• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2016年
    12月31日

    授業紹介:2016年、紅白でききたかった曲は?

     2016年もあっという間に暮れて、大晦日を迎えました。となると誰もが少しは思いを馳せてしまうのが、おなじみNHK紅白歌合戦です。司会や出場歌手の発表に一喜一憂したのも束の間、すでに曲目もあきらかにされ、何時頃にお風呂に入ろうか計画を立てている方も多いのでは。いざ放送が始まるとステージのよしあしや裏番組とのチャンネル争いをめぐって、家族間の音楽観や世代感覚のずれが浮き彫りになったりもするでしょう。

     学科講義科目の「メディア文化論」では、ニュース/ジャンル/ライヴの3つのキーワードを設定して、こうしたメディアと文化の関係について考えています。一年間の出来事をふまえた選曲や演出がこらされ、異なる分野の歌手が集結し、日本全国に生演奏を届けるNHK紅白歌合戦は、まさに講義で扱った内容を凝縮した番組だといえるでしょう。

     さて、そんな工夫がつまった紅白のプログラムといえども、万人を納得させられるわけではありません。流行語大賞の選考後に「こんな言葉は使ったことない!」「流行ったはずのあれが入ってない!」といった意見がよく聞かれるように、紅白のプログラムからも、街でたくさん耳にしたはずの曲や、ぜひとも大舞台に出てほしいお気に入りのミュージシャンがもれてしまうことは多々あります。

     そこで、年末の授業では「紅白でききたかったのに選考からもれた曲」を受講生から集めて、視聴会を行いました。題して「第1回MCD紅白敗者復活歌合戦」。プログラムは以下のとおりです。

    161221_後期月1_メディア文化論_紅白敗者復活歌合戦.jpg
     充分に人気があるはずなのに出場できなかったアイドルグループ、連続出場記録が急に途絶えてしまったあの4人組、フェスで活躍する若手バンド、映画とのタイアップで広く親しまれた楽曲、芸能界史上最大級の騒動を起こした大スターから、オリンピック中継のテーマ曲まで、実にバラエティ豊かなプログラムとなりました。記憶の目次のように機能する音楽のうち、どのようなものがテレビによって共有され、一方でどのようなものがはじかれてしまうのか。そんなことを考えながら紅白を見てみるのも一興かもしれません。それではよいお年をお迎えください!

    (高橋聡太)

    2016年
    12月31日

    ゼミ紹介:身近な文化の来歴を深掘りする

    メディア・コミュニケーション学科では、3年次に各自が希望する分野のゼミをひとつ選んで所属し、課題に取り組むための研究や表現の方法を学びます。今回は全6講座のなかから、大衆文化の研究にとりくむ高橋聡太ゼミをご紹介します。

    高橋聡太研究室(専門分野:近現代の大衆文化史)
     音楽・映画・TVドラマ・小説・マンガ・ゲーム・スポーツなど、人々をとりこにするポップカルチャーは、しばしば「底の浅い」流行として軽視されがちです。しかし、どんな文化にも深く入り組んだ過去とのつながりがあります。ひとたびその来歴を掘り起こせば、さまざまな地域の要素が各時代のメディアをつうじて交わっていく、思いもよらぬ道のりを追体験できるはずです。
     このゼミでは、こうした歴史的な視線を学生自身が関心を抱く対象にそそぎ、文化とメディアの過去と未来の可能性を探求します。そのためには、自身が抱く対象への愛を言葉にして他者に伝える技能が必要です。好意や興味を単なる「好き」で自己完結させないよう、関連する先行研究や文献資料をふまえて論文執筆や制作を行い、その成果を学外へ広く問いかけます。

    ■卒業研究テーマ例
    ・女優に転身するファッション・モデルの系譜
    ・ジャニーズのコンサートにおけるペンライト文化の変遷

    2016年
    12月31日

    ゼミ紹介:人とメディアの関係を実践的にとらえる

    メディア・コミュニケーション学科では、3年次に各自が希望する分野のゼミをひとつ選んで所属し、課題に取り組むための研究や表現の方法を学びます。今回は全6講座のなかから、さまざまな表現活動をつうじて手を動かしながらメディアの可能性を探る、林田真心子ゼミをご紹介します。

    林田真心子研究室(専門分野:メディア表現、メディア・リテラシー)
     メディアは情報を伝える単なる道具ではなく、私たちが日々繰り広げるさまざまなコミュニケーションの媒(なかだち)をしています。そうした視点からメディアと私たちの関係性を考えていくのが、「メディア論」です。
     特に、このゼミでは、新聞やテレビなどのマスメディアだけでなく、インターネットやケータイなどが普及した新しい状況に即したメディア・リテラシーの観点や、市民のメディア表現に関する知見を取り入れながら、メディアと私たちの関係をより広い社会的コミュニケーションの中から捉えていきます。ゼミでは、メディア論の理論を学ぶとともに、実際にメディアを使って表現するワークショップなどを通して、実践的かつ協働的に考えることを大切にしています。

    ■卒業研究テーマ例
    ・絵本と遊び ―「ポストモダン絵本」を通して考える―
    ・「女子アナ」以前 ―テレビの女性司会者をめぐる歴史文化的研究―
    ・本のある空間と生起されるつながり

    2016年
    12月30日

    ゼミ紹介:言葉づかいを探求する

    メディア・コミュニケーション学科では、3年次に各自が希望する分野のゼミをひとつ選んで所属し、課題に取り組むための研究や表現の方法を学びます。今回は全6講座のなかから、方言をはじめとする言語の研究を専門とする二階堂整ゼミをご紹介します。

    二階堂整研究室(専門分野:方言研究)
     言葉は重要なコミュニケーション手段のひとつであり、その内実はとても多様です。たとえば、皆さんが話す日本語には共通語と方言の区別があり、服によそゆきと普段着があるように、状況に応じてその場にふさわしい言葉を選んでいるはずです。家族や友人との普段の会話では方言を話すけれど、かしこまった場では共通語を使うでしょう。でも、場の空気がかたすぎると感じたときには、共通語に方言をまぶして表現を和らげます。
     このように、私たちはいつも言葉を選択しているのです。このゼミでは、実際に自分たちが話している言葉を手がかりに、コミュニケーションの問題を考えていきます。

    ■卒業研究テーマ例
    ・福岡方言「ゲナ」についての研究
    ・女性雑誌のインタビュー記事にみられる文章表現の変遷
    ・福岡における女性の名前の変遷

    2016年
    12月29日

    ゼミ紹介:歌でアメリカの歴史をたどる

    メディア・コミュニケーション学科では、3年次に各自が希望する分野のゼミをひとつ選んで所属し、課題に取り組むための研究や表現の方法を学びます。今回は全6講座のなかから、ゴスペルを歌いながらアメリカの黒人史を学ぶダニエル・コール研究室をご紹介します。

    ダニエル・コール研究室(専門分野:アメリカの民族音楽)
     コミュニケーションという言葉は、ラテン語の「コムニカチオ」に由来し、元来は「分かち合うこと、共有すること」を意味します。Communityやcommunion(相互感応)も同根の言葉です。しかし今では、自分の欲しいものを手に入れたり相手に受け取らせたりするための駆け引きの道具として、この言葉を意味づける傾向があります。
     このゼミでは、コミュニケーション本来の共同性を念頭において、アメリカ黒人の歴史と音楽文化を学びます。自由が制限され、差別や暴力が横行するなか、彼等がどのように豊かな表現文化を培い、互いの人間性を支え合い、生き延びる力と勇気を紡いだのかを考えます。また、ゴスペル隊 Voices of Joy でコンテンポラリー・ゴスペルを歌うライブ活動を行ないます。イベントの企画、機材の扱い方、録音や撮影の方法も学び、コミュニケーションの実際を大切にします。

    ■卒業研究テーマ例
    ・公民権運動における歌の役割
    ・地下鉄道の実際
    ・日本人と黒人ステレオタイプの研究

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE