• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2014年
    07月19日

    学生がデザイン!山笠(東流)トートバッグのイラスト

    7月1日から15日まで、博多の男たちがとても盛りあがる博多祇園山笠が行われました。
    700年以上の伝統のある、櫛田神社に奉納される祇園祭のひとつです。1トン近くある「舁き山笠(かきやま)」と呼ばれる山車(だし)をかついだ数十人の男たちが、「おっしょい」というかけ声とともに街中を駆け巡る勇壮な祭りです。
    今回、「東流」という、この祭りを担っている人たちの集まりのひとつから、流の人たちが持つトートバッグに描くイラストを、本学の学生に考えて欲しいと依頼がありました。デザインのコンセプトは、山笠の時期に使う、「奥の堂」(ローマ字でも良い)の文字を入れる、山笠自体はとても男臭い祭りだけれど、バッグは若い女性でも持ちたいと思えるもの、でした。
    デザイン授業の一環として、学生がイラスト案を作りました。今回はその中から3名の案が採用されました。先日、完成したトートバッグが届きました。トートバッグは紺地です。イラストはそれに映えるように白にしました。バッグの表と裏に3人のイラストが入っています。

    719-1.JPG

    719-2.JPG 

    イラストを作成した学生の感想です。
    S.Hさん
    デザインを採用されたときは、どんな風になるのかと楽しみなのと共に私のもので大丈夫なのかという不安がありました。
    しかし、完成品では、ほかの方のデザインが素敵で、私のものもうまく取り入れていただけていておしゃれに仕上がっていると感じました。この企画に参加できてよかったです。
     
    A.Kさん
    紺の生地に白が目立って、遠くからでも見やすいデザインだった。
    バッグに対してのデザインの大きさも丁度良かったと思う。
    また、男女や年齢に関わらず利用できる点も良い。
    是非山笠の際だけでなく、様々な場面で使ってほしい。

    (報告:清川直人)
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE