• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2015年
    02月28日

    メディア・デザイン研修東京報告

    メディア・コミュニケーション学科では、「メディア」「コミュニケーション」「デザイン」それぞれの分野の現在を知るためのフィールドワーク授業を実施しています。(くわしくはこちら

    その1つ「メディア・デザイン研修(授業名「フィールドワークC」)」では、今年度は「キー局」とよばれる東京の放送局や、番組製作会社、デザイン事務所などを2月におたずねしました。
    0227.JPG

    こちらは「日本デザインセンター」をおたずねしたときの写真です。
    一線でご活躍されるクリエイティブディレクターの方のお話や、作品の数々はとても刺激的で、多くの示唆をいただきました。
    ご協力くださいましたみなさま、本当にありがとうございました。

    参加した学生のみなさんの感想や、そのほかの訪問先での様子はまた改めてご報告いたします。(学科ブログ編集担当)



     

    2015年
    02月26日

    授業紹介 ”今”を知るためのフィールドワーク

    メディア・コミュニケーション学科では、専門分野の実際を知るための「フィールドワーク」の授業を展開しています。
    たとえばメディア分野では、普段はなかなか触れることのできないメディアの現場の様子を学びます。内容は年度によって若干異なりますが、今年度の「フィールドワーク」の授業をいくつかご紹介しましょう。

    ■「マスメディア・フィールドワーク」(メディア分野)
    福岡の放送局と新聞社の現場を体験する夏の集中講義。夏休みの間に4日間集中で開催します。新聞社では、記者たちの体験談をきき、放送局では、放送中のスタジオに入り、生放送の緊張感を実体験します。

    MF1.jpg


    方言調査「フィールドワークD」(コミュニケーション分野)
    富山県砺波市へ、方言調査に行きます。夏の集中講義。
    まず、学生のみなさんは、事前に砺波のことを調べたり、方言調査の内容を検討するなどしっかりと準備をします。そして、現地では、地元の民家を合宿用に手をいれた「佐々木邸」に宿泊し、自分たちで食事を作ったり、地元の人たちと交流をしながら、地域の文化や方言について学びます。
    詳しくは、こちらのブログでご紹介しています。

    1005-1.jpeg 1005-2.jpg


    メディア・デザイン研修東京「フィールドワークC」(メディア・デザイン分野)
    今年度は、東京の放送局や番組製作会社などメディア産業や、デザイン事務所、関連するミュージアムなどを訪問しました。
    例えば、放送局は、東京と福岡では、規模だけでなく、制作体制などさまざまな違いがあります。一つに「放送局」といっても、それぞれの文化は地域によって異なるところもあるのです。
    このフィールドワークでは、メディアとデザインの現在について学ぶとともに、それぞれについて、地域を越えた全体的な理解をしていくことを目指しています。

    0227.JPG
     

    2015年
    02月24日

    広瀬香美さんの音楽集中授業を開講

    2月23日から4日間、福岡女学院高校の卒業生で歌手の広瀬香美さんを講師に迎え、集中授業が行われています。目標は最終日の発表会です。授業は、午前中に講義を受けて午後に思い思いの曲作りです。初日は作曲でした。2日目はその曲に合わせて詞を作っていきます。3日目は作った曲を自分で歌う歌唱を学びます。発表はうまくいくでしょうか。
     
    0224.JPG
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE