと改めて思うことができました。
     
    0915-2.jpg
     
    今回の研修旅行で感じたことを忘れずに、きちんと自分と向き合って将来のことを考えていきたいと思います。(報告:2年 R.Oさん)
     
    0915-3.jpg

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE