• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2017年
    10月31日

    授業紹介:新聞社と放送局の実態を伝えるメディア制作実践

    集中講義「マスメディアフィールドワーク」事前授業の様子をご紹介した前回に引き続き、今回は新聞社と放送局の訪問を終えた学生たちによる成果発表会の様子をご紹介いたします。

    記事や番組をつくる現場を訪れ、学生たちは五感を使ってさまざまなことを感じとってきたようです。講義の最終段階では、その成果を新聞記事と番組風の寸劇としてアウトプットするグループ課題に挑戦しました。目の当たりにしてきたプロの仕事をマネしながら、その創意工夫を身をもって体感します。ニュース記者・テレビ番組のディレクター・ラジオの編成など、さまざまなお仕事にたずさわる方々にお話をきかせてもらった体験は、新聞と番組づくりのための取材でもあったのです。

    IMG_0002.JPG

    授業前に仕上げてきた新聞は、実際の新聞一面をお手本にして、各班が題字・見出し・リード文・コラムといった紙面構成の意義を考えながら制作します。編集に必要なたくさんの作業を効率的に進めるために、あらかじめ班のメンバーの得意分野を考えて誰がどこを担当するか話し合ってから着手し、お互いにフォローしあいながら作業を進めたそうです。なかには大きめのフォントで作成した班があり、実際に新聞社でうかがった「新聞は幅広い世代の方が手に取るため、読みやすさも大切です」というお話を参考にしたとのこと。

    お手本があったとはいえ、その仕上がりはなかなかのもの。編集に使うソフトやアプリケーションも、学校で利用できるものからグループごとに適切なものを選択していました。誰もがふれたことのあるMicrosoft Wordの基本的な機能だけを使って実物さながらの紙面を組んだグループもあり、ふだんWordのフォーマット調整に四苦八苦している当ブロク編集担当は驚きました。まず原稿を起こしてから、新聞記事のように細かく記事を区切って、それぞれの要素をバランスよく配置するまでには、かなりの時間を要したに違いありません。
     
    IMG_0175.JPG
     
     
    続いて、テレビやラジオの番組風の寸劇をグループごとに上演し、番組の制作者や出演者の立場からマスメディアとは何なのかを伝えます。番組の企画書を見せてもらうと、放送時間帯・主な視聴者層・番組のねらいなどを事前に練ってきたようです。テレビとラジオとでは聞かせ方や見せ方は大きく変わりますし、どういった人をターゲットにするのかで構成や言葉づかいも調整しなければなりません。前述の新聞を番組内で引用しつつ、いかにもニュース番組らしいフリップなどの小道具を手作りしながら、グループごとに実際の番組に近づけるよう工夫を凝らします。
     
     
    IMG_0182.JPG


    事前授業でお世話になった元NHKのディレクターの渡辺学さんも再びお越しくださり、主担当の学科教員である高橋とともに、発表の講評をしていただきました。どのグループもしっかり取り組んでいただけあって高く評価していただきましたが、プロの目は細部を見逃しません。ツメの甘いところを丁寧にご指摘いただいた上で、取材の内容をよりよく伝えるために必要なもう一工夫を、詳しくアドバイスしてくださいました。

    当初は「新聞社や放送局の見学」と聞いて、ワクワクいっぱいの社会科見学のような授業をイメージしていました。しかし、張りつめた雰囲気の成果発表の様子をみるに、実際の集中講義はアスリートの強化合宿さながらの緊張感でメディアの実態を学ぶ、ハードで濃い数日間だったのだろうなと想像しました。共同作業をつうじて成果をかたちにすることにより、マスメディアを支える人々の日常的な仕事がいかに大変で意義深いものなのかが骨身にしみたはず。その経験はこれからの学科での学びにも大きく活かされるでしょう。
    (学科Today 編集担当)

    2017年
    10月11日

    授業紹介:元NHKディレクターに学ぶマスメディアの力

    メディア・コミュニケーション学科の目玉授業のひとつである集中講義「マスメディア・フィールドワーク」では、 毎年の夏に福岡の放送局と新聞社を訪問します。新聞・ラジオ・テレビといったいわゆる「マスメディア」が、どのようにニュースや番組をつくり、私たちに届けているのかを、現地を訪れて現役ではたらく人たちから直に学ぶ授業です。

    とはいえ、ただ見学をして帰ってくるだけではありません。より深い学びを得るためには、事前にマスメディアの基本的なしくみと取材のマナーを学習し、受講生自身がフィールドワークをつうじて何をどのように知りたいのかを考えなければなりません。今年は、その準備を手助けしてくださるゲスト講師として、元NHKディレクターの渡辺学さんをお招きました。

    渡辺さんのレクチャーは、冒頭から「メディアの使命とは何か?」という根本的な問いかけから始まりました。渡辺さんが勤務経験から導き出したひとつのこたえは、「情報で人の生命と財産を守ること」。ニュースや災害情報を伝えて安全を確保するだけではなく、ドラマやお笑い番組をみて心が晴れたりすることも、生きていくうえで重要な要素です。メディアに関わるすべての人は、こうした重い使命を背負っているといえます。

    IMG_0150.JPG

    続いて、渡辺さんが制作した番組を題材にして、テレビ番組ができるまでのプロセスを学びます。今回ご用意いただいたのは、渡辺さんが入社1年目につくったドキュメンタリー番組でした。つまり、渡辺さんが受講生たちとそう変わらない年齢のときに制作されたものです。「もし自分がこの仕事に就いたばかりだったら、どんな番組をつくれるだろうか?」と、想像力をふくらませながら番組を鑑賞します。企画を立案するまでの苦労、取材と撮影時の工夫、放送当時のリアクションや、新人ゆえに犯してしまった大失敗まで、洗いざらいお話してくださいました。

    とくに、深い取材をする上で重要なのは幅広い要素が刻み込まれた「自分史」をもつことだそうです。たとえば、苦しい生活を強いられている人々に取材をした際には、風呂なしアパート住まいを経験した渡辺さんの学生時代のエピソードが共感をよび、調査対象者の声をうまく引き出せたとのことでした。さまざまな経験を積んでおけば、物事をさまざまな観点から捉えられる上に、初対面の方と理解しあうためのとっかかりも増えます。

    こうした確かな他者の理解をもとにつくられる番組は、社会を大きくデザインしなおすきっかけになります。身近な人々の関心から世間の問題を見抜き、その現状をていねいに発信して視聴者の心をつかめれば、ゆくゆくは国会をも動かして法制度を変化させて、日常の困りごとを根本から解決できる。全国各地に情報を届けられるマスメディアの仕事には、個人の問題を社会全体にまでつなげる可能性が秘められているのです。

     

    IMG_0154.JPG 

    ほかにもディレクターの仕事の厳しさや題材の探し方、4分10秒の短いリポート映像を1,000本ノックのように何度もつくって番組づくりをマスターさせるNHK式の鍛え方などなど、たっぷりとお話をうかがいました。レクチャーに集中できるよう顔を上げたまましっかりと耳を傾けつつ、手元を見ずにメモをとる学生の姿も見られました。渡辺さんの熱意がうつったのか、いつのまにか真摯な取材態度も身についたようです。

    この場を借りて、ご協力いただいた渡辺さんに御礼申し上げます。現在の渡辺さんはNHKをご退職されたのち故郷の福岡にてアーティスト/デザイナーとしてご活躍されているそうなので、そちらのお仕事についてもまたいつかおききしたいです!

    (学科Today 編集担当)

     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE