• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 人文学部
    4. メディア・コミュニケーション学科
    5. メディア・コミュニケーション学科Today一覧

    学部・大学院

    • oc2018
    • oc2018
    • oc2018
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科

    人文学部 メディア・コミュニケーション学科Today 一覧

    2018年
    05月08日

    特別講義:アイスランドのメディアと文化を学ぶ

    メディア・コミュニケーション学科生が1年次から履修できる講義科目「地域メディア論」では、自治体・地方・国家などさまざまな枠組を持つ地域と、メディア産業の成り立ちやメディアが伝えるイメージとの関係を学びます。この授業の一環として、アイスランドからゲストをお招きした特別講義を実施しました。

    今回お越しいただいたアルニ・クリスチャンソン(Arni Kristjansson)さんは、クラブ・ミュージック文化を調査するために日本に長らく滞在した経験をもつ研究者です。DJや写真家としても活躍しつつ、現在はアイスランドを訪れた日本人むけの観光ガイドの仕事をしているとのこと。この科目を担当する本学科講師の高橋聡太とは同じ大学院出身でもあり、そのご縁で日本から8,500キロも離れたアイスランドから本学に足を運んでくださいました。学生たちは、まずアルニさんの流暢な日本語にびっくりしていたようです。
     
    IMG_0366.1.jpg

    名前を教えていただく段階で、さっそくカルチャー・ショックを受けました。アイスランドの人々は苗字をもたないかわりに、男性の場合はラストネームが「お父さんのファーストネーム+son(女性の場合は+dóttir)」となるそうです。つまり、アルニさんのお父さんのファーストネームは「クリスチャン(Kristjan)」で、その息子だから「クリスチャンソン(Kristjansson)」となるのだそうです。名づけ方ひとつとっても、日本とはずいぶん異なる家族観や血筋のイメージを持っているのだろうなと考えさせられました。

    続いて、アイスランドの地理・歴史・文化などを学びます。名前からして氷に閉ざされた寒い土地をイメージしがちですが、実際はカリブ海からそそぐ海流などの影響もあり、それほど寒くはありません。日本と同様に火山も多いので、温泉もたくさん湧いています。また、島国として独自の文化を育んだ一方で、他国の文化も取り入れています。たとえば、古くからアイスランドではラム肉とタラをタンパク源としていました。しかし、第2次世界大戦の影響で米軍が進駐してからはアメリカ式の食文化が普及して、現在はチキンが最もポピュラーな食肉として親しまれているのだとか。

    IMG_03691.jpg

    戦後にケーブルテレビが普及し、ヨーロッパ諸国やアメリカのメディアが身近になると、ポップ・カルチャーの世界でも大きな変化が起こります。もともとのアイスランド伝統音楽はどこか暗い雰囲気をもつシンプルなメロディが特徴だそうですが、アルニさんが紹介してくださった現代のアイスランドの10代がつくっている流行のポップスは、アメリカやイギリスのトレンドをとりいれたにぎやかな楽曲でした。

    一方、歌詞で使用される言語は英語ではなくアイスランド語が主流です。ケーブルテレビなどで英語を日常的に聞いているため、アイスランド人の多くは英語を得意とするものの、同時に自分たちの言語も大切にしています。アイスランド語の発音や語彙が複雑な分、それを使いこなす能力に誇りを持っており、若い世代もあまりことばを崩さずに正しいアイスランド語で音楽をつくれることを重視しているそうです。

    そんなアイスランドで育ったアルニさんが日本に興味をもったきっかけは、映画化もされた大友克洋の漫画『AKIRA』でした。高校時代に日本のポップ・カルチャーにふれたアルニさんは、やがて日本もまた海外の音楽を輸入して自分たちの文化として取り入れているのだと気が付きます。そのおもしろさに惹かれて、日本語を猛勉強しながらダブステップと呼ばれるジャンルが日本で定着するまでの経緯を追うフィールドワークを行ったそうです。そんないきさつとあわせて、過去に日本のテレビ番組で取材を受けた際の映像もご紹介してくださいました。大学院に入ったばかりのころのアルニさんのフレッシュな姿に、学生たちは釘づけになっていました。
     
    IMG_03751.jpg

    授業の後半は、学生たちからのコメントに応えながらディスカッション形式ですすめました。日本から遠くはなれたアイスランドですが、実は似ている要素もたくさんあります。この二国間に限らず、自文化のユニークさを一方的におしつけるのではなく、お互いの共通点を探ることが大切なのだと教えていただきました。積極的に質問をしてくれた学生には、名刺がわりの特性シールのプレゼントも……!

    arni.jpg

    アルニさん、本当にありがとうございました!ちなみに、アルニさんのダブステップ研究の成果は昨年に刊行された論集『アフターミュージッキング』に収録されています。より本格的にアルニさんの音楽文化研究にふれたい方は、ぜひ書店などで手にとってみてください。同書には本学科の高橋も論考を寄せているので、また追ってご紹介いたします。
    学科Today編集担当)

    2018年
    03月08日

    授業紹介:台湾・高雄での日本語教育実習フィールドワーク

    3月初旬から、メディア・コミュニケーション学科の2年生2名が、台湾南部の都市・高雄の樹人醫護管理專科學校應用日語科(樹人医護管理専科学校応用日本語科)での日本語教育実習に参加しています。應用日語科には、日本語教員養成コースを修了した卒業生が、日本語助手として毎年1年間勤務しています。
    20180305_180305_0038修正版.jpg

    実習の初日は、校長先生にご挨拶をしたり、校内を案内していただいたり、近くの博物館に連れて行っていただいたりしました。
     
    20180305_125704503図書館.jpg
    学校の図書館
     
     
    IMG_4124博物館.jpg
    奇美博物館

    1週目は、日本語を学ぶ生徒たちと交流して、授業の見学とお手伝いをします。2週目からはいよいよ実習です。暑さに慣れるのにちょっと苦労しています。
    奇美博物館の噴水が涼しさを運んでくれます。
    20180305_171441431.jpg
     

    2018年
    01月17日

    授業紹介:日本画家による金箔を使った特別講義

    2017年12月9日、メディア・コミュニケーション学科の専門科目「比較美術表現論」(担当金藤完三郎)で、社会人特別講義が実施されました。この授業では、絵画や彫刻などの美術表現をメディアのひとつとして捉えて、美術による情報の伝達やコミュニケーションを、作品の生まれる時代背景をふまえて考察します。

    特別講師には、第1回損保ジャパン美術賞展FACE2013グランプリ受賞をはじめ、2017年5月に福岡みぞえ画廊で個展をひらくなど、大変ご活躍されている若手日本画家の堤康将氏をお迎えましました。
     
    DSC05999_kk2.jpg
     
    特別講義の題名は「日本画における金属箔の重要性-金箔・銀箔・錫箔ほか-」です。狩野派・円山派の作品から現代絵画に至るまでの流れの概説と、金属箔の特殊性と表現方法についてお聞きしました。講義後半で金箔張りの実技指導を受けた際には、特殊な道具を初めて手にした学生たちが、緊張の面持ちで慎重に作業に打ち込む姿が見られました。金箔は繊細で美しいものだというイメージは持っていたものの、実際に手で触れて作業するなかで気づいた魅力もあった様です。学生たちは目を輝かせて取り組んでいました。堤さん、貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
    (学科Today 編集担当)

    2018年
    01月15日

    2017年度の卒業研究発表会にむけて

    いよいよ本年度の卒業研究発表会が近づいてきました。夏に実施した構想発表会(当日の様子はこちら)でそれぞれの観点から提示した研究テーマは、はたしてどのように実を結んだのでしょうか。今年度は、メディア・コミュニケーション学科内で所属ゼミをこえて発表セッションを組みました。それぞれのテーマは、

    1. 場所とデザイン
    2. 広告と音楽
    3. インターネット文化
    4. ファン文化と観客論
    5. 「読む」コミュニケーション
    6. ヴィジュアル・デザイン
    7. マスメディアと大衆文化
    8. ファッションとメイク


    の全8種類です。メディア・デザイン・コミュニケーションの三分野がまざりあう各セッションで、多種多様な展示作品や論文にもとづく発表とディスカッションを進めます。4年間の学問の成果を、他学年の学科生や学科外の教職員も自由に参加できるオープンな環境で共有する、学生生活のクライマックスともいえる機会です。当日の様子は後日お伝えいたしますのでお楽しみに!
     
    学科Today編集担当)

    2017年
    12月20日

    授業紹介:暮らしがあればデザインがある

    学科2年生が受講する「デザイン演習IA」で、グラフィクデザイナーの平松聖悟さんをお招きした特別講義を行いました。平松さんは、企業などのロゴデザインも多く手がけるほか、『デザイン墨道家』として国内外でもご活躍されています。
     
    IMG_0081_1.jpg
     
    とつ自慢できるでしょう」と内緒話を打ち明けてくれるかのようにニッコリ笑って企業のロゴマークや作品に込められた意味を次々解説いただきました。また、それぞれにストーリーがあり、話に引き込まれました。たとえば、とある鉄工所からロゴマークの作成依頼があったとき、ご依頼元の会社の社長は「うちは目立たなくてもいいのです」とおっしゃったそうです。それに対し、平松さんは「何を言っているのですか、明るくて地域の方にもなじむようなものにしましょう!」と明るいデザインに一新。ロゴのイメージが明るくなると社員の士気も上がり、これまで扱っていなかった分野にも業種の幅を広げたそうです。そのロゴは、太い線で“安定”を、真上にのびる線で“上昇”を、細く長い線で“長く続く”をそれぞれ表しており、鉄工所はその後この三つの理念を実現させたそうです。「デザインが企業を助けるのですよ」と、平松さんはおっしゃっていました。
     
    works.png

    暴に、企業のロゴをただ見た目だけで決めてしまうのはよくないとのこと。ロゴを飽きることなくずっと大事にしてもらうためには、話をよく聞いて何が重要かを知り、企業理念やコンセプトも込めて表現していくそうです。時にはオーナーの手書きの線をそのままデザインに活かすなど、ロゴが愛される工夫もその時々ごとに多様でした。陸上競技のようにナンバーワンを目指すのではなく、自分だけのオンリーワンをつくるのがデザインだと教えてくださり、デザインに関しての技法を習得中の学生たちにとって、すっと体の内側に届く講義だったように感じます。


     
    IMG_0092_2.jpg

    た別の例を。プリペイドカードのデザインを決める際に、黒いカードの背景色を「黒は縁起が悪いから変えよう」との意見があったそうです。ところがそれに平松さんは「験を担ぎますか?じゃあ黒にしましょう!黒字がいいですからね」と返し、一転して斬新なデザインのカードをつくりました。平松さんは「説得するよりも相手に納得してもらわなくっちゃ!」とニッコリ。序盤で“コミュニケーションの天才”と呼ばれたとのエピソードもうかがっていましたが、なるほど合点いきました。

    や雲や風など、
    平松さんのデザインには自然の物がモチーフとして多く取り込まれています。その理由を尋ねる学生からの質問に対しては、自然が大好きで、なおかつ人間が生きているのは自然があってのことだと考えているからだと、即座に答えてくださいました。作品に現れるのは当然なのですね。

    IMG_0105_1.jpg
     
    本日のお話のタイトルは「人生はデザイン」です。デザインと聞くと学生たちは色彩や形を連想しますが、暮らしや生活そのものがデザインであることを教えていただきました。平松さんのにこやかな表情が、教室内の雰囲気をやわらかく染める特別講義でした。平松さん、お忙しいなかありがとうございました。
     
    (学科Today 編集担当)

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE