• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • LINE@
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2013年
    07月13日

    学生コラム 九州国立博物館見学

    6月29日、私たちは九州国立博物館を訪れました。

    0713-1.jpg

    九博は日本の国立博物館の中で比較的新しい建物で、耐震や、自然との一体化を狙った構造をしていました。

    活動は、前半に常設展の観覧、後半にバックヤードツアーが行われました。常設展では、展示の特徴や工夫をメモを取りながら回りました。展示方法も様々で、博物館側の意図を感じるつくりでした。

    後半のバックヤードツアーでは、館内の説明をして頂いたり、普段はふれることのできない作品の修理場や保存庫を見せて頂きました。

    0713-5.jpg

    九博では、多くのボランティアの方が博物館の運営を支えており、ツアーの中でもお世話になりました。九博は市民が守る博物館でした。修理場や保存庫にも様々な工夫があり、多くの人の知恵が生きているのを感じました。特に、修理の技術は昔ながらの方法が受け継がれ、作品を大事に守っているようでした。

    後日、「ワークショップA」の授業で、私たちは班ごとに分かれ、今回の訪問についてまとめ、発表をしました。話し合いの中で、皆、普段気づかずにいた展示側の意図や工夫に目を向けたことが分かりました。今回は観覧者として博物館や展示品を拝見しましたが、この先、私も製作をする立場になりたいと思っています。

    この活動で私は、製作側がどういうものか少しは学べた気がします。今後も授業活動等を通じて、製作の立場を学んでいきたいです。

    (メディア・コミュニケーション学科1年 K.Tさん)

    2013年
    07月05日

    ラジオ番組実践スタート

    本学科メディア研究ゼミ(徳永ゼミ・林田ゼミ)による、ラジオ番組づくりプロジェクトがスタートしました。

    このプロジェクトは、KBC(九州朝日放送)のラジオ番組「おっきーのラジドラ学園」(毎週火曜日24時30分放送)との共同実践です。

    マスメディアの送り手と、学生、研究者がいっしょになって、協働的に番組をつくっていくことを通して、ラジオの未来や可能性について実践的に考えていこうというものです。

    今回始めたのは、「音」と「日常的な物語」を探す実践です。

    私たちが普段何気なくすごしている日常の、身近な音に改めて耳を傾け、集め、共に語り、オンエアをしていきます。ラジオを媒介にして、何気ない日常や、私たちの住んでいる地域を再発見していくというものです。

    どんな番組なのか、ちょっと分かりにくいかな?

    そう思った方、ぜひ、KBC「ラジドラ学園」のオンエアを聴いてみてください。

    また、このブログでも、これから、その内容を少しずつご紹介していく予定です。(報告:林田真心子)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE