• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • 先輩が入学を決めた理由
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2018年
    10月04日

    授業紹介:福岡の新聞社と放送局の今を伝えるワークショップ

    夏に実施される集中講義「マスメディア・フィールドワーク」では、福岡の放送局と新聞社を訪問して、最前線で働く方々からメディアの今を直に学びます。授業に参加した学生たちは、メディアづくりを追体験しながらその成果を伝えるために、現地で見聞きしたことを新聞にまとめた上で、ラジオ番組形式の寸劇で表現する、グループ課題に挑戦しました。

    新聞づくりの課題では、実際の新聞一面のレイアウトを模倣することが課せられます。プロがつくった紙面を再現するためにどのようなアプリケーションを使うべきなのかも含めて、白紙のところから自分たちで考えて編集を進めなければならず、ずいぶん知恵をしぼったようです。市販されている新聞をお手本に、見出しと本文のフォントの違いや、レイアウトの組み方、広告と記事の割合などをじっくり観察して、すべてのコンテンツをつくっていきます。実際に作業をしてみると段組みに苦戦し、新聞社でうかがった制作現場の方の言葉が、より深く身に沁みたようでした。

    IMG_0043.JPG

    さらに、制作した新聞を用いて、ラジオの情報番組の形式にのっとった発表も実施しました。音だけで情報を伝えるラジオの特徴を再現するために、発表では教室を2部屋利用します。一方の教室には、機材を設置したラジオブースを再現してパーソナリティ役のチームがしゃべり、そこから音声のみを隣の教室のスピーカーに出力して、リスナー役の他の受講生たちに届けます。

    リスナー役の受講生も、ただ耳を傾けるだけではありません。各番組では内容にあわせたメッセージテーマがアナウンスされるので、お題に沿ったお便りを書いて、アドリブで番組にいいリアクションを返していきます。どの学生も、番組をききながら即座に自分の思いを文字にしていて、内容もさることながら投稿時に用いるラジオネームのセンスに舌を巻きました。失礼ながら、自分の発表の出番以外の時は気が抜けちゃうかな……?とも思ったのですが、実態が見えないスピーカーの向こうからの語りかけに素早く反応して、番組に入り込んでいました。
     
     
    IMG_0045.JPG
     
    パーソナリティ役のチームが集めたメッセージを選んで相談している間は、番組に合わせて選んだ曲だけを隣の教室に流しているため、マイクのオン/オフによって生じる緩急も体感できたようです。放送中に話すべき内容が飛んでしまったり、リスナーからの鋭い質問にことばが詰まったりと、ハプニングも多々発生しました。しかし、どのチームも持前の明るさで乗り越えて、あたふたする様子でむしろプラスアルファのインパクトを与えたり、リスナーに秀逸な切り返しをしたりと、擬似的な生放送ならではの予想外の展開を楽しんでいました。 

     
    IMG_0059 - コピー.JPG

    発表終了後には事前授業にもお越しいただいた元NHKディレクターの渡邉学さんから、それぞれのグループに対して「こうしたらもっとよくなる」といった丁寧なアドバイスをいただきました。新聞にも隅々まで赤入れしていただき、ブラッシュアップのヒントをいただいたので、リライトの最終提出までもうひと頑張りです。

    各現場で本当に貴重な体験をさせていただいことが、学生の発言の端々からも感じ取れました。ご対応いただいた関係各位の皆さま、グループ課題を講評いただいた渡辺様、ありがとうございます。
     
    (学科Today編集担当)
     

    2018年
    09月07日

    夏の集中講義:音楽を通して時代を語る

    夏休みには学科独自の特色豊かな集中講義を実施しています。そのうちの1つ「マスカルチャー論」を今年もご紹介しましょう(昨年の様子はこちら)。先生は目白大学の溝尻真也先生です。ポピュラー音楽を題材に、コンテンツとメディアの関係がどのように変わってきたのか、また、その時代ごとに人々とどのような関係があったかなどを考えます。集中講義という名の通り、4日間で90分×15回の授業があるのですがその最終日にお邪魔しました。授業を締めくくる発表会は、ラジオ番組形式とあって、教室には複数の機材がセットしてあり、いつもとはまた違う雰囲気が漂っていました。
     
    TOP_0712.jpg
     
    発表は、2~3人のグループを組みパーソナリティに扮したトークを展開するもので、曲を流したり、ボリュームを調整したりといった番組に係わる全ての作業も自身で行わなければなりません。原稿は事前に準備してきているようで、ちらりと見たその用紙には、びっしりとメモが記されていました。正しい情報を伝えるために、しっかりと調べてきている様子が伺えます。番組のテーマは、自分が生きてきたおよそ20年間を音楽で辿るというもの。パーソナリティが各々の思い出話を繰り広げつつ、その時代の曲を紹介するものや、視聴者からのお便り紹介形式で展開していくもの、また、ドラマのテーマ曲を集めたものや、ダンスミュージックに特化して紹介する番組など様々でした。
     
    IMG_0707.JPG

    どのグループもパーソナリティとして上手に雰囲気を作っていたため、発表を聞く学生たちも思わず曲を口ずさんだり、音楽に合わせて身体を動かしたり、「そうそう、あったね~。」などと自分の思い出と重ねて共感の声を出す人もいるほど。音楽にまつわるエピソードだけでなく、授業で学んだ知識や下調べをした情報が加わっていたこともあって、世代の違う編集担当の私にも聞き応えがありました。

    発表会には、ラジオパーソナリティとしての経歴もある本学科専任の林田先生も参加しており、リスナーとパーソナリティ両方の立場からの講評をもらい、学生達にとっては達成感だけでなく多くの気づきも得た時間だったようです。
    (学科Today編集担当)

    2018年
    08月20日

    授業紹介:グループ制作と成果発表

    メディア・コミュニケーション学科の1年生全員がグループ制作に取り組む「ワークショップA」の作品が完成し、学内の展示と発表会を終えました(これまでの様子はこちらこちらから)。

    今年度のテーマは「場所とモノ」ですので、展示場所の選び方にも各グループの工夫がみられました。学内で「この場所はもっと活かせるはず!」というスペースを見つけたり、ちょっとした問題がある場所をアイデアと工夫がつまった「モノ」で改善しようとしたり、たくさんの人に見てもらいたいからこそ人通りの多いエリアを選んだり……といった具合に、学生だからこその気づきをもとに意見を出し合って、展示空間を選んでいました。企画案を発表した際には、グループ内での意見がしっかりまとまっていなかったり、実現が難しそうな企画もあったりと、学生たちも不安な面持ちでしたが、なんとか全グループが展示をやりとげました。

     
    IMG_0478.JPG
    IMG_0477.JPG

    人が素通りするだけの廊下に、カラフルに色づけした紙を黒のクレヨンで塗り重ねたパネルを設置。通りがかった人たちが表面をわりばしで削って落書きすると、下地のカラフルな色が浮かび上がり、日に日に変化する作品。


    IMG_0484_.jpg
    IMG_0480.JPG
     

    画像では伝わり難いのですが、本校の学生およそ1000人の髪の毛(後頭部)の画像をあつめて、大学の校舎の画像をモザイク状に構成しています。※以上は作品の一例です


    ほかにも、学内にある複数のモノで校章を表現した写真作品や、カフェの食券を集めてブラインドに貼り付けるモザイクアート、さまざまな色の素材を集めて虹をつくり写真撮影用の背景にしたグループなど、多様な試みがみられました。

    さらに、ただ作品をつくっただけでは授業は終わりません。どういったねらいで場所や素材を選んだのかをプレゼンテーションしたうえで、企画から完成するまでの記録の発表を行い、制作の裏側にあるそれぞれのストーリーも共有しました。
     
    IMG_0522.JPG
    IMG_0525.JPGIMG_0528.JPG
     
    企画案を発表した際の頼りない様子とは異なり、どのグループも堂々と発表していました。入学してすぐの、まだお互いにぎこちない関係からスタートしたグループ活動は、決して順調ではなかったはずです。しかし、苦労をともにした分、学んだことや得たことも多かったように感じられました。

    今週末(8/26)はミニオープンキャンパスを開催します。本年度のオープンキャンパス関連のイベント(オープンキャンパスの様子はこちら)はいよいよ最後となりますのでぜひお越しください。学科ブースでお待ちしております!
    (学科Today編集担当)

    2018年
    07月27日

    授業紹介:福岡市美術館の学芸員に学ぶ、時間・空間・記憶の重なり

    新入生が集団制作に取り組む「ワークショップA」(前回の様子はこちら)の授業で、福岡市美術館学芸員の正路佐知子さんをお招きし、美術館のお仕事や、ご自身がキュレーションした展示についてのゲスト講義をしていただきました。1979年に大濠公園のすぐそばに開館した福岡市美術館は、大規模なリニューアル工事のために現在は休館中です。この大きな節目を迎える直前に、正路さんは『歴史する! Doing history!』と題した企画展を開きました。

    IMG_0473.JPG

    この展示のタイトルは、歴史学者の故・保苅実氏が著書『ラディカル・オーラル・ヒストリー』で主張した、歴史の捉え方に由来しています。保苅氏が「もう歴史というのはそこらじゅうにあるんですよ。歴史が僕らに語りかけてくる言葉に耳を傾ける」と提起したように、美術館の歴史もさまざまなところから現れるそうです。「美術館の歴史」というと、展示される作品や、その鑑賞を目的としたお客さん、そこで働く人たちの関わりが真っ先に思い浮かぶかもしれません。ところが、実際には美術館はより多くの人々に開かれています。たとえば、大濠公園へのお散歩の途中で涼みにくる方。併設のカフェやレストランを利用する方。急にトイレに行きたくなった方。などなど……。

    企画展『歴史する! Doing history!』では、こうした美術館に関わる人やモノやできごとの多様なつながりが織りなしてきた過去を、より幅広い「歴史」として感じられるような試みが集まっていました。たとえば、リニューアルによって失われてしまう美術館のすがたを一般の方々に撮影・記録してもらう参加型のプロジェクトでは、プロの写真家とはひと味もふた味も違う角度から館内の様子がさまざまに切り取られていました。アーティストが美術館内にある全ての時計を撮影した作品も興味深く、同じ館内で刻まれたそれぞれ異なる時間の厚さに、じわじわと思いを馳せました。

    スライドで詳しくご紹介いただいた出展作品はいずれもユニークで、特に印象にのこったのは展示室内にあるシャッターを使ったインスタレーションです。一般的な美術館は、自然光が作品を傷めないように、窓が少なく設計されています。しかし、福岡市美術館を手がけた前川國男氏は、光を取り入れて開放感を出すために、窓のある展示室をつくりました。実際には、その窓をシャッターでふさいで展示を行うことがほとんどだったそうですが、休館直前で通常の作品がないがらんとした展示室では、窓から光を存分に取り込めます。シャッターは時間が来ると定期的に上げ下げするように調整されており、ガラガラと音を立てながら光が差込み、また暗くなる様子には、さまざまなメッセージを読み込めそうでした。
     
     IMG_0464.JPG 

    展示についてのお話をうかがうなかで、正路さんが学芸員として何かを決断する際に、必ず「なぜ○○なのか?」を徹底的に考え、その問いに対するこたえや理由を丁寧にことばにしていく姿勢に心をうたれました。それぞれの深い洞察を知った学生たちはおのずとメモをとり、私も終始頷かされました。今回、ワークショップAで1年生が挑む制作テーマ「場所とモノ」に関しても、多くの気づきがありました。

    正路さんのお話をお聞きしたのち、各グループが取り組む作品の展示企画案をみていただきました。企画した本人たちが気づけていない改善点や、解決すべき問題をプロの目で見抜いて一石を投じていただき、ハッとする瞬間がたくさんありました。

    正路様、お忙しいなかお越しいただきありがとうございました。
     
    学科Today編集担当)

     
     

    2018年
    05月28日

    授業紹介:黒板消しで「落書き」!? ステンシル・グラフィティの集団制作

    1年次に全員が選択する科目の「ワークショップA」では、チームを組んでさまざまな制作課題に挑戦しながら、共同作業の初歩を学びます。本日は「落書き」から言葉と場所とモノの関係性についてを考える授業だとうかがい、興味をそそられて教室へ向かいました。
     
    授業の前半では、法隆寺の五重塔に残された万葉仮名の落書きや、1970年代以降にニューヨークで流行したスプレーで壁や電車に落書きする「グラフィティ」と呼ばれる文化についてレクチャーを受けます。時代も場所も異なる両者ですが、どちらも書かれた場所と使用される言語や記号や筆記具の関係性から、当時の社会状況などを読み取れる奥が深いテーマです。
     
    IMG_0398_.jpg
     

    授業の後半では、1年生の各グループをサポートする3年生の名前や性格をもとにグラフィティを作成し、ステンシルで描くワークショップに取り組みました。ステンシルとは、型紙を切抜いた部分に染料や絵具などを摺り込ませる版画の技法です。スプレーと組み合わせれば、多くの場所に同じ図案をすばやく残せるので、グラフィティにはよく利用されています。

    とはいえ、学校内の壁にスプレーで落書きをしてまわるわけにもいきません。そこで今回は、学校内ですぐ手に入り、なおかつすぐに落とせる素材、つまりチョークを使用したステンシルに取り組みます。型紙を固定して、黒板消しでポンポンとチョークの粉を落とせば、案外くっきりと図案が浮かび上がるのです。方法を学んでからは、共同で一つの作品を仕上げるために、グループみんなの意見をお互いにききながら作業を進めます。
     
    IMG_2268_.jpg


    まずは情報収集のため、3年生に好きなことや得意なことなど尋ねます。意見交換の方法もさまざまです。あるグループは、ホワイトボードに思い浮かんだワードやアイディアを書き留めて、そこから思い浮かんだ意見をまた書いて……といった具合に連想ゲームでどんどん言葉を書き出していました。一方で、全員で紙にラフスケッチを書いてみて、そこからイメージを膨らませているチームも。図案の決定から型紙の制作、そしてステンシルの転写までを30分ほどで終えなければならなかったため、チームの結束力と団結力が何よりも不可欠です。チームによっては、「もう少し時間があれば……」と悔いが残ったりもしたようです。これからの授業で、与えられた時間を守る力も鍛えていきましょう。
     
    IMG_0405.JPG  IMG_0402_.jpg

    出来上がった作品は、いずれも3年生から引き出したさまざまな要素をうまく盛り込んでシンボル化しており、短い時間の中で互いに精一杯コミュニケーションをとった成果が反映されていました。チョークの粉の色によっては、思ったように黒板に図案がくっきり残らなかったりと、素材と色の関係性についての発見もありました。たかが落書き、されど落書き。実際に手を動かし作り出してこそ学べたことが、沢山あるようでした。
     
    学科Today編集担当)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE

    ネット出願

    資料請求