• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    人文学部

    現代文化学科
    表現学科
    言語芸術学科
    メディア・
    コミュニケーション学科
    英語学科
    • ネット出願はこちら
    • 資料請求
    • 先輩が入学を決めた理由
    • 書式DL
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2016年
    07月22日

    2016 Study Abroad: Students' report No.3

    国際キャリア学部では2年次に「Study Abroad」科目を設けています。1学期間の留学で16単位、2学期間の留学で32単位が取得できます。

    今回は国際英語学科から St. Mary's University(カナダ)に留学している M.K. さんの留学レポートを紹介します。

    □ なぜSMUに留学したのでしょうか

    大学のある敷地内に語学学校や寮があることが魅力的だったからです。また、留学費用や治安の良さなどからSMUに決めました。

    □ 授業は順調に進んでいますか

    基本的にテキストを使って授業が進められますが、特にコミュニケーションや実践的なことを中心とした内容に力が入れられています。ペアワークやグループワークがメインなので発言できる機会が多いところが特徴です。

    吉瀬SMU2.jpg

    □ クラスの雰囲気を教えてください

    自由に発言できる雰囲気があり楽しく授業に参加しています。私のクラスには日本人を始め、韓国、サウジアラビア、クウェート、シリア、メキシコなど様々な国から学生が来ています。皆とてもフレンドリーでアクティブなので放課後や週末を一緒に過ごすこともあり毎日が充実しています。

    □ 授業以外の活動について教えてください

    毎週末に楽しいイベントが開催されるので参加しています。パレードやフェスティバル、ローラースケートなどのアクティビティが行われ毎週末暇な時間を過ごすことがありません。また、大学内にジムやサウナが設備されているのでよく利用しています。

    □ 留学することで何が勉強になりましたか

    コミュニケーションと自立心です。お互いの文化、人種、価値観などを尊重し合いながら意見を交換し合うことでかなり視野が広がりました。また、寮生活では身の回りの生活に欠かせないことは自分でしなければならないという責任感から自立心を学び、留学前より自分に自信を持つことができたと思います。

    吉瀬SMU3.jpg

    ※ M.K. Thank you for your report. Your comments are quite valuable. Please keep on studying and enjoying your life at SMU.

     

    2016年
    07月16日

    出張講義紹介:明光学園中学高校 2016/7/14(木)

    明光学園中学高等学校(福岡県)
    講師:細川博文教授(国際キャリア学部長)
    テーマ:人を動かす英語力

    「英語を使って仕事をする」そこで求められる英語力とは一体なんでしょうか。単語の意味は分かっているのに文章が理解できない。また、英語力はあるのにコミュニケーションがとれない。こうした笑うに笑えぬ現状を克服するためには、英語力を越えた総合力・人間力をつけるほか道はありません。

    これはまさにOECDが提案する「21世紀コンピテンシー」と重なってきます。「技能的英語学習」から「人を動かす英語力」、一歩先を見つめた英語学習について一緒に考えてみましょう。

    後日談:35名の中学3年生〜高校生3年生の皆さんが参加しました。こちらの中高では毎年お話をさせて頂いていますが、とにかく真面目な生徒の皆さんです。講義中のペアワークもしっかり行い学年を越えて話し合っていたのが印象的です。頑張って下さい。

    2016年
    07月16日

    出張講義紹介:大分雄城台高校 2016/7/6(水)

    大分雄城台高等学校(大分県)
    講師:細川博文教授(国際キャリア学部長)
    テーマ:人を動かす英語力

    「英語を使って仕事をする」そこで求められる英語力とは一体なんでしょうか。単語の意味は分かっているのに文章が理解できない。また、英語力はあるのにコミュニケーションがとれない。こうした笑うに笑えぬ現状を克服するためには、英語力を越えた総合力・人間力をつけるほか道はありません。

    これはまさにOECDが提案する「21世紀コンピテンシー」と重なってきます。「技能的英語学習」から「人を動かす英語力」、一歩先を見つめた英語学習について一緒に考えてみましょう。

    後日談:20名の高校生の皆さんが参加しました。とても素晴らしい生徒さんで、講義内容に関心が高く、今後が期待できると感じました。頑張って下さい。

    2016年
    06月22日

    2016 Study Abroad: Students' report No.2

    国際キャリア学部では2年次に「Study Abroad」科目を設けています。1学期間の留学で16単位、2学期間の留学で32単位が取得できます。

    今回は国際英語学科から The University of Tennessee at Martin(アメリカ)に留学している S.O. さんの留学レポートを紹介します。

    □ なぜUTMに留学したのでしょうか

    留学生向けのTIEP学習システムは自分の英語力に適したレベルで授業を受けることができるので選びました。また、他の大学と比べても授業料がリーズナブルだったのも決定の理由です。

    □ 授業は順調に進んでいますか

    教科書に沿って授業を進めることがほとんどですが、図書館で借りた本を使った課題なども出されます。ほぼ毎日宿題があり、単語クイズやユニットテストが頻繁にあります。最初は付いていくのに精一杯でしたが次第に慣れてきました。

    □ クラスの雰囲気を教えてください

    先生方がとても親切で授業中に質問しても快く答えてくれます。面白い先生が多くとても楽しく学んでいます。クラスには中国やサウジアラビアから来た学生がいますが、彼らはとても積極的で発言も多いので賑やかな雰囲気です。

    UTM大井3.jpg

    UTM大井2.jpg

    □ 授業以外の活動について教えてください

    Japanese Club のメンバーがよくイベントを開催してくれるので参加しています。さらに学内のジムの設備が整っており、休日は運動しています。TIEPでも様々なイベントを開催してくれるので楽しく過ごしています。

    □ 留学することで何が勉強になりましたか

    コミュニケーションをとること、積極的に授業に参加することが大事だと思います。こちらでは皆さんとてもフレンドリーで目が合うたびに挨拶をしてくれます。英語を正しく使えなくても伝わるまで諦めずに話し続けることが大切だということを学びました。

    ※ S.O. Thank you for your report. Your comments are quite valuable. Please keep on studying and enjoy your life at UTM.

     

    2016年
    06月20日

    2016 Study Abroad: Students' report No.1

    国際キャリア学部では2年次に「Study Abroad」科目を設けています。1学期間の留学で16単位、2学期間の留学で32単位が取得できます。

    今回は国際英語学科から St. Mary's University(カナダ)に留学している M.Y. さんの留学レポートを紹介します。

    □ なぜ SMUに留学したのでしょうか

    SMUは大学付属の語学学校が大学キャンパス内にあります。そのため、SMUの正規学生と交流できる機会が多いのではないかと思い選びました。また、留学費用が他の大学に比べてリーズナブルであったのもこの大学を選んだ理由の1つです。

    □ 授業は順調に進んでいますか

    はい。自分の英語レベルにあったクラスに振り分けられ、少人数で授業を受けるので授業に集中しやすいです。午後は自分が関心のある授業を受講できるので意欲的に参加することができます。会話は絶対に英語でなければならないので、英会話力をつけるにはもってこいだと思います。

    □ クラスの雰囲気を教えてください

    私のクラスにはサウジアラビア、韓国、中国、台湾、アラブなど色々な国から学生が来ています。話し合いの時は同じ国で固まらないようにグループ分けをします。共通語は当然英語ですが、それぞれ各国の訛りがあるのでリスニング力が鍛えられます。

    山内SMU2.jpg

    □ 授業以外の活動について教えてください

    毎週土曜日にアクティビティが企画されています。食事と交通費は自己負担ですが、参加費は無料です。また、ハリファックス(大学のある街)では休日に様々なイベントがあるので、それに個人で参加することもできます。私のお勧めのイベントは "Doors Open" というものです。このイベントは普段入ることができない市役所、Government House、教会に無料で入ることができるのです。

    □ 留学することで何が勉強になりましたか

    日本では同調が求められますが、こちらでは必ず人と違う意見を言わなければいけません。自分の意見を発言しなければ、その空間にいないのと同じです。同じ意見だとしても、小さな違いを言うことが大切なのです。常に自分の意見を発言するというのが勉強になりました。

    山内SMU3.jpg

    ※ M.Y. Thank you for your report. Your comments are quite valuable. Please keep on studying and enjoy your life at SMU.
     

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE