• 文字サイズ
  • よくあるご質問
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
    1. HOME
    2. 学部・大学院
    3. 国際キャリア学部
    4. 国際英語学科
    5. 国際英語学科Today一覧

    学部・大学院

    • 重要なおしらせ
    • パンフレットをネット上でご覧になれます。
    • 大学カリキュラム改訂 VISION 150
    • 進学相談会
    • 研究室訪問
    • 掲載情報
    • 夢ナビMix
    • 公式facebook
    • 奨学金・特待生制度について

    国際キャリア学部 英語学科

    国際キャリア学部 国際英語学科Today 一覧

    2017年
    12月15日

    Monash University(オーストラリア)留学報告 帰国後のTOEICスコアが190点アップ!!

    国際キャリア学部では、在学生のために海外提携校(米・英・豪州・アジアの9ヶ国、16校)への留学プログラム、"Study Abroad" 科目を設けており、在学生のほとんどがこの科目を履修し、世界に出かけています。このプログラムでは留学先と提携して行う成績評価によって、単位認定がなされるので、休学などの措置をとることなく、通常の4ヶ年の学期中での留学が可能です。

    今回、このコーナーではオーストラリアのモナシュ大学(Monash University)に15週間の留学をされた、R.M.さんからの報告です。
    MNS-1.JPG

     

    Q1: 留学前と留学中に英語力をつける為に工夫したことはありますか?

    A1: 留学前は単語帳を1冊覚えてみようとしたり、YouTubeで英語関連の動画を観たりと、基本は見る・聞くといった形で力をつけようとしていました。でも留学中は、相づちでも簡単な単語を使っての会話でもいいから、とにかく英語を口に出すようにしていました。簡単な単語だからと言って伝わるわけではないので、その時は相手が何とか汲み取ってくれて、後でどんなふうに言ったら伝えられたかなと、考えていました。また、友達が考え出した案で、登下校中に英語でしりとりをしたり全部英語で話したりもしていました。これらは話す練習には持って来いでした。
    MNS-4.jpg

    Q2: 留学を通して、一番の自分の強みになった点や変化したところ、勉強になったところを教えて下さい。

    A2:留学をしてからは、自分の中で物事に対する考え方が増えたと感じます。それは向こうでみんな自分とは違う考えをたくさん持っていて、それに影響を受けたのだと思います。だから、今は考え方なんて沢山あるのだと思うようになって、留学前より自分の意見をストレス感じることなく言えるようになっています。また、留学先の人たちはなんだか自分に素直に生きているようで、それが魅力的で、私はあまり周りの目を気にしないようになりました。この考えは凄くて、私は人生が以前よりも楽しくなりつつある気がしています。なんだか人生の楽しみ方を学んだみたいです。

    MNS-3.JPG

    生活の中で勉強になったことは生活のリズムを作って充実した毎日を送ることです。これは学校の先生から言われたことで、試したら勉強も遊びもできて本当に中身ある日々を過ごすことができました。勉強面での変化として一番よかったと思うところは、気になったらすぐに調べるようになったことです。人に聞いてばっかりだった私がこんなに調べるようになったのは自分でも驚きです。

    MNS-2.JPG

    Q3: 将来どのような職業に就きたいですか?夢があれば教えて下さい。

    A3: 私は将来、自宅で英会話教室を持つことが夢です。子供たちと色々なアクティビティをしながら、楽しく英語が話せる環境を作れたらいいなと考えています。その為に、まずはTOEICは800点以上を目指し、児童英語の授業で少しでも将来活かせる知識や実践を習得しようと、履修しています。

    MNS-5.jpg

    R.M.さんは、帰国後に受験されたTOEICでは、スコアが留学前と比べて190点もアップするという好成績を残されました。15週間の海外生活によって、英語力が短期間に格段のアップを見ることとなりました。

    国際キャリア学部・国際英語学科は、多様な異文化コミュニケーションの場を留学プログラムという形で提供し、在学生の国際キャリアウーマンへの道を応援しています。


     

    2017年
    12月03日

    アントレプレナーシップ(起業家精神)特別講義を開催しました

    国際英語学科では1年生を対象とした授業:「フレッシャーズ・セミナー」の中で、去る11月15日、株式会社サーティーのCEO(最高経営責任者)である、前原甲子郎様をお招きし、アントレプレナーシップ(起業家精神)についての特別講義を開催しました。
    IMG_3798.JPG
    アントレプレナーシップ(entrepreneurship)とは起業家精神、または単に企業家精神と称され、新しい事業の創造意欲に燃え、高いリスクに果敢に挑む姿勢をさします。ご講演いただいた前原様は、既存の会社組織に所属することなく自らの力で企業を立ち上げ、経営者となられた方です。前原様は鹿児島県薩摩郡さつま町(当時の人口は約8,000名)のご出身で、地元の高校を卒業後に東京に上京し、大学卒業後に東京の衣料品雑貨問屋に勤めたあと、30歳で独立して企業を立ち上げられました。現在は、中国とカンボジアでの工場の操業責任者も勤めておられます。講義では、中国での起業のご経験を中心にお話をいただきました。
    gaikan.jpg
    中国の工場は、上海から内陸部に入った
    江蘇省南通市に設立され、社員は200名で日本人社員数名を除き、全て現地中国人です。事業内容は、衣料製品の検品請負業です。前原様のお話に依れば、中国では日本と大きく事情が異なり市場に出て行く製品の最終検査が不十分で、従って第三者的に最終製品の品質をチェックする事業者が必要になっているとのことでした。
    naikan-1.jpg

    前原様からは、既存の会社組織に所属することなく、自分自身の責任と力で起業を行なっていくことは、夢の実現に資する大きな挑戦であるとの力強いメッセージが送られました。「自分の人生は、自分でデザインしよう」とのお言葉は、大変印象的でした。
    IMG_3802.JPG
    ご講演は終始、和やかな空気の中で行われました。
    もちろん、大変な目にも遭われてきたとのシリアスなお話もあり、過去、三度ほどダメになりそうになったとのご経験も披露されました。その一方、そのようなご苦労が自分自身を成長させ、また、様々な人達との熱い出会いや絆の構築に繋がってきたとのお話もいただきました。ご講演のあと、参加学生からはたくさんの質問が出されました。主な質問のみをご紹介しましょう。

    質問-1:就職活動としてすぐに頭に浮かぶのは、既存の会社に入社することですが、前原様のように自分の力で会社を立ち上げるということは、とても勇気が必要であり、大きな決断が必要であると思いました。例えば、福岡女学院の卒業生が起業するとして、どの国のどのような職種を手がけるのが適当と思割れますか。アドバイスをいただけますでしょうか。

    前原様コメント:とても難しい質問ですね(笑)。起業というのは、とにかくこうすれば上手く行くという定石はありません。手がけることは全て初めての事ばかりです。ですから、まずは多くのことに失敗を恐れずトライすることですね。失敗が、後々の手本となっていきます。それから、学生時代にこの大学でたくさんの友達を作っておくことも大切なことです。起業において一番大切なことは、信頼できる人との関係構築ですから。

    質問-2:中国の衣料製品は、品質に大きな問題があるとのお話でしたが、具体的にはどういう問題が発生するのでしょうか。また、検品の結果、どの程度不良品が見つかるものなのでしょうか。

    前原様コメント:不良品というのは、シャツの両方の袖の長さが合っていないとか、ボタンの位置がずれているといったようなものです。日本では、衣料製品製造企業が、市場に出荷する前にきちんとそのような不良品をチェックします。日本の常識では、中国のような事情は理解できないことですよね。ですが、そういう風に中国の企業がだらしないことをしているからこそ、私のような会社がやっていける市場が存在するというのも事実です。不良品の検出率ですが、多い時には5割に達します。ですから、製品の半分は袖丈が合っていないような不良品が出てくるということですね。

    質問-3:中国という見知らぬ土地で会社を立ち上げる際に、助けてくださった方はいらっしゃったのでしょうか。それはどういう方でしょうか。

    前原様コメント:起業に当たっては、人との出会いがとても大切ですね。ですから、私は様々な人たちとの出会いと、そのあとの長い関係維持にはとても気を使っています。私が中国で会社を立ち上げた時にお世話になった方は、偶然にも生年月日がぴったり一致していた方でした(笑)。その方と繋がるきっかけは、ただそれだけのことでしたが、不思議にお互いの信頼関係を築く上での大きなきっかけになってくれました。
    IMG_3805.JPG
    最後に前原様から、「昨日の自分を超えろ」、「昨日の福女を超えろ」との力強いエールをお送りいただきました。1年生が今後の就職を考えていく上で、アントレプレナーシップに基づいた起業活動も大きな選択肢
    の一つになれるのではないでしょうか。

    国際英語学科では、様々なグローバル・ジャンルで社会人生活を営んでおられる諸先輩を講師としてお招きし、貴重なご経験、メッセージをいただきながら在学生の就職を一緒に考えていく取り組みを進めています。



     

    2017年
    10月17日

    夏季インターンシップ(株式会社ウォーターマークホテル長崎)ご報告

    2017年度、9月4日(月)〜8日(金)に於きまして、株式会社ウォーターマークホテル長崎様にご協力を戴き、夏季インターンシップを受け入れて戴きました。参加された学生のY.I.さんはとても貴重な経験を積むことができ、将来の社会人生活についての知識の獲得に、ますます意欲が感じられたとのことでした。以下は、Y.I.さんのご感想です。 
    WMH_1.JPG

    Q1.インターンシップ履修を決めた理由はなんでしょう。また研修を終えての感想はいかがですか。

    A1.私は将来何になろうかとても迷っていたので、色々なインターンシップに参加して実際に体験してみようと思ったのと、接客業に興味がありその一つであるホテル業について、知ることのできるチャンスだと思ったからです。実際に想像していたこともありましたが、それ以上に知らないことがたくさんあり、経験してみないと知ることのできなかったことばかりでした。責任をもって行動する、お客様お一人お一人へのおもてなし、その方に合ったサービス、お客様が何をすれば喜んでいただけるかを、チーム全体で日々考え行動しているところを、この目でみて体験してみて感じました。私は一人で参加したので不安もありましたが、現地の大学生の方と一緒に活動し、同じ就活への悩みや思いを話すこともでき、とても刺激を受けました。新たな出会いもあり参加して心から良かったと思っています。

    WMH_2.jpg

    Q2.研修を通じてどんな力が付きましたか。


    A2.まわりをみて判断し、自分から行動する力です。実際にフロントやレストランに立たせていただいたのですが、お客様のご案内をすることだけに集中してしまうときもあり、臨機応変に対応する難しさも感じました。まわりをみて今何をしたらいいかを判断することが、大切だと思いました。私が一番頑張ったのは、困っているお客様や迷われているお客様に、自分から声をかけることです。お客様にありがとうといっていただけたときが、とても嬉しかったです。是非、ありがとうと言っていただけるように、頑張ろうと思い行動することができました。

    WMH_3.jpg

    Q3.今後、インターンシップの経験をどう活かしていこうと思いますか。

    A3.このインターンシップに一人で参加したときはとても不安でしたが、チャレンジしてみないと分からないこともたくさんあり、経験することで自分の将来がみえてくると思うことができ、参加して良かったと思えました。今後は他の様々なインターンシップにも、参加したいと思います。また、今回のインターンシップ参加で自信もつきましたので、どんどん自分から行動していきたいです。


    WMH_4.jpg

    Q4.将来の夢は何ですか。

    A4.まだはっきりとは決めていませんが、このインターンシップを通して人と接する楽しさを感じましたので、サービス業など接客の仕事のことをもっと知っていきたいと思います。悔いのないように、今、様々な職業について調べたり、他のインターンシップに参加したりして決めていきたいと思います。


    国際キャリア学部国際英語学科では、サービス業、製造業、金融業等の短期勤務、また企業様の海外支店での短期就業などの多彩なインターンシッププログラムを用意して、学生の皆さんのスムースな社会への船出を応援しています。

    2017年
    10月15日

    TOEIC 300点以上アップ!「英語を学ぶ」から「英語で学ぶ」へ、国際英語学科の英語教育の実践

    国際キャリア学部では、TOEIC730点以上の取得を目指した英語教育指導を実践しています。在学生4年生の今夏のTOEICのスコアも、800点以上取得者も出ており、とりわけ1年次時点のスコアと比較して、375点アップ、330点アップなどの、点数アップが顕著に見られました。
    国際英語学科では、実社会での英語力実践の場を想定し、英語DVDの聞き取り、英字文献の読み取りから、英語でのプレゼンテーション、ショート・スピーチなど実務現場で「使える英語」を身につける教育カリキュラムを多数用意し、日々の授業に導入しています。このほか、語学研修のための欧米・オセアニアの大学留学制度など、多彩なプログラムを通じて、英語「を」学ぶことから、英語「で」学ぶことへ、グローバルシーンの第一線で活躍する女性社会人の育成に向け、国際英語学科は日々取り組んでいます​。
    TOEIC-Score.jpg

    2017年
    09月01日

    川端教授 朝日新聞 連載記事助言・監修

    国際英語学科の川端教授が助言・監修を行う新聞記事が下記のとおり掲載されます。
     

    掲載紙:朝日新聞

    テーマ:北朝鮮の核・ミサイル問題と安保理、格闘の四半世紀(仮題)

    内容:国連安全保障理事会による北朝鮮問題の対応を、1993年の第一次核危機から現代にいたる20余年にわたる流れの中で分析して、外交による平和的解決の可能性を探ります。

    掲載期間:特集の全容を紹介する記事が8月31日付朝刊に掲載。続いて52回に分けて特集記事を掲載します(9月4日から11月17日までの間に夕刊の特集コーナーに掲載、夕刊のない地域では次の日の朝刊の「統合版」に掲載)。

    ※そのあと特集記事は加筆され、この秋に岩波書店から出版される予定です。

    ------------------------------------------------------------------------
    □ 国際英語学科「国際関係・交流分野」(専門領域)

    本学科の専門領域の1つです。川端清隆教授(元国際連合政治局政務官)及び櫻田陽一教授(元三菱総合研究所海外事業センター主席研究員)が主として担当します。

    国際交流は民間組織から国際機関まで多岐に及びます。こうした分野で働くためには高度な英語力及び国際情勢を厳しく読み取る目が必要になります。将来国際分野で活躍しうる「基盤能力」を育成するのが「国際関係・交流分野」の教育目標です。

    海外の情報はインターネットで即時に入手できる時代になりましたが、入手した情報を正確に読み解くためには専門的なトレーニングが必要です。そのためには豊富な現場経験を持つプロから学ぶのが一番です。

    将来この分野で活躍したいと考えている女性の皆さんはぜひ本学科を検討してください。本物に出会い自己を変革する、そのような目標を実現できる環境を本学科は提供していきます。

    copyright© FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY ・ FUKUOKA JO GAKUIN UNIVERSITY JUNIOR COLLEGE