• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2016年
    04月30日

    熊本支援方言プロジェクト

    熊本地震被災地域での円滑なコミュニケーションをサポートする「熊本支援方言プロジェクト」がスタートしました。

    ■熊本支援方言プロジェクト
    http://www.fukujo.ac.jp/university/other/hougenpjt.html

    東日本大震災の医療や救護の現場では、当地の被災者が話す方言を外からやってきた医療従事者などが理解できず、意思疎通がはばまれてしまった事例が数多く報告されました。その経験をふまえて立ち上げられたこのプロジェクトでは、メディア・コミュニケーション学科の二階堂整教授を含む方言研究者が協力して、被災地で想定される方言に関した問題とさまざまな方法でとりくんでいきます。

    さっそく公開された成果のひとつが、トップに掲載した「身体語彙図」です。体のどこに負傷や不調があるのかを方言によるやりとりで的確に共有できるように、被害の大きかった地域で用いられている身体に関するユニークなボキャブラリーを集めて、地域・性別ごとにマッピングしています。他にも支援者向けの熊本方言ガイドや、方言分布図なども公開中。いずれの資料も、支援者や被災者がご自身の用途やデバイスにあわせて使い分けられるように、PDFとGIFの両形式でファイルが用意されています。

    メディア・コミュニケーション学科では、今後も熊本地震被災地の医療・カウンセリング・ボランティア活動のコミュニケーションを助けるさまざまな活動を展開する予定です。このとりくみが被災者のみなさまの心と体の回復に少しでも役立つことを願います。

    ※朝日新聞デジタルでも熊本支援方言プロジェクトを紹介していただきました。
    ■熊本の方言、ビンタ→ほお・頭 被災者ケアへ語彙集公開:朝日新聞デジタル
    http://www.asahi.com/articles/ASJ4W5VMRJ4WUCVL01F.html

    2016年
    04月11日

    表現ワークショップ@新入生オリエンテーションの様子

    先週に開催されたメディア・コミュニケーション学科の新入生オリエンテーション。そのハイライトとなったグループワークの様子をお伝えいたします。

    この日のワークショップは、新入生全員が自由に選んだ言葉の書いてあるカードをくじのように各グループが2枚引き、異なる言葉のコンビネーションを小道具などを使って短いコントのように仕立てて表現するというものでした。

    引き当てるお題の難易度は運次第。「犬+くだもの」といったシンプルなものから、「1D(イギリスの人気グループ One Directionの略称)+やればできます、頑張ります」といった具体的なのか抽象的なのかよく分からない無理難題まで飛び出します。

    各グループは用意された素材をもとに手を動かしながら、どんな出し物をするのか活発な議論を重ねます。工作力で勝負するグループや、言葉の解釈をひねってフロアをわかせるグループなど、表現方法は実にさまざま。短時間ながらも、知恵をしぼって協働し、成果を広く問いかけるサイクルを経験しました。

    オリ他 027.jpg

    ちなみに教員チームも「さる+おだんご」というテーマに挑戦しましたが、新入生たちのフレッシュな創造性を前にしてあえなく惨敗……。お互いの想像力を刺激しあいながら、切磋琢磨の心を忘れずに学んでいきましょう。

    オリ他 012.jpg

    メディア・コミュニケーション学科では、今日の世界をメディア(媒体)とコミュニケーション(情報・内容)の視座から理解し、それを発信するデザインの技法を学ぶことで、社会の要請に応えることを目指します。

    2016年
    04月10日

    FBSディレクター 特別講義

    新入生オリエンテーションの特別ゲストとして、FBS福岡放送ディレクター羽田野雅裕氏に講演をしていただきました。
     
    羽田野ディレクターは、最近、全国的に話題となった番組「福岡人志」の制作ディレクターです。ダウンタウンの松本人志さんが福岡ローカルで初の「冠番組」をされたことでも大きな注目を集めました。
    番組ができるまでにどのような準備が必要だったのか、苦労した点、工夫した点など、制作秘話もうかがいました。
     
    また、新入生にむけては、「大学でしかできないことがたくさんある。学生時代は何でも積極的に、アグレッシブに行動してください」とエールを送ってくださいました。
    学生のみなさんからは、「何が起こるかわからない状況で自分がどう判断すればよいのか、仕事をすることの大変さを教えていただいて本当によかったです」「やりたいこと、したいことをしている方は輝いてみえました!」「自分も早く夢をみつけていきたいと思った」といった感想が届きました。
    羽田野さん、お忙しい中ありがとうございました。
     
    0405-1.jpg

     
    メディア・コミュニケーション学科では学科の方針の1つ「生きた知識を学ぶ。フィールドは社会」をテーマに、社会の実際に触れ、活躍される方々と交流する機会を積極的に設けています。
     

     

    2016年
    04月10日

    VOICES OF JOY より: 新入生、ようこそ!


    新入生の皆さん、この度はご入学おめでとうございます。

    4月5日にメディア・コミュニケーション学科の新入生の皆さんへ女学院にようこそいらっしゃいました!という歓迎の気持ちを込めて私達Voices of Joyがささやかなゴスペルコンサートを開かせていただきました。

    3曲ほど披露させていただいたのですが、特にEvery Praiseという曲は裏方として聴いていた私も笑顔になれるような楽しいナンバーでした。

    大きな拍手もいただき、新入生の皆さんにも喜んでいただけたのではないかとは思います。
    これから様々な行事等ありますが、楽しく充実した大学生活になる事を祈っております。
     

    2016年
    04月02日

    新教員・高橋聡太講師のご紹介

    福岡女学院大学のキャンパスも、花の季節を迎えました。
     
    0402-1.jpg 

    そして、今年も多くの新入生を迎え、さっそくオリエンテーションが始まっています。
     
    0402-2.jpg

    メディア・コミュニケーション学科では来週、学科独自のオリエンテーションを行います。
    今年は、テレビ局のディレクターをお迎えして、学生時代に学ぶべきことなどをうかがいます。また、ゴスペルコンサートや、ワークショップなど内容盛りだくさんです。
     
    0402-3.jpg

    そしてもう一つ。この春新たに、高橋聡太講師を学科に迎えました。
    専門は近現代文化史、ポピュラー音楽研究です。
    学科には「サウンド表現演習」など音楽をテーマにした授業が多くあり、音楽に関心をもって入学する学生のみなさんも少なくありません。
    学生のみなさんとともに、ますます充実した実践・研究活動が行えるよう、取り組んでまいりたいと思います。

    音楽をテーマにした授業のひとつ、広瀬香美さんの集中講義の様子はこちらをご覧ください。


     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE